アシックス スカイセンサーグライド4を買いました

別海でサブ3.5を達成した自分へのお祝いに、ニューシューズを買ってあげてもいいんじゃないかなという気がしました。

ナイキのスピードライバル5は、名前通りキロ4分台のスピードでびゅんびゅん走るにはいいのですが、フルで使うにはちょっと衝撃が大きいかなあと。
とは言え、練習用のアシックス ゲルフェザーグライド4は、スピードライバルに比べて重たいし、イマイチ反発力が弱くてレースで使うには物足りない。
私の評価としては、ゲルフェザーの方が走りやすいが、スピードライバルの方が速く走れるというところです。

a0156548_20271879.jpg

上のアシックスのシューズチャートを見ると、ピッチ走法ではターサージールよりも、スカイセンサーグライドが向いているということなので、あまり深く考えずにAmazonでポチッと。
多分、持っているゲルフェザーグライドと同じサイズで大丈夫だろうと、試し履きもせずに勢いで買っちゃいました。

a0156548_20324653.jpg

アシックスのシューズは、ナイキやアディダスと比べると、デザインが残念です。
この不自然なツートンカラーはいかがなものかと。
まあ、しかし、デザインで走るわけではないので、これはこれでいいでしょう。
問題は実際に走ったときの感触です。

a0156548_20353217.jpg

日本のメーカーらしく「翔走」などと刺繍がありますが、メイドインベトナムです。

a0156548_20375124.jpg

ゲルフェザーグライド同様にフラットソールです。
ガンガンピッチを稼ぐ私のスタイルでは、このソールが切り札になるに違いない。

早速走ってみました。
雨が降っていたので、「湿原の風アリーナ」で室内ランです。
買ったばっかりのシューズを汚したくないので、むしろ室内デビュー望むところです。

最初履いた感触は、「ゲルフェザーグライドに比べるとちょっと固いかなあ。アディダスのmana7っぽい感じかなあ」。
数歩歩いた感触は、「ターサージールを試し履きしたときは、最初の一歩から弾むようなワクワクする感じがあったが、いたって普通かなあ」。

などと、足を入れたときは、そんなにいい感触はなかったのですが、まあ、つべこべ言わずに走るのだ。


これはいい!すごくいい!


正に、スピードライバルとゲルフェザーグライドの長所を合わせ持った、私にとってドンピシャのシューズです。
スピードライバルの軽さと反発力に、ゲルフェザーグライドの安定性が加わった感じです。
最初はキロ5:30ぐらいで走っていましたが、シューズの方から

Hey!ボーイ、このシューズの本気はこんなもんじゃないぜ!もっとスピード上げてみな!

と挑発されるような感じがあり、グングンとスピードが上がっていきます。
キロ5:00、キロ4:30とスピードを上げるにつれ、私の中のドーバミンがどばどば出てきて、走るエクスタシーを味わえました。

やるじゃないか、スカイセンサーグライド。
ターサージールに比べて、あんまりインプレ記事もないし、量販店でも売っていないので「どうなのよ?」と思うところもありましたが、ピッチ走法で、フルの後半の衝撃が辛く感じる方にとっては、ターサージールよりもこっちの方がいいのではないでしょうか?
実際に、これでフルを走ったわけではないので、ここで断言するわけにはいきませんが。

つくばの勝負シューズはこれで行きましょう!
来月の30km走で、長距離特性を試してみたいものです。

ごきげんよう。

[PR]

by gossy54200 | 2017-10-22 21:07 | ランニング | Comments(0)  

<< 2017別海パイロットマラソン... 2017別海パイロットマラソン反省会 >>