TOEICの受験申込みをした

そんなわけで、1月に行われるTOEIC試験の申し込みをした。

申し込み開始初日に速攻で申し込んだところに
私の今回のTOEICにかける意気込みが現れていると言えよう。
私はウダウダ悩んでいたら、「やっぱりやーめた」となる性格なものだから
こういうものは勢いのあるうちに、気まぐれで申し込まなければならないのだ。

私が昔TOEICを受験したときは、6000円以上のボッタクリ価格であったような気がしたが
この円高不況を反映して、5565円と妙に中途半端な良心的な価格になっていた。
・・・いや、やっぱりボッタクリ価格だろ。

そんなわけで、受験料を無駄にしないように
万全の体勢で、この試験に全力投球しなければならない。
意地でも600点とってやろうじゃないか。
さあ、勉強するぞ!勉強するぞ!と意気込み、本屋でTOEICの教材を探すことにした。

600点を目指す私にとって、非常に安易すぎるタイトルの本に目がついた。

新TOEICテストこれ1冊で600点はとれる!

仲川 浩世 / 旺文社


あまりにもストレート過ぎるタイトルで、ちょっと詐欺臭いんじゃないかと思ったが
表紙のキャッチフレーズにビビビと来るものがあった。
a0156548_0411098.jpg

「そーか、そーか、だれでも600点とれるのか」と、うっかりレジに持っていったのだが
そのときは「暗記ブックの赤文字を完全にマスターすれば」という記述はまるで目に入らなかった。
恐るべしは、本を売らんとするがための誇大広告フレーズ「だれでも○○できる」なのであった。

暗記ブックを完全にマスターすることがポイントだということであるが
この暗記ブックが500ページぐらいあるぶ厚さで、英文を1000覚えるなどと
とても人間にはできないことを要求されていたらどうしようと思ったが
実際の暗記ブックは80ページの薄さで
逆に「果たしてこんなので、夢の600点をゲットすることができるのだろうか」と不安になった。

とは言え、この手の試験は「あれもこれも」手をつけずに
「これだ!」と思ったものをテッテー的にやるのがコツだと思うので、まずはコイツを一生懸命やって
もし完全にマスターして600点行かなかったら、JAROに訴えてやろうと思いつつ、今回の日記を終わる。
[PR]

by gossy54200 | 2011-11-08 00:54 | TOEIC | Comments(4)  

Commented by 店員A at 2011-11-08 09:34 x
さすがに決めると動きが早いですねぇ。なんだかんだと「身につける」類の事柄ですから、やり方云々をするのは一つのことを一定のレベルにまで高めた後、と言うのには激しく同感です。頑張ってください。先日、久しぶりにブロンプトンのクイントンと話しましたが、ぜんぜん口が回らなかったなぁ、、、。日々の努力が大事なんですね。
Commented by gossy54200 at 2011-11-08 13:58
確かに日々の努力は大事ですね。
習慣化できるように頑張ります。
Commented by かっぱちゃん at 2011-11-08 19:47 x
TOEICですか…

意外と高いですね。

僕は英検4級で終わっちゃってます(笑)

また英語を勉強しようかなと最近思い始めていたところです。

なにから手をつければいいのか…



600点期待してます!
Commented by gossy54200 at 2011-11-09 15:38
英語の勉強で手っ取り早いのはNHKのラジオ講座とかだと思いますが
あれって、目標がないと続かないんですね。
(一時期、3年連続で「ラジオ英会話」の4月号だけ買っていました。当然聞いてません)

とりあえず、強制的に目標を作って、自分を奮い立たせようと。
リスニングの勉強だったら走りながらでもできそうですし。

応援ありがとうございます!

<< ポスター貼り任務 不自由な休日は室内を走る >>