人生初「きたえーる」

雪まつりが始まった。

私が思うに、雪まつりで騒いでいるのは一部マスコミ関係者と観光客だけであって、地元民にとってはほとんどどうでもいい行事であるように思われる。
(私は札幌市民になって10年ぐらいになるが、その間、仕事で強制的に一度行かされた以外は、自ら雪まつりを見に行ったことなどない)

別に雪まつりをやることは結構なのであるが、問題は私の冬のランニングホームグラウンドである「つどーむ」が、雪まつりのために使えなくなるということだ。
ぐぬぬ、雪まつり自体は屋外でやってるんだから、ドームの中は使わせてくれてもいいじゃないか、ケチ。

仕方がないので、ちょっと家から遠くなるが、道立の体育施設「きたえーる」にランニングコースがあるということを知ったので、調査も兼ねて行ってみることにした。
(「つどーむ」と言い、「きたえーる」と言い、このネーミングセンスは何とかならんのか。ちなみに誰も使っていないが、札幌ドームの愛称は「HIROBA」である)
きたえーるのHPで、料金はいくらなんだろうと調べたが、料金表のどこにも書かれていない。
はてな?何故ランニングコースの料金の記載がないのか?

それは何と、ランニングコースは無料だからなのだ。
無料バンザイ\(^o^)/
なんだ、これならつどーむに毎回390円払う必要なんてなかったよ。
どうして、こんな素晴らしい情報を今まで誰も教えてくれなかったんだ。

んなわけで、車をブロロンと飛ばして行きますが、駐車場のキャパが小さいですね。
かろうじて第二駐車場に停めることができました。
きたえーるは地下鉄豊平公園駅直結の施設なので、公共交通機関で行くことが推奨されていますが、私の家から公共交通機関で行くと往復で1000円ぐらいしちゃって、せっかくの施設利用費無料が台無しになるのよね。
(一応、きたえーる周辺にコインパーキングは何カ所か存在します)

かなりデカイ施設ですな。
a0156548_22512452.jpg

どっから入っていけばいいかわからんかったので、前の人について行って、無事潜入に成功することができた。
外観同様、中もすげー広い。

HP上では「総合案内カウンター」というところで受付をするようにと書かれていた。
「総合案内カウンター」を探すのに、果てしなく迷子になるのではないかと危惧されたが、あっけなく見つかった。
カウンターには、いかつい警備服を着たおっさんが座っていた。
どうせなら、可愛いおねーちゃんでも置かんかい。

おっさんに「ランニングコースを使いたいんですけど」と声をかけようと思ったが、私の前の人が申込用紙を記入して、おっさんに紙を渡したので、私もマネをして申込用紙に必要事項を書いて、おっさんに出した。
おっさんは何も説明を受けずにいきなり申込用紙を提出した私に対して、「ぬぬ、コイツできるな」と思ったのか、ロッカーの鍵だけ渡して、ロッカーはどこにあるとかそういう説明は一切しないで、「いってらっしゃい」と声をかけてくれた。

「お、おい、これからどこへ行けばいいんだ?」とうろたえたが、「実は初めてなんですぅ」とおっさんに泣きつくのもしゃくなので、適当に施設内をウロウロすることにした。
受付が可愛いおねーちゃんだったら、いろいろ聞いたのに。

ウロウロすると、「ランニング更衣室」というところがあったので、入ってみたが、ロッカーはどこにもない。
どーなってんだ?

まあ、いいや、アリーナ方面に向かおうと、案内看板に従ってアリーナに入っていった。

アリーナです。
a0156548_2383892.jpg

観客席の上にランニングコースがあります。
a0156548_2392275.jpg

ロッカーはどこじゃと思ったら、なんとコース上にあったのですね。
ロッカーに荷物を入れて走り出します。
利用時間は2時間までなので、たくさん走んないと損だ(貧乏性)。
ちなみにロッカーを見つけるまでのロスタイムは20分ぐらいでした。

《今回の教訓》

わからんことは、素直に人に聞け!


あー、貴重な2時間のうちの20分が無駄になっちまったよと思いながら、走り出します。
コースは一周330mと中途半端。
つどーむがほぼ円周のコースに対して、きたえーるはちょっとコーナーの角度がキツ目の感じですね。
まあ、でも、平日の昼間で人も少なかったので快適に走れます。

キロ5分15秒ぐらいのペースで走りました。
時間内にたくさん走らんと損した気分になるので、気持ちペースを上げ気味に。
札幌マラソンのTシャツを着た人と抜きつ抜かれつのデットヒートを繰り広げていたのであるが、いきなり札幌マラソンの人がクールダウンに入ったので、ペースメーカーを失ってしまった。
ええい、男なら最後まで俺と勝負せんかい。

54周走って17.82kmと中途半端だったので、えーいどうせなら18km走っとけと、もう一周走って18.15kmとやはり中途半端。
一周333.33333333333333……mだったら3周で1kmとちょうどよくなるんだが、そういうわけにもいかんので、これはこれとしてしょうがないだろう。

さようなら、きたえーる。

最初のロスタイムがなければ20kmは行けるな。
きたえーるは無料なのは非常にありがたいのだが、問題はランニングコースの開放日が月に10日ぐらいしかないことだ。
でもって、つどーむが使えない雪まつり期間に、きたえーるも揃ってほとんど使えないとはどういうことなんだ。

私のランニング難民生活は続く。
[PR]

by gossy54200 | 2013-02-05 23:36 | ランニング | Comments(4)  

Commented by しぃ at 2013-02-06 22:56 x
そうなんです!
きたえーるは無料なんです(´Д` )
ごめんなさいごしさん、二番めにまずいラーメンとか、一番まずいラーメンとかの記事の時に突然「きたえーるはタダですよ」とコメントすればよかったですね(>_<)
ちなみに、さりげなく2時間をオーバーしても、平日昼間なら怒られることはなさそうですよ。予想ですが。
Commented by gossy54200 at 2013-02-07 21:03
いえいえ、そんな謝られて恐縮です。
事前に、しぃさんのブログをしっかり拝見しておけばよかったですね。

ちなみに鍵を返したとき、確かに担当の方は時間も何もチェックしていませんでしたので、怒られることはなさそうですね。

でも、それをやると走りがタラタラになりそうなので、あくまで2時間は守っていきたいと思います。
来週から札幌ドームのナイトランも始まるようですので、そちらの方も行ってみたいですね(一回300円)。
Commented by 店主A at 2013-02-08 13:51 x
ナニー、、知りませんでした。自転車で5分のところなのに、、。現在ゴム草履でのランニングが出来ず、なんばの真髄に迫れない私にとって朗報、、、といえるほど走っているのか?

頑張ります。
Commented by gossy54200 at 2013-02-08 20:23
もちろんゴム草履ランニングもOKですので、なんば走りの真髄に迫るにはもってこいの環境だと思います。

私も最近「やまめ」に通じる「ベアフット」に興味を持ちつつありますので、いろいろ試してみたいものです。

<< 雪像なんか見なくてもこれでいいや 今まで食べた中で一番まずいラー... >>