びえいヘルシーマラソン2012(その6 ペンション「トムテルム」にて)

その1 その2 その3 その4 その5

一応、タイトルには「マラソン」などと付いていますが、こっからはマラソンと全く関係のない話です。

今回も去年の「美瑛センチュリーライド」同様、masaさんのご厚意により、ペンション「トムテルム」でのマラソンお疲れさまバーベキューに招待されました。

木のぬくもりが感じられる、ステキなお家です。
a0156548_020966.jpg

ペンションの庭からの景色。
a0156548_021390.jpg

うわー、masaさん、これ毎日見てるんですか!
こりゃあ反則だよ(何が?)
ま、どんなにいい景色でも毎日見りゃあ飽きるってのはわかってるんだけど、それでもうらやましく思うなあ。

バーベキューのメンバーは、masaさんと付き合いのある地元の方々が、子供も含むファミリーで。
そして、私が完全にゲストという感じ。
私のように外から来た人間にも優しい美瑛の人たちなのでありました。

子供たちの中には、5kmの部に参加した子もいて、「今日何分で走ったよ」なんて声を聞くと、我々にとっては遠い町でのマラソンイベントも、地元の子供たちにとってはちょっとした町をあげての運動会なんだなあと思ったりして。
いいなあ、こういうローカルな感じ。

masaさんに、「この人が青レンジャーの中の人だぞお」と子供たちに紹介されて、子供たちは大喜び。
ああ、子供たちに喜んでもらえてよかった、よかった。
来年は君達も5kmを仮装で走ってみないか?

それにしても、こういう地域の中での家族ぐるみの付き合いって、すごく懐かしいような気がする。
札幌で一人暮らしを始めてからは、隣は誰だかさっぱりわからん、町内会?えっ、何それ?ってゆー生活だから、すげー懐かしく、かつ、新鮮に感じるのよ。
都会で、誰にも干渉されない一人気ままな生活もいいのだが、やっぱりこういう地域のコミニュティは大事だよな。
特に子供は、都会でお受験お受験という環境ではなくて、こういう環境でのびのび育てたい。
「塾が人を育てる」のではなくて、「地域が人を育てる」という環境が今の日本には必要なのだ。
私の子供は絶対にこういう環境で育てようと固く心に誓ったのであった。
つーか、まず、その前に結婚せんかい。

もちろん、こういう地域で暮らすことには、私にはわからないような厳しい面も多々あると思う。
masaさんのお話を聞くと、渡辺一史さんの※「北の無人駅から」の世界は、北海道の特殊な一部の地域だけの世界ではなく、道内の小さな自治体ではどこも同じような問題を抱えているのだと思った。
本だけでは味わえない、「北の無人駅から」の世界がこの美瑛の町にも、形を変えて存在しているのである。
ちなみに美瑛の駅には駅員さんがいますけどね。

北の無人駅から

渡辺 一史 / 北海道新聞社



※「北の無人駅から」…私のブログでも以前紹介したが、北海道の駅を舞台にして、その周辺の人々がどういう生活を営み、どういう問題点を抱えているのかということを、わかりやすく、丁寧に書かれている渾身の一冊。本当にこの本は、北海道の中高生ぐらいの社会の時間で副読本に使って、将来の北海道を担う人々に広く読んで欲しい本である。

などと、ガラにもなく、難しいことを考えていたら、子供たちが寄ってきて、鬼ごっこをして遊ぶことになった。
マラソンでは力強い走りを見せていた青レンジャーも、マスクを脱ぐと、ただの足取りのおぼつかないおっさんに変化し、大いに子供たちに翻弄されたのであった。
ま、でも、子供大喜びでよかったか。
また、おじさんと一緒に遊んでくれ。
楽しかったよ。

masaさんは、2004年に脱サラして美瑛の地にやってきています。
ちょうど私とmasaさんは同じ年なのですよね。
同じ年だけに、余計に今後の生き方とか、そういうのを考えさせられましたね。
ひょっとしたら、この時間で、私の中でのパンドラの箱が開けられたのではないか、なんて思ったりして。
非常に濃厚な時間を過ごさせていただきました。

ペンション「トムテルム」
建物、風景、そして、そこに集まる人。
すべてが人を癒してくれる優しい空間です。
是非、本ブログの読者で、「美瑛に行きた~い」などと思っている方がいらっしゃいましたら、どうぞ「トムテルム」の門をたたいてみてください。


って、一回も泊まったこともないくせに、エラソーに宣伝させていただきましたが、美瑛センチュリーライドの際は私も宿泊したいと思っております。
今年の美瑛センチュリーライドに参加される、このブログを読んでいるまだ私の見知らぬ方と、「トムテルム」で交流を深めることができれば、非常にうれしく思います。

6月9日に「トムテルム」に集った皆様。
短い時間でしたが、ただの観光地巡りでは味わえない、貴重な時間を経験させていただき、ありがとうございました。
また、皆さんと9月の美瑛センチュリーライドで、お会いできることを楽しみにしています!

(このシリーズ終わり)
[PR]

by gossy54200 | 2012-06-26 01:29 | ランニング | Comments(0)  

<< 俺チャレ2012~はるばる行く... びえいヘルシーマラソン2012... >>