とにかく限界に挑戦してみる(その3 直線道路を行く)

ここまでのお話 → その1 その2

「ひたすらロードバイクで北へ北へと向かいたい」という私の願望とはうらはらに
雨のために岩見沢で足止めをくらっていたのであった。
a0156548_1233523.jpg

通り雨なんだろうなあということは、頭の中ではわかっていても
やっぱり何十分もひたすらボーっと雨が止むのを待つのは、苦痛である。
「オレ、何でこんなことやってるんだろ?」
と無常感が漂い、すべてを投げ出したくなってくる。

ちょっと心くじけながら待つこと30分、やっと雨が上がってきたので走り出すことにしました。
あー、よかった。よかった。
この時点で無常感のことは完全に忘れた。

とは言え、アスファルトはビチャビチャで、ドロヨケのない自転車では、水跳ねまくりですね。
あっという間に足元はぐしょぐしょです。
気温も心なしか下がってきたような感じがして、ちょっと寒さを感じます。

それでもペダルを漕いでいると体は温まりますね。
ものの5分ぐらいで、寒さは気にならなくなりました。

相変わらずアスファルトはビチャビチャですが、これはもうしょうがないと思うしかないでしょう。
ジャブジャブ水を跳ねながら、前に進みます。
美唄市に入ってから、またポツポツと雨が降ってきましたが
そんなに強い降り方ではなく、走行には影響なし。

美唄市光珠内(こうしゅない)から29.2kmの日本一の直線道路に入ります。
そんで、美唄市街に入ると、雨は降っていなく、アスファルトも乾いていましたね。
ホントにこの日の雨は局地的なものだったようです。
a0156548_12461855.jpg

日本一の直線道路はやっぱり夜中でも真っ直ぐです。
a0156548_12481995.jpg

奈井江町に入った辺りで、激しい尿意をもよおしたので、道の駅でトイレ休憩。
この時点でAM4:00。
a0156548_12495514.jpg

ここがちょうど、日本一の直線道路の中間地点です。
a0156548_1251742.jpg

気温は12.3度。
すっかり秋ですなあ。
つい最近まで、暑さで全然寝られなかったのがウソのようだ。

でも、体動かしているんで、気温の割には寒さは全然感じないですね。
相変わらず20km/hぐらいのちんたらペースで、直線道路を北へと進んでいきます。

旭川まで63km。7時半ぐらいには着きそうかな?
a0156548_1257590.jpg

どこまでも真っ直ぐな道をひたすら行くと、そこは滝川市だった。この時点でAM4:40。
a0156548_12592383.jpg

フラッシュ焚いているので真っ暗に見えるけど、実際の明るさはこんな感じ。夜明けは近いです。
a0156548_131488.jpg

滝川のカントリーサインが見えてから、数百メートル進んだところで日本一の直線道路は終わりです。
a0156548_1325221.jpg

「終わり」の文字が、いかにも終わりというもの悲しさを感じますね。
「真っ直ぐなのはこれで終わりだ、後は曲がろうとどうだろうとオレの知ったこっちゃない」
と訴えているような、投げやりな感じがよいです。

直線道路は終わりましたが、私のサイクリングはここからが本番です。

セブンイレブン滝川東町店で補給&休憩。この時点で走行距離は85km。
コンビニはセイコーマートが好きなのだが、24時間営業じゃないところが多いという罠にはまっていた。
a0156548_13113055.jpg

スローペースなので、体の疲れはそれほどでもないんだけど
眠気が襲ってきたので、コーヒーでも飲もうかなあと思ったところで、インパクトのある飲み物を発見した。
a0156548_13134617.jpg

「レッドブル」という栄養ドリンクなのであるが、
これがコーヒー一杯分のカフェインがあって、眠気覚ましによさげな感じで
更にアルギニンやビタミンB群が入っていて、アルギニンとは何かさっぱりわからないのだが、
とにかくこれさえ飲めば、みるみるうちに元気が出る強力なドリンクだという気がしたのであった。

サンドイッチをほおばって、レッドブルを飲んで出発します。

おー、こりゃあすげえ!

ファイト一発!元気100倍!

恐らく精神的なものもかなりあると思うのですが、かなり効きますコレ。
レッドブルは長距離サイクリングに必須の飲み物だわ。
レッドブル最強!レッドブルマンセー!
I cannot live without 'Red Bull'!
レッドブルパワーで、体力気力共にメラメラと燃え上がっていきます。

AM5:00。
空はすっかり明るくなりました。
レッドブルでハイになっていた私は、「新しい朝が来た、希望の朝だ」
と、ラジオ体操の歌を頭の中で歌っていた。

滝川東公園。よくわからないデカい像があったが、大して興味もないので素通り。
a0156548_1335484.jpg

深川市突入。AM5:30ぐらい。
a0156548_13363864.jpg

深川に入ってから、また路面が濡れてきたけど、雨は降っていなかったので、大きな問題はなし。
夜中のサイクリングは夜中でまた味わいがあるのだが、やっぱり明るい方が走りやすいな(当たり前だ!)

AM6:00。深川の道の駅でトイレタイム。この時点でちょうど100km。
a0156548_13395560.jpg

ここからが、いよいよ自分の限界への挑戦だ。

(つづく)
[PR]

by gossy54200 | 2010-09-20 13:43 | ロード | Comments(2)  

Commented by hashirouyo at 2010-09-21 09:05
お疲れさまでした。ウェット路面の走行は気を遣いますよね。
つづきが激しく楽しみです~!!

RED BULL>美味くないところがまた利きそうな気がひます(笑)
Commented by gossy54200 at 2010-09-21 20:20
ウェット+夜はホントに危ないですね。
とにかくこの区間はゆっくり安全をモットーに進んでいきました。

RED BULLがウマイと感じた俺って、一体・・・・・・

<< とにかく限界に挑戦してみる(そ... とにかく限界に挑戦してみる(そ... >>