ジャストライドで見直す自転車生活

とある休日。

大型書店をうろついていたら、どことなくインパクトのある帯の本を発見した。
その帯には、前かごがついていて、ドロヨケがついていて、ハンドルはセミドロップハンドルで、30年前の子供が乗るようなスポーツ自転車のような外観のイラストが描かれていた。

そして、帯に書かれている「趣味で乗っている人たちがプロの装備を何もかも採用しているなんて、自転車界ぐらいだ、おかしいと思わないかい?」という言葉にピンと来た人は、もうすでにこの本のとりこである。
今すぐ本屋に行くか、Amazonで購入すべきである。

ジャスト・ライド──ラディカルで実践的な自転車入門 (ele-king books)

グラント・ピーターセン/Pヴァイン

undefined


どうも自転車漫画の影響なのかどうなのかは知らんが、最近の日本のスポーツ自転車の世界では「ロードバイクこそ全て!ロードこそ正義!ロード乗りにあらずは自転車乗りにあらず!」という傾向があるような気がしてならない。

レースならまだしも、速さを争わないロングライドイベントでも、ほとんどの自転車がロードバイクだ。
「だって、長い距離を速く効率的に走るにはロードバイクが一番でしょ」というのはわかる。
しかし、「速く効率的」というのは「楽で快適」につながるのだろうか?
「速く効率的」というのは、実は「辛く不快」なのを我慢した結果得られるのではないか?

そんな疑問を持つ人の一つの答えが、この本に書かれている。

レースに出ない「アンレーサー」はプロの装備を真似する必要がないというのが、この本の趣旨だ。
ビンディングペダルなどはいらないし、ハンドルがサドルよりも低い前傾姿勢も不要だ。
ついでに言うと、レースをやらない「アンレーサー」は速く走る必要などないし、派手なサイクルウェアやピチピチのレーパンなど着用しなくてもいいのである。

ペダリングやポジションについては、「自転車の教科書」の堂城賢さんの言ってることに通じるものがありますね。
実は堂城さんはこの本をネタに指導しているんじゃないかと思ってしまうぐらいに、共通点が多い。

・引き足不要
・大きめのフレームの自転車を選べ
・軽い自転車がいいとは限らない(自転車に乗っている人の重さに比べたら、自転車の重さなど重要ではない)
・自転車以外の運動もやりなさい(自転車は不完全な運動だ)

ただ、堂城さんはなんだかんだで「速くなるためにはどうすればいいか」というレーサーの視点で、「正しい」自転車の乗り方を教えていて、それはそれで大事なことなんだけど、なんか堅苦しいような気がして、堂城さんのようなポジションで乗れないと自転車に乗る資格がないんじゃないかなあと感じ、窮屈な気分になる。

それに比べると「ジャストライド」の主張は、徹底的に「自転車などお遊びだ。楽しくやろうぜ」という姿勢が見えて、肩の力がストンと抜ける。
翻訳がクソ過ぎて、何を言ってるかわからんところも多数あるが(翻訳者が自転車乗りではなくてランナーだというのが残念だ)、一分一秒を争わない自転車乗りは、ちょっと重めでタイヤが太く、荷物もたくさん載せることができて、ドロヨケもついている実用的な自転車で、普段着でカジュアルに「楽で快適」な自転車ライフを送りましょうというコンセプトは素晴らしい。
ロードバイクは準備がめんどくさく、精神的な面でも「辛く不快」に感じるところがある。
中には「これはちょっと違うんじゃないか?」というところもあるが、そういうところは無視して、自転車は好きだけど「アンレーサー」な自分だったら、どんな自転車生活を送りたいかということを自由に考えるきっかけになる。
自転車雑誌で紹介されているような「レースでもないのに、プロの装備で自転車ツーリングをする」ことに違和感を持っている人には、間違いなくお勧めできる本だ。
乱暴な書き方になるかもしれないが、多分、レースに出ない人にとって、20万のロードバイクでできることは、ちょっと時間はかかるかもしれないが、5万のクロスバイクでも十分できることだと思う。

「アンレーサー」は「レーサー」と違って、自由な存在なのである。
そんな尾崎豊と犬井ヒロシの次に自由を求める私なのであった。

自転車 イズ フリーダム

a0156548_22515845.jpg
ごきげんよう。

[PR]

# by gossy54200 | 2016-12-08 22:57 | 自転車 | Comments(1)  

MTBで細岡展望台へ(その2)

