2016北海道マラソン参加記(その6)

その1 その2 その3 その4 その5

《ゴール後》

あまりにお約束過ぎて書くのもはばかられることですが、一応書いておきますと

「家に帰るまでが北海道マラソンです」

ということで、ゴール後の様子をだらだらと。

a0156548_21470764.jpg

完走タオル、完走メダルをもらいます。
完走メダルは毎年同じデザインで、いい加減飽きてきたのだが、今年は30回記念大会ということで、特別なデザインです。
もし、これで来年のメダルが、このデザインと同じで、数字だけ「31」に変わってるってなってたら、プレミアム感ゼロなのだがな。

ふと、ゴール地点に目をやると、あら、どこかで見たことのある方が。
なんとsiro_pugさんではありませんか!
お会いするのは何年ぶりぐらいになるのだろうか。

siro_pugさんは、ハーフマラソンのタイムは私よりも圧倒的に速いので、今回は先着できないと思いましたが、脚攣り後半失速パターンだったようです。
知らないうちに私、抜かしていたのですね。
ただ、siro_pugさんは「くまモンに抜かされたのは覚えている」とおっしゃっていましたが、そのくまモンが私だとは気づかなかったようで。

色々大変だったようですが、siro_pugさんも自己ベスト更新おめでとうございます。
気象条件が良ければサブ3.5は行けると思いますので、秋の更なる記録更新を願ってやみません。
またどこかのマラソン大会でお会いしましょう。

せっかく札幌まで来たのだから、ここで普段会えない知り合いのランナーのゴールを待つのが筋のような気もしますが、すいません、私はすっかり精も根も尽き果ててしまい、一刻も早く風呂に入ってさっぱりしたい心境だったのだ。
荷物を受け取って、着替えもせずに、札幌駅方面へとテクテク歩きます。

ゼッケンも外さずに、完走メダルぶらぶら首にかけながら歩いていると、知らないおばはんに、「あら、完走おめでとう」なんて声をかけられ、ちょっと恥ずかしかったりして。
とりあえず、メダルだけはしまって、さらにふらふらと歩きます。

風呂はニコーリフレでもよかったのだが、どうせなら自己ベスト更新を祝ってリッチに行こうと、JRタワーのスパに行きます。
2900円という強気の料金設定にも関わらず、道マラのランナーでめちゃくちゃ混んでいましたよ。
混んでるのはいいんだけど、ロッカーの割り当てはもうちょい考えてほしかったな。
道マラ組が一箇所にごちゃっと固まっているのはどうかと思った。

風呂が気持ちいいのはもちろん、サウナの後の水風呂が最高であった。
私は湯船なんかなくても、サウナと水風呂があれば幸せなのであった。
あと、水風呂入った後に休憩するプラスチックの椅子があれば完璧。

でもって、風呂上りのリクライニングチェアのある休憩所はありがたい。
スーパー銭湯や日帰り温泉の大広間で寝っころがるのもいいが、健康ランドのようにリクライニングチェアがあると、私の中でプレミアム感が高まるのであった。
ああ、極楽、極楽。

あまりの極楽加減に、そのまま寝ていたいような気もしたが、帰りのバスもあるので、1時間ぐらいで退散することにした。
さようなら、JRタワーのスパ。
ただ、私にとってはあまりに高級すぎた。
ニコーリフレのような「おっさん天国」の雰囲気が漂うところが私は好き。

食べるもの考えるのも面倒だったので、ふらふらさまよっていたらたまたま目についたアピアのよし乃でみそチャーシュー。

a0156548_22282141.jpg
胃やられていて、こんな脂っこいもの食えるかと思ったが、意外とするする食べることができた。
というか、大盛でもよかったぐらいだ。
うむ、うまかったうまかった。
ごちそうさまでした。

なぜ札幌まで来て、旭川ラーメンを食う必要があったのかという気がしないでもないが、旭川ラーメンも釧路では食えないものだから、それはそれでいいだろう。
大事なのは、普段食えないものを食うということだ。

