通勤は冒険だ

私の家から職場までは大体2km弱ぐらいで
普段自転車で通勤するときは、18%の上り坂があるとか、とんでもないダート道を進むとか
道が階段になっているとか、風速25m/sの向かい風が吹いているとか
怖い犬に追いかけられるとか、お墓からオバケが出るとか、志村、後ろ、後ろ!とか
そういうドラマチックな展開はなく
いつもの平らな道をいつものように進んで、5分ぐらいであっけなく職場に到着し
まったくもってつまらない通勤なのである。

しかし、今日の通勤は違うぜ、ベイベー。
a0156548_22262921.jpg

見てくれ、このボコボコでツルツルの道を。
ふふふ、これぐらいの障害があってこそ、自転車通勤のしがいがあると言うものよ。

ちょっと雪が降るだけで、いつもの通勤路は、オフロードに変わり
スカイダイビングやジェットコースターのようなワクワク感を感じるのであった。
そう、冬の自転車通勤は、冒険であり遊園地なのである。

このボコボコツルツル道を自由自在に進むためのパートナーはコイツしかいない。
a0156548_22304332.jpg

昨日のブログにも出てきた「シュワルベ アイススパイカー」様だ。
今日の路面はアイスバーンで、車はノロノロ運転を強いられていたが
スパイクタイヤにとっては、このアイスバーンこそ、望むところなのである!
(空気圧は2.5気圧にしています。スパイクMTBの空気圧については、店員Aさんのこちらの記事をご参照いただければと思います→http://shugakuso3.exblog.jp/12667179/

冬の自転車通勤は指がもげそうになるほど凍えてしまう。
自転車用の防寒グローブも存在するようだが、高いので、作業服店「プロノ」の手袋を使う。
(確か1000円しなかったはずだ)
a0156548_2240306.jpg

ここは見てくれよりも機能重視で行くことにする。
それでもマイナス5度を下回るとキツそうなので、極寒期は手袋2枚重ね戦法が必要だと思う。

ペダルを漕ぐ。

シャリシャリシャリシャリシャリ・・・


ああ、わかる。
スパイクがめちゃくちゃ仕事をしているのが。

このシャリシャリを聞いていると、血が騒ぎ、脳天は沸騰し
ペダルを漕ぐ足に普段の84%増しで(当社比)力がみなぎってくるのであった。
アイスバーンの中、スイスイと自転車を進ませるのは何という快感なのか。

楽しいよ、楽しいぞ!通勤。
通勤が楽しいと、会社までもが楽しくなってくるような気がする。
(あくまでも気がするだけだが)
a0156548_22593872.jpg

帰り道。
a0156548_2321025.jpg

芸術は爆発であり、通勤は冒険である。
a0156548_233016.jpg

いろいろ寄り道しながら、10kmぐらいの雪上サイクリングは終わった。
お疲れさま、AnchorFR900号よ。
a0156548_2342163.jpg

楽しい雪道MTBであるが
雪道での車道走行は無理があるので(除雪の関係で車道に自転車が通る幅はほとんどない)
どうしても歩道走行が中心となってくる。
狭い歩道で歩行者を威嚇せずに、マナーを守って楽しみたいものだ。
夏と同じ感覚では走れないということを肝に銘じて、不自由な部分も含め楽しんでいきたい。

スパイクMTBがピストバイクのような社会的問題にならないことを願いつつ、今回の日記を終わる。
[PR]

by gossy54200 | 2011-11-22 23:16 | MTB | Comments(2)  

Commented by PPS at 2011-11-24 09:34 x
『通勤は冒険だ』いいフレーズですね。私のスパイクデビューは未だですが、勤労感謝の日、ちょっとした冒険してきました。近日公開。
Commented by gossy54200 at 2011-11-24 22:19
何気ない通勤が冒険のように楽しくなると、仕事までもが冒険のように楽しくなる気が・・・

あんまりしないです。


冒険記楽しみにしております。

<< 冬ジョグ AnchorFR900、スパイク化 >>