カテゴリ:ランニング( 201 )

 

伊達ハーフマラソンの案内が来た

伊達ハーフマラソンの案内が来た。
a0156548_2338161.jpg

去年は北海道マラソンの参加資格を得るために参加したが
北海道マラソンに出る資格を得た今となっては、別に無理して出なくてもいいだろ。

行くのめんどくさいし、行ったら人ごみで自分の居場所ないし
4月半ばは、まだマラソンするにはめちゃくちゃ寒いし
コースはサイクリングロードからの有珠山や昭和新山の鮮やか眺めが結構好きなのだけどね。

とりあえず、今年出るマラソン大会は、フルは以下の2つにしようと思う。

6/3 千歳JAL国際マラソン
8/26 北海道マラソン

結局、去年と同じ感じにしようかなあと。
千歳で目標のサブ4行けなかったら、10月の別海でリベンジなんてのも考えているが
多分、その頃は自転車に乗るのに忙しいので、そこまでしてサブ4にこだわらなくていいだろう。
もし、金銭的、体力的に余裕があったら、旅行がてら冬のNAHAマラソンなんかもいいなあとか思う。
(ホノルルは金がかかりすぎたり、休みが取れそうになかったりで、現段階では行かない方向で)

北海道マラソンについて、某新聞によると
「スタートが午前になる」
「テレビ中継がなくなる」
なんてことが書いてあったようだが、どうなるんだろうか?
参加する方としては、確かに午前の涼しい時間の方が走りやすいのだが
それはそれで物足りないような気がするなあ。
あの焼け付くような過酷な暑さがいいのに(←ただのマゾ)。

何はともあれ、今後の北海道マラソンに関する記事について注目していくことにしよう。
[PR]

by gossy54200 | 2012-02-08 00:10 | ランニング | Comments(0)  

膝が痛い

膝が痛い☆⌒(>。≪)

1月の14日のラン中に、ビリっと右膝裏に痛みが走った。
走れなくなるぐらいに痛かった。
「これはひょっとしたらヤバイかな」と思ったが、翌日には回復し、雪の中、30kmもMTBで走った。

普通に日常生活を送る上では膝は大丈夫だ。
走ると、最初の2kmぐらいは
「おー、膝が痛かったのはウソか幻か。今日も絶好調だぜ」と思うのだが
3kmぐらいで
「ゲ、また痛めた」となってしまい。
ここ半月は10kmも満足に走ることができない。

以下、1月14日以降のjognoteの記録を示す。

1/14 [15.1km] 1:28:36。20km走ろうと思ったが、右足が痛くなり挫折。というか今も膝曲げると痛い。明日のMTB走行会大丈夫なのか?

1/18 [5km] 28:30。痛めた足の調子がイマイチ。無理せずにランは5kmで切り上げ、エアロバイク30分で穴埋めをする。というかエアロバイクの方が辛いっす。

1/19 [3km] 17:30。右膝裏が痛くて走れず。その分エアロバイク60分で埋め合わせ。明日は休養日にしよう。

1/24 [10km] 1:01:42。久々だから大丈夫かと思ったが右膝の調子はイマイチ。しばらくはこんな感じでのらりくらりとやっていこう。

1/28 [5.5km] トレッドミルで30分。終了後60分間エアロバイクで汗だく。膝の調子はイマイチ。しばらくはだましだましやっていこう。

こうして自分の記録を読み返してみると
膝が痛い、痛いばっかり書いていて、我ながらなんと根性なしなんだ。

そんなワシの膝に喝じゃあああ!

ええい、ワシの右膝め!
私がいつまでも甘やかしているから、つけあがっているんだね。
今日という今日こそは本気出す。
ちょっと痛いぐらいではやめないぞ、絶対にやめないぞ。
覚悟しとけ!My 右膝。

ということで、ランニングマシンで10kmプログラムを選択します。
今日は意地でも10km走り続けるもんね。

まずは10.5km/hでスタート。
最初の2kmは快調だ。
11km/hにスピードを上げよう。

3km過ぎ。
ウッ・・・・・・、今日もやっぱりいつものとこが痛い。
3日休んで休養バッチリだと思っていたのだが、相変わらず調子悪いのね。

しかし、痛い痛いと言って甘やかしたら、いつまでたっても軟弱な膝のままだ。
えーい、こんなことで、北海道マラソンを乗り切れると思ってるのか。
今日は鍛えるぞ、徹底的に鍛えるぞ。

そんなわけで、逆療法で、スピードを上げます。

「いいか、俺の膝。これからは痛いと思うたびにスピード上げるから覚悟しとけよ」(←マゾ)

