びえいヘルシーマラソン2012(その2 スタート地点まで)

その1

今回のマラソン、申し込みはしたがどうしようかなあと思っていたんですね。
何せ右膝裏の調子が悪い。
3kmぐらい走ると、筋がビキッとなる感じがして、5kmぐらい走るのが限界だ。
実際、5月は自転車に乗ってばっかりで、ランの練習はたったの17kmだ。
ホントにこんなんで21.0975kmも走れるんかいなと。

今月に入って、本格的にヤバイかなあと思って、試しに10kmをキロ6分30秒ぐらいのペースで走ってみた。
ちょい違和感があるが、これくらいのペースなら行けるかなあと。

とは言え、もう半年近くも10kmを超えるランニングはしていない。
不安で不安で仕方がなかったので、大会4日前に15kmを走ってみた。
今までロクに練習しないで、直前にいきなり距離を伸ばすというのは、調整法としては間違っているかもしれないが、これでダメだったら棄権しようかなあという背水の陣のつもりで走ってみた。

うむ、15km、思ったより行ける。
しばらく振りに使ってみた100円サポーター君がいい仕事をしている。
痛みが出るときはあるが、ペースを落とせば気にならない。
これなら完走は大丈夫だなあと、清水の舞台から飛び降りたつもりで、日曜日の美瑛行きを決めたのであった。

でもって、大会2日前にキロ6分30秒ぐらいのペースで7km走って、調整完了。
まあ、これで走る方の体力は何とかなるだろう。

そんなわけで、前日に準備。
今回は9ヶ月ぶりに出番の青レンジャースタイルだ。
a0156548_22311814.jpg

さて、ここで問題となるのは、覆面スタイルで走りきることができるかということだ。
私の仮装マラソンの師匠かっぱちゃんは、普段、かぶりものの息苦しさに耐えるために、風邪を引いてもいないのにマスク着用で走る訓練をしているようだ。
さすがだ、さすがすぎる。
とても私にはここまでやる根性はない。

とりあえず、できるだけの特訓はしようと、前日、家の中で青レンジャーマスクをかぶって、2時間家の中で過ごす特訓をした。
独身ならではの特訓方法だ。
これが家族持ちだと、こんなカッコで家の中をうろうろしていれば、子供に「頼むからおとーちゃん、こんなみっともない格好で家の中をうろうろしないでくれ」と涙を流して訴えられ、嫁にはあきれられ、荷物をまとめて実家に帰られるだろう。
独身でつくづくよかったと思った、青レンジャー特訓の時間であった。
ただし、宅急便が来たとき、うっかり青レンジャーマスクで応対しようと思ったのは内緒だ。

さて、2時間マスクをかぶった結果。
・息苦しさはそうでもない。思ったよりは通気性はよさそうだ。
・締め付けはキツイ。特に眼鏡がヤバイ。鼻パッドがむぎゅうと押されて、鼻の根元が痛い。
・かと言って眼鏡を外すと、見えないし、何より眼球にマスクが押し付けられる感じで、目が痛い。
・蒸れるとかそういうことは特になかった。

ということで、まとめると
「確かにしんどいが、2時間ぐらいなら我慢できるだろう」
という結論に達した。
美瑛の子供たちに喜んでもらうためには、このくらいの犠牲はいとわないのである。

こんなくだらない特訓をするぐらいなら、走りの特訓をもっとせいやという意見もあろうが、私は私になりに、ものすごく真剣にびえいヘルシーマラソンに取り組んでいたのであった。
とにかく、この目立つカッコで棄権は最高にカッコ悪い。
目立つ故に、余計真剣に走らなきゃなあと思うわけである。

特訓の結果、「まあ、何とか2時間以上かかっても、歩かないでゴールできるんじゃないか」とすっかり安心して寝た。

起きた。
午前4時。
宿泊代がもったいないので、今回は日帰りで美瑛に行くのである。

午前5時、札幌出発。
天気は曇りで、途中、ちょっとパラパラ雨が落ちたり。

服装は青レンジャーコスチュームの上にパーカーを羽織って、普通のズボンを履いたスタイル。
一応、会場にも更衣室はあるようだが、着替えるのがめんどくさいというか、着替えシーンを人に見られるのが恥ずかしいので、札幌から青レンジャースタイルで。
もちろん覆面はつけているはずはない。
途中、三笠のサンクスで「爆弾おにぎり」と「レッドブル」で補給。

去年の9月にPPSさんの車で美瑛に行ったときは、2時間ぐらいで美瑛に着いたような気がしたが、2時間だと美瑛はおろか富良野にも着かない。
おかしいなあと思って調べてみると、札幌-美瑛って150kmぐらいもあるんね。
あの時は、PPSさんやおかず汁粉さんとしゃべりながらのドライブだったから、短く感じたんだなあ。

