阿寒赤いベレーランスパ(その2)

その1

さて、約25kmにわたるサイクリングロードも終点を迎え、ゴールは見えてきました。
こっからは4kmほど国道240号線を北上します。

a0156548_20401630.jpg

阿寒湖温泉まで44kmということだが、さすがにこっからフルマラソン以上の距離を走るのは拷問に等しい。
当初の予定通り、阿寒道の駅にある「赤いベレー」の日帰り温泉で我慢しよう。
ただ、阿寒の道の駅にクルマ停めて、そっから阿寒湖温泉までランスパって手もあるわけで、次回のランスパの候補地に阿寒湖温泉も入れておこう。
釧路来てから阿寒湖温泉一回も行ったことないし。

a0156548_20433580.jpg

43kmガソリンスタンドがないとか、そーゆーの道東では普通です。
道外から来たレンタカーの観光客が、こーゆーの見てビックリするんだろうなあ。
「コンビニまであと10km」とか「ジャスコまであと110km」とか、そーゆーのが平気であるのが道東クオリティなのだ。

a0156548_20462474.jpg

さ、あと2kmで温泉だ。
これが24時間テレビだったら、脚を引きずって苦悶の表情を浮かべながら歩いているところなのであろうが、残念ながら足取りはスタート時と変わらず、そういう意味では、我がことながらドラマ性がなくて残念だ。

着きました。

a0156548_20490039.jpg

気温一桁であまり汗をかかなかったことと、風がそんなに強くなかったことが幸いして、思ったよりダメージはなかった。
じゃあ、こっから阿寒湖温泉まで走って行けと言われたら、全力で拒否するが。

ちょうど正午ぐらいだし、まず、風呂に入る前にメシを食おう。
ポークチャップを頼むのだ。

a0156548_20520983.jpg

しかし、やってきたのはどういうわけか「ポークステーキ」であった。
「あのー、頼んだのポークチャップなんですけど」と言うと、店員さんは申し訳なさそうに、「すいません、今すぐ作り直します」と言ってきたが、それをしてもらうと、せっかくのポークステーキがあまりにもったいないので、「あ、いえ、これでいいです」と、ここは素直に引き下がることにした。
なーに、ポークチャップもポークステーキも腹の中に入ってしまったら、大して変わらない。

会計時、注文を間違えたことのお詫びとして10%割引してくれた。
なんて良心的なレストランなんだと感動した。
こういうレストランは、これからもじゃんじゃん使って、じゃんじゃん注文を間違えてもらって、じゃんじゃん割引して欲しいものだ。
ちなみに伝票を見ると「ポーク」としか書いておらず、これじゃあポークチャップとポークステーキの区別つかんわと思った。
というか厨房も「ポーク」としか書いていない伝票を見て、チャップなのかステーキなのか疑問に思わなかったのだろうか?

ごちそうさまでした。
ポークステークはポークステーキで、肉が柔らかくジューシーで美味しかったよ。
今度来たとき、ポークステーキを頼んでポークチャップがやってきたなんて、ドリフのコントみたいな展開を期待したいものだ。


さて、メシも食ったし風呂に入ろう。
入浴料は410円と、釧路市内のスーパー銭湯よりも安く、リーズナブルである。

お湯は茶褐色で、源泉かけ流しと、なかなかいい湯であった。
別にぬるいわけでもないのに、いつまでもつかっていられて、気持ちのよい風呂であった。
風呂を満喫した後は、サウナと水風呂天国を満喫し、極楽極楽の日曜の午後なのであった。

そして、風呂上りは大広間で、座布団を枕にして、横になりながらファイターズ戦を見る。
うつらうつらと時折記憶をなくしながら、野球中継を見るのは日曜午後の最高の過ごし方であった。
そうだよ、これが日曜の昼なんだよ。これが。
ちょっと苦労した後の、怠惰な時間万歳!

バスの時間も近づいてきたので、もうちょっと横になっていたかったが、ここで赤いベレーからはさようならすることにしよう。
また、そのうち来る。

外は相変わらず寒いが、温泉のぬくもりが体に残っていたので、道の駅でソフトクリームを食べよう。

a0156548_21084012.jpg

丹頂ソフトクリーム(380円)。
赤いのはストロベリーソースかと思ったが、なんかトマトみたいな味して、なんじゃこりゃと思ったら、正体はパプリカであった。
この辺はパプリカの産地なんですって。
ちっとも知らんかった。
てゆーか、パプリカって何?(食い物の知識がほとんどない私)

ここの道の駅はソフトクリーム売ってるとこがどういうわけか2つあって、隣の売り場を覗いてみたら、250円でソフトクリームを売っていた。
失敗した、そっちで買うべきだった。
ついつい、入り口の正面にあったので、何も考えずに買ってしまったよ。
阿寒の道の駅トラップに、まんまとはまってしまった私なのであった。
ここの道の駅は、ソフトクリーム売り場が2つあるので注意しよう。

バスで帰ります。

a0156548_21172258.jpg

バスは夏の観光期間は1日4本ですが、それ以外のときは1日3本。
16:40のバスが最終バスです。

a0156548_21222830.jpg

定刻通りにバスがやってきました。
ランニングだと自転車と違って、輪行に気を使わんくていいので、ラクチンでいいね。

バスはガラガラのすきすきすーでした。
なぜか知らんが、車内にはアイヌの人のお話が書かれている絵本があった。
しかも日本語版と英語版が両方あった。
外国人観光客向けなのかもしれんが、こんなとこに路線バス使うような外国人観光客なんて来るのか?

ランニングだと3時間以上かかった道のりも、バスだと50分ぐらいであった。
ああ、バスは素晴らしい。
こんな素晴らしいものが一日に3本しかなくて、しかもほとんど人が乗っていないのはどういうことなんだ。
もっと路線バスのよさを見直そうではないか。
と、確かにそのときは思ったが、冷静に考えるとほとんど使い道がないので、こういうおバカなことをしない限り路線バスを使うことはないのだろうなあ。

日曜の夜は、月曜から始まる日常のことを考えると憂鬱になり、あまり眠れなくなるのだが、さすがにこの日はぐっすり眠ることができた。
快適な眠りを提供してくれるランスパ万歳!


んなわけで、今シーズン初となる30km走を完了したわけだが、今シーズンは今までに比べると、かなり走りこんでいるので、そんなに苦痛なく走ることができましたね。
やはり、メシや温泉や大広間でゴロゴロという目的があると、走るモチベーションも上がるというものです。

ただ、フルマラソンのトレーニングとして考えると、大腿四頭筋の筋肉痛がなく、ダラダラロングでは着地筋は鍛えられないと思った。
距離は短くても、峠走の方がピッキピキの筋肉痛になり、着地筋は鍛えられる。
トレーニング効果としては、「平地走30km<峠走20km」なんじゃないかと思います。
あくまで、私の感想ですが。

同じようなところをダラダラ走るのも飽きるので、「峠走」「ランスパ」をそれぞれ月1回入れて、そこそこ小旅行的なランニングを楽しみたいと思うが、そんなことをしていると、ますます自転車から遠ざかっていくことになり、なんだかなあと思うのであった。

ごきげんよう。

(このシリーズ終わり)

[PR]

by gossy54200 | 2017-05-17 21:58 | ランニング | Comments(0)  

<< 2017ロード初乗り 阿寒赤いベレーランスパ(その1) >>