その1

そんなわけで、釧路湿原駅のホームに出ます。

a0156548_23370314.jpg


a0156548_23370465.jpg


細岡展望台に行くためだけに作られた、完全に観光目的の駅なので、冬のオフシーズンはひっそりとしていますな。
それでも時刻表を見ると、冬期間もこの駅を通過することなく列車は運行しているので、冬になってからも観光客がちょびちょびと利用するのかね。
真冬のクソ寒い原野で下車して、次の列車来るまでぶるぶる震えるのは道民の私でも耐えられんのだが。
世の中には、それでも冬の釧路湿原がどうしても見たいという人がいるのだろう。

よし、湿原は充分満喫した。
このまま帰ることにしよう。

釧路川で釣りをしている人が結構いましたね。
そこそこ釣れているようだったけど、何が釣れるのかはわからないし、別に興味もない。
釣り人を見ていると、少なくとも寒い中自転車に乗っているよりは楽しそうな気がするが、残念ながら私は釣りにさっぱり興味がないので、これからも釣りを趣味にすることはないだろう。
釣りを知らない人生は、人生の1/50ぐらいは損をしているような気がするが、残りの49/50を楽しんだ方が、きっと有効な人生の使い方だと思う。

関係ないが、私は昔の職場で、酒飲みの上司に「酒の飲めない人生なんて、人生の半分は損してるぞ。お前も鍛えて飲めるようになれ」と、よく説教されたが、私は残りの半分さえ楽しめればそれでいいので、ほっといて欲しかった。

a0156548_23370439.jpg


達古武(たっこぶ)沼を右手に見ながら、国道391線へと戻ります。

国道に出たら、適度にアップダウンのあるつまらない道を機械的にペダルを回して戻るだけですね。
この時期は日も短いし、とっとと帰りましょう。

飯は家に帰ってから食べようと思ったが、さすがに40kmぐらい無補給で自転車を走らせると腹が減るというものだ。

a0156548_23370592.jpg


目についたラーメン屋で、ラーメンでも食うか。

そこそこに人気店なのか、空席待ちの状態であった。
気の短い私は、ちょっとでも待ち時間があったら、その店はすぐ出て行くことにしていたのだが、年を取って気長になったのだろう。
おとなしく、席が空くまで待つことにした。
実際のところ、気が長くなったというよりは、自転車で疲れて動きたくない状態だったというのが正しいが。

a0156548_23370639.jpg


みそホルモンラーメン(750円)。
体の芯からあったまる至福の一杯であった。
サイクリング時のラーメンって、何でこんなにうまいんだろ。

でもって、腹が減っていたから食えるだろうと思ってライスもついでに頼んだが、明らかにそれは食い過ぎであった。
腹が減ったときによくやるミステイクだ。
というか、正規料金150円のところ、昼どきはライスが50円で食べられるというサービスについつい釣られてしまった。
安いからといって、それに飛びついてしまう貧乏根性を叩き直さなければならないと思った。
もう、いい年をしたおっさんなんだから、自分の胃袋の限界は把握しておこうぜ。

そんなわけで、ラーメンライスで腹が膨れた状態で、更に15kmぐらい自転車に乗って帰宅した。

街乗りMTBでのサイクリングは、服装など準備に気を使わないのがいい。
ラーメン屋にも気軽に入れるしな。
サイクルジャージやレーパンでという、めんどくさい格好をしないで済む、MTB普段着ユニクロサイクリングのよさをもっと見直すべきだと思ったが、もう今シーズンは乗る機会がないので、その辺のお気楽サイクリングの課題は来年までに持ち越すことにする。

ごきげんよう

[PR]

# by gossy54200 | 2016-12-07 22:44 | MTB | Comments(0)  

MTBで細岡展望台へ(その1)

今年の北海道は例年よりも雪が早く、特に旭川方面ではとんでもないことになっているようですが、ここ釧路の地は、雪もなく、晴れた日が多く、寒いことを除いては極めて快適な気候です。

