ブロンプトンで行く支笏湖

夕張ネタは、またもや一時ストップ。

連休最終日、やっと自転車に乗れるような天気になったので
美瑛に行く前に一度やっておきたかった
ブロンプトンで支笏湖」にチャレンジしてみました。
アップダウンの激しい美瑛に備えるためには、このぐらいの荒療治をやっておく必要があるかなあと。

ちなみにこの挑戦、去年も一度やっています(このときの様子はこちら)。
去年は恵庭分岐を過ぎたところの7%の坂で、心がボッキリ折れてしまい
4kmぐらい延々と自転車を押して歩くというていたらくでした。

今回の挑戦に当たって、ちょっと機材をパワーアップさせることにしました。
オホーツクサイクリングでご一緒させていただいたプラプラさとうさんが
フロントのギアクランクを50Tから44Tにさせたところ、支笏湖も手稲山も行ける!」とのことで
速攻で44Tクランクを秀岳荘白石店でゲットし
己のエンジンの鍛錬よりも、安易に道具に頼る方向に行かせていただきました。

(自転車のことをよくわからない人のために解説しておくと、50とか44というのは前の方のチェーンにからむ歯車の数のことね。この数字が小さくなるとギア比が小さくなるわけで、スピードは出なくなるけど、走りは軽くなるわけさ)

44Tにパワーアップ(ダウン?)したフロントギアクランク。
誰か暇な人は歯車の数を数えてみてください(どうやって?)。
a0156548_1659826.jpg

ついでにペダルも純正のプラスチックペダルが、ついに割れてしまいましたので
昔、ロードにつけていたフラットペダルを移植しました。
a0156548_1704332.jpg

今回はせっかくブロンプトンを使うことだし、ラクできるとこはラクしようと
いきなり真駒内まで地下鉄輪行というワザを使います。
常盤まで行くのに疲れはててしまったら、元も子もないし。
黄色のサドル、よさげな感じで目立つな。
a0156548_173631.jpg

常盤のセイコマで補給。
ホットシェフのデカイおにぎりとカロリーメイトと500mlのスポーツドリンクと水。

滝野と支笏湖への分岐を右に行きましょう。
さあ、ここまで来たら、もう引き返せない戦いが始まるのだ。

まずは最初のゴルフ場までの坂。
おお、明らかに50T時代よりも軽く進んでいく。
うん、恐らく10km/h以下でしか進んでいないけど、これは結構楽だぞ。

坂のてっぺん辺りに、小学生のMTBの2人組がいたので
「おはよーっす、頑張れよ~」とエールを送って先に進みます。
彼らは無事に支笏湖に着くことができたのかな?

ちょっと下って、二つ目の坂。
去年はこの段階で早くも自転車を降りて、押しを入れていたのだが
今年はここも難なくクリア!

問題は恵庭との分岐点の後の、最初の激坂。
去年は「7%」の表示を見て、「もうダメだ~」と自転車を降りてしまったが・・・

今年は足をつくことなくクリアしました!!

うわ~、ギアの歯車の数が6個違うだけで、こんなに違うのか。
スピードは全然出ないけど、楽だわ、こりゃあ楽だ。

今回、フォームの修正点としては
基本「やまめポジション」+「立ち漕ぎ」で、ガシガシ踏んでいき
キツくなって背中が丸まってきたなあと思ったら
無理せずに、背中を丸めたままフワフワとなでるようにペダルを回す。
背中を丸めて「休み」を入れたのがよかったのか、息が上がることもなく
ゆっくりながら、スムーズに進んでいく。

あれ、支笏湖ってこんなに楽だったけ?と思いながら
「ようこそ支笏湖へ」の、最高地点(標高約600m)の看板に到達!
a0156548_1721977.jpg

ここまで来たら、後はひたすらギュイーンと下るだけです。

ポロピナイ到着。
a0156548_1729527.jpg

正確な時間は測ってないけど
多分、常盤の分岐のところから、ポロピナイまで2時間ぐらいで行けたんじゃないかな。
去年は確か2時間半はかかっていた記憶があるから、これは大いなる進歩である。

