豊ヶ岡駅(その2)

前フリはこちら

そこは豊ヶ岡駅だった。
a0156548_1950648.jpg

さて、写真で見ると、ただの古い木造の建物である豊ヶ岡駅であるが、
この駅の魅力は、こんな写真では語ることができない。

民家など一軒もない、ダートの道を進んで行き、
「こんなところに建物なんてあるわけねーだろー」
というところで、何の前フリもなくぬっと駅舎が現れるのである。

あー、この素晴らしさを文章でうまく伝えることができないのがもどかしい。

ほら、予備知識なしに知らない街とかを歩いていて、
「へー、こんなところに、こんな店があったのか!」
って思うときがあるでしょ。
見知らぬところで、自分だけがそれを発見したぞって感じ。
おー、発見したオレすげーって感じ。
それをめちゃくちゃディープな世界で再現したのが、今回の豊ヶ岡駅の発見って感じなのだ。

いや、違うな~。
あー、自分の文章力のなさがもどかしい。
この感動をどうすればうまく万人に伝えることができるのだろう。
(私の文章は「わかる人にしかわからない」と言われているので、最近、ちょっと万人向けの文を意識してる)

まあ、いいや。
とにかくオレは豊ヶ岡駅の出現に、魂が震え上がるほどの感動を覚えたのだ。
こんなものは別に誰にも理解されなくても構うもんか。

感動の余りに駅を発見した後、再び来た道を戻って、駅が見えなくなるのを確認し、
そんでもって、また駅の方に進んで、駅を発見して
「おー、駅だー。すげー」
と感動する遊びを3回ぐらい繰り返した。

まったくもって、いないいないばぁ~で喜んでいる赤ん坊とまるで同じ精神構造だ。

そんな私の行動を密かに注意している電信柱発見。
a0156548_2085767.jpg

そうか、そうか、警戒されているのか、気をつけよう。
でも、こんな人里離れた奥地で、一体誰が警戒しているのだろうかという疑問は残る。

駅の中です。思ったより小奇麗。
a0156548_20131895.jpg

時刻表。思ったよりも列車の本数はありますね。
a0156548_20155579.jpg

駅ノート。
全国からこの秘境度の高い駅を訪れる物好きの、マニアックな書き込み多数。私も人のことは言えんが。
a0156548_20191461.jpg

駅舎の中でもうちょっとたたずんでいたかったが、あぶやはちがぶんぶん飛んでいたので断念。

駅舎を裏から撮影。
a0156548_2023130.jpg

ここでもまた不審者が注意されているが、ここではっきりさせておこう。
こんな誰もいないところをふらふらすること自体、それが十分に不自然な行為であって、
すなわち
豊ヶ岡駅に降り立ったものは皆不審者だ。
(この文章は日常的に豊ヶ岡駅を利用している人はいないという前提で書いているけど
 もし、日ごろの通勤通学病院通いの足に豊ヶ岡駅を使っているという方がいらっしゃったら、ごめんなさい)

まあ、常識的に考えて、ここでの不審者というのはチカンとかそんな意味だと思うのだけど、
よしんば注意したところで、ここでチカンに出くわした日には、
泣けど叫べど誰も助けてくれないのは目に見えているので、
注意する以前に、こんなところには近づかない方がいいと思う。
200デシベルの声を出しても、絶対誰も助けてくれないよ。

ホームに行きます。

月形方面。
a0156548_20354697.jpg

新十津川方面。パイプイスがシブイぜ。
a0156548_20423273.jpg

駅名標。
a0156548_20444277.jpg

しかし、このホームに立っているときに感じる安心感は何なのだろうか?
周りの森や、聞こえてくる虫の音が、静かに自分をつつみこむような感じ。
例えて言うなら、母親に抱かれている赤ん坊のような安心感である。

元の目的は、ここでひとり静かに考え事をすることだったのであるが、
「何も考えずに、ただこの環境に身を任せればいいんだよ」
と天の声が聞こえてきたようで
ただただ、何も考えず、まるで無の境地に立ったかのように、この豊ヶ岡駅の光景に心を奪われていた。

そして、30分ぐらい、日曜の午後、誰もいない秘境駅で、ただただ秘境であることに感動しながら
口を半開きにしてぼーっとしている、間抜けなおっさんの姿があったのだった。

これが美術館で好きな絵を前に、ただただ動けないほど感動しているというのであれば、
ちょっとはマシなのかもしれないが、
ピントの外れたところで、よくわからない偏執的な感動を覚えるのが、また私らしくてよいと思うのであった。

豊ヶ岡駅。マジでおすすめの癒しスポットです。

(つづく)
[PR]

by gossy54200 | 2010-08-30 21:03 | MTB | Comments(6)  

Commented by waltz_t at 2010-08-30 21:53
素晴らしい・・・・・

やはりここは行っておかなければならない聖地ですね。
自転車はやはりMTBがいいのでしょうか?
Commented by gossy54200 at 2010-08-30 22:13
駅にたどりつくまでに200mぐらいのダートがありますが
それさえ気にしなければロードやブロンでも問題ないと思います。
(むしろ、駅に近づく感覚は徒歩で味わうのがよいかと思われます)

ここはもう一度冬に行きたいですねえ。
スパイクMTBで・・・。
Commented by kwhiro at 2010-09-02 00:22
Gossyさん、お邪魔します。この駅ええ感じです。いつか行ってみたい。
Commented by gossy54200 at 2010-09-02 21:19
>kwhiroさん

コメントありがとうございます。
駅ノートを見ると、四国や九州からもこの駅目当てに来た人がいたようで、このマイナーな地のよさがわかる人が日本全国津々浦々にいることに心強さを感じるわけであります。

ああ、変な人はオレだけじゃないんだなあっていう喜びですね。
Commented by ゆげ@softtail.log at 2010-09-03 00:55 x
いいねぇ秘境駅。思わず本を注文してしまったよ。
でもさすがに首都圏には無いよなぁ・・・
Commented by gossy54200 at 2010-09-03 07:20
久我原駅なんてどうでしょう。

千葉県唯一の秘境駅らしいです。

<< 豊ヶ岡駅(その3) 豊ヶ岡駅(その1) >>