非常識マラソンメソッド

SuzyQさんより勧められた、岩本能史「非常識マラソンメソッド」を読んだ。
a0156548_23433999.jpg

「非常識」だの「元キャバ嬢」だの、刺激的な感じのタイトル&表紙であるが、内容はまとも。
ただ、理論的に書かれているようで、実は単に筆者の経験を読者に押し付けているようなところもあるので
書かれていることを鵜呑みにしないで、うまく種々選択して、この本のメソッドを取り入れる必要があろう。

特に私にとって、これはいいんじゃないかと思ったのは

かかと着地はやめなさい
骨盤を前傾させなさい

という2点。

多くのランニング本では、かかと着地を推奨していて
かかと着地をして、足首を返してから、指先を蹴り上げて推進力を得るのがよいということが書かれているが
致命的に足首の関節が固い私にとって、これがどうしてもできない。
変に意識して、かかとでブレーキをかけるような感じになって、ギクシャクした走りになってしまう。

そんな私に、「無理するな、かかと着地はやんなくていいんだぞ」と語りかけてくれるわけだから
岩本氏は神のような存在である。
そう、「かかと」ではなくて「足裏全体で」着地するのがよいということなのである。
この辺の理論的な裏付けについては、本を参照していただきたいが
足首の固い私にとって、「足首を固定して、足裏全体で着地すればいいんだよ」というのは
神様からの福音のように、スーッと心に染み入り
「ああ、かかと着地がきちんとできない私にも、生きる道があるんだ」ということを教えてくれたのである。

でもって、「足裏全体で」着地するためには、軽く前傾するのがいいとのこと
今まで、真っ直ぐ突っ立った感じで走っていた私にとって、これも新しい発見だ。
真っ直ぐ突っ立った状態だと、確かに足を下ろしてから、前ではなくて上に蹴り上げるような感じになるが
前傾させることによって、足を蹴り上げる方向が自然と前に行くようになり
無駄な上下動がなくなったような感じがするのであった。

そんなわけで、ジムのトレッドミルで、新走法を試してみることにした。
何事もまずはやってみることが肝心である。

さ、マシンに乗って、スピードを上げてと・・・・・・

おお、すげえ、楽だ。
いつもよりスピードを出しても、スムーズに足が進む。
いいね、(・∀・)イイネ!!、前傾足裏全体着地戦法。

このフォームが距離を伸ばしても通用するのかどうか、疑問に思うところもあるが
ちょっとニューフォームでしばらく試してみることにしよう。

この本はマラソンについて、色々と役立つ知識が書かれていて、大いに参考になるのであるが
唯一、気になった記述は

「ランニングにハマると誰でも失うものが二つあって、それは(ランニング以外の)友人と横腹の痛みです」

ただでさえ少ない友人がこれ以上減ったら大変なので
私は私なりに、友人を失わない程度に
ぼちぼち楽しみながら走ることを目指していこうと心に決めつつ、今回の日記を終わる。
[PR]

by gossy54200 | 2011-06-15 00:27 | ランニング | Comments(0)  

<< 千歳JAL国際マラソンの記録証が来た ママチャリの走り方 >>