体幹トレ始めます

2017年の箱根駅伝も青山学院大学が圧倒的な強さでV3を達成しました。
でもって駅伝の終わった1/3に本屋に行くと、「青トレ」なる興味深い本を発見してしまった。

青トレ: 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ

原 晋,中野ジェームズ修一/徳間書店

undefined


この本の存在は前から知っていたのだが、やはりテレビで青山学院大学のランナーの圧倒的な強さを見た後ではインパクトが違う。
このトレーニングをすれば、私の足はみるみる速くなり、今年中のサブ3.5、いやサブ3も十分可能なんじゃないかと、おめでたい気分にうかれながら立ち読みした。

立ち読みして、ちょっと冷静になったところ、この「青トレ」に紹介されているような体幹トレーニングの本を買って、しばらくほったらかしにしていたことを思い出した。
「青トレ」に手を出す前に、今あるものを生かすべきじゃないかとふみとどまり、本は買わずに家に帰って、多分1年以上ぶりぐらいに、「長友佑都体幹トレーニング20」を開いた。
付属のDVDは開封すらされていないありさまであった。

長友佑都体幹トレーニング20

長友 佑都/ベストセラーズ

undefined


なぜサッカーにはひとつも興味のない私が、この本を買ったのか、今となってはわからない。
わからないが、とりあえずあるものは利用しようということで、DVDをセットして、腹筋や背筋をメインとした20のトレーニングに手を出してみることにした。


《感想》

こんなキツイものやってられるか!


そうなのだ、私が思っていたよりもはるかにキツイのであった。
ダンベルとか重いものを使わないトレーニングなので、大したことはないだろうと思っていたが、20のうちの3つぐらいで、早くも腹筋は崩壊しそうになった。
1つのトレーニングは「初級5回、中級10回、上級20回」となっており、「俺は中級者レベルだから、10回は余裕だろう」と、最初の方のトレーニングはまじめに10回こなしたが、途中から心を入れ替え、「初心忘るべからず」と初級の5回に回数を減らし、更には20のトレーニングのうち、10をこなしたところでギブアップしてしまったのであった。
まあ、残りの10個は明日やればいいだろう。
「明日できることは明日やろう」が私の人生のモットーなのである。
明日になったら筋肉痛でトレーニングどころではないような気がするが。

ちなみにこの手の本は、DVDがついていると、全然理解度が違いますね。
多分、しばらくほったらかしにしていたのは、写真だけだとイメージがわかずに、どうやっていいかわかんないからやーめたってなったんじゃないかな。

上に紹介した「青トレ」はkindle版も出ていて、ちょっと安くなってるけど、写真だけではわかりにくいので、DVDのついた紙の本買った方がいいんじゃないかな。
というか、DVDやCD付きの本をkindleで出すのは、正直やめてほしいんだがな。

今の感触では、明らかに「体幹トレすぐやーめた」ってなってしまいそうな勢いなので、こうしてブログに公表することで、ちょっとでもモチベーションを上がればと思い書いてみました。
こういう地味で結果が目に見えにくいトレーニングは、続けるのに精神力がいりますね。
まあ、ひとつひとつのトレーニングはそんなに時間がかからないものなので、気が向いたときにダラダラとやっていきます。

目指せ、シックスパックの腹筋。

ごきげんよう。

[PR]

by gossy54200 | 2017-01-08 22:32 | ランニング | Comments(0)  

<< ハワイに行って人生観が変わった DUO3.0を聞き流す日々 >>