2015釧路湿原マラソン参加記

そんなわけで、参加してまいりました「釧路湿原マラソン」。
30kmというハーフでもフルでもない中途半端な距離で、なんだかなあという気がしないでもないですが、8月末に行われる北海道マラソンの調整には、ちょうどいいのではないでしょうか?
私は道マラは出ないけどな。

前日、カーボローディングは特にせず、吉野家でリッチにうな重二枚盛(優待使って920円)。

a0156548_19472594.jpg


栄養をつけて、22:00にはさっさと寝ます。


当日、5:00起床。

カステラ、あんぱんを食べ、豆乳を飲む。
あと、前日ドラッグストアで買った「S-OS」という「OS-1」の類似品をごくごくと。
これ、大塚製薬に訴えられそうなデザイン&ネーミングだよな。

《ケース》 五洲薬品 経口補水S-OS (500mL×24本) 電解質補給飲料

五洲薬品



シャワー浴びて、テーピング張り張りして、6:50に自宅出発。
途中、セブンイレブンでサンドイッチを買い、会場へ。

7:00、会場である陸上競技場到着。

a0156548_1954724.jpg


めっちゃ混むと聞いていたので、早めに出たが、さすがにスタートから2時間以上前だと、そんなに人もいなく、会場近くの駐車場ゲット。

スタート地点。

a0156548_19553517.jpg


天気は小雨がしとしと降る感じで、釧路らしくうっすら霧もかかっていて、ああ、これが釧路のマラソン大会なのかと、テンションだだ下がりなのであった。
走ること考えたら、真夏日のカンカン照りよりも、はるかにいいのだがね。

川内選手はどこの大会にも出没してくるな。
釧路は5年連続の参加ということです。

a0156548_19591857.jpg


受付をささっと済ませ、車の中でサンドイッチを食し、しばしボケーっと。
んでもって、今回は会社の人も何人か参加してますので、会社の方と合流します。
ぼっち参加と違って、話し相手がいると、気がまぎれてよい。

気がまぎれたのはいいのだが、ついつい長話しすぎてしまい、スタートラインに着くのが遅れてしまったでござる。
30kmの部は1200人ぐらいのエントリーがあったようで、結構な人ですな。
ローカルマラソン大会と思って、なめていました。

かなり後方でスタート。
今回の目標はズバリ2時間半。
キロ5分ペースで30km走りきれば、別海のサブ3.5も視野に入るかなと。

しかし、スタート渋滞にやられましたな。
ここが今回最大のミス。
スタートラインまでのロスタイム48秒はいいとして、1kmまでがのろのろのかたつむりモード。

1kmのラップタイムが5分53秒。
げげ、入りの5km26分と考えていただけに、スタートロスを含めて、これはかなり遅れている。
急がねば。

ということで、人のバラけた1km過ぎから、ようやくペースが上がり、次の1kmのラップは4分56秒。
まあ、しばらくキロ4:50~4:55ペースでガツガツ行きましょう。
ホントは最初の5kmはキロ5:10ぐらいのペースで入りたかったのだが、こんなので最後まで持つのかね?

最初の5kmぐらいは市街地走行。
沿道にはそこそこ人がいるのですが、皆さんおとなしいですわね。
北海道マラソンや大阪マラソンと比較してはいけないのだろうけど。
それでも、天候の悪い中、多くの皆様の応援、ありがとうございます。

今回も「くまモン」で走ります。

a0156548_2019406.jpg


ところどころで聞こえる「くもモ~ン」の声を励みに、快調なペースで進みます。
沿道の声援が、どんな補給食よりもランナーの力になります。

5km辺りから、河川敷への道へと入ります。
殺風景になってきますが、ここからが釧路「湿原」マラソンの本領発揮といえば本領発揮の湿原っぷりであります。
ああ、分け入っても分け入っても青い湿原。

で、8km辺りから、「湿原横断道路」に入ります。
試走のときは、「道マラの新川通以上に心の折れる道だ!」と思いましたが、実際の大会になると、多くのランナーがいて気がまぎれますね。
そして、ボランティアの給水スタッフの皆様にも、かなり元気をいただきました。
心折れることなく、ペースを上げていきますよ。

10km通過。
通過タイム、50分33秒。
アミノバイタルの類似品一本投入。

スタートロスを考えると、いいペースで走れているのではないでしょうか。

今回は、どういうわけか「2時間半切り」という記録に対するこだわりがかなりあったようで、いつもは周りのランナーや沿道の人々の人間観察などしながら、テケテケと走るのであるが、今回に関してはそういった記憶は全くなし。
ランナーズハイとはまた違う感じで、走りに集中してましたね。

12km地点ぐらいで、折り返してきたトップランナーとすれ違います。
「また、今回も川内選手の独走なんだろうなあ」
と、思ってたら、まさかの川内選手2位。
……で、失礼ですが、トップのあなたは誰ですか?

15km地点手前で折り返し、湿原横断道路の復路に入ります。
ここでパワージェルを投入。
往路のランナーとすれ違い、会社の方にエールを送られます。
目立つカッコだと、すぐに私だと認識されていいですな。
後半もこのペースで頑張りますよ!

