沈まない水着ゼロポジション

2016年になっても水泳の修行は続きます。

はっきり言って、だんだん飽きつつあるのだが、少人数レッスンゆえ、サボるとめちゃくちゃ目立ってしまうので、自らプールに行かざるを得ない状況に自分を追い込んでいるのである。
月間パスポートも買ってしまったし(2260円)、元を取るぐらいは通わないとあかんよな。

12月中はほぼマンツーマンレッスン状態であったが、昨日より突如として2人の女性が現れた。
めんどくさいので、おばはん1号とおばはん2号と名づけておくことにする。
体調不良だったり仕事だったりで、12月のレッスンは休んでいたとのことだ。

1号さんも2号さんも、非常に話好きな方で、先月はただの「修行」だったレッスンが、「楽しい習い事」に変わりつつある。
何はともあれ、25mごとに2~3分程度の雑談タイムが入るので、体力的には圧倒的にラクになった。

相変わらずバタ足で苦しむ私を前に、お二方はスイスイと泳がれる。
2号さんより、「腕の動きはいいので、すぐに泳げるようになるよ」と励ましのお言葉を受けた。
1号さんは1年前は全く泳げなかったそうだが、1年間でタッチターンもマスターし、50mノンストップで泳げるようになったとのことだ。
まあ、気長にゆるく楽しくやっていきましょう。


本日は、コソ練。
年末に買った、秘密兵器をデビューさせるのだ。

ゼロポジション マスターズ 5mm厚

山本化学工業



「ものすごく浮く」という評判の水着「ゼロポジション」。
水着の厚みは1mm、3mm、5mmとあるが、初心者で脚が沈む私は迷わず5mmを選択。
現物が届いて、5mmのあまりの厚みにびっくりしてしまいましたな。
こんなにごっついものなのかと。
これだけ分厚いと、キョーレツに浮くのだろうなあと、見た目からして、ものすごく効果がありそうだ。

さすがにレッスンにこの水着を使うと、コーチにインチキしていることがバレてしまうだろうから、小心な私はコソ練用にこの水着を使うのであった。

まずはけのび、グイーン。

おお!5mラインを超えても、全然腰が沈まない。
これは絶大なる効果だ。
さすがにプルブイほどの浮力はないが、下半身が沈まない程度に水着が腰を持ち上げてくれる。

では、実際に泳いでみよう。
うーむ、年末年始でサボっていたのか、イマイチ進まない。
浮くのだが進まない。
ただ、脚が沈まないという安心感は大きいですな。

1時間ぐらい経って、ようやく感覚を思い出した。
そうだそうだ、入水は手前ではなく遠くに伸ばすんだった。
おお、いいぞいいぞ、伸びでグイーンと進む感覚。
下半身が浮いているため、水の抵抗を受けずに、2割増しでひと掻きの距離が伸びているような気がする(当社比)。

調子が上がってきたと思ったら、ゴーグルに水が入りまくる状態になってしまい、泳ぎどころではなくなってしまった。
まあ、コイツも2年使ったんだからそろそろ寿命だろう。
そんなわけで、スポーツDEPOに行ったが、どのゴーグルがよいかわからないので、なんとか選手も推薦と書かれている2000円ぐらいのゴーグルをえいやと買った。
私は有名人が推薦しているものに弱い。
昔、うっかり片山右京監修のMTBを買いそうになったぐらいに弱い。
右京監修の「UGO」自転車は今どうなっているのだろうか?
確か14インチの小径車もあったような気がする。

そんなわけで、新しい道具と共に、自転車やランシーズンが始まるまでは、コソコソと泳ぐことにします。
誰がなんと言おうが、私にとって水泳はウインタースポーツなのである。

ごきげんよう、
[PR]

by gossy54200 | 2016-01-09 22:37 | 水泳 | Comments(0)  

<< Slow and steady こんにちは2016年 >>