つくばに向けて炎の32km走

なぜかよくわかりませんが、昔、熱さをあらわす形容詞として「炎の」ってのが、よく使われていませんでしたか?
ゲームセンターあらしの必殺技「炎のコマ」とか、島本和彦のマンガの「炎の転校生」とか。
あと、巨人の星で、星飛雄馬が意味もなく、よく目ん玉から炎を燃やしていましたよね。

そんなわけで、本日は文化の日でありましたが、私は昭和の体育会系のノリで、別海以来の「炎の」ロング走をダラダラとやっておりました。

a0156548_23054663.jpg

a0156548_23061163.jpg

運動公園の一周約3.3kmのランニングコースを約10周して、気合の32km走です。
ペースは久々のロング走だし、キロ5:20ぐらいでいいかと思いましたが、最初の1kmが5:01、次の1kmが4:46と、レースペース並みの速さで突っ込んでしまいましたので、まあ面倒だしこのままでいいかと、ガツンと炎の走りをしてしまいました。
気温も10度ぐらいになると、夏場に比べてかなり走りやすくなりますね。

a0156548_23100092.jpg

別海の感覚が残っているのか、ソロでも別海並みのペースで走ることができ、つくばに向けてよい練習になったと思います。
ラスト1kmは4:20まで上げる余裕もありましたので、どうか神様、つくばではキロ4:35~4:40ペースで走らせてください。

a0156548_23134242.jpg

平均ピッチが185と、ピッチ200ぐらいの私にとって、「おお、私もついにストライド走法に開眼したか」と大いに喜んだのですが、単にガーミン様が気まぐれをおこし、誤作動をしていただけでした。
ある地点では、「ピッチ119 ストライド1.81m」と、ありえない数字たたき出してました。

今回は初めてロングで、スカイセンサーグライドを使いましたが、普段使いのゲルフェザーグライドより、軽くて羽が生えるような感じがしてよいですね。
足裏のダメージも30kmぐらいなら大丈夫でしょう。
30km以降はどんなシューズ履こうが、あとは気合の世界です。

ただ、ひもの縛り方がキツすぎたのか、途中で左の甲が傷んだり、右足がシューズの中で固定されず、足先がシューズに当たる感じがあり、靴下に穴があいたり、まあいろいろありました。
この辺は、ひもの縛り方の強さを変えたり、ソックス変えたりしながら調整したいところです。

つくばに向けてスタミナ的なものは大丈夫だと思いますので、来週は20km、再来週は10kmで、今日よりも速いペースで走ってスピードを磨いて本番を迎えたいものです。

ごきげんよう。

[PR]

by gossy54200 | 2017-11-03 23:46 | ランニング | Comments(0)  

<< 晩秋の春採湖 2017別海パイロットマラソン... >>