今回の偉業を称え、店員Aさんを見習って「ドデカミン」で乾杯。
a0156548_17324625.jpg

帰りは千歳周りで帰るという、貧脚さん御用達コース。
しかも、千歳からはJR輪行でワープしてるし・・・。

まあ、16インチのブロンで、押しを入れないで支笏湖の坂を登りきったのだから
このくらいのズルは認めてあげようじゃないか。
せっかくのブロンプトンなんだから、輪行できるところはやっておかなきゃね。

土日は坂だらけの美瑛を走るわけだけど、これでちょっとは自信ついたかな。
「3段変速のブロンプトンでは坂は登れん!」と思っている方
44T、マジでオススメです。
さすがに10%を超えるような坂はキツイと思いますが
これさえあれば、ブロンプトンでも
道内ツーリングのほとんどはカバーできるんじゃないかなと思ってしまいます。

次は手稲山に登ろうと思いつつ、今回の日記を終わる。

(走行距離 75kmぐらい)


▲ これさえあればブロンでもヒルクライマーになれる「44Tフロントギアクランク」
[PR]

by gossy54200 | 2011-09-19 17:44 | ブロンプトン | Comments(16)  

Commented by PPS at 2011-09-19 19:53 x
支笏湖から行きましたか。私は手稲山からでした。
私のルートは支笏湖、滝野の分岐を過ぎてすぐの駐車場まで車でしたが、同じセイコーマート(たぶん?2軒あるよね)まで買い物に行ってからスタートし千歳からJR輪行で札幌、地下鉄輪行で真駒内~駐車場なのでほぼ同じでした、満足してくれたようでよかったです。
Commented by waltz_t at 2011-09-19 20:41
ロードでもイヤになった私にとっては、たとえ44Tでもブロンプトンであるだけ尊敬です。
美瑛もイケそうですね。
Commented by siro_pug at 2011-09-19 20:54 x
お疲れ様でした~
すごいですねー!ブロンプトンで支笏湖なんて!
しかも楽勝な様子で!
今度ごしさんブロン、私ロードで支笏湖へいきませう(・∀・)!
Commented by gossy54200 at 2011-09-19 21:11
>PPSさん

私が利用したセイコマは2軒あるうちの手前の方です(札幌側から見て)
奥の方のセイコマはホットシェフがないものですから、私にとっては手前の方がいいんですね。
手前のセイコマだと、芸術の森のところのベンチで休むながら飲み食いもできますし。

それはそうと、44Tすばらしいです。
PPSさんの記事がなかったら、ノーマルブロンで美瑛に行って、恐ろしい目に遭っていたと思います。
44Tを紹介してくださったPPSさんに感謝です!
Commented by gossy54200 at 2011-09-19 21:18
>コソさん

去年散々な目に遭ったことが、ちょっとトラウマとして残っていたので、それを払拭する意味でも今回の修行は意味がありましたね。

そう言えば、支笏湖って札幌側から行ったのは、ブロン2回、MTB1回、クロス1回で、ロードではまだ1回しか行ったことがなかったんでした。

今年中に、あともう1回は行ってもいいかな。
Commented by gossy54200 at 2011-09-19 21:29
>siro_pugさん

楽勝と言っても、すごいゆっくりペースですので
ロードの速い人と比べたら2倍以上かかりますよ(笑)

今回は夕張の反省をこめて、頑張りすぎないように心がけましたので、最後の金山覆道のところでも少し余裕を残せました。

坂は速くなるにこしたことはないですが、60%ぐらいの力で行くのが一番気持ちいいですね。

最後の提案ですが
「支笏湖→洞爺湖→温泉でプハー」なんてのもいいですね。
もっとも私は支笏湖から苫小牧まで行って、そっから輪行でワープしますが(笑)。
Commented by kwhiro at 2011-09-19 23:15
Gossyさん、こんばんは。60%くらいの力で余力を残しつつ坂を登るのがもっとも苦手な(笑)teddypapaです。サクサク型でなでるような立ちコギのコツもまた教えて下さい。
Commented by masa at 2011-09-20 00:02 x
着々と美瑛の準備進んでますね~。仮装も決まりましたか?

