通勤の相棒

一時期、全く乗らなくなったMTBですが、ここ2ヶ月ほど通勤の足はMTBになっています。
(その分、ブロンプトンに全く乗らなくなった)
慣れというものは恐ろしいもので、自室の4階からのMTBの上げ下げも、さほど苦ではなくなりました。

「日常の足」という点では、これが一番しっくり来るのではないでしょうか。

a0156548_22114256.jpg


本日は日本海側では大雪となったようですが、太平洋側はまるで雪とは無縁の世界です。
室蘭や苫小牧に住んでいたときも思いましたが、本当に北海道の太平洋側の冬は過ごしやすくていいですな。
寒ささえガマンすれば、まだまだ余裕で自転車に乗れます。

とは言え、この時期の自転車は体が冷えるんで、10kmも20kmも乗ってられませんな。
私の家から会社までは片道2kmぐらいですが、行きは真っ直ぐ会社に行って、帰りはちょっと寄り道して、スーパーに買い物行って、1日5kmぐらい乗れば、もうお腹いっぱいって感じです。
手袋2枚重ねにしても、2~3kmぐらいで指先の感覚がなくなってきますな。

釧路に住み始めたころはスパイク化も検討しましたが、豪雪地帯と違って、自転車に乗れない時期は1~2月のせいぜい2ヶ月ぐらいだろうということで、諭吉さんがふっとぶタイヤへの投資と、タイヤ交換の手間を考えたら、別に無理してスパイクタイヤにしてまで乗ることもないだろうと。
2kmだったら、徒歩通勤でも余裕で行けるんで。

そんなわけで、「ひょっとしたらオフロードにも行くのかしらん」などと、少しスポーツを意識して買ったMTBですが、今となっては、完全に日常の「道具」ですね。
しかし、「道具」としてのMTBは、かなりいいと思いますよ。
段差や夜道でも、あんまりパンクに気を使わんくてすむとこがいいですね。
ただ、雨や冬は乗らんので、ディスクブレーキはいらんかったなあと、今では思いますがね。

a0156548_22251626.jpg


-3.8度のひんやりとした空気の中、15km/hぐらいでタラタラ走るジテツーもよいものです。
朝の眠気もふっとびますな。

年内までは、こんな感じでダラダラとMTBと戯れたいものですな。

ごきげんよう。
[PR]

by gossy54200 | 2015-12-18 22:30 | MTB | Comments(0)  

<< さらば釧路町プール 瞑想1ヶ月後 >>