2015別海パイロットマラソン参加記(その7)

その1 その2 その3 その4 その5 その6

35kmを過ぎて、ちょっとタイムを意識するようになりました。
サブ3.5は無理だとして、3時間40分切りは何とかなるかなあ。
35km地点で3時間4分29秒だから、残り7.195kmを35分ぐらいで走らなくちゃいかんわけね。
現状のペースはキロ5分20秒ぐらいだから、ちょっと無理かなあ。

じゃあ、自己ベスト3時間46分22秒の更新はどうだろうか?
これだったら残り7.195kmを40分以上かけてもOKなわけだから、また、不測の事態が起こらない限り大丈夫だな。
そんなわけで、こっからはあんまり時間気にしないで、楽しく走ることに専念しよう。
いや、トイレタイム2回の時点で、既に時間は気にしないようにしていたのだが。

ひたすら殺風景の中を走り、都市型マラソンのお祭り気分とは無縁の世界であった、この別海パイロットマラソンであったが、残り3kmの辺りから、再び別海の市街地に戻り、沿道がにぎやかになってきた。

それにしても、応援の温かいことよ。

「ドラえもん、お帰りなさい。ずっと待ってたよ」

なんて声をかけられると、うれしさもひとしおですな。
ああ、この方たちは3時間以上もずっと沿道にいて、応援してくださったんだ。
往路でランナーがいなくなってからも、復路で戻ってるのを待っていてくれたんだと思うと、涙がちょちょ切れる思いですよ。

今までのマラソン大会では、35km以降って、ほとんどが苦しい思い出しかないのですが、今回、初めて35km以降が「楽しい」と感じました。
これも、ひとえにたくさんの温かい応援のおかげです。
特に、小さな子供の応援はパワーになりましたね。
別海の子供たちに幸あれ。

40km地点通過。
タイムは3時間31分3秒。
5kmのラップタイムは26分34秒。
おお、最後になってタイムを上げてきたではないか!
恐るべし、別海町民の応援パワーなのであった。

さて、自己記録更新は間違いありません。
かみしめるように、残りの2.195kmを走りましょう。
最後は陸上競技場に戻り、トラックを一周してゴールです。

a0156548_21284439.jpg


ゴールの横断幕すらなく、華やかのかけらもない、素朴なゴール地点がよい。
途中、思わぬアクシデントもありましたが、思う存分42.195kmを満喫いたしました。

ゴール!

タイムは3時間43分11秒。
自己新記録達成です。

ただ、ネットタイムでは去年の大阪マラソンで3時間41分11秒という記録を出しているので、今回はそれには足りないな。
正式なネットタイムは出ていないけど、スタートロスが30秒弱ぐらいだったんで、ネットでも3時間42分台ですな。
まあ、更なる記録更新は来シーズンの楽しみにとっておくことにしよう。
あんまり大幅に記録更新すると、かえって今後のモチベーションが下がると思うんで、棒高跳びのセルゲイ・ブプカのように、ちょっとずつ更新していけばいいだろう。


努力目標は「サブ3.5」だったのだが、どうも潜在意識の中で「絶対無理、でも、できると思わないとできないしなあ」と無理矢理目標にしていたところがあり、その否定的な内なる意識が、思わぬ腹の不調を招いたのかもしれない。
一方、「自己ベスト更新」は、根拠はないのだが、「こんなのは更新して当たり前」という潜在意識があったのがよかったのか、結果的に、どうにか帳尻合わせで自己ベストを更新することができた。

ここで言いたいのは、「これできるかな?どうかなあ?」などと思っているうちは、目標など達成できるわけがなく、「これはできて当然だ」と、潜在意識が「当たり前」と認識することによって、目標は達成されるのじゃないかと思われる。
もちろん、潜在意識が「当たり前」と認識するに至るには、それ相応の練習をして、自信をつけなければならないことは言うまでもないが。
これって、マラソンなどのスポーツだけではなくて、仕事とかにも当てはまるんじゃないかなあ。
目標達成のためには、その目標が「自分にとって当たり前」というレベルまで落とし込むことが大事なのかな。

余談ではありますが、潜在意識を高める方法論を知るには、マーフィー博士の本をどれか一冊読めばいいのではないでしょうか。

眠りながら成功する―自己暗示と潜在意識の活用

ジョセフ・マーフィー / 産能大出版部



私は一時期狂ったように読んでいましたが、結局、「潜在意識などインチキだ!」という結論に達し、全部売りましたがね。
でも、今回の経験を通じて、もう一回読み直してもいいかなあという気もする。

