キオークマン

中高生のころ、「中○コース」とか「大学受験ラジオ講座」の広告に載っていた、怪しい教材広告に心を奪われたことはなかっただろうか?

寝ている間でも勉強できる睡眠学習機「SLシータップ」、手のひらを乗せるだけで集中力が高まる「Drキャッポー」が代表的なところでしょうかね。
あれだけ広告をうっていた割には、私の周りで睡眠学習をしていたり、機械に手のひらを乗せている人は皆無であったわけだが。
まあ、よしんば買ったとしても、恥ずかしくて人前では見せられないよなあ。
「あー、この人、だまされてるよ、バカだねえ。もし、効果があるんだったら、世の中の人はみんなやってるわ」ぐらいの目で見られるのではないでしょうかね。

んでもって、睡眠学習機ほどインパクトはなかったが、ヘッドホンにマイクがついて、自分の声を増強してヘッドホンで聞くことによって、脳が活性化されて記憶力がUPするという「キオークマン」なるシロモノもあった。

「そんなことで記憶力がUPするわけねーだろ!こんなものはインチキだ」と思っていたのだが、とある本に、このキオークマンを絶賛する記述があったのですよね。

スーパーエリートの受験術―キミにもできる

有賀 ゆう / 鹿砦社



有賀ゆうさんという方が書いた「キミにもできるスーパーエリートの受験術」という本である。
(この本、絶版になっていて、ものすごい高額でオークションに出回っているんですよね。確かに勉強法の指南本としてはものすごく優れていると思いますが、何万も出してまで買う価値はないと思うけどね)

有賀さんは、東大の薬学部を卒業してから、更に医学部に入る(もちろん東大)という非の打ち所のないスーパーエリートで、「東大」という肩書きに弱い私としては、キオークマンについては信じてもいいんじゃないかとおぼろげに思ったものである。

でもって、睡眠学習機や手のひらを乗っける機械は、今となっては闇に葬られているようだが、なんと「キオークマン」は「ITキオークマン」とパワーアップして、まだ販売しているではないか。

オブビエイター ヘッドフォン型記憶学習器ITキオークマン 11085

オブビエイター



年を取って、記憶力が弱りかけている私としては、有賀さんの薦める「キオークマン」が本当に効果があるかどうか買ってみることにした。
コイツをTOEIC学習の切り札にしようという作戦だ。
中高時代に心を奪われた「怪しい教材」を実際に購入するという、30年越しの夢が実現したわけだ。

とても1万円以上したとは思えないチープな外観。

a0156548_23175376.jpg


いかにも怪しげな「ITキオークマン」のロゴ。

a0156548_23182947.jpg


では、実際に使ってみてどうだったか?
私としては、自分のささやき声レベルが100デシベルぐらいにガンガン増強されて聞こえるのを想像していたのだが、実際のところは

・雑音が多く、自分の声に集中できない
・マイクが短くて、口元に近づけることができず、せいぜい120%ぐらいの増強作用しかない

ひょっとしたら、これはインチキ商品なのではないかという考えが、一瞬頭をもたげたが、なんか悔しいので、英単語暗記のために気休め程度に活用している。
それなりに単語は暗記できるようになったが、きっとこれはキオークマン効果というよりは、単に何回も同じことを繰り返したという学習効果の方が大きいような気がしないでもない。
ただ、「せっかく買ったのだから使わないともったいない」と、学習時間が増えているのは、まぎれもなく「キオークマン効果」と言えるだろう。

感覚的なものよりも、具体的な数字の方が評価できると思いますので、「もし、来年3月のTOEICで800点を超えたら、キオークマンは効果あり。行かなかったらゴミ」という基準で、キオークマンの価値をはかってみたいと思います。

そんな、10年ぐらい前にブルワーカーでだまされた私。

ごきげんよう。
[PR]

by gossy54200 | 2015-12-09 23:34 | TOEIC | Comments(2)  

Commented by OTK at 2015-12-10 21:31 x
キオークマン、兄が持ってました。まだ実家にあると思います。ブルワーカーもあったし、字が上手くなるという「エーカン」もありましたが、さすがにDr.キャッポーは無かったです。当時の物の中では、「○ガーパンツ」の効果は如何ほどだったのか、気になるところです。
Commented by gossy54200 at 2015-12-10 23:04
「○ガーパンツ」も気になりますが、その手の矯正グッズで「キトー君」というキョーレツなものもあります。
どんなものかは、さすがにここでは説明できませんので、検索してお調べください。

それにしてもあの手の広告って、青少年の欲望をうまく刺激する内容で、仮に購入してだまされたとしても、訴える気力も起こらない程度の微妙な価格設定が業者の思うツボなのでしょうな。

<< 瞑想1ヶ月後 第205回TOEICテストの結果発表 >>