ラーメンを食ってすっかり満足して、高速バスで釧路に帰るのであった。
フルマラソンの時間4時間弱。
バスの乗車時間は5時間強。
マラソンのようにしんどいバスの旅なのであった。

んで、無事に釧路に到着して、翌日も普通に仕事をして、火曜日までは筋肉痛に苦しんだが、水曜日には道マラの余韻は私の頭の中から消え去り、何事もない日常が始まったのであった。
道マラ完走の余韻で、一週間は幸福に満たされる時期はとっくのとうに過ぎ去ったことに、どことなく寂しさを感じるのであった。

《反省会》

まずは装備関係

・いらんかったもの
 スポーツようかん
 ひざのテーピング

持ち物は多すぎました。
ジェルは5個持って行きましたが2個余しました。
スポーツようかんは全く手をつけていません。
あと、錠剤やあめ玉は袋破ったりするのが手間なので、あらかじめジップロックのようなものに入れておいた方がいいかもしれません。

・役に立ったもの
 アンダーアーマーヒートギア

暑い夏マラソンで、Tシャツの下にインナーなんていらんだろと思われるかもしれないが、こいつがいい仕事をしてくれた。
インナーが汗を吸い取ってくれるおかげで、Tシャツが汗でべちゃべちゃすることなく、快適快適なのであった。
高校球児がくそ暑い甲子園で、長袖のコンプレッションウェアを着るのがわかるような気もする。
あと、この手のコンプレッションウェアは乳首擦れ対策にもなってよい。

・微妙なもの
 ファイテン足王

走っているうちは特に何も感じることはなかったが、気がつけば、小指の爪がお亡くなりになってしまいました。
Amazonのレビューにも書かれていましたが、足指が短く作られているようですね。
痛いとかそういうことはないんですが、次のフルマラソンで使うかと言われればビミョー。

練習内容とか、今後の計画とか

・練習内容

トレッドミルやめて、外走りに切り替えたのはよかったと思います。
キロ5分ペース走で、ペース感覚をつかめたのは大きかったかなあと。
30km走はもっと取り入れるべきだったか、それとも疲労を考えてあんまりやらんくてよかったかは、現段階では何とも言えず。
7月までサボっていた割には走れたような気がします。
何回か美幌対策でやっていた「ひとりデュアスロン」が、フルマラソンに効果があったかどうかは不明。
30km走よりは脚に対するダメージは少なく、かつフルマラソンの35km過ぎのような疲労感が味わえるという意味では、悪くないトレーニングだったかもしれない。
しかし、着地衝撃に対する着地筋を鍛えるという意味では、おとなしく30km走やっとけばよかったという気がしないでもない。

・今後について

道マラ終了後は、目標タイムに達することができなかったことが悔しく、11月の「作AC真駒内マラソン」でリベンジだ!と燃えていたのですが、日が経つにつれて、そんなことはどうでもよくなり、当初の計画通り、今年のフルは道マラ一本で終わりにします。
来年は道マラでサブ3.5、別海でサブ3.15なんて決められたらかっこいいのでしょうが、そうもうまくはいかんでしょう。
とりあえず、2013年から毎年、自己ベストを2~3分刻みで縮めていますので、来年も無理なく怪我なく3時間39分ぐらいでフルを走れれば、それでいいんじゃないかなあというような気がします。

ちょっと最近、福澤潔さんの本の影響受けているんで、しばらくは福澤さんの本に書いてあるように、「辛い練習は絶対にしない」の方針で、月150~200kmぐらい来年の春までダラダラペースで走って、基礎的な走力を落とさないような方向で行ければいいのかなあと。

「3時間切り請負人」が教える! マラソン<目標タイム必達>の極意 (SB新書)

福澤 潔 (ミズノランニングクラブ監督)/SBクリエイティブ

undefined


まあ、そんなこんなで、今年の目標レースも終わったので、今後は自転車遊びやプール通い(というか9月になってすっかりプール中毒になっている)にうつつを抜かして、テキトーに過ごしていきたいと思います。

ごきげんよう。

(このシリーズ終わり)

