手稲山ふたたび

今シーズン2回目の手稲山挑戦。
a0156548_1841438.jpg

32-24Tメインで10km/h程度でチンタラ上っていく。
ロードに乗っていたときは36-23Tでふめていたような気がしたが、
すっかりMTBの軟弱なギア比に慣れてしまったようだ。
「次、もしロード買うとしたら、フロントトリプルかな」と弱気なことを思ったのであった。

上りではブリヂストンのアビオスに乗っていたおっさんを抜かした以外は、
自転車乗りに遭遇することなく、淡々と進んでいく。

アビオスはパッと見た感じママチャリっぽく見えるので、
「おお、ママチャリでヒルクライムか!」
と、ちょっとびっくりした。
(アビオスはれっきとしたスポーツ自転車である)


▲ ブリヂストン アビオスプレイヤー

オリンピアエリアの辺りで、目が汗に・・・じゃなくて、汗が目に入りまくりで、
目が痛くて開けてられなく、仕方がないので目を閉じたまま自転車を漕いでいた。

ロープウェイ乗り場到着。
a0156548_1982272.jpg

40分ぐらいで着けばいいかなあと甘いことを考えていたが、
現実は甘くなく、47分もかかってしまった。(平均時速11km)
a0156548_19105750.jpg


気力があれば、もう一本上ろうかなあとか思っていたが、
やっぱりやめて、そのままダラダラと手稲方面をふらふらした。

星観緑地。
a0156548_1915142.jpg

緑が豊かで、人があまりいなくていいところだ。
こういうところでは、ベンチに座って静かに考え事をするのであるが、特に名案が思い浮かぶわけではない。
今回で言えば
「次ロード買うときは、コンパクトクランクかトリプルか」
と、自分以外には全くどうでもいいことを、5分ほど延々と考えていた。

考え事に飽きたので、とっとと星観緑地から徹底して、帰宅することにした。
途中、チャラい感じの男が乗っていたシングルギアのピストバイクに抜かれ
「ピスト、結構速いなあ」と感心した。
30km/hで追っかけても、全然追いつかなかった。
だからと言ってピストバイクが欲しいとは、これっぽっちも思わない。

今回は距離は50kmと短めであるが、やっぱり坂をからめると走った気になるなあと、
すっかり疲れたところで、今回の日記を終わる。
[PR]

by gossy54200 | 2010-06-12 19:34 | MTB | Comments(0)  

<< 山月記 人はどこまで苦痛に喜びを感じる... >>