2015別海パイロットマラソン参加記(その4)

その1 その2 その3


16kmを過ぎた辺りから、何かがおかしかった。
私の腹の中で、夜の校舎窓ガラス壊してまわり、更に盗んだバイクで走り出す、尾崎豊のような虫が暴れていた。
腹の中の虫は、結託して、私の尻のダムを決壊させようとしやがるのである。

いかん。
これは、いかん。

もう、サブ3.5どころの騒ぎではない。
私の全神経は脚ではなく、尻の穴に集中していた。
うっかりしていたら、全てのモノをコース上にぶちまけんるんじゃないかというぐらい、私の腹はゆるみきっていたのであった。

モソモソしながら、そろりそろりと脚を進める。
このまま私は、コース上にウ○コをぶちまけ、人間としての尊厳を失うのか?
そして、ブラックリストに載り、来年以降、別海は永遠に参加禁止になるのではないか?

嫌だ!
そんなのは絶対に嫌だ。

コースの周りは、ほとんど牧草地であったが、民家が点在としていたので、最悪、どっかの民家に押しかけて用を済まそうというぐらいに、私は切羽詰っていた。

17km地点通過。
1kmのラップタイムは5分32秒まで落ちたが、そんなことは走行中にウ○コを漏らすことに比べたら、些細な問題だ。
もうタイムはどうでもいい。
というか、完走できなくてもいいから、ウ○コだけは漏らしたくない。
ただただ、その一念だけであった。

うー、トイレ、トイレ。
と、頭の中の90%以上をトイレに支配されながら走っていると、ようやく17.5km地点にトイレを発見した。
ありがたい。
これで、私は人間としての尊厳を取り戻し、何事もなかったようにレースに復帰できるのである。

しかし、ここで問題はまだ残されていた。

設置された簡易トイレはわずかひとつしかなかったのである。

ここで、もしトイレが使用中だったら、私は完全に詰んでしまう。
トイレを見つけた安堵感からか、若干、尻の穴に緊張感が欠けてきた。
この緊張感の欠けた尻が、あと数分持続するとはとても思えなかった。
勝負は今だ!
今しかない!

さあ、トイレは空いているのか?














空いててよかった。


道マラのような参加人数の多い大会でなくてよかったよ。
さすが、別海までマラソンを走りに来るような人は、皆さん自己管理のできている人ばっかりで、こんなところでトイレ休憩を取るような人はいないのであった。

トイレと格闘すること3分。

途中棄権まで覚悟していたのがウソのように、私は晴れやかな表情で戦いを終え、レースに復帰したのであった。
このくらいの遅れなら、まだまだ挽回できる。
トイレがちょうどいい休憩になったと、ここはプラスに考えよう。

再び走り出し、18km地点通過。
1kmのラップタイムは8分1秒って、これはトイレタイムのためしょーがないよな。
しかし、トイレタイムを3分とすると、実質、この1キロを5分で入っていることになるから、ここはそんなに悲観すべきところではない。
折れない心で、サブ3.5ペースに対する2分の借金を少しでも縮めていこうではないか。

19km地点通過。
1kmのラップタイムは4分58秒と、華麗に復活。
ここからだ。
ここからが真の勝負なのだ。















などと安堵したところで、まさかの第二のビックベンが爆発しそうになったのであった。

つづく
[PR]

by gossy54200 | 2015-10-14 21:40 | ランニング | Comments(0)  

<< 2015別海パイロットマラソン... 2015別海パイロットマラソン... >>