道マラ一週間前

いよいよ北海道マラソンまで、あと一週間を残すのみとなった。
徳光和夫さんは24時間テレビで、60km以上を走ったわけであったが
私はそれとは全く関係なく、新川通を20km走ったのであった。

今回の装備。
a0156548_23495838.jpg

a0156548_23501131.jpg

前回の30km走の反省をふまえ、サイクルジャージに今回はウエストポーチをつけた。
ポーチにはアミノバイタルを水で溶かしたボトルを入れて
ジャージの後ろポケットに、バームウォーターやゼリーや塩飴を入れて
荷物の前後のバランスを取るようにした。

時間は本番の北海道マラソンに合わせるために、正午ぐらいに家を出た。
暑い時間に走って、体を暑さに慣らす目的だ。
家を出る前に、バームゼリーを食べたり、ストレッチポールで体をほぐしたりした。

スタート。
おお、体が軽い感じがする。
今日は調子がいいぞ。
これがストレッチ効果なのか、バームゼリー効果なのかは知らないが
バームゼリーは本番でもスタート30分前に食べることにしよう。
ストレッチポールはさすがに会場に持っていくことができないのは残念だ。

荷物を前後に分けたため、今日は後ろが引っ張られ、ユサユサするような感じはなく
バランス良く走れる感じだ。
荷物の配分は本番もこんな感じで行こう。

でもって、かなりの追い風。
風は涼しい。
日差しはそれなりにあるが、あまり暑さを感じない。
アメダスによると、この日の札幌の最高気温は25.9℃。
どうか本番もこのくらいの気象条件でありますように。

やはり本番が近いためか、道マラコースを走るランナーの数は多かったですね。
いいペースで走っていたランナーがいましたので、こっそりついていくことにします。

5km通過タイム、27分38秒。
ほぼ、キロ5分半ペース。
追い風だと楽ね。
42.195km走るにはちょっと速めのペースだが
今日は20kmでやめるので、このまま行っちゃえ行っちゃえ。

コーチャンフォーを過ぎて、追分通からがやたら長く感じますね。
建物とかがあまりなくて、どこまでも同じ景色が続く感じなんだよね。
ただ、この長さも少し慣れた感じがする。
こうやって、コースを何度も試走できる環境にあるのは有利だな。

疲れはいつもよりもない。
やはりドリンクはアクエリアスなんかよりも、バームやアミノバイタル系の方がいいのだろうか。
アクエリアスだと甘すぎて口の中が気持ち悪くなるので
そういう意味でもちょっと割高になるが、アミノなんちゃら系を本番でも採用しよう。

10km通過タイム、55分50秒。
前田森林公園のバス停のところで折り返す。
行きは追い風ということは、帰りは当然強い向かい風を浴びることになるのであった。

とは言え、自転車に比べると、走っているときってそんなに向かい風は苦にならない。
少なくとも自転車のように、時速が10km/hぐらい変わるなどということはない。
むしろ天然の扇風機で風を浴びているような感じで、涼しくて気持ちがいいぐらいだ。

体は相変わらず軽い。
いつものセイコマゼリーよりも、ちょっと高いゼリーでエネルギー補給をする。
恐らく気分的な問題であるが、セイコマゼリーよも効果があるような気がして
10kmを過ぎてからも、さほど体に疲れを感じない。
やはりこういうところはケチケチしないで
本番でも1粒3000mぐらいの力が出るような高いものを採用することにしよう。

15km通過タイム、1時間24分42秒。
調子はすこぶるよい。
当初の予定では、2時間ぐらいで20km走れればいいやと思っていたが
ここで1時間50分に目標タイムを上方修正する。

おお、今日は足の回転がスムーズだ。
肩も全然痛くならない。
むしろ、今日が本番であってほしいと思うぐらい、15kmを過ぎてもさほど疲れを感じない。

最後の1km。
ストライドを伸ばし、スパートをかける元気がまだ残っている。
繰り返しになるが、本番にこの元気をとっておきたいものだ。

結局、20kmを1時間50分46秒と、まずまずのタイムで走ることができた。
気象条件に恵まれたのもあるが、給水をこまめにとる、塩飴をなめるなどして
疲労を貯めないような走りをできるようになりつつあるところが大きい。
このペースを保つことができたら、サブフォーも夢ではないのだが
まあ、そんな大それた目標を持つと、本番ではペースが乱れそうなので
ここは謙虚に、あくまで5時間目一杯使って完走することを目標にしよう。

夜はじょいくるーずに行って、風呂に入って、漫画を読んで、寝た。
休憩室のテレビで、徳光さんのゴールシーンが流れていた。
このイメージを焼き付けて
どんなにフラフラになっても、制限時間内にゴールしたいものであると強く思った。
徳光さん、勇気をありがとう。
何だか私も来週頑張れるような気がするよ。

そんなわけで、北海道マラソンのために鍛える練習はこれでおしまい。
自己流のテキトートレーニングの割には、どこも痛めることなく
五体満足で本番を迎えられそうで、何よりである。

後は、疲労を残さないように軽く調整しながら、「楽しく」走れればいいなあ。
正直、走っているときの楽しさって
私の中では「自転車>>>(超えられない壁)>>>ランニング」なのだが
北海道マラソンをきっかけに、「走る楽しさ」を感じたいなあなどと思いつつ、今回の日記を終わる。
[PR]

by gossy54200 | 2011-08-22 00:44 | ランニング | Comments(2)  

Commented by 白パグ at 2011-08-23 00:03 x
むー、読んでるとこちらまでドキドキしてきました!
何とか今週くらいの涼しめの気温が続くことを願っております。
gossyさんに栄光あれー!
Commented by gossy54200 at 2011-08-23 00:37
応援ありがとうございます。
seiさんとともに、28日は頑張ります!

白パグさんも28日、ブルベ試走会頑張ってください!

<< ブロンプトンにセラアナトミカ 焼肉ポタ >>