冬ラン2016開幕戦

北海道内では雪の少ない釧路でありますが、一旦積もると10cmぐらいの雪でも気温が低いんで溶けないんですな。

んなわけで、自転車シーズンは閉幕をむかえ、最近サボりがちのランニングで体を動かすことに。
この日の釧路は最高気温が7.2度と暖かく、上下ウインドブレーカーでは汗ばむほどでしたが、非常に風が強く、風速10m/sクラスの向かい風がやってくると、汗が冷えてガタガタブルブルしておりました。

a0156548_21085295.jpg
幣舞橋から、冬の釧路川。

a0156548_21085815.jpg
釧路川河川敷はランニングにちょうどいいですね。
どうして河川敷をランニングしたり、サイクリングするのは、普通の道路に比べて30%は気持ちよさがUPするのだろうか。
問題はこの素晴らしい河川敷に来るまでに、5kmぐらいあることなのだが。

気温が高めで雪はシャバシャバで走りにくいが、トレッドミルよりはマシですね。

a0156548_21090378.jpg
日の光で川の水がキラキラ光っておりました。
こんなにいい道なのに、人がほぼいないというところも、私の孤独属性を刺激して、また心地よい。

河川敷を走るのはほんの2.5kmで、残りの10.5kmは信号もたくさんあって、それなりに苦行なのであるが、それでも運動公園周回コースよりは、こっちの方が好きかな。
港町釧路の魅力がつまっているようで。

トレッドミルで、そこそこ走りこみはしていたつもりだが、久々の実走だとキロ6分ペースが手一杯ですね。
雪道のハンデがあるにしても、道マラ時に比べ、明らかに走力は落ちているのであった。

冬の柔らかな日差しの中、13kmのジョグを満喫しました。
寒いからと言って室内に逃げずに、週に1~2回は外に出たいものだね。

ちょっとコーチャンフォーで、みやすのんきの新刊が出ていたので立ち読みしてみた。
雪が降ってからは片道2kmの徒歩通勤なので、歩き方も研究したいところ。
kindle版が出たら購入しようかしら。

あなたの歩き方が劇的に変わる! 驚異の大転子ウォーキング

みやす のんき/彩図社

undefined


あと、アリーナでの室内ラン用に、こんなものも投入してみようかと計画中。

[無敵]MUTEKI 【ランニング足袋】伝統職人の匠技が創り出すランニングシューズ《008-muteki-サックスブルー》

null

undefined


ま、オフシーズンは色々と試しながら、3月の名古屋に向けて、ちょびちょびと調子を上げていきたいと思います。

ごきげんよう。

[PR]

by gossy54200 | 2016-12-18 21:27 | ランニング | Comments(0)  

<< ブール2016閉幕戦 ジャストライドで見直す自転車生活 >>