びえいヘルシーマラソン2012(その5 そしてゴールへ)

その1 その2 その3 その4

久しぶりの美瑛シリーズです。
すっかり時間が開いてしまったので、もう忘れちまったよという点も多々あるのですが、覚えている範囲で書いていきましょう。

前回は「心臓破りの坂」に差しかかったところで終わったのですね。
この坂まではずーっと下りのコースだったので、すげー坂のように感じます。
骨盤を前に倒し気味にして、ピッチを上げて、ストライドを狭めにして走ります。
a0156548_22371265.jpg

ズンドコズンドコ坂を上っていくと、5合目なんて表示が表れます。
いいね、こういう表示。
「あと半分で終わりだ!」とテンションが上がります。
a0156548_22392227.jpg

ここから女子高生たちとのハイタッチを味わいます。
「わー、青レンジャー頑張って~」女子高生たちのテンションは非常に高く、こっちまで元気が出てくるぜ。

女子高生のハイタッチが終わったら、今度はゲストの増田明美さんとのハイタッチ。
おお、この人が増田さんか!
増田さんはテレビで見たとおり小柄で、テレビで見るよりもずっとキレイな方でした。
小柄なのにパワフルと、ちょっとおかず汁粉さんを連想させるような方でしたね。
青レンジャースタイルが増田さんにもウケていたようで、満足、満足。

その後も「8合目」「9合目」と表示があって、ついに頂上到達!
a0156548_2247202.jpg

さあ、ここからはまたゴールまで下り。
そう言えばこの道、センチュリーライドのときも反対方向に自転車で走っていたかなあと、記憶がよみがえります。

そうだ、そうだ、こんな風景が広がっていたよなあ。
a0156548_2361182.jpg

前が見えなくて、テキトーにシャッター切った割には、それなりの写真になっていたな。

もう楽勝じゃんと思っていましたが、ちょうどこの辺りで雨が止んで、水分が補給されない青レンジャーはひからびていきます。
18km地点あたりで、ビコーンビコーンと、ウルトラマンでもないのにカラータイマーが頭の中で鳴っている。
ヤバイぞ、ヤバイぞ、正義の味方。
このまま青レンジャーは悪の組織によって倒されてしまうのか?

うわあ、マズイなあ。
このカッコでスタミナ切れ起こして、ちんたら歩くのはカッコ悪いなあと思っていたら、「給水所まであと500m」の表示。
16kmの給水でラストだと思っていたんで、これにはすげー助けられた。

トボトボと歩くように給水所に吸い込まれ、疲労困憊の姿で水を二杯飲みます。
水を飲むときは素顔をさらさないように、うまく口元だけ開くようにコップを近づけて飲みます。

でもって、給水が終わって再スタートしたときに感じたのですよ。
TVカメラの気配を…。

そうです。

この一番見られたくない給水シーンが、思いっきりテレビでオンエアされました。

ああ、みっともない。
この姿でもハーフマラソンなんて余裕だぜ!というところを映してもらいたかったのに(見栄っ張り)。
注目度が高いときはどんなときでも気を抜いてはいけないということを勉強させていただきました。
実際に苦しくても、表情は余裕を装わなくては。
まだまだ演技力が足りないですね。

給水所を過ぎたら、後はラストスパート。
市街地が近づき、沿道の人も増えて、声援に応えながら最後の力を振り絞ります。

陸上競技場に入って、トラックを半周ぐらいしたところでゴーーーール!
心配された膝の痛みは全くありませんでした。
a0156548_236568.jpg

ゴール後、青レンジャースタイルを保ったまま、masaさんを待ちます。
このとき、近くにいたおばちゃんに捕まって、記念撮影をしてもらいました。
青レンジャーは女子高生から熟女まで、幅広い支持を得たのであった。

おお、私の他にも仮装ランナーがいたのか。
a0156548_2315556.jpg

このキツネのおねえさんも、思いっきりテレビに映っていました。
しかも、私よりも扱いが大きかったような気がしますね。
次回出ることがあれば、このキツネのおねえさんをライバルに頑張ります。
今回は潔く負けを認めます。

masaさんもゴーーーール!
a0156548_23193311.jpg

非常に苦しそうな表情だったmasaさん、7kmぐらいから膝に激痛が走ったとのこと。
おお、私の膝の痛いの痛いのが、masaさんに飛んでいってしまったのですか。
痛みに耐えてよく頑張った。感動した。
って、俺は以前の総理大臣か。
えー、masaさん、膝痛の中お疲れさまでした。

最初のうちは雨にたたられた2012年びえいヘルシーマラソンでしたが、最後の方は雨も上がり、気温もさほど上昇せず、ランナーにとっては走りやすい環境でしたね。
女子高生ボランティアの元気はつらつさがすばらしく、来年以降も出てみたいなあと思わせるナイスな大会でした。
美瑛センチュリーライドといい、美瑛のスポーツイベントはものすごく楽しめますね。
この勢いで、冬の宮様クロカンスキーにもチャレンジしようかなあと思っちゃいました。
そんな美瑛の町が大好きです!

今回の大会の運営に携わって下さった皆様、本当にありがとうございました。
おかげさまで、楽しい走りを満喫することができました。

(次回、masaさんのペンション「トムテルム」でのお話で最終回です)
[PR]

by gossy54200 | 2012-06-21 23:31 | ランニング | Comments(2)  

Commented by 店員A at 2012-06-22 16:51 x
完走おめでとうございます、、というよりテレビ出演おめでとうございます。本番が楽しみですね。
最近、膝にやさしい走り方として「なんば走り」というのがどういうものなのか調査、実験中です。何かご存知でしたら教えていただけませんか?
Commented by gossy54200 at 2012-06-23 16:06
なんば走りについてはAさんのブログで拝見しましたが、どんなものかはよくわからないところです。
著作もあるようですので、コーチャンフォーに行って見てこようかなあと思います。
2軸走法は、最近の本でよく書かれていますが、これに古武道のエッセンスを加えたらどんなものになるのでしょうか。

<< びえいヘルシーマラソン2012... 雨のセンチュリーラン深川(その2) >>