んでもって、この日の釧路は最高気温が8度と、この時期にしては高めなので、今年最後の自転車遊びをしようと、あまり出番のないMTBに活躍してもらうことにした。

a0156548_20354358.jpg


原野を見ながら、新釧路川の河川敷をふらふらと。

a0156548_20354430.jpg


道は真っ直ぐと続き。

a0156548_20354542.jpg


岩保木水門へ。

a0156548_20354679.jpg


ええ天気やのう。

a0156548_20354797.jpg


細岡展望台へ行きましょう。

a0156548_20354711.jpg


細岡駅。
駅舎は新しいログハウスですね。

a0156548_21562101.jpg


どことなく暖かみを感じる駅舎内。
暖房が入っているわけではないのだが、木のぬくもりが感じられる。

a0156548_21562251.jpg


駅名標。

a0156548_21562392.jpg


弟子屈方面。

秘境度は低いが、まあいい駅だった。
いい駅や悪い駅があるのかどうかは知らんが。

細岡駅を過ぎると路面状態が悪くなります。

a0156548_21562412.jpg


a0156548_21562596.jpg


a0156548_21562520.jpg


ダートになって激坂が待ち受けています。
まあ、坂の距離自体は短いし、ブロックタイヤじゃなくても行けるようなダートですがな。
32Cぐらいのスリックタイヤでも行けるんじゃないでしょうか?
責任は持てませんが。

こういう道はMTBにもってこいといえばもってこいなのだが、MTBだと、ここに来るまでの舗装路が辛いわけでな。
舗装路とダートを絡めたツーリングにはシクロクロスか、最近出てきたグラベルロードがいいんじゃないかと。
まあ、冷静に考えれば、めったに行かないダートのためにシクロクロス買うのもバカらしいのだが、走行中はシクロクロスで頭がいっぱいになってましたね。

a0156548_21563286.jpg


細岡展望台に着きました。

a0156548_11583019.jpg


夏場はそこそこ観光客がいるのでしょうが、オフシーズンはひっそりと。
夏の青々とした湿原もいいのですが、冬枯れの湿原の方が私の好み。

a0156548_11583146.jpg


鬱蒼とした林道から、展望台に入ると、別世界のように湿原がわっと目に飛び込む感じが何とも幻想的ですね。
宮崎駿の映画の世界に紛れ込んだような感じがして。
この世界の上には、実は天空の城が浮かんでいるのではないかと思うぐらいに、非日常的な気分になります。

a0156548_11583295.jpg


ただ、原っぱが広がっているだけの風景なのですが、なんかいいですね。
すごくいいですね。
湿原に引き込まれるように、ずーっと、この空間に身を任せていたくなります。

…なんてこと言いながら、ものの一分で撤退したわけだが、ここは自転車放浪の定番地の一つとして加えたいとこだ。
ロードでは行けないのが残念なのだがな。

a0156548_11583387.jpg


無人駅愛好家としては、釧路湿原駅もチェックしておきたいところ。

a0156548_11583362.jpg


若干ぬかるんだダートの中を進んだと思ったら、なんとこっから先は徒歩じゃないとダメということではありませんか。
これはなかなか秘境度の高い駅だ。
どうせ盗む奴もいないだろうと、MTBはカギもかけずに放置して、そのまま駅へと進んでいきます。

a0156548_11583477.jpg


線路を見下ろしながら、駅へテクテクと。
200mぐらい歩いたでしょうか。

a0156548_11583558.jpg


車で行けないくせに、なぜか駐車場がある不思議な駅。
ちなみに写真右の階段を上ると、細岡展望台に出ます。

a0156548_11583636.jpg


駅舎は細岡駅同様、小綺麗なログハウスですね。
あと30年もすれば味のある駅舎になると思うが、30年後にこの路線がまだ残っているかどうかは微妙。
私も利用していないので偉そうなことは言えないが、釧路の人間で日常的に鉄道利用してる人は少数派だろうからな。
観光列車だけで、採算など取れるわけもなく、ここも近い将来、増毛〜留萌間と同じような運命たどるのだろうなあ。

実際問題、私が去年乗車したときは、湿原の観光客以外は、ほぼ客がいないと言った状況だった。

そんなわけで、廃止にならんうちに、私のライフワークである駅巡りをとっととやっておかなければな。
いつからライフワークになったのかは知らんが。

a0156548_11583655.jpg


駅舎内も細岡駅と同じ感じ、ただ細岡駅よりは若干広い。
あと、細岡駅もそうだったんだが、こういう無人駅にありがちな駅ノートがないんだよな。
観光地に近いのに、利用客には愛されていない駅なのだろうか。
とは言え、私がそっとこれらの駅に駅ノートを置く気力もなければ、筋合いもない。

a0156548_11583721.jpg


自販機はあるが、冬は動いていない。
喉が渇いているというのに、この仕打ちはあんまりだ。

まだまだ先に続くのだが、iPhoneのエキサイトブログアプリに「写真は11枚以上使わないでください」と怒られたので、今回はここまで。

つづく

[PR]