折り返してから、ようやく前半のロスを取り戻し、「キロ5分ペース」に対する貯金ができてきました。
ペース配分もクソもありません。
とにかく行けるとこまで行くしかないと。

給水スタッフの女子高生に「くもモ~ン、可愛い」などと声をかけられ、40過ぎのおっさんはドギマギするぜよ。
雨天にも関わらず、サングラスをかけ、素顔をさらさないでよかったような気がする。
女子高生の夢をぶち壊してはいけない。

20km通過。
通過タイム、1時間38分16秒。
目標の「キロ5分ペース」に対して、2分弱の貯金。
このまま、残り10km押し切れるのか?

エイドにスイカが出てきたので、「おー、スイカ珍しいなあ」とバクバク食べるが、思ったより食いにくいのう。
マラソンの補給食にスイカは合わないのかもしれない。
おとなしくバナナ取っとけばよかったぜ。

22km辺りで再び河川敷に戻ります。
この辺りは、周りに人がいなく、前のランナーとの距離も離れていて、結構しんどかったぜよ。
走っても走っても目標物が近づいてこない感じでなあ。

河川敷を抜けて、残り5km。
ここからが本当の勝負である。
かなり太ももが痛むが、今更ロキソニン飲んだところで手遅れだし、ここは気合でごまかすしかない。
再び、沿道の応援も増え、パワーをもらいます。

パワージェルを投入し、よし!ゴールまでの栄養はバッチリだ!と脳みそをだまし、ラストスパートに入りたいところであったが、体は正直だ。
ペースは落ちはしないが、上がっても来ず、スパートをかけたランナーに抜かされる場面が多くなりました。

それでもガーミンを見ながら、「大丈夫!ペース自体は落ちていない。自分との戦いだ」と、自分を鼓舞し、運動公園に入り、残り2km。
あー、しんど。
でも、もうすぐだ。

歩いても2時間半は切れる感じだったのだけど、どうせなら、一人でも多くのランナーを抜かしたいではありませんか。
後半失速したランナーを、えいやと抜かしにかかります。
それ以上に、スパートをかけたランナーに抜かされたという話もあるが。

んでもって、ラスト400m。
陸上競技場に入ります。
競技場のトラックがゴールって言うのは、国際大会のマラソンみたいで気分が盛り上がってよい。

で、ゴールと。
記録は2時間26分50秒と、キロ4分53秒ペース。
このペースであと12.195km走れれば、サブ3.5は達成できるのだが、最後の方は少し失速しているからなあ。
まあ、それでも「サブ3.5は不可能ではない」という手ごたえをつかめた大会だったと思います。
別海に向けて、もうちょい練習強度を上げていきましょう。

ゴール後に、知らないおっさんランナーに、「こんなもの被って、よくこれだけ速く走れますね」と言われたが、私に言わせれば「こんなものを被っているからこそ、応援の声に支えられ、普段以上の力を出せる」のである。
実際、そんなことは言わなかったけどな。

抽選で米と、地元のアイスホッケーチーム「日本製紙クレインズ」のTシャツが当りましたよ。

a0156548_2114825.jpg


そんなこんなで、あいにくの天気でありましたが、記録も満足、抽選も当って満足、女子高生の黄色い声援を受けることができて大満足と、初めての釧路湿原マラソン、大いに満喫させていただきました。

自由な自転車旅もいいですが、こういう「地元の大運動会」みたいなイベントも悪くないですな。
運営に関わった皆様に、心より感謝申し上げます。

ごきげんよう。
[PR]

by gossy54200 | 2015-07-28 21:20 | ランニング | Comments(4)  

Commented by pen at 2015-07-29 16:39 x
目標をかなり上回ってのゴールおめでとうございます!
この調子ですとデュアスロンもイイ感じでいけそうすね^^
Commented by gossy54200 at 2015-07-29 22:01
ありがとうございます!
パノ3に比べたら、大した雨でもなく、気候条件はベストでしたね。
この調子で、美幌でもベストを尽くします。
釧路の涼しい気候に慣れた今となっては、美幌で暑くならないことを祈るのみですね。
Commented by KEN at 2015-07-30 13:23 x
ゴシさん、お久しぶりです。
The サロベツの更新が止まり、どこへ行ったのかと思っておりました。タッチさんに教えてもらいました。

サロベツとは段違いの更新速度ですね〜。
4月からの投稿仕事もせずに読みましたよ。結構読み応えありました。

キロ5で30キロも走れるなんて羨ましい。今はキロ5:30で10キロが限界です。地道に練習しなければいけませんね。
Commented by gossy54200 at 2015-07-31 21:51
KENさん、ご無沙汰しております。
コメントありがとうございます。

こちらに来て、精力的に活動しております。
涼しくて、屋外で運動するにはいいところですね。
ランは、1ヶ月前からキロ5分以下のペースで走る練習をしたのが、功を奏したと思います。

そんなわけで、バイクとランはぼちぼちやっているのですが、スイムは完全にお留守になっています。
美幌に出てみてから、泳ごうかどうしようかと考えています。
どうも人の多いプールは、なかなか入る気になりません。
スイムは1レーンを独り占めできるところがいいですね。
そういう意味では、ガラガラプールのサロベツ生活はよかったかもしれません。

何はともあれ、タッチさんともども、忠トラのご健闘お祈りいたします!

<< 2015ビホロ100kmデュア... 俺チャレ2015~ブロンプトン... >>