とにかく限界に挑戦してみる(その7 200kmの壁)

前回はこちら

塩狩峠記念館で帰ろうと思ったのですが、
記念館のおばちゃんの「このあと、どこ行くんですか?」攻撃にまんまと引っかかり
更に北へと、進むことにしました。

いや、あれですよ、言い訳っぽくなるけど、
「このあと、どこ行きます?」
って聞かれて、「帰る」とは答えにくいものですよ。
やっぱり向こうも、もっと北へ行くものだと期待しているわけではありませんか(自意識過剰)。

まあ、別に「指きりげんまん、ウソついたら、はりせんぼん飲ーます。ゆーび、切った!」
って約束したわけでもないから、そんなことは無視して帰るってのも一つの手なのだけど、
やっぱりね、宣言した以上、男としてはそれを守りたいわけなのよ。

ということで、後ろ髪を引かれる思いで塩狩駅&塩狩峠記念館を後にします。
当初の予定では10分ぐらいしか滞在しないはずだったのに、
気がつけば1時間ぐらい滞在していましたね。
この時点でAM10:40。

さようなら、塩狩駅。また、冬に来たいものだ。
スパイクMTBで(ウソ)。
a0156548_18121595.jpg

再び自転車にまたがります。
一旦、またがると、さっきの「帰りたい」って気持ちは吹き飛びましたね。
なんだかんだで、俺はホントに自転車が好きな奴だとあきれてしまう。
ただ、ペダルを回す機械となって、ひたすら前だけを見つめます。

峠の下りを颯爽と下りたいところであったが、向かい風のため30km/hぐらいしかスピードは出ず。
でも、俺はスピードの恐いチキンな男だから、このくらいの速度で十分だ。

やたら長ったらしい、ロシア人みたいな名前の川。別に川の名前を覚えようとも思わない。
a0156548_18175357.jpg

マタルクシュケネブチ マタルクシュケネブチ 看護婦さんになーれ
魔法の呪文としても、イマイチ使えなさそうだ。

和寒は玉入れのマチらしい。こういうのは最初に宣言したもの勝ちだな。
日本一のチームに対して、50万円という賞金が高いのか安いのかはよくわからん。
a0156548_18212621.jpg

風景は単調、向かい風はちょいキツイ。時速17~18km/hぐらいで、とにかくゆっくり。
a0156548_1830719.jpg

剣淵町突入。ここは絵本の里だ。
お前は絵本よりもエロ本が似合うという、古典的なツッコミは認めない。
a0156548_18354237.jpg

正午、士別市突入。4月から士別に移り住んだMさん、お元気ですか~?
私は日々、こんなアホなことばかりやってます。
a0156548_183852100.jpg

この辺りから、また猛烈な眠気がやってきて、目を開けているのが苦痛になってきた。
眠たくなったときは、もうアレしかない!
a0156548_18403293.jpg

この日2本目のレッドブル!

セブンイレブン士別南町店でゲットしました。
a0156548_18423269.jpg

一緒に買ったクリームドーナツをおやつに、ドリンクを飲み干します。

キク━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

眠気はすっかり吹き飛び、パワーは100倍になった。
経験値が5上がった。呪文を1つ覚えた。

まるでどうでもいいことなんですが、士別市の国道40号線沿いは
住所が国道を挟んで、「大通東15丁目」「大通西15丁目」からどんどん減っていって
「大通東1丁目」「大通西1丁目」ってなっていったんですよね。
写真は大通西4丁目交差点。
a0156548_0263837.jpg

「じゃあ、1丁目の後の住所は一体どうなるのだろう」と思ったら、今度は
「大通北1丁目」
と亜空間異次元攻撃に出てきた。反則だろ、士別市。
ちなみに「大通南○丁目」という住所は存在しない。

そんな、ものすごくどうでもいいことに、一人でウケながら、向かい風の中、更に北へ向かいます。
もうね、こういうつまらないことにでも、笑っていないとやってられない。
さすがに50kmぐらい延々と向かい風が続くと、嫌になってくる。
というか、どうして50kmも走る前に、嫌にならなかったのかという疑問は残る。

そして、士別市多寄の地でついにこのときが来ました。
a0156548_18515953.jpg

200km達成です!

すげー、すげーよ、俺。
この時の時間は、PM1:00ぐらい。
札幌からちょうど13時間半かけてやってきた計算になりますね。
200kmブルベの制限時間ギリギリって感じです。

ここからは先は、完全に未知の領域だ。

気温は18度ぐらいと涼しいので、脱水症状はなく快適だ。
心肺機能も大丈夫だ。
左足のアキレス腱がちょっと痛む。
あと首から肩にかけても痛いが、ガマンできないほどではない。
尻の痛みはいつものことであるが、
ここまで来ると「これはこういうものなのだ」と悟りにも似た境地に達してくる。

つまり、まとめると

体力的には全然まだ行ける


道のりも、この後峠道はないので、そんなにキツくはない。
後は、向かい風に対する嫌気などの、メンタル面が問題になってくるんじゃないか思われる。

名寄市突入。PM2:00。ここまで210km。
a0156548_0502587.jpg

まだまだ限界はやって来ない。

(つづく)
[PR]

by gossy54200 | 2010-09-24 18:52 | ロード | Comments(2)  

Commented by kwhiro at 2010-09-25 21:56
知らないおばさんに何故か見栄をはってしまうその情景が目に浮かびます。210kmって、これでまだ最後じゃないんですか?一体どこまで?
Commented by gossy54200 at 2010-09-25 22:04
まだまだゴールではありません!

あと2回ぐらい続ける予定です。

<< とにかく限界に挑戦してみる(そ... とにかく限界に挑戦してみる(そ... >>