南小樽駅に激しく萌えた日曜日

ゴスペル仲間のAD氏が、
「南小樽駅はいいよ。ここに行くと、何時間居ても飽きないよ」
と行っていたので、どんなものか試しにFR900で南小樽駅に行ってみることにした。

迷子特性を持っている私は、
「南小樽どこだ、どこだ」
と10分ぐらい南小樽近辺をさまよっていたのであるが、
全く予想していなかったところに、駅舎がひっそりと現れて、
こういうビックリ箱的展開が大好きな私は大いに気に入った。
a0156548_2021679.jpg

こうやって写真だけで見ると、何の変哲もない駅に見えるが、
こんな写真では南小樽駅の魅力の0.1%も伝えられない。

ここの駅のすごいところは、ホームがなんと橋の下にあるところである。
この四次元的な異次元の世界に迷い込んだ感覚が非常に新鮮であった。
a0156548_20263978.jpg

年季の入ったホームへの連絡橋。
a0156548_20301484.jpg

崖の上から見下ろす駅名標。
a0156548_20311777.jpg

電車がやってきた。
a0156548_20355631.jpg

上り電車もやってきた。ああ、いいなあ、この上から見下ろす感じが。
a0156548_20352651.jpg

駅の裏側に回る。いいなあ、このうらぶれた昭和50年代の光景が。
a0156548_2041467.jpg

下に降りて駅を眺める。どんな角度から見ても味わいがあるぜ。
a0156548_20424636.jpg

サクラサク。
a0156548_20445153.jpg

a0156548_2045778.jpg

30分ぐらい駅周辺をうろついていたが、まるで飽きることがなかった。
本当はもっといたかったのであるが、
駅周辺を自転車用ヘルメットをかぶった怪しいおっさんがカメラを持ってうろついていると、
そのうち警察に通報されそうな気がしたので、このくらいでガマンしてやった。

南小樽駅の魅力を一言で現すことはなかなかできないが、
なんというか、地下帝国的というか、秘密の隠れ家的であるというか、
そこだけ時が止まったような、初めて来たんだけどなんだか懐かしいような気がしたのである。

百聞は一見にしかず。
騙されたと思って南小樽駅に行ってみろ!と強く推奨したところで、今回の日記を終わる。
(本当に騙されても私は一切責任を持ちません)
[PR]

by gossy54200 | 2010-05-11 20:56 | MTB | Comments(2)  

Commented by ちょうろう at 2010-05-12 22:54 x
わたくし、通勤で南樽駅を使ってます。
今の時期は、ホントに綺麗ですよね~。

ちなみに、私の場合
橋の上から見て電車が来ていると、
「やべっ、間に合わない!」と思います。(笑)
Commented by gossy54200 at 2010-05-13 07:22
>ちょうろうさん

コメントありがとうございます。
そうですか、南小樽は「なんたる」と略すのですか。
たま~に行くと「おお!」という味わいがある南小樽駅も
さすがに毎日使っていると飽きそうですね(笑)

<< おじさん自転車講座 中空知を往く(その5) >>