灼熱の阿寒湖往復

「一度ぐらいは100km以上乗っとかないとなあ。今月はこの日逃したら、もう遠出できる日ないし。」
などと思ったのが運の尽き。
この日の阿寒湖畔は予想最高気温34度と、自転車なんか乗っている場合ではなかったのであるが、男は一度やると決めたことは最後までやらねばならぬ。

100km越えは久々だったので、「頑張らないこと」「バテないこと」をテーマに。
ボトル2本体制で気合を入れていきます。

最近読んだ村山利男さんの「ヒルクライムトレーニングの極意 50歳からでも速くなる!」に触発され、今回は心拍計を用いてトレーニング。
村山さんはパワーメーターを使わず心拍計でトレーニングしており、「心拍計だけでも強くなれる」とのことです。
まあ、彼のトレーニングは「毎朝4時に起きて110km走る」など、とても常人にはマネのできないものですが。

ヒルクライムトレーニングの極意 50歳からでも速くなる!

村山 利男/SBクリエイティブ

undefined


a0156548_09245549.jpg

せっかく手首で心拍を測れるガーミン235Jを買ったはいいのだが、さすがに手首にガーミンつけてると心拍のチェックがやりにくいので、胸ベルトつけて、ハンドルにガーミン本体を巻きます。

最初のうちは追い風で順調でしたが、阿寒に入った辺りで早くもバテてきました。
明らかに釧路市街とは空気の質が違っていて、もあっとした空気でした。
水分補給や補給食が追っつきません。
国道240号線に出てから阿寒湖までは、緩やかな上りなんですが、峠を上っているかのような消耗具合でした。
「3日前に熊が出た」なんて看板もあって、この地は交通量の多い国道とはいえ、安心して自転車を走らせることもできんのだな。

ボトル2本を空にして、阿寒湖畔のセブンイレブンで飲み物と補給食を買い込み、3時間かけてようやく阿寒湖畔へ到着。
ここまで70km。

a0156548_09321880.jpg

涼しげな風景ではありますが、この時点ですでに31度。
釧路民にとっては地獄のような暑さであります。

a0156548_09341189.jpg

ベンチに座って遊覧船を見ながら食べた「チョコようかん」のうまかったことよ。
セブンイレブンのチョコようかんは、普通のようかんに比べるとちょっと高いけどおすすめです。

さて、阿寒湖畔で特に何をやるというわけでもなく、そのまま引き返します。
こっから阿寒市街まではほとんど下りで楽チン。

楽チンと言えども暑いものはとにかく暑く、途中のアイス屋で補給するか。

a0156548_09384998.jpg

よーし、ソフトクリーム食うぞ!食うぞ!食うぞ!

a0156548_09394007.jpg

こんな大事なときに閉店してんじゃねえ!

軽い絶望を覚えたが、閉まっているものは仕方がない。
こっから10kmぐらい離れた道の駅までソフトクリームは我慢しましょう。

a0156548_09451981.jpg


道の駅で念願のソフト。
ここまでの110kmライドと250円で味わえるささやかな幸せ。

んでもって、阿寒市街に入ってから、セブンイレブンで補給。
コンビニは冷房がガンガン効いていて、妙に混んでいた。
この地域の人は家庭にエアコンなどないので、みんな涼みに来ていたのだろうか?

イートインスペースで食う冷やし中華がんまい。
栄養的にはもっとスタミナのあるものを食った方がよかったような気がするが、バテると冷たいもんしか食う気にならんでなあ。
このまま外が涼しくなるまでイートインスペースにずっといたかった。

しかし、34度の外の世界に出ないことには帰れないので、勇気を振り絞っておもてに出ましょう。
息をするのも苦痛なぐらいな熱気でしたが、つべこべ言わずに釧路市街に向かってペダルを回すしかありません。

阿寒を抜けて、ようやく気温が下がってきたと思ったら、今度は向かい風攻撃。
世の中うまくは行きません。
全力で漕いでも20km/hぐらいしか出なくてもうやになっちゃうわ。
最後の方は前傾姿勢が取れず、ブラケットポジションも遠く感じるぐらいにバテバテでしたわ。

a0156548_09544130.jpg

バーテープは剥がれるわ、エンドキャップは落っことすわ、ボロボロだわ。

a0156548_09560049.jpg

阿寒は釧路市内に入れちゃあダメでしょ。
釧路市街と最高気温が10度ぐらい違うんだもんなあ。
なんでこんな日にロング出かけようと思ったんだろうねえ。

もう今シーズンの夏は十分満喫しました。
明日から最高気温がマイナス10度になっても、私は一切文句を言いません。

a0156548_10004064.jpg

休憩時間も入れて7時間半のダラダラライドでした。
美幌の暑さ対策にはなったのではないでしょうか。
昨日行われた皆生のトライアスロンでは、これと同じぐらいの気温で、これより坂の多いコースで140km自転車に乗ることに加え、3kmスイムとフルマラソンすることを考えると気が遠くなりそうです。

a0156548_10015175.jpg

大体最大心拍の70%ぐらいと、ちょうどキツ目のいい有酸素運動だったのではないでしょうか。

灼熱の140kmライドではありましたが、雨の中600キロブルベに参加されている方々にとっては、こんなものは生ぬるい部類に入るのでしょうなあ。
知り合いにすごい人がいると、感覚がおかしくなってくるものです。

ごきげんよう。

[PR]

by gossy54200 | 2017-07-17 10:15 | ロード | Comments(0)  

<< バーテープ巻いたり西港ぐるぐる... 2017なかしべつ330°開陽... >>