タイオガ コクーンを買った

行きつけの自転車屋のポイントがいい感じで貯まってきたので、
ポイントを使って、MTB用に使える輪行袋を買ってみた。

買った袋はタイオガ コクーンという奴で、
普通、輪行するときは前後輪を外してうんたらかんたらとめんどくさい作業が必要なのであるが、
このコクーン様は前輪を外しただけでさっくりと袋に収納できるという優れものなのである。

ということで、家に帰って袋詰めの練習をしてみた。

まずは前輪を外して、フレームに固定させる。
a0156548_20593633.jpg

フレームに固定させるときは、一応コクーンについている付属のストラップはあるのだが、
死ぬほど使いにくいので、100円ショップで売っている自転車用のすそバンドを使うとよい。
(と、どっかのホームページに書いてあったので、真似してみた)

あとは袋をかぶせてできあがり。
おお、めっちゃ簡単やないか!
a0156548_2142784.jpg

とはいえ、後輪の部分がかなりキツキツで、ファスナーを閉めるのに5分ぐらい格闘した。
やはり推奨の方法通り、ペダルは外した方がいいような気がするが、
私はペダルを外すレンチを持っていないので、力ずくで入れる作戦で行こうと思う。
あとは、ショルダーストラップも付いているのだが、説明書が適当でつけ方がわからないので、
とりあえずフレームを手で持って移動という戦法で行くことにする。

サイズはめっちゃでかいです。
縦にして私の身長(169cm)よりちょっと低いぐらい。
a0156548_2175184.jpg

ブロンプトンと比較。
a0156548_21104489.jpg

ブロンプトンに比べ、横は3倍のスペースをとり、縦は1.5倍のスペースをとる。

この大きさでは、電車のデッキに横置きすることは不可能であるし、
縦置きにしても下が不安定になるので、固定した状態で置くことは厳しそうである。

とどのつまりは、ずーっとデッキで立っていながら、縦置きにして人力で固定するという方法しかなさそうだ。
乗客が車両に5人ぐらいしか乗っていないローカル線を狙うとかしないと、座っていることはできないだろう。

「うわ、これひょっとしたら買って失敗かな」と、ちょっと今現在後悔しているわけであるが、
まずは実際に使って見ないことには始まらないと、
日曜日これを使ってどっかに行こうと思ったところで、今回の日記を終わる。

▲お気楽輪行の味方、タイオガ コクーン
[PR]

by gossy54200 | 2010-05-20 21:28 | MTB | Comments(5)  

Commented by waltz_t at 2010-05-20 23:04
輪行袋購入時、このコクーンも選択肢のひとつでした。
結局モンベル(小さい方のヤツ)を買いましたが。
輪行記事、楽しみです。
Commented by gossy54200 at 2010-05-21 06:31
正直、あまりのデカさに面食らったわけですが、
大は小を兼ねると言うことで、
いざとなれば後輪も外して収納すればなんとかなるでしょう。

日曜はJRがガラガラでありそうな路線を狙ってみることにします。
Commented by ゆげ@sottail_log at 2010-05-23 15:47 x
コクーンって「おじさん自転車講座」の長尾藤三氏が考案したらしいですな。ウチのP20-RACは小径ゆえ、前輪外しただけでもモンベルのコンパクト輪行バッグに入ってしまうのですが、確かに前輪外しだけってのはラクです。ふつーの自転車だとでかくなるのはやむなしでしょうが。
Commented by ゆげ@sottail_log at 2010-05-23 15:54 x
ちょっと訂正。コンパクト輪行バッグは元々前輪外すだけで収納できるように作られてます。それでも小径車だとあんまり大きくならないので多少はラク、です。
Commented by gossy54200 at 2010-05-23 16:47
ディスクブレーキのMTBだからどうしても車輪は極力外したくないので(つけたときのブレーキ調整がちょっとめんどい)、コクーンかバイクキンチャクかなと思いました。
輪行頻度もおそらくブロに比べると少ないであろうし、こんなものでいいかなと。
まあ、実際に使用した感想などは本日以降の記事を見てください。

<< 交流戦を見に行った。 散歩もの >>