釧路自転車屋めぐり

自転車ライフで非常に重要なのは、信頼できるショップとのお付き合いである。
道央圏に住んでいたころは、非常によいショップに恵まれ、楽しい自転車ライフを過ごすことができたが、さすがに釧路から300km以上離れたショップに頻繁に通うわけにもいかない。

そんなわけで、釧路でスポーツ自転車を扱っているショップに足を運んでみることにした。
釧路で信頼できるショップを発掘し、自転車生活を充実させようという作戦だ。

尚、タイトルは「釧路自転車屋めぐり」となっているので、何店も行ったように思われるかもしれないが、たったの2店しか行ってないことを先に言っておく。
タイトルに偽りがあるかもしれないが、他に適当な表現がなかったので、そこは勘弁してほしい。

とりあえず釧路の自転車店については何も情報がないので、ネットで調べて、これかなあと思うショップにブロンプトンで駆けつけてみた。
自転車店というのは、用がないと、と言うか用があっても非常に入りにくいところだ。
ということで、「現在、折りたたみ自転車とロードバイクを持っている。最近、釧路にやってきて、クロスバイクかMTBを新たに購入したい。予算は7万ぐらい」という設定でショップに乗り込むことにした。


まずは、プロショップっぽいところに行ってみた。
「かくかくしかじか、こういうわけで」と言ったところ、GIANTとCannondaleのカタログを見せてもらい、「冬も乗るかもしれん」と言ったら、「それならMTBじゃないとダメだ。釧路の道はスケートリンクのような道で、タイヤの細いクロスバイクのスパイクタイヤでは歯が立たない」ようなことを言われた。

で、勧められたのはGIANTとCannondaleのXCエントリーモデル。
しばらくMTBから興味を失っていて、最近のMTBにうとかったので、カタログを見てびっくりしたが、26インチのMTBって、もはや絶滅危惧種なんだなあ。
GIANTは全て27.5インチだった。
店主さん曰く、「26インチMTBは、もう子供用ぐらいしかほとんどないんじゃないか」とのこと。
長い間、MTBは26インチが主流で、29インチは邪道だという世界だったが、わずか2~3年ですっかり変わったものだ。

CannondaleのバイクはSまでのサイズだと27.5インチで、M以上のサイズだと29インチのホイールになる。
まあ、私の身長(170cm)だとMサイズかなあ。

ただ、私の所有しているミノウラのバイクスタンドDS-2100だと、29インチに対応してないので、保管という点で厳しいなあ。
まあ、29インチ対応の延長バーも売ってるので、それ使えばいいって話もあるんだが。

MINOURA(ミノウラ) DS-2100 Tancho E’see

MINOURA(ミノウラ)



【minoura】DS−2100用 29”支柱延長バー

ミノウラ



一方、GIANT。
すげえなあ、7万円台のエントリーモデルで油圧式ディスクですか!
MTBの世界もすっかり進化したものよ。
ただ、機械オンチの私としては、「油圧=メンテがめんどくさい」というイメージしかなく、食指が働かない。
オレには機械式ディスクで十分なんだ。


さて、もうひとつのショップ。
こちらは街の自転車屋さんなんだけど、スポーツ自転車も扱っているよって感じのスタンスのショップだ。
んでもって、オートバイも扱っている。
こう書くと中途半端なショップという印象も受けるが、どことなく店全体が人情味にあふれているような気がして、悪くない。
ブロンプトンでとぼとぼとやってきたら、「自転車ですか?」と店主さんが親しげに語りかけてきた。

最初のショップですっかりMTBに心を奪われた私は、「7万円ぐらいのMTBを探している」と迷いもなく言った。
まずはMERIDAとルイガノのカタログを持ってきて、こんなもんですかねえ。
アンカーはどうでしょう?うわ、最低で13万ですか。予算オーバーですね。
へえ、これは油圧式ディスクですか?でも、メンテがめんどくさいから、機械式で十分ですよ。
まあ、7万ぐらいだったらどれも変わらないですよ。デザインとか好みの問題ですよ。

