びえいヘルシーマラソン2012(その4 心臓破りの坂まで)

その1 その2 その3

さて、いよいよ「びえいヘルシーマラソン2012」のスタートが切られたわけです。
最後尾からのスタートだったので、最初はスローペースで。
飛ばしすぎを防ぐという意味では後方からのスタートも悪くない。

あいにくの雨で足元がびちゃびちゃだが、森に囲まれたコースの眺めはすばらしい。
スタートからずっと下りなので、軽く走ってもグイグイ前に進んでいく感じだ。

さて、青レンジャースタイル。
とりあえず前が見えた方がいいだろうと、眼鏡装着で今回は臨んだわけだが、私の吐く息が覆面の中にとどまり、その結果眼鏡が曇ってまるで前が見えん。
これは誤算だ。誤算すぎる。
足元がよく見えず、結構水たまりに足をつっこんでしまった。
もし、私に水を跳ねられたランナーの方がいらっしゃいましたら、この場を借りてお詫びいたします。

雨が降っていたこともあって、暑さはそんなに感じませんでしたね。
気温も15度ぐらいしかなかったし。
最初のうちは、覆面スタイルもそんなに苦じゃなかったです。

一応、時計もつけてタイムを計ろうとしたのだが、デジタルの表示が全く見えず、どのくらいのペースで走っているのかさっぱりわからん。
周りの声を聞くと、1キロ5分10秒ぐらいのペースで走っていたようだ。
自分としてはキロ6分ペースのつもりだったのだが、やっぱり下りだと速いのね。

5km地点の辺りで、ブログをリンクさせていただいている美瑛のペンション「トムテルム」のご主人masaさんに追いつきました。
さすが私は目立つカッコだけあって、すぐに気づいてもらえました(笑)。
自転車では勝てないので、せめてマラソンだけでもということで、お先に行かせていただきます。
また、ゴール地点でお会いしましょう。

masaさんの後姿。TREKのサイクルジャージ姿が決まっています。
a0156548_222921.jpg

さすがに今回は暑苦しい格好をしているので、給水所ではすべて水分を補給することにした。
最初の5kmのとこでは、2、3口つけただけだったが、それ以降の給水所では、しっかりとコップ一杯分水分を補給した。
まあ、結局これだけじゃあ足りなかったわけだけどね。
a0156548_22325528.jpg

ずーっと下りで本当に気持ちよかったですね。
景色は眼鏡が曇っていてよくわからんかったが、走っていて「楽しい」と思えるコースでした。
去年の北海道マラソンのときは、正直、「くそ暑い中、何でこんな苦しいことしてるんだろ」と思っていたが、今回の美瑛は、「涼しい空気の中、健康にいいことしているなあ」と爽やかな気分になったのである。
ところが、肝心の私が、爽やかとはほど遠い青レンジャー姿であったのが唯一の誤算であった。

12km地点で、若い女性に「暑くないですかぁ?」と話しかけられる。
当然、若い女性の前でみっともない姿を見せるわけには行かないので
「大丈夫です!余裕です!」
と、涼しい表情で彼女を抜かしていったが、残念ながら彼女のゼッケン番号をチェックするのを忘れたので、名簿を見てもどこの誰なのかさっぱりわからなかったのであって、そこから恋に発展するとか、そういうことはまるでなかったのであった。

もし、12km地点辺りで私に話しかけてくれた女性の方、このブログをご覧になっていましたら、来年は「モモレンジャー」になって一緒に走りましょう。

青レンジャーの孤独な戦いは続く。
黙々と、眼鏡の曇りと顔の締め付けに耐えながら走っていると、ワゴン車に乗ったおっさんに話しかけられた。

「なんだよ、こっちは必死に走っているんだよ。こんなところで話しかけるんじゃねーよ。バーロー。」
などと思っていたら、ワゴン車の中からテレビカメラが回っていて
「うわ、マジか。これテレビかよ!」
と、大いにテンションが上がったのであった。

走りながらインタビューを受ける。

どうしてこんな格好で走っているのですか?