# by gossy54200 | 2016-12-04 20:16 | MTB | Comments(0)  

ブロンプトン直りました

直ったと思ったブロンプトンを通勤に使ってみたら、300mぐらい進んだところでカラカラと音が鳴り、チェーンがたるんでしまい、「なんじゃこりゃ?!」と松田優作状態になったところで、後ろを振り向くと、私の目に入ったのは、プーリーがチェーンテンショナーから外れて、見事に崩壊している姿であった。

とりあえず、チェーンがたるんでいるが何とか走れる状態だったため、落ちた部品を拾って、そのまま暗澹とした気持ちで会社まで行ったのであった。

「ああ、チェーンテンショナーちくしょー」と思いながら仕事をしているうちに、あっという間に夕方になり、帰宅して、改めてブロンプトンと格闘したところ、本来あるべき部品を入れ忘れたことに気づき、もう一度、部品を入れて組み立てると、特に問題なくブロンプトンが動いてくれて、ホッと胸をなでおろすのであった。

そんなわけで、次の日、特に目的もなくふらふらとブロンプトンを走らせることにした。

a0156548_20143950.jpg


夕方の新釧路川河川敷をポタポタと。
夏場はサッカー場で、サッカーをしている少年がいて、にぎにぎしい雰囲気だが、この時期の河川敷は誰もいなく、ひっそりとしていてよい。

a0156548_20144043.jpg


冬枯れの原野はいいねえ。

a0156548_20144239.jpg


新釧路川からの夕日を満喫して。

特に目的もなく、昭和のイオンをぷらぷらしておりました。
冬場のイオンバイク、やる気ゼロだなあ。
売り場が1/3ぐらいに縮小されている上に、店員も常駐していない感じで、さっぱり商売しようとする意気込みが見られない。
一応、ファットバイクや、スパイクタイヤも置いてはいるんだけど、片隅に追いやられている感じで、ほぼ開店休業状態ですな。
まあ、ワシも雪自転車やめた身分なので、店舗の姿勢を非難する資格はないわけだが。もうちょい何とかならんものだろうか。

ブロンプトンは長距離も行けるが、15kmぐらい、ふらふらと散歩するぐらいが一番ちょうどいいのかね。
たまには通勤以外の日常に、ブロンプトンを組み込むのも悪くないなと思った、そんな一日。

ごきげんよう。
[PR]

# by gossy54200 | 2016-12-04 19:52 | ブロンプトン | Comments(0)  

ブロンプトンのチェーンテンショナー交換

そんなわけで、ブロンプトンの後輪をはめようとしたら、チェーンテンショナーがぶっ壊れて、「いやーどーしよーどーしよー」とオロオロしているところで前回は終わりました。

これはイギリスから通販で部品取り寄せるしかないのかと思いつつ、ダメモトで楽天で「ブロンプトン チェーンテンショナー」で検索すると、なんと中古で扱っている神のような店があるじゃないですか!
全くもって頼りになるのはサイクリーなのである。

a0156548_22130269.jpg
3600円が高いのか安いのかはよくわからないが、まあ、ここは安いよい買い物をしたということにしておこう。
自転車本体の値段に比べたら、誤差の範囲のような価格である。
というか、自転車本体の価格が高すぎるんじゃ!ブロンプトン。

a0156548_22130487.jpg
上がバネがぶっ壊れて、可動域が狭くなったチェーンテンショナー。
うむ、下の正常なものに比べると、ここは部品交換以外の手段はなかったように思われる。

写真撮るの忘れましたが、ブロンプトンのチェーンをテンショナーにかけるときは、圧倒的に後輪たたんだ方がやりやすいです。
無理に広げた状態でやろうとすると、それなりにバネに力がかかり、私みたいにバネぶっ壊す可能性があるので注意しましょう。

まあ、その辺の詳しいことについては、先人たちがネット上にあげていますので、テキトーに検索して調べてください。
なんだかんだで、ブロンプトンのようなメジャー車両だと、その辺の記事が充実しているのは助かりますね。

a0156548_22130381.jpg
実走してないのでなんとも言えませんが、メンテナンススタンドにかけてクランク回しても特に不具合はないので、多分直ったんじゃないかと思います。
めんどくさい内装変速の調整も多分大丈夫のような気がします。

こうして私は、チェーンテンショナーの代金を授業料に、またブロンプトンの経験値をひとつ上げたのであった。
めでたし、めでたし。

ごきげんよう。

[PR]

# by gossy54200 | 2016-12-01 22:32 | ブロンプトン | Comments(0)