不自由な休日は室内を走る

北海道は11月になっても最高気温が2桁と、この時期にしては温暖な気候でして
んでもって、割合天候にも恵まれていて、自転車で走るにはよい条件なのですが
仕事の関係で、職場から半径10kmぐらいのところまでしか行動できないのですよね。

他の人のブログで「自転車で走ってきたぜ!」なんてのを読むと
「あー、いいなー、俺も行きたかったなあ」などと思うわけですが
自転車で走れない分は、ジョギングで補おうと。
元々、自転車に乗れないときの体力維持ということで始めた側面もありますし。

んなわけで、いつ職場からの呼び出しを受けてもいいように、職場近くの某施設で走ります。
最近サボリ気味なので、10kmぐらい軽く走ろう。

この前読んだ本、「毎日長い距離を走らなくてもマラソンは速くなる!」を意識して
・着地時間を短くする
・足の母子球と小指球を結ぶラインから着地する
ということに注意しながら走りましょう。

「うむ、これは速い」

冷静に考えたらすげー当たり前のことなんだが
足をペタペタさせて着地時間が長い走り方よりも
足をすっすすっすと前に出した方が、そりゃあ速く走れるよな。

で、気になるスタミナの方だが、最近サボリ気味で疲れがたまってなかったことと
TVで大学駅伝をやっているのをチラチラ見ながら走っていたため
アドレナリンがアップしていたことも手伝い、どこまでも行けそうな感じで絶好調だ。

当初は前半5km・・・28分、後半5km・・・27分のなんちゃってビルドアップ走で行こうと思っていたが
出だしの1kmが5分を切っていたため
「えーい、ままよ」と勢いにまかせて走ることにした。

結局、終始キロ4分台で突き進み
調子もよかったので、当初の予定より5km増やして、15kmで今日のトレーニング完了。
タイムは1時間11分59秒 (04'47 /km)。
ストップウォッチを押すタイミングが怪しいように思えたが、1時間12分を切ることができたのであった。
5kmごとのラップは、24'09-23'38-24'22と全然ビルドアップにはなっていないが。
(さすがに後半3kmはバテた)
「このペースで練習し続けることができればサブフォーも夢じゃないかも」
と、希望が見えた一日なのであった。

普段、室内練習用に使っているシューズは、adizeroのBoston。
a0156548_2118747.jpg

ちょっと重いような気もするが、クッションがしっかり効いていて、長距離でも耐えられそうな感じ。
かかとのフィット感がピッタリでいいんだよな。
重いと言っても片足280gだから、サブフォー目指すならこれでも十分なのかなあと。
(千歳でフル走ったときに使ったシューズは、片足400gぐらいだったような気がする)
本で推奨されていたように、練習用とレース用のシューズ、取り替えてみようかなあ。

コーチャンフォーで立ち読みしたマラソン本。

正しい姿勢で走れば、マラソンはもっと楽しく、速くなる (じっぴコンパクト新書)

飯田 潔 / 実業之日本社


この本も「骨盤前傾」「足裏着地」を推奨していて、どうやらこれが今の走り方のトレンドのようだ。
「かかと着地」を勧めている金さんや小出さんの本は全部ブックオフに売った。
今のところは、特に足首も膝も腰も痛くなく、故障のないランニング生活を送っているが
どうやったら故障なく、更に楽に走れるのか、もうちょっと検討していきたい。

ついついたくさん走ると、たらふく食ってもいいと思ってしまい
ラーメンと一緒にチャーシュー丼を食ってしまったことを反省しつつ、今回の日記を終わる。
[PR]

by gossy54200 | 2011-11-06 21:43 | ランニング | Comments(0)  

<< TOEICの受験申込みをした 第2回美瑛センチュリーライド(... >>