帰ってきたMTB

オーバーホールが終わったMTBを、ショップまで取りに行った。
約2ヶ月ぶりの対面だ。

自転車はプロの手によって、新品同様のピカピカの状態になって返ってきた。
サイクルファクトリーのみなさん、いつもありがとうございます。
そして、今年もよろしくお願いします。

ショップからもらった、シマノのカレンダー。
こんなところを自転車で走れたら死ぬほど気持ちいいだろうな。
a0156548_20503951.jpg

しかし、現実の北海道は連日の大雪で
道中、雪だらけで、ニッチもサッチもいかない状況なのであった。

MTBは思いっきりスリックの夏タイヤであったが
ショップから家まで3kmぐらいあるので、強引に乗って帰ることにした。
ふふふ、今年初自転車だぜ。
a0156548_205457.jpg

歩道は雪が締まっていて、そこそこ走れるのだけど、車道を横断するときが危険すぎる。
スタッドレスタイヤでつるつるに磨かれた路面で、情け容赦なく横にズリッと滑る。

んでもって、コケないように体勢を立て直そうとしたときに
思いっきり、スネをフレームにぶつけたり、膝をペダルにぶつけたりで
めっちゃ痛いっつーの!

でも・・・

でも・・・・・・

めっちゃ楽しー!!

最近、ちょっと走ることに心を奪われかけていたが
やっぱりオレはチャリの人なのだ。
a0156548_2151534.jpg


道はボコボコで走りにくい。
歩道は狭くて、歩行者に気をつかわなければならない。
指先はちぎれそうになるぐらい、凍えてしまう。

でも、でも、やっぱりこれが楽しいんだなあ。
何が楽しいのか説明しろと言われると、非常に困るのであるが
このペダルを漕いで、風を切る快感。
そして、ほほには死ぬほど冷たい風が当たり、交差点では滑ってコケそうになる・・・

一体、何が楽しいんだ?


まあ、楽しさの正体については、別にいい。
そんなものは、私一人がわかればいいことなのだ。

家に帰って、スパイクタイヤに交換。
2時間ぐらいかかるのではないかと思ったが、30分ぐらいでサクッと終わった。
これもひとえに先月行われた、秀岳荘白石店のメンテナンス講習会のおかげです。
ありがとう、店員Aさん!
a0156548_2175713.jpg

おお、なんて力強いタイヤなんだ!
これさえあれば、どんなミラーバーンでもへっちゃらなのではないだろうか。
明日からの通勤が楽しみだ。

楽しさのあまり、会社に行くのを忘れてしまいそうな気がしつつ、今回の日記を終わる。
[PR]

by gossy54200 | 2011-01-13 21:15 | MTB | Comments(4)  

Commented by waltz_t at 2011-01-13 21:44
>やっぱりオレはチャリの人なのだ。
という言葉に泣けますねぇ。

楽しさの正体は私も自分なりに掴んでますが、何か言葉にならないものがありますね。
そこに自転車の(悦楽の)本質が潜んでるような気もします。
Commented by gossy54200 at 2011-01-13 23:08
確かに言葉にはできませんね>楽しさ

未だに9年前、パナソニックの折りたたみ自転車を買ったときの
最初のひとこぎの感覚が忘れられません。
大げさに言うと、自分の意識の中でパラダイムが転換したような、そんな感覚でした。

そして、今日、久しぶりに乗った感覚が
9年前のそれに近いなあなどと思ったのですが
やっぱり、それは言葉にできないのですねえ。
Commented by 店員A at 2011-01-14 12:08 x
スパイクタイヤ、、活用できて(お求め頂いたときは雪も少なかったですもんね)良かったですねぇ。やっぱり俺は、、自転車の人、、というのは”自転車に乗れない”人生を送っている私も2ヵ月後くらいに痛感するのでは、、とおもいつつ黙々と歩いています。スパイクタイヤに関しても私なりの注意点を書いておりますので、ご参考までに。
http://shugakuso3.exblog.jp/12667179/
Commented by gossy54200 at 2011-01-14 21:05
記事、拝見しました。

最近のような締まった雪でしたら、問題ないですが
やはり、柔らかい雪は嫌なものですね。

今回は2.5気圧で空気を入れました。
1~2月の激寒期はこれでいけると思いますが
雪が緩んできたときに、適切な空気圧を検討していきたいと思います。

アドバイス、ありがとうございました。

<< デビュー サイクルウェアを買った >>