MTBツアー in HAWAII(その2)

その1

んなわけで、MTBツアーは始まります。
最初はちょっとしたダート道をダラダラ走る感じ。
ただ、一か所ダート道から外れて、「何じゃこりゃ!」って感じの不整地の下りがありましたがな。
ええ、もちろん私はMTB押して歩きましたよ。
こんなところで怪我するのもバカらしいし。

畑っぽいところに出ます。

a0156548_20045697.jpg

この畑が何の畑なのか一生懸命説明していたが、オールイングリッシュの説明で、私にわかるわけもなく。

a0156548_20065421.jpg

この木は多分パパイヤであってると思う。

a0156548_20075257.jpg

なんかよくわかんない植物。

a0156548_20083580.jpg

ガイドさん(右)と、ガイドさんの話に耳を傾けているフォーリナーたち。
いいなあこの人たち、ガイドの言ってることわかって。
多分、このときの私は、畑のことなどどうでもよく、「ああ、いい山だなあ」とかそんなことを思って写真を撮っていたのだと思う。

a0156548_20112325.jpg

さすがにバナナぐらいは私でもわかる。
と言うか、バナナって台湾やフィリピンのイメージがあったのだが、ハワイでも栽培されているのね。
念のため説明しておくと、写真左にある房がバナナの固まりである。

a0156548_20131279.jpg

なんかの映画に使われたモアイ像。
何の映画かは知らない。
この像をここまで運んでいくのに、かなり苦労したらしい。

a0156548_20145576.jpg

ジュラシックパークのロケ地。
見たことないから、イマイチ感動がこみ上げてこない。
これを機会にレンタルで借りて見ようかしら。

映画「ゴジラ」で使われた、ゴジラの足跡は「おーっ」と思うものがあったが、なぜか写真におさめていない。
こういう残念なところが、私らしくてよい。
ちなみにゴジラの足跡は、「ここに隕石が落ちましたよ」と言われても納得できるような、立派な穴ぼこであった。

ハワイって、色んなところにニワトリがいるんだよなあ。

a0156548_20184114.jpg

日本で野良猫を見かけるのと同じぐらいの頻度で、「野良ニワトリ」があっちゃこっちゃにいる。
関係ないが、ハワイにいるとニワトリの鳴き声が「クックドゥードゥルドゥー」と聞こえるような気がするが、同行者にそのことを指摘すると、「いや、日本と同じコケコッコーでしょ」と全く相手にされなかった。
どうやらニワトリ語は万国共通のようだ。
オバケのO次郎の「バケラッタ」みたいなもんだろう。

a0156548_20232963.jpg

ここも何かの映画のロケ地だったようだが、何の映画かは知らない。
せっかくの映画のロケ地巡りなのに、事前予習がゼロで、「あー、この映画のここね」って場面がゼロだったのが極めて残念だった。
どうして映画も見てないのに、こんなツアーに参加したんだ?

a0156548_20254605.jpg

ビーチからの海もいいが、ちょっと高いところから見下ろす海もよい。
ただ、ハワイの海はもっとキレイだってイメージがあったから、「ああ、こんなもんか」ぐらいにしか思わんかった。
これなら佐渡の海の方が期待値が少なかった分、よりキレイに感じたかなあ。

そんなわけで、MTBツアーは、子供とか普段MTBに乗らない初心者の方でも楽しめるようにということで、丸太越えとかドロップオフとかそんなものは一切なく、映画のロケ地を砂利道を進みながらゆるく楽しみましょうという感じのものだった。
自転車に乗った時間は正味1時間半ぐらいかなあ。
送迎とかの時間で、拘束時間は6時間ぐらいあったけど、これで125ドルは正直「うーん」って感じだね(一応昼飯もついていたが)。
これだったら、適当なところでレンタサイクルを借りて、自由に海沿いとかを走った方がよかったような気がする。

私の感覚では、125ドルのMTBツアーより、無料の散歩の方がよほど楽しかったなあ。
お金をかけないで物事を楽しめるのが私の才能なのである。
というか、逆にお金をかけると「元を取らなきゃ」と思って、余計楽しめなくなる骨の髄から貧乏性の私。

老後はハワイに移住して、日本人相手にサイクルツアーコンダクターになるのもいいかなあと、現実的でない妄想を抱く結果になった、今回のMTBツアーなのであった。

Mahalo~♪

[PR]

by gossy54200 | 2017-01-28 20:42 | MTB | Comments(0)  

<< ハワイいろいろ MTBツアー in HAWAI... >>