北広島にタイヤキを食いに言った話

いよいよこの蝦夷の地にも、サイクリングシーズンが到来した。
寒いだの風が強いだのガタガタ言ってはいられない。
まずは北広島のタイヤキを食わないことには自転車シーズンは始まらないということで、
MTB FR900で行ってみることにした。

白石サイクリングロード入り口。
a0156548_19351384.jpg

本当はここからコンペンションセンターの方にも延びているようだが、
南郷通でちょん切れているので、ここを起点とすることにしよう。

上の写真に写っていた、クロスバイクのおっさんをペースメーカーに進むことにした。
お、意外とおっさん速いな。さすがヘルメットをかぶっているだけある。
うむ、ちょっと距離が離れてきたな。
どうも、ゆっくりすぎたようだ。ペースを上げなくては。
よし、これでちょうどいいかな。
あれ?でも全然距離が縮まらない。
ちょ・・・ちょっと・・・待ってよ、おっさん。ハァ・・・ハァ・・・、おっさん。

こういう風に書いてみると、
なんだか私がおっさんに萌えながらストーカーをしているような感じがするが、
もちろんそんなことはなく、私が疲れで息を切らしている様子を表現しているわけである。

3kmぐらいでおっさんは完全に視界から消えた。
ここからは自分自身との戦いであるというと、かっこよく聞こえるが、
要はマイペースでちんたら走っていただけである。

サイクリングロード沿いの公園。
a0156548_19443553.jpg

この遊具を見るたびに、てっぺんに登りてぇという誘惑にかられるのであるが、
子供だらけの状況の中で、飄々と登っていく勇気は35を過ぎた私にはない。
人の少ない早朝にこっそり行って登ってみるかな。
でも、それで誰かに見つかったら余計恥ずかしいなあ。

道はずーっと進んで、上野幌。
まだ雪が残っています。
a0156548_19491945.jpg

この辺りから都会を脱出して、自然あふれる真のサイクリングロードに入っていくなあと
テンションが上がってくるのである。

北広島市突入。
a0156548_19504841.jpg

ここから白石サイクリングロードはエルフィンロードと名前を変え、
北広島駅へと続いていくのである。

思ったよりもロードレーサーが多かったなあ。
ガンガン抜かされていったが、別にこっちはMTBなので気にしない。
路面は一部を除いてほぼドライ。ドロヨケなしでも全く問題ない。

自転車の駅で休憩。
a0156548_19552015.jpg

駅自体はまだ営業していなく、トイレや水飲み場は使えず。
4/23からの営業のようだ。

休憩が終わり、3kmぐらいズンドコ進むと。

北広島駅~。
a0156548_1957453.jpg

さて、最初に書いたように、北広島といえばまずタイヤキだ。
タイヤキ屋たんぽぽに進む。
場所はここ
a0156548_1958503.jpg

ヘルメットをかぶったピチッとした格好の自転車乗りが3人いた。
そのうち女性は2名だった。
彼女たちがサングラスを外した瞬間、激しく萌えるものがあった。

まあ、あれですね。
スキー場に行ったときウェアを着た女性が30%増しでよく見えるのと同じ原理なんでしょうけど、
でもやっぱり女性ローディーはかっこいいわ。

ローディー軍団は店内でタイヤキを食っていた。
ふふふ、素人だな。
真の自転車乗りはこんなところでタイヤキは食わないのだよ。

ということで、メッセンジャーバッグにタイヤキを入れて、
落ち着いてタイヤキを食えるところに移動することにした。

まずは駅の連絡通路を使って、線路を越えます。
ここでは自転車は押して歩くのだ。写真の左下は私のサイクリンググローブ。
a0156548_207115.jpg

で、西口に出て、すぐ見える歩道橋が北広島市を循環する遊歩道トリムコースになっているのであった。
a0156548_20133723.jpg

そんでもって、トリムコースをズンドコ進むと竹葉公園という公園があるので、
そこのてっぺんに登る。
a0156548_2014307.jpg

おお、こここそ、タイヤキを食べるのにふさわしい地だ。
特に見晴らしがいいとかそういうわけではないが、なんとなく隠れ家的なよさを感じる。
のび太くんが嫌なことがあったときは学校のうら山に行くというのが、わかるような気がする。
a0156548_20242174.jpg

ここでひとりでタイヤキを食べる至福の喜び、
そこには寂寞感はなく、おいしいとこ独り占めという満足感だけがあるのであった。

満足感にひたりながら、もしゃりと

ん?

んん・・・?

こ、これは・・・、




ぬるぅい!

タイヤキは寒い中、自転車を漕いでいるうちに冷えてしまったのであった。
残念ながら今回は店の中でタイヤキを食べたローディーの勝ちであって、すなわち私の負けだ。

しかし、後悔はしていない。
これからも自転車とタイヤキがある限り、私はここでタイヤキを食べ続けるであろう。
a0156548_20291359.jpg

線路わきに咲いているふきのとうに春の訪れを感じながら、今回の日記を終わる。

走行距離 70km
[PR]

by gossy54200 | 2010-04-17 20:34 | MTB | Comments(4)  

Commented by ゆげ at 2010-04-17 21:59 x
いいねぇ。
GWの帰省がいっそう待ち遠しくなりました。
Commented by gossy54200 at 2010-04-18 20:34
さてGWはどういうコースにしましょうか?
Commented by ゆげ1号 at 2010-04-19 23:40 x
輪行したい!!
とだけ書いたら「スパムコメント」扱いされてしまいました。
なんでだ?
Commented by gossy54200 at 2010-04-20 06:13
なんじゃそりゃ?

まあ、輪行についてはそれなりのところを考えておきます。

<< 苫小牧~日高~新ひだか(その1) 夕日 >>