と、身もふたもないことを言ってきたが、私もその点については激しく同意するので問題はない。
ひょっとしたら、私はこのショップと合うのではないかと思ったりもした。

「メーカーに特にこだわりはない」ということを強調すると、「じゃあOPUSはどうでしょう」という展開になり、「OPUSなら2割引きぐらいにしますよ」と街の自転車屋らしからぬことを言ってきて、大いに私の購買意識を刺激されたのであった。

いや、私はショップとの相性を確認したいだけであって、そこまで購入については本気じゃないんだがと思ったが、ここは話に乗って在庫の確認をしてもらうことにする。
すると、在庫はあるということで、「もし買うんなら、電話で注文してね」とショップを後にすることにした。

家に帰ってからわかったことであったが、カナダの自転車メーカーOPUSは今年から日本を撤退する形となり、2014年の残り在庫を売りさばいているのであった。
なるほど、旧モデルだから値引きがあったわけね。
もうOPUSは日本で手に入らないとなると、ますますOPUSもありなのかなあと。
ただ、カタログ値で15.5kgという重さが、エレベーターのない4階住まいの私にとっては厳しく感じるかもしれない。

a0156548_21443817.jpg



と、うっかりMTBの購入記みたいな話になりかけたが、危ない危ない。
私は付き合っていくショップの発掘を目的にしているのであった。
尚、釧路では他にもイオンバイクやスポーツDEPOでスポーツ自転車は取り扱っているようだが、あくまで私は個人でやっているところでお世話になりたいと思っているので、候補からは除外する。

多分、技術的なことに関しては、最初のプロショップみたいなところがいいんだろうなあ。
ただ、店主さんの人柄とか総合的に考えると、街の自転車屋さんも悪くない。
私の性格的に「気軽に入れる自転車屋」というのは、かなりポイントが高いのである。
まあ、両方うまく使い分けるってのもありなんだが、私の性格的にどっちかにどっぷりって感じになるんだろうなあ。


MTBを買う買わないは別にして、長く付き合える自転車ショップ選びをしたいものである。

ごきげんよう。
[PR]

by gossy54200 | 2015-04-24 21:49 | 自転車 | Comments(6)  

Commented by takatixyan at 2015-04-25 07:51
自転車店に限らず、小さな個人経営店的なお店って
入りずらいっすね。
しかし、ハマると抜け出せなくなる可能性大。
私なんか、ネットなどで小物を買う事に罪悪感さえ覚えましたよ。
Commented by gossy54200 at 2015-04-25 20:39
確かに小さなお店は万人に開かれていないようで、最初の一歩にかなり勇気がいりますね。
ただし、はまればネットで小物を買うのに罪悪感を覚えるという部分には同意します。
Commented by はやぶさ at 2016-06-05 19:05 x
はじめまして。
因みにどこの自転車屋さんですか?
僕は初心者なんですが、話を聞きにショップへ行ってみたいので、参考にさせてください!!
因みに釧路在住です。
Commented by gossy54200 at 2016-06-06 19:41
はやぶささん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

私が行ったショップは、中島町のサイクルガレージPAZと星が浦の二輪ショップツチヤです。
PAZさんはホームページもありますので、ご参照ください。
http://www.cg-paz.com/

取り扱いメーカーはPAZさんが、キャノンデール、ジャイアントがメインで、ツチヤさんがルイガノやメリダメインというところでしょうか。

自転車でやりたいこと(レース、ロングライド、オフロード、ポタリングなど)をはっきりさせて、ある程度車種を絞った上で(ロードかクロスかMTBか)ショップに行かれると、適切なアドバイスをいただけるのではないかと思います。
よいサイクリングライフを送られることを願っています!
そのうちサイクリングロードですれ違うことがあるかもしれませんね。
今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by はやぶさ at 2016-06-06 19:52 x
ご丁寧にありがとうございます。
多角的に検討させて頂きます。
ありがとうございますm(_ _)m
Commented by gossy54200 at 2016-06-07 00:12
どういたしまして。
何かご不明な点がありましたら、またご質問ください。
これだという一台をゲットできるといいですね。

<< 夏タイヤ交換 新釧路川と夕日とブロンプトン >>