第2回夕張ロングライド210(その1)

9月11日(日)

AM3:00起床。

とりあえず、自転車は前日のうちに輪行袋コクーンに入れて、車に積んである。
後は大して準備するものもないだろうと思っていたが、家から出たのは3:40ぐらいだった。
はて、40分もの間、私は何をしていたのだろうか?

さて、まずは夕張までドライブしましょ。
すっかり空が明るくなる時間も遅くなったのう。
ひと月前は4時ぐらいにはもう明るかったのにね。

暗い中、ひたすら一般道で夕張まで走ります。
途中、セブンイレブン栗山継立店でおにぎり2個と眠気覚ましのレッドブルを購入。
へー、おにぎり全品100円キャンペーンなんてやっていたのか。
ここぞとばかりに、普段はちょっと高い筋子とかのおにぎりを買い、プチリッチな気分を味わう。
と言うか、こんなときに「シーチキンマヨネーズ」のような
普段100円で売っているようなおにぎりは、全然売れないのではないのか。

レッドブル、去年100kmぐらい自転車に乗った後で飲んだときは
「うわぁ、これ効くぅ、そして、うまい!」と思ったものだが
普通の状態で飲むと、こんなマズイものだったのか。おえぇ。

夕張に入った辺りから、やっと明るくなってきましたね。
スタート地点の石炭の歴史村駐車場到着は、5:10ぐらい。

まずは自転車を組み立ましょうか。
さ、外に出よう。
ぐぐ、寒い。
最高気温は20℃ぐらいということで、長袖ジャージ、ロングタイツという格好で行こうと思っていたのだが
ウインドブレーカーもあった方がよかったかな。

とは言え、持ってこなかったウインドブレーカーのことを考えてもしょうがない。
大丈夫だ、走っているうちに暖かくなるだろう。

受付を済ませます。
a0156548_053597.jpg

参加者名簿と、どこで曲がればいいのかということが詳細に書かれた案内が配られました。
この案内、もうちょっと早い段階で欲しかったです。
事前に郵送されると、すごいありがたかったですね。

参加者名簿を見ると、210kmコースエントリーが私を含め26名、100kmコースのエントリーが23名。

少なっ!

去年もこのぐらいの参加人数だったようでしたけれども
きっとこれは羊蹄のセンチュリーランと日程がかぶっていたことが原因であって
羊蹄と日程がずれた今年は、100人ぐらいはいるんじゃないかなあなんて思っていたのですが
そうですか、今年もこじんまりとした感じの大会になりましたか。
まあ、少数精鋭で頑張っていきましょう。
「我々が『夕張ロングライド210』の歴史を作るんだ」ぐらいの意気込みで。
(「佐渡ロングライド210」は3000人ぐらいの参加者がいるんだよね)

ゼッケン代わりの「黄色いハンカチ」をジャージにつけます。
a0156548_112591.jpg

手抜きと言われれば、手抜きかもしれないが、こういう「手作り」感がグーとも言える。

参加賞は「メロン熊」のキーホルダーとか、「メロン熊」のクリアファイルとか。
a0156548_1152829.jpg

さすがにこんなにちっこいものをつけて走っても、全然目立たないので
当初の予定通り、メロンパンナちゃんと共に走ることにしよう。
a0156548_118618.jpg

心なしか、メロンパンナちゃんも戦闘モードに入っているような気がする。
「メロメロパンチ」が炸裂するぜ!
(しないって)

スタート30分前に、「普通のヴァーム」ゼリーを飲んで
こっちもメロンパンナちゃん同様、エネルギー補充は完了だ。
あえて、北海道マラソンのときのように「スーパーヴァーム」にしなかったところに
今思えば、このイベントを舐めていたようなところもあったと思う。

その後、TNIさん、masaさん、k98brさんにお声をかけていただきました。
さあ、これから210kmの長い道のり、一緒に頑張っていきましょう!
スタートに向けて、テンションが上がってくるぜ。

スタート前に、参加者全員で集合写真を取ります。
スタッフの方に「メロンパンナちゃーん」と声をかけられたので
ここは笑顔で「ハーイ」と手を振って、存在をアピールしなきゃダメでしょう。

とは言え、整列が遅れてしまったので
写真の真ん中に堂々と写って目立とうとする作戦は失敗に終わった。
いや、自転車乗りなんだから、こんなところよりも走りで目立とうぜ。

6:00、いよいよスタートです。
特に夕張市長が出てきて挨拶するとか、そういった堅苦しい前置きは一切なし。
選手宣誓とかそんなのも一切なし。
というか開会式自体もなかったし。
シンプルで清々しいぜ。

スタートは10人づつぐらいでグループを作って、順次出発するって感じ。

我々(TNIさん、masaさん、k98brさん、私)は2番目のグループでスタート。
特にスタートの号砲が鳴るとか、そんなことはなく
そんでもって、スタートの横断幕が張ってあるとか、そんなことも一切なく
スタッフの「それじゃあ、スタートしてくださーい」という合図と共に
200kmを超える、長い長い、そりゃあとてつもない長い旅が始まったのさ。

(つづく)
[PR]

by gossy54200 | 2011-09-13 01:38 | ロード | Comments(2)  

Commented by TNI at 2011-09-13 18:31 x
レットブルにゴシさんの気合が感じられますね
私の当日朝の行動は2時半に起床し身支度し、3時ごろ前日の残りの うどんを食べて3時半に出発!
5時ごろ夕張到着・・・人が少ない 車・・2台しかいない
イベントのPR不足だから仕方がないか、
で、5時45分にジャムパンを一つ食べて気合のスイッチON
てな感じでした。皆さんそれぞれのスタート前のモチベーションの高め方が有って面白いですね。
Commented by gossy54200 at 2011-09-13 19:52
レッドブルは去年266kmサイクリングのときにお世話になりました。
走りながら眠りそうになっていた私を救ってくれた恩人です。

ただ、こんなにマズいものだったとは思わなかったです。
やはり自転車で走ってヘロヘロになっているときと、通常時では味覚が全然違いますね。

<< 第2回夕張ロングライド210(... 第2回夕張ロングライド210(... >>