サイクルジャージで30kmラン

北海道マラソンまであと11日。
平日の休みを利用して、そろそろ本番に向けて、長い距離を走ってみることにした。

コースは北海道マラソンコースを利用することにする。
まずは新川通と琴似・栄町通の交差点から、前田森林公園まで往復して20km。
a0156548_2214502.jpg

そんで、今度は同じ道を天狗橋のところまで行って、折り返して10km。
a0156548_22212744.jpg

合計30kmと長丁場になるので、飲み物などの補給はしっかりしておきたいところだ。
a0156548_2223186.jpg

スポーツドリンク4パック1.2リットルと、ゼリー飲料2袋を用意することにした。

そんでもって、今回は自転車には乗らないが、あえてサイクルジャージで勝負をかけることにした。
a0156548_22252599.jpg

なぜサイクルジャージにしたか?
そのポイントは背中のポケットにある。
a0156548_22261499.jpg

今までは長距離を走るとき、ウエストポーチに飲み物などを忍ばせ走っていたが
ユサユサするし、物は取りにくいし、そんなに量は入らないしでイマイチ不便であった。

そこでサイクルジャージの登場である。
これならウエストポーチのようにそんなにユサユサしないだろうし、物は取りやすいし、量も入る。
なぜ、今までこんな簡単なことに気づかなかったのだろう。
サイクルジャージは長距離走のときこそ役に立つのだ。

んじゃあ、飲み物とゼリーを入れてみるか。
a0156548_22313228.jpg

うむ、飲み物の重さで生地が伸びまくりだ。
果たしてこんなので大丈夫なのだろうか。

そんなことを気にしてもしょうがないので、とりあえず行ってみよう。
出発は11時。
道マラの時間に近づけるために、あえて気温の高い時間帯を選んだが
幸い、この日の札幌は曇りで、気温も走っている時間帯は23~24度とさほど高くはなかった。
本番もこのくらいだったらいいのにな。

さあ、走るか。

うぐ・・・。

後ろの荷物がめっちゃ重いぞ!


しかも思ったよりユサユサ揺れて走りにくい。
そりゃあ服に1.5kgぐらいの重りをつけて走っているようなものだからな。

ウエストポーチを併用して(ポーチの袋部分を腹側に回して使う)
荷物を前後に分散させる作戦を取った方がいいかもしれないな。

まあ、背中が落ち着かないのは、補給していくうちに荷物が軽くなるのでどうにかなるだろう。

1km6分ペースで、ゆっくり走っていきます。
信号待ちなんかを利用して、ドリンクを飲むような感じで。
パックだと、ボトルよりも取り出しやすいし、飲みやすいし、しまいやすくていいな。
パック作戦は本番でも採用することにしよう。

平日の昼間にも関わらずランナーは多かったな。
あえてこのコースを走るということは、みんな道マラに出るような人ばかりなのだろうか。
実際、信号待ちの時に
「北海道マラソンのコースはどう行けばいいんですか?」と話しかけられたし。

時たま日が差すと、もあっとした感じの暑さになって、まだまだ夏だなあと感じさせるが
吹いてくる風は涼しく、もう秋なのだなあと思ったりもする。
こういう夏と秋を同時に感じながら走る感覚も悪くない。

いくら今日は涼しい方だと言っても、汗は噴きだし、顔や腕にはザラザラと塩が浮いてきて
20kmを過ぎてからがやはりしんどかったのであるが
思ったよりもペースは落ちず、3時間1分27秒でゴール。
千歳のときの3時間通過タイムが、3時間18分41秒だったので、あのときよりは進歩しているようだな。
まあ、問題は30kmを過ぎてからなのだろうけど。
気象条件が今日ぐらいだったら、本番も行けるんじゃないかなあと、淡い期待を持つのであった。

≪今回の収穫≫
・30kmをほぼイーブンペースで行くことができた。
・補給はボトルよりもパックタイプのものが使いやすい。
・サイクルジャージはマラソンにも使える。
・薄底シューズでの長距離は不安だったが、我慢できないほどの痛みはなかった。

≪今回の反省点≫
・荷物はウエストポーチを併用して、前後に分散させた方がバランスがよい。
・足裏が痛くなることがあったので、ソックスはもうすこし厚手のものにした方がいいかもしれない。

今回は「やまめの学校」で、堂城先生が言っていた
頭を前に出して頭の重みを利用する」と「腕は前で振る」ということを意識して走ってみたのですが
やまめスタイルは自転車だけではなく、ランニングも応用できるのだなあとつくづく感心。
20kmを過ぎてしんどかったときも
どういうわけか足だけは自動的に前に出て行くような不思議な感覚でしたね。

泣いても笑っても、道マラまで11日。
走力的な面では行けそうな気がするので、後は道具を含めた戦略面をもう少し考えて
本番もこのくらいの気象条件であることを祈りつつ、今回の日記を終わる。
[PR]

by gossy54200 | 2011-08-17 23:13 | ランニング | Comments(6)  

Commented by siro_pug at 2011-08-18 12:31 x
私はマラソン経験まったくありませんので、マラソンに出場されるというだけで尊敬してしまいます!!
自転車ワザとのコラボでがんばって下さい!
Commented by gossy54200 at 2011-08-18 18:50
応援ありがとうございます!

自転車ワザとのコラボで、合法的にどんなことをしても
石にかじりついても、完走を目指したい所存であります。
Commented by sei at 2011-08-18 19:41 x
はじめまして。shiro_pugさん経由で来ました。

私もロードバイクをやりつつ、北海道マラソン完走を目指しておりますので、ついコメントさせていただきたくなっちゃいましたw。

同じくサイクルジャージで北海道マラソンは参加する予定ですので、ジャージを見ましたらお声がけさせていただきます!

あと、靴は某アスなんちゃらクラブさんで購入でしょうか。
私も同じのを履いているものですから。(インソールも)

恐らくご近所さんだと思いますので、自転車やランですれ違うかも?!とか思ったり。よろしくお願いします〜。
Commented by gossy54200 at 2011-08-18 22:57
seiさん、はじめまして。
コメントありがとうございます!

実はseiさんのブログはちょくちょく拝見しておりまして
私の中で「手稲山を30分切りで登るすごい人」とインプットされております。

シューズは某アスで買ったものを紛失してしまいまして(結構気に入っていたのですが)
岩本理論の実験のために、某量販店で特価で買った薄底シューズを使っています。

本番でも、恐らくブログと同じサイクルジャージを着ていることと思いますので、気軽に声をかけてくださればと思います。
(緊張で、気の利いた返答が返ってこないかもしれませんが・・・)

そうですか、ご近所さんですか。
近所でCAAD9が走っていたら、seiさんかどうかチェックしてみたいと思います(どうやって?)。
よろしくお願いします。
Commented by siro_pug at 2011-08-19 00:05 x
お~seiさんからコメきましたね♪
このお二人、非常によく似たご趣味なので、地味になんとか引き会わせたいと思ってました(´∀`)
よかった、よかった!
Commented by gossy54200 at 2011-08-20 13:02
siro_pugさんのコメント。
なんだか、男女を引き合わせるような下心を感じさせます(笑)

よーし、私もseiさんを見習って手稲山30分切りを目指さねば!
(不可能)

<< 夜ポタ どうでもいいを味方にする >>