週末、予報通り晴れるといいですね。たのしみたのしみ!!
Commented by k98br at 2011-09-20 00:06 x
夕張ネタもいまだにゴールせず・・・
みなさんゴールしました~ 早くぅ~!
美瑛での活躍を期待しています!
またメロンパンナちゃんも出走するのかな?
Commented by 店員A at 2011-09-20 09:28 x
偉業達成おめでとうございます。美瑛での「メロメロパンチ」の炸裂に期待してますよ。それはそうと、GossyさんにせよPpsさんにせよ、44tに代えたとたんに、別人のように走れるようになるとは!販売側としましては、ライダーの努力もさることながら自転車側の考え抜かれた設計の妙(チェーン詰めなくて良いんですよ!)にひたすら感動してしまうのでした。次は、フロントのバッグ関連ですね(笑)。
Commented by gossy54200 at 2011-09-20 18:14
>teddypapaさん

何というのでしょうか、余力を残しつつ坂を登るときは
背中を丸め、股関節からそっと足を前に出し
ソフトに撫でるようにペダルに力を入れるような感じ・・・って、うまく説明できませんね。

攻めるときは、前乗りでペダリングのとき3時から7時ぐらいのところでグイッと力を入れ
守るときは、ちょっと後ろに下がって、12時から3時ぐらいのところでフワッと力を入れる。

そうすることによって、攻めと守りで違う筋肉が使われているような気がして、そんなに疲れないなあなどと個人的に勝手に思っていますが、もう少し検証が必要かもしれません。

ペダリングは奥が深いですね。
Commented by gossy54200 at 2011-09-20 18:16
>masaさん

美瑛は準備万端で臨みたいと思います。
オホーツクサイクリングアゲインで、小径車軍団で頑張ります!

仮装は・・・

当日のお楽しみということで・・・

コンセプトは「正義のヒーロー」です。
Commented by gossy54200 at 2011-09-20 18:19
>k98brさん

あ、夕張、自転車同様、ブログも最後のゴールインになりそうですね(笑)
幸い、余力は残っていますので、ブログの途中棄権はないと思います。
美瑛が始めるまでには完成するでしょう。

さて、美瑛ですが・・・

やっぱり「メロンパンナちゃん」は必須ですか?
Commented by gossy54200 at 2011-09-20 18:24
>店員Aさん

44T、素晴らしいです。
ガンガン宣伝してください!
ブロンの3速は重すぎて使う場面がないという声も多いようですので。

いやあ、ホントに昨日はブロンプトンの新たな可能性を発見できた日のような気がします。
ゆっくり行けば、ブロンで石北峠も夢でないですね。
Commented by タッチ at 2011-09-21 00:39 x
Gossyさん、こんばんは。
これは素晴らしい記事ですね〜。
ものすごくフォールディングバイクが欲しくなってきました…。
Commented by gossy54200 at 2011-09-21 23:49
タッチさん、はじめまして
コメントありがとうございます。

タッチさんのブログ、こっそり拝見させていただいてますので
今度そちらの方にもコメントさせていただきます。

フォールディングバイクの世界も奥が深いですよ。
ロードバイク以上に「カスタム」の自由さがあって面白いかもしれません。

一番の魅力は、しんどいところがあったり、マシントラブルがあったときに気軽に輪行ワープできるところですね。
根性なしでメンテナンスに自信がない私にとって、逃げ道があるという安心感は大きいです。

<< 第2回夕張ロングライド210(... 第2回夕張ロングライド210(... >>