8時過ぎ、美瑛到着。
セブンイレブンで大福餅とスポーツドリンクを買う。
何か美瑛に着いてから、雨が本降りになってきたんですけど。

駐車場が混雑していて、受付会場のスポーツセンター近くには停められなかったので、仕方なく受付から数百メートルぐらい離れた役場の駐車場に車を置く。

あー、傘持ってこなかったよ。
会場まで遠いなあ。
3時間車運転するだけで疲れたなあ。
もう帰りたいなあと思いながら、トボトボとスポーツセンターまで歩く。

スポーツセンターに行く途中にあった民家。
a0156548_235642.jpg

a0156548_235396.jpg

これを見て、なぜか知らんが元気が出てきた。
私もこれらの人形たちのように、人々をなごませなければなあと。

スポーツセンター到着。
ここで受付を済ませます。
a0156548_239104.jpg

ゼッケンとタイム計測用のシューズにつけるチップをもらいます。
a0156548_23131896.jpg

で、緑の袋に荷物を入れると、スタート地点で預かってくれます。
この緑の袋、結構たくさんものが入るので、上着とかも入れることができて便利。
他の大会だったら、サイフとかカギとかケータイの貴重品ぐらいしか預かってくれないとこもあるからな。
ここの大会の荷物預かりシステムはすごくいいです。

開会式をやっているようだけど、雨だし、別に出る気なし。
町長とかの話聞いてもしゃーないしな。
a0156548_23183378.jpg

ハーフマラソンのスタートは、スポーツセンターから約20km離れた白金温泉になります。

ということで、スタート地点までシャトルバスが出ています。
a0156548_23205993.jpg

バスに乗りましょう。
a0156548_23214245.jpg

もちろん、ここではまだ青レンジャーコスチュームを披露することはなく、一般人としてバスに乗り込む。

参加者名簿をパラパラ見ます。
今回は、私はかっぱちゃんに敬意を表し、所属チーム「かっぱちゃん」で登録しました。
a0156548_23285046.jpg

ただ、次回からは「ゴレンジャーマラソン倶楽部」にしようかなあと。
「ゴレンジャーマラソン倶楽部」では、赤レンジャーとミドレンジャーと黄レンジャーと桃レンジャーを大募集しております。
(結局、ひとりしかおらんのか)

20分ぐらいバスに揺られて、スタート地点の白金温泉に到着しました。
a0156548_2331666.jpg

あいにくの雨だが、こうしてスタート地点を見ると、ちょっとテンションが上がってくるぜ!

(つづく)
[PR]

by gossy54200 | 2012-06-11 23:36 | ランニング | Comments(6)  

Commented by easy at 2012-06-12 06:30 x
いや~、コスチュームでの事前特訓話が最高です。尊敬します。大好きです。
幼いお子さんがいたら大好評で、青レンジャーごっこが始まり、
大会前に疲れ果てたことでしょう。
こりゃ、ブルベに被り物キャラ初登場の期待が高まりますなぁ。
Commented by かっぱちゃん at 2012-06-12 21:39 x
ブログ楽しく拝見させていただいております。

まずは「かっぱちゃん」として出場していただきどうもありがとうございました。
僕も「ゴレンジャーマラソン倶楽部」でいつか走ります!
(文字数大丈夫でしょうか)

コスチュームに着替えるとき、恥ずかしいですよね(笑)
わかります。その気持ち。
「あんな奴が入ってんだ」と思われそうですもんね。

着替えてからスタートに並ぶまで、スタートで待ってるときも恥ずかしいです。
「あいつおかしいぞ」って。

そして脱ぐときも恥ずかしいです。

今年の北海道マラソンは、ホテルで着替えて、アンパンマンで移動しようと思います。
着替えてる姿は見られたくありません。

マスクかぶって自宅でのトレーニング、やる気が伝わってきました。

つづきも楽しみにしてます。
Commented by gossy54200 at 2012-06-12 21:51
>easyさん

さすがに自転車と違って、マラソンだと呼吸がキツそうですので、いろいろと不安な面もありました。
もし家での特訓でヤバそうだったら、最悪口の部分に穴を開けることも考えていましたが、それをやると子どもたちの夢がぶち壊しになると思ったので、あえて通気口なしで勝負をかけてみました。

とりあえずオホーツクでかぶりもの系を試してみてから、ブルベかなあとも思うのですが、ブルベだと沿道の応援はないですし、夜間だとコスプレも目立たないですしということで、イマイチ意欲がわかないのですよね。
(というか、まずは普通にブルベを走れるレベルにしろという話もありますが)
Commented by gossy54200 at 2012-06-12 21:54
>かっぱちゃん

地道にチーム「かっぱちゃん」の輪を広げていけたらと思います。

そう言えば、かっぱちゃんの北海道マラソンデビューは桃レンジャーでしたね。
あれで真夏の北海道マラソンをサブフォーだなんて尊敬の一言です。

着替えのときの葛藤については次回以降で書いていきたいと思います。
Commented by はる at 2012-06-16 12:40 x
コス最高\(^^)/
俺もレンジャーやりたいっす!!

つづきも楽しみに読みますね♪
Commented by gossy54200 at 2012-06-17 22:26
美瑛センチュリーライドではレンジャーいかがでしょうか?
熱烈歓迎いたします!
今年も初日は脱力バージョンで行こうかなと思っています。

<< びえいヘルシーマラソン2012... びえいヘルシーマラソン2012... >>