夕散走

冬場の平日は、ジムで汗ダラダラになりながらスピンバイクを漕ぐことが多かったのだが、春になって日も長くなってきたので、夕散走を実施。

a0156548_2342122.jpg


a0156548_2354585.jpg


やはり世界三大夕日のマチで、夕日を見ながら走らないのはもったいないだろう。
新釧路川の河川敷を、ずんどこと走ります。

a0156548_2384414.jpg


河川敷には「幸福の原風景」がある(漫画「じこまん」のパクリ)。
惜しむらくは、この道サイクリングロードじゃないんで、クルマがそこそこ走ってるんだよね。
狭い道なのに。

a0156548_23121146.jpg


a0156548_23122494.jpg


a0156548_23123882.jpg


湿原越しに見える沈みゆく夕日のなんと美しいことよ。
今年はこういう風景をもっと堪能していきたい。

a0156548_23151525.jpg


釧路湿原マラソンのコースでもある湿原横断道路から、サイクリングロードに入ります。

a0156548_23153234.jpg


鶴野パーキングから通行止めだったサイクリングロードも全面開通した。
と言うか、もっと早く通せよ。

a0156548_23161866.jpg


夕日を堪能した後は、月に向かって走る。

サイクリングロードは、ながらスマホの女子高生ママチャリや、無灯火自転車がうようよしていて気が抜けない。
逆方向から来た、ながらスマホチャリに「びっくりした」と言われたが、これはそっちのセリフである。

しかし、こういう雑多性がサイクリングロードのよさでもある。
サイクリングロードにおけるスポーツ自転車は、一般道における乗用車みたいなもんだと思うので、歩行者やママチャリの言動に腹を立てたところでしょーがない。
一般道で事故を起こしたらクルマが悪者になるのと同じように、サイクリングロードで事故を起こしたらスピードの出るスポーツ自転車が悪者になるのである。
サイクリングロードにおいて、スポーツ自転車は歩行者、ランナー、ママチャリの邪魔をすべからずと思うわけですね。
交通弱者を守るという観点から。

平日1時間ぐらいの夕散走でも、十分満喫できますね。
だいたい20kmちょっとと、晩飯前の腹ごなしにはちょうどよい。
と言うか、来月から始めようと思っている朝散走コースの下見のつもりで走ったのだが、これは夕散走を日常的に行った方が満足度が高そうだ。
早起きしなくて済む分、習慣化しやすそうだし。

そんなこんなで、動かない自転車よりも、自然を感じながら走った方がじこまん度は高いというお話でした。

ごきげんよう。
[PR]

by gossy54200 | 2016-04-22 23:33 | MTB | Comments(0)  

<< ニューアース7回通読完了(その1) どら焼き食べに阿寒 >>