[PR]

by gossy54200 | 2016-09-13 23:31 | ランニング | Comments(10)  

Commented by pen at 2016-09-14 22:42 x
よし乃のみそラーメンおいしそうですね。
私らはてつやでした^^;
ラーメンっておいしいですよねー(私はむくむけどw)
 またごしさんの行動に刺激を受けつつがんばります^^
Commented by siro_pug at 2016-09-16 11:40 x
道マラお疲れ様でした!
お声掛け頂き数年振りにお会い出来てとても嬉しかったです!
くまモンスタイルのごしさんの周りウロウロしてて気づかなかったのは自称ごしマニアとして痛恨の極みです(T ^ T)
またどこかでお会いできるのを楽しみにしております( ´ ▽ ` )ノ
Commented by gossy54200 at 2016-09-18 22:08
>penさん

脂っこいラーメンは食べられないかなあと思いましたが、意外とするする入るものですね。
旭川細麺のみそも悪くないものです。
今シーズンのスポーツイベントは道マラで終わりですので、これから来シーズンに向けて体がなまらないように気をつけていきたいものです。
penさんの札マラでのご健闘をお祈りします!
Commented by gossy54200 at 2016-09-18 22:16
>siro_pugさん

らくまかユニは目立つのですぐにわかりましたよ。
新川通でtoneさんとすれ違ったのもユニでわかりましたし。
そんならくまかユニのデザインが好きな私。

と言いながら、後ろ姿はさすがに気づかなかったです。
まだまだらくまかユニの後ろ方向からの研究が足りませんね。

秋の大会でのますますのご活躍を願います。
ハーフのタイムは全然勝てないので、せめてフルではpugさんに記録を抜かされないように精進していきたいものです。
Commented by bosmin_iv@yahoo at 2016-09-19 20:11 x
はじめまして。
マラソンや自転車の記事など楽しく読ませていただいてます。
北海道マラソン、お疲れ様でした!
そしてネットタイム3時間40分切り、おめでとうございます。

僕は今回の北海道マラソンには出場しなかったのですが(カメラ持って観戦してました)、フルマラソンはだいたい3時間50分くらいで走っているので(Gossyさんには及びませんがタイムが近いこともあり)、Gossyさんの挑戦や走っているときのことが何となく分かる気がしましてついコメントさせていただきました。
僕ももう少しタイムを縮めていきたいと思っているのでちょくちょくGossyさんの記事を参考にさせていただきます。
次のマラソンの記事も楽しみにしています!
これからも頑張ってくださいー!
Commented by gossy54200 at 2016-09-19 22:18
>bosmin_ivさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
正直、今年は美幌メインで、道マラはおまけぐらいに考えていたのですが、美幌が中止になったため道マラに全力投球せざるをえませんでした。
ただ、美幌が中止になって、疲労のない状態で臨めたので、自己ベストが出せたのだと思います。

記録ももっと早いタイムが出せればいいのですが、まずは怪我なく楽しくをモットーに、ちょびっとずつタイムを縮められればと思いますね。
来シーズンは釧路湿原30kmをステップレースにして道マラ→別海と考えています。
これから共に頑張っていきましょう!

今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by bosmin_iv at 2016-09-22 23:03 x
おおっ、返信ありがとうございます。
これからもお互い怪我なく楽しく続けていきましょー!!

今年のビホロは中止になってしまい残念でしたね・・・。
僕は今年のビホロにはエントリーしてなかったですが、実は去年ビホロ100kmに出ましたよ!
自転車の大会に出るのは初めてでしたがとても楽しかったので~、大会後にいろんな人のレビューやブログを読んでいてGossyさんのブログにたどり着いたというワケです。

後から分かったのですが、自転車を停める位置がGossyさんの斜め向かいでした(デジカメで自分の自転車を撮ってたらGossyの自転車も写ってました)。ナンバーが1番違いだったかな。黒のマウンテンバイクで参加していたのですが、Gossyさんの記事によると途中でGossyさんに抜かれています~。