思うだけではもちろんダメで、かと言って、やみくもに行動するだけでもダメで、思考と行動が一致したときに、目標は実現するのではないかと、我ながらいいことを思いついたような気がするが、冷静に考えると、そんなもん当たり前なんだよなあ。
しかし、その「当たり前」が潜在意識の正体なのかもしれない。


話はそれましたが、完走賞として、鮭一本もらいました。

a0156548_225584.jpg


会場に「ゆうパック」サービスがあったので、魚をさばくことのできない私は、当然のように実家に送りましたよ。
発泡スチロールの中を見ることはなかったので、本当に鮭なのかどうかも怪しかったが、実家から「鮭ありがとう」メールが来ていたので、多分、本当に鮭がどーんと丸ごと入っていたのだろう。

クルマに戻って着替え、再びゴール地点に向かい、しぃさんのゴールを待ちます。

膝に不安をかかえていたしぃさんでしたが、脚をひきずりながらの激走で、見事に鮭一本!じゃなくてゴール!
いや、鮭一本でもあってるか。
しかし、しぃさん、根性あるなあ。
ワシなら、きっと棄権していたと思う。
腹を下した程度で、わたふたしていた自分がちょっと恥ずかしく思った。

そして、最後はyosiさんとも合流し、しばし3人で雑談し、解散。
yosiさんしぃさん、札幌から遠路はるばるお疲れさまでした。
帰りの運転もお気をつけください。
久々にお会いできて、本当にうれしゅうございました。

今回の別海パイロットマラソン。
走る前は、そんなに期待はしていなかったのですが、走ってみると非常によい大会でしたね。
ぶわーっとドーパミンが出てくるような興奮はなかったのですが、じわじわとセロトニンが脳内から分泌され続ける感じで、かみしめるような幸福状態がふわふわと続いていたような感じであります。
別海の大自然や、人の温かさに包み込まれた、よい大会でした。
道東に住んでいる限り、出続けたい大会ですね。
札幌在住のラン仲間の皆様も、ちょっと遠いですが、是非、一度は足を運んでくださればと思います。
例年、「札幌マラソン」と同時開催ですので、「わざわざ別海まで?」という思いもあるでしょうが、都会のマラソン大会では味わえない何かがあります。

最後に、この大会に携わったすべての皆様に、心より感謝の意を表し、今回の参加記を締めくくらせていただきます。
来年こそはサブ3.5。

ごきげんよう。

(このシリーズ終わり)
[PR]

by gossy54200 | 2015-10-21 22:35 | ランニング | Comments(4)  

Commented by しぃ at 2015-10-21 23:24 x
苦難をのりこえてのゴール、本当におつかれさまでした。そしてPB更新おめでとうございます。
私も鮭一本に固執するつもりはなかったのですが結果として鮭をもらわず帰れるか!の思いだけでゴールできました。
今回参加するまでは「なぜ別海まで」と考えていたクチですが今では別海サイコーと周りに言ってまわっています。
来年も出ましょう出ましょう…道東にいたら、飲むヨーグルトは飲まずに出ましょう出ましょう。
Commented by pen at 2015-10-22 08:48 x
PB更新おめでとうございます、グレートです!
ヨーグルトなのかカレーなのか・・・。
夏だったら脱水で棄権もあり得たかもですね、充分根性あります。
私と比べてもw
Commented by gossy54200 at 2015-10-22 21:06
>しぃさん

なかなかうまく言葉にはできませんが、本当にいい大会でしたね、別海。
ランナーの方々も、他の大会に比べると、ボランティアの方に「ありがとう」と声をかける方が多く、マナーもすばらしかったと思います。
北海道マラソンよりも長い歴史を持っているのが、なんとなくわかるような気がします。

別海のよさを、多くの方々に伝えたい気がする一方で、あんまり人が増えると、こじんまりとしたよさが薄れてくるかなあとも思っちゃったりしています。
とにもかくにも、私は来年もリピート確定ですね。
Commented by gossy54200 at 2015-10-22 21:10
>penさん

2度目のトイレの後、脱水症状が出るかなあと気になって、直後の給水ではコップ2杯分の水を飲みましたが、別に体がふらつくとかそういうことはなく、何事もなかったかのようにレースに復帰することができました。
そういう意味では不幸中の幸いでしたね。
同じようなケースが道マラで起こったらと思うと、かなりぞっとします。

そんなわけで「運」を味方につけ、来シーズンは更なる飛躍の年としたいものです。

<< 阿寒横断道路(その1) 2015別海パイロットマラソン... >>