春は夕暮れ、やうやう走りたくなる

清少納言は「春はあけぼの」とのたまっていたようだが、私にとって春は断然「夕暮れ」である。
仕事が終わって外がまだ明るいと、この明るさを逃してたまるかと、家とは正反対の方向に発作的に走りたくなるのである。

春は夕暮れ
やうやう走りたくなる
山坂少し登りて
ペダル回している足のひどくへろへろたる

日曜出勤終了後、siro_pugさんがこよなく愛する大倉山まで発作的に行ってみた。
もちろん後悔はしていない。
a0156548_2123411.jpg

でもって、更に盤渓峠を攻めて、ヒルクライムを満喫する計画だったのだが、日没が近かったので今回は断念することにした。
日没さえなければ行く気満々、足はへろへろだったのだが、いやあ延長15回日没コールドに救われたのである。
尚、再試合の予定は未定である。

今年は日没までの時間を有効に使って、30kmぐらいのライドを楽しみたい。
ホントは早朝も有効に使いたいんだけどねぇ。
朝は寒いし、布団は大好きだし、困ったものである。
[PR]

by gossy54200 | 2012-04-15 21:31 | MTB | Comments(4)  

Commented by siro_pug at 2012-04-15 23:23 x
春はあげぽよ、冬はグラコロ。やうやう日没後はいとわろし。あれはいけない。安全第一w
Commented by gossy54200 at 2012-04-17 00:23
「あげぽよ」の意味がわからないのでググッて調べてみました。
最近のギャル言葉はようわからん。
(と言うようになったら立派なおっさんだ)
Commented by teddypapa at 2012-04-17 07:22 x
北海道とは随分気温も雪の残り具合も違うのに自転車の虫が騒ぎ始める時期は一緒なのが不思議です。
ちなみに私 あけポよもグラコロもよく分かりません???
Commented by gossy54200 at 2012-04-18 06:50
春は気温、雪の状態もありますが、それ以上に「日照時間の長さ」が自転車の虫が騒ぐ要因なのではないかと思います。

グラコロはマック(滋賀では「マクド」でしょうか?)の冬の定番メニューのことです(これもGoogle先生に調べてもらいました)。

<< 霧の日本海 やっとジテツウが楽しくなる季節... >>