またそのうち(2018年くらい?)ビホロ100kmにエントリーしようと思っているのでお会いするかも知れませんが、そのときはよろしくお願いしますー!(同じマウンテンバイクで参戦すると思います~。)

僕は今年・来年とトレイルランに時間をかける予定!他、フルマラソンはまだ出たことない函館マラソンに出たいなー、と。
Commented by gossy54200 at 2016-09-25 21:38
おお!あのMTBの方でしたか!
インパクトがありまくりでしたので、覚えていますよ。
OTKさんのブロンプトンの他にも、こんなツワモノがいたのかと(笑)
そうです、私と番号近かったので、バイク置き場でも注目していたのですよね。
また、ビホロでお会いできればと思います。

私は夢であるトライアスロン挑戦を目指して、9月から狂ったようにプール通いをしているのですが、なかなか進歩しませんね。
できれば来年にはオリンピックディスタンスデビュー!と行きたいところですがね。

トレランも興味はありますが、怪我が怖いのと、どういう練習をすればわからないということから、二の足を踏んでおります。
Commented by bosmin_iv at 2016-09-27 18:38 x
こんばんは。覚えていていただきありがとうございます!
僕はツワモノではなくただの凡人なのですが、昨年は、札幌→朝里峠→定山渓→真駒内→豊平川→札幌、というようなコースで練習してビホロに臨みましたよー。
あのマウンテンバイクはかなり古いですがもらったモノなので大事にしてます。ロードを走るにはもったいないくらい頑丈ですね。フロントフォークのサスペンションなんて僕にはオーバースペック・・・。

トレランですが、先日9/25、ルスツ80kmに出場し撃沈しました。ルスツ80kmはレベルが違いすぎ!70km直前の関門で切られました・・・。結構悔しかったのですが、関門が厳しすぎてリベンジして何とかなりそうなレベルではありません。ルスツ80kmを完走された7人こそがホンモノのツワモノです(バケモノ、またはヘンタイとも言います)。そのうちのひとりに聞いたところ、月400~500kmの走りこみ、フルsub3、サロマウルトラsub9、ですって・・・。
どういう練習をすれば・・・、とかいう問題ではなさそうな気がしてきました・・・。

プールでのトレーニング、いいですね!関節を痛めずにバランスよく筋力・心肺機能高められそうです。トライアスロン、頑張ってください!!オリンピックディスタンスと言わずアイアンマン・ジャパンなんでどうでしょう・・・?
Commented by gossy54200 at 2016-09-27 21:24
美幌のコースは獲得標高はそうでもないですが、細かなアップダウンがあるので峠練習は有効だったのではないでしょうか?
フロントのサスペンションは、舗装路走るなら確かにない方がいいですね。
MTBであれだけ走れるのを目の当たりにすると、クロモリロードごときで「重い」などと文句は言えないですね。
もっと今のバイクで精進していきます。

トレランで80kmなんて、もはや想像すらできません。
私の知り合いでフルサブ3.5の人が10kmのトレランに挑戦したのですが、「トレラン舐めてた。10kmでも滅茶苦茶辛い」と涙ながらに語ってましたので、私の中で「トレラン=ドM」という公式が成立してしまいました。
話を聞くと、足元の不安定な下りで怪我するのが怖いですね。
もっとも好きな方にとっては、そういうところがトレランの魅力なのでしょうけど。

プールは限りなくカナヅチに近いところから、3年ぐらいかけて50mはラクに泳げるようになりました。
プールがすいていて、ひとりで1レーン占領できるときは、どこまで連続で泳げるかチャレンジするのですが、今のところ400~500mぐらいで限界が来ちゃいますね。
ただ、25mで40~45秒と遅すぎるので、今は他のプール利用者の迷惑にならないように、初心者コースを中心にクラゲのようにプカプカ浮かんでいるレベルです。
スイムさえできれば、トライアスロンもミドルまでだったら何とかなると思うのですがね。
まあ、あせらずにボチボチやっていきます。

<< ベイスターズCS進出記念ラン 2016北海道マラソン参加記(... >>