リアディレイラー

ちょっとリアディレイラー(後輪側の変速機)の調子が悪いなあと思い
メンテナンス本を片手に調整しようとしたら取り返しのつかないことになった。
a0156548_19572726.jpg

思いっきりワイヤーが変速機から外れてしまったわけであるが、これには深いわけがあるのである。

本の通りにやったつもりだが、ますます変速の調子がおかしくなった。
                    ↓
       辛抱強く慎重に微調整をするが、改善せず。
                    ↓
              (*゜д゜)キー!!
                    ↓
      キレて、しっちゃかめっちゃかにワイヤーをいじる。
                    ↓
              ワイヤーボヨーン(爆)

ちなみに私は小学生のころからプラモデルがまるで作れないぐらい不器用なのであるが、
そのころも同じようなパターンでプラモをしっちゃかめっちゃかにしたものである。
三つ子の魂100までとは言うもので、まるで進歩のない私なのであった。

しかし、大丈夫だ。
私には心強い味方、自転車ショップがついている!

ということで、MTBを買った自転車屋に持って行って治してもらいました。

a0156548_1957442.jpg

自転車屋のおにーさんは、素早い手つきでスパッとワイヤーを治し
しゅこんしゅこんとスムーズに変速が入るようになりました。
めでたし、めでたし。

これでかかった費用は部品代の326円だけ。
やはりトラブルのことを考えると、ちょっと高くても、自転車は専門のショップで買うべきである。
私のようにメンテナンス能力がゼロに近い人間はなおさらのことだ。

しかし、今回、私がしっちゃかめっちゃかにしたものを
プロは嫌な顔一つせず(ホントは嫌だったかもしれないが)治してくれたことによって
いざとなったらお店がなんとかしてくれる
ということがわかったので、これからも攻撃的に自己流適当メンテナンスをガンガンしていこうと思う。

MTBも治ってよかったよかったということで、適当に50kmぐらい散歩した。

新川河川敷。
a0156548_20261694.jpg

発寒川サイクリングロード。
a0156548_20301319.jpg

豊平川の河川敷や白石サイクリングロードと違って、
自転車も歩行者も少なくひっそりしているところがいいのですね。

先週みたいに自分の限界に挑戦するのもいいが、
時速15kmぐらいでまったりと3時間ぐらい流すのが、ちょうど楽しいと思えるところではないだろうか。
そんな気がしたところで、今回の日記を終わる。
[PR]

by gossy54200 | 2010-07-04 20:38 | MTB | Comments(2)  

Commented by waltz_t at 2010-07-04 21:17
まさに先日私も似たようなことがありました。esのチェーンとガードが接触して音鳴りを起こすようになったんです。
それで自分で直そうとフロントディレイラーを調整したら更におかしくなり、音鳴りどころか変速そのものが不可能というとんでもない状態に!
結局購入ショップに持ち込んで直してもらったんですが、無料でしたね。本当にショップ様様です。
(でも僕、実はブロンプトンは通販なんですよね・・・)

最後の3行はまったく同感です。
しかしそこでやめればいいものを、いつもその先まで行ってしまうのは何故なんでしょうか・・・・・

Commented by gossy54200 at 2010-07-04 21:53
やはり困ったときはショップ様様ですね。
スプロケ掃除とか、ディスクブレーキパッド交換とか
自分でできればいいなあと思うことはたくさんあるのですが
ついつい、ショップにオーバーホールに出したときに
ついでにやってもらおうなんて考えて
あまり自分でやる気にならず困ったものです。

腹八分とはよく言ったもので
ほどほどのところでやめれば幸せなのに
ついついその先を探求して、苦しくなってしまうのですね。
人間は欲深い生き物です。

<< 果たして私にクルマは必要か、そ... ブロンプトンとブロンプトン >>