スポーツクラブに体験入会した

私の近所のスポーツクラブが、1ヵ月体験入会3000円と
破格の値段のネットクーポンを売っていたので、購入して、利用することにした。
a0156548_22232396.jpg


普段使っている市の施設とは違って
本格的にトレーナーがトレーニングメニューを組んでくれるとか、そんなサービスがあると思ったが
特にトレーナーが私に近づいてくることはなかったので、勝手にトレーニングをすることにした。
まあ、どーせマシンの使い方は知ってるから別にいい。

土曜の夕方ということもあったが、中はガラガラで
ジョギングコース(1周200m)は誰にも抜かされることなく、マイペースで走ることができ
マシンは使いたい放題であった。
すいていて、のびのびできる嬉しさよりも
数ヶ月後には、この施設はなくなってしまうのではないかという不安の方が大きかった。

ここのジムは、下の階が日帰り温泉施設になっていて
ジムの会員は、そこも利用することはできるのであるが
使えるのは洗い場だけで、風呂に入るには別料金が取られるのであった。
セコイぞ、セコすぎる。

とは言え、実際に風呂場に行ってみると
ちょっとぐらい風呂につかってもバレないんじゃないか、という雰囲気はあった。
あくまでも、そういう雰囲気があっただけであって
実際に私がどういう行動に出たかは、神のみぞ知ることである。

あー、スッキリした。
と思ったら、Yまだ氏からメシの誘いを受け、近くの回転寿司でメシを食った。
Yまだ氏は車を変えたばっかりで、ちょっと運転させてもらった。
久しぶりのマニュアル車であったが、やはり人間オートマで楽をすると退化してしまう。
けど、ちょっと運転すればすぐ慣れるだろう。
今まで、少なくとも10万キロはマニュアル車で運転してきたわけだし。
足代わりに使うなら、このくらいの軽自動車で十分だな。
次に車買うときの参考にしよう。

さて、家に帰って、明日のマラソンで必要なものを揃えようと思ったら
シューズをジムに置いてきたという、驚愕の事実に気づいた。
気づいたときは、すでにジムは閉まっていて、絶望感のみが残ったのであった。

仕方がないので、明日は、8年前にも千歳で42.195kmを走った、古いシューズでまた頑張ろう。
思い出のシューズに最後の晴れ舞台を演じさせてやろうじゃないかと覚悟を決めつつ、今回の日記を終わる。
[PR]

by gossy54200 | 2011-06-04 23:09 | ランニング | Comments(2)  

Commented by takatixyan at 2011-06-05 18:46
フルイ・シューズデ・ハシリナサイ。
という神の啓示でしょう。
Commented by gossy54200 at 2011-06-05 20:57
古いシューズが
「俺に、42.195km走らせてくれよ」と
神に念を送ったのでしょう。

<< 8年ぶりにフルマラソンに挑戦し... セイコーマートは北海道の自転車... >>