これは非常に難しい問題だ。
「あなたはなぜ生きているのですか?」に等しいぐらい、高度に哲学的な問題だ。
何と言うか「こんなカッコで走っちゃダメですよ。あんたアホね」と間接的に言われているようで、大いに光栄であった。

光栄であったが、突然の出来事に何を言えばいいかわからなく
「多くの人々を喜ばせるため」
とかそんなことを言ったような気がしたが、その後もしどろもどろの受け答えをしてインタビューは終わってしまった。
テレビ局の人は、「この後キツイ上りがありますけど頑張ってください」と応援メッセージを残して去って行った。
さようならSTVの人。

尚、この模様はひょっとしたら、今週の土曜日(6/16)13時30分より、STVの特別番組「びえいヘルシーマラソン」で放映されるかもしれませんので、私マニアの方はチェックしてみてください。
肝心の私はこの時間見ることができないのであるが、というかあんまり見たくない。

次回からは、テレビのインタビューでしゃべることも事前にきちんと考えようと心に決めて、今回のコースのハイライト「心臓破りの坂」に差し掛かります。
a0156548_2334748.jpg

(つづく)
[PR]

by gossy54200 | 2012-06-13 23:12 | ランニング | Comments(12)  

Commented by pen at 2012-06-14 09:46 x
 予約録画しよ! (ファンですから^^;)
Commented by easy at 2012-06-14 16:08 x
あなたはなぜ生きているのですか?wwwwwwwwwwww
予約完了(酒の肴)。
Commented by かっぱちゃん at 2012-06-14 20:32 x
gossyさんマニアですが、道民ではないため、残念ながら放送は見れません。
いつか僕がモモレンジャーになります。共演しましょう。
フルマラソンデビュー戦の2006北海道マラソンでもモモレンジャーでしたね。
呼吸は確かに少し苦しいですが、全身タイツは、なんかほぼ裸みたいで楽ちんでした。
ところでレンジャーに変身するとき、トイレはどうしてましたか?
それにしてもメガネの上からマスクをかぶってたとは強者ですね。
あさっての放送が楽しみです。
Commented by gossy54200 at 2012-06-15 13:08
>penさん

予約録画していただきありがとうございます。
もし、放映されましたら、キョドっている私の様子をお楽しみいただければと思います。
Commented by gossy54200 at 2012-06-15 13:13
>easyさん

突然、このような哲学的質問をぶつけられて頭が真っ白になりました。
いや、ホント、こんなくだらないことに理由もクソもないではないですか。
来年は、もっとカッコいいインタビューの受け答えを事前に考えておきます。
今回の唯一の反省点です。
Commented by gossy54200 at 2012-06-15 13:19
>かっぱちゃん

今回、かっぱちゃんか美瑛に行けなかったことが残念でなりません。
間違いなく、あのアンパンマンならテレビに出ていたことでしょう。
美瑛は仮装ランナーが少なく、テレビ放送もあるのでオススメの大会です。

さて、トイレですが、小でも個室に入って背中のファスナーを下ろさなければならないことが面倒でしたね。
ただ、私はトイレは近い方ではないですので、そんなに問題はなかったです。
Commented by takatixyan at 2012-06-15 20:57
これから予約します。
ブログ読みながら何回も噴出しました。
パンだったのでよかったです。
コーヒーだったらキーボード破損でした。
Commented by siro_pug at 2012-06-16 00:03 x
なぜかジョシコーセーに弱い正義の味方(笑)
その青レンジャー姿がなかなか見れないのがすごい悩ましいですww
録画予約完了しました(^^)
Commented by gossy54200 at 2012-06-16 09:49
>スムースさん

何はともあれ、キーボードが破損されなくてよかったです。
万が一の破損の場合は、損害を賠償いたしますが、くれぐれも飲み物を飲みながらの当ブログの閲覧は避けていただければ幸いに思います。
Commented by gossy54200 at 2012-06-16 09:52
>siro_pugさん

美瑛センチュリーライドに続き、走行中の写真を購入いたしましたので、近日中にupしたいと思います。
Commented by かっぱちゃん at 2012-06-16 13:26 x
美瑛ヘルシーマラソンに参加してみたいんですけど、北海道マラソンで休むため、なかなか難しいですね。
来年あたり考えてみます。

美瑛ヘルシーマラソンの写真がネットで購入できるようです。
青レンジャーさんを見つけました。
個人的に購入したくなりました。
Commented by gossy54200 at 2012-06-17 22:29
どうしても道外からの参加ですと、休みの都合で難しいところはありますね。
お祭り気分で、沿道の応援もそこそこあって、すごく楽しいオススメの大会なのですが。

さて写真ですが、すでに購入手続きは済ませました。
届いたらスキャナで取り込んでブログにUPしますので、楽しみにしていただければと思います。

<< 雨のセンチュリーラン深川(その1) びえいヘルシーマラソン2012... >>