スピードは11.2km/h、11.4km/h・・・と段階的に500mぐらいに一回のペースで上がります。
そして6.5kmぐらいのところでついに膝の限界がやってきました。

このときの速度は13km/h。
さすがに虐待しすぎたと反省している。
しかし、これは言うことを聞かない膝に対するしつけなのだ。
と、児童虐待をしている親のような言い訳をしてみる。

スピードを一気に9.0km/hぐらいに落として、捲土重来を図るが、すでに私の膝は限界を超えていた。
膝がボロボロだったので、ランは7.0kmでやめて
その後エアロバイクを30分漕いで、更に自分に罰を与えたのであった。

ジムからの帰り道は、膝が曲がらずロボットのように歩いていたが
何とか、また日常生活に支障がないほどに回復した。
しかし、走るとまた痛くなるんだろうなあ。
ある程度走るのが習慣になってくると、休むのが怖いんだよなあ。
今までコツコツ積み上げてきたものが、一気にパーになるような気がして。

とは言え、まだ北海道マラソンまでは半年以上あるわけだから
ここで無理して取り返しのつかないことになっては元も子もない。
やっぱり痛いときは素直に休んだほうがいいなと思いつつ、今回の日記を終わる。
[PR]

by gossy54200 | 2012-02-01 23:59 | ランニング | Comments(8)  

2011年総括(ラン編)

つどーむや健康づくりセンターなどの市の施設が、昨日より年末年始の休業に入ったので
室内で走ることはあきらめ、スノーターサーを履いて外走り。

今年の走り納めということで、道マラコースを前田森林公園まで走ろうかなあと思ったが
追分通より北の歩道は除雪されていないのね。
a0156548_2114247.jpg

200mぐらいは頑張ったが、足首までズボズボ埋まり
途中でこれは捻挫するかもしれんと思い挫折。
この道を走れば、死ぬほど足腰は鍛えられそうだが
オリンピックを目指すわけでもないし、そこまでせんくてもええやろ。

確か北海道マラソンのとき、この辺でおかず汁粉さんに声をかけられたような気がする。
36km地点ぐらいだったかな。
a0156548_2163568.jpg

トイレが我慢できなくなって、レース中に駆け込んだガソリンスタンド。
a0156548_2174028.jpg

当時はトイレを使わせていただき、非常に感謝の気持ちを持ち
「我々選手一同は、これからは生涯このスタンドでガソリンを入れ続けることを誓います」と
スポーツマンシップにのっとり宣誓したのであったが、結局、あれ以来一度も利用していない。
あのときの感謝はどこに行ったんだ?

上下ウインドブレーカーに、長袖インナー一枚とスポーツタイツ
100円手袋にフリース帽子にネックウォーマーと軽装。
走り出しさえすれば寒さが気にならないのが、冬チャリよりはいいかなあ。
a0156548_21121648.jpg

1時間半ぐらいかけて、ゆっくりと12km。
冬の外走りは、スピード出すと危ないんで、このぐらいが丁度いいのかな。

12月の走行距離は155km。
忘年会やらなんやらあった割には走れたんじゃないかなと思う。
冬期間は自転車よりランに力を入れていきたい。

クロカンスキーもやりたいなあとは思っているんだが
自転車やランと違って、いつでもどこでも気軽にできるもんじゃないし
せいぜい2~3ヶ月しかできないものに、あまり投資はしたくないなあなどと、二の足を踏んでいるのだよね。
美瑛の宮様国際スキーマラソンで、再び美瑛の地に青レンジャー復活!ってやりたいんだけどね。
締切は1/13か・・・。
1ヶ月ちょっと練習すれば38km走れるようになるもんなのかねえ。
ちょっと正月休みに考えてみよう。

今年のラン生活は、とにかく北海道マラソンにつきるなあ。
北海道マラソンを走る前は
「もう、こんなしんどいことはヤダ。一回完走したら、もうやめよう」なんて思っていたのだが
数ある道内のマラソン大会の中でも、やはり「北海道マラソン」は別格だ。
何がどう別格なのかは説明できないが
記録云々は抜きにして、毎年挑戦するだけの価値のある大会だと思う。
楽しくないけど面白かった。

完走証。
a0156548_21305449.jpg

来年は35kmからもイーブンペースで走れるように、心身を鍛えたい。
(どっちかと言えば心の部分が大きいな。今年は35km地点で「もういいや」と自分にブレーキをかけてしまった)

完走メダル。メロンパンナちゃんに意味はない。
a0156548_21335758.jpg

完走したときは、「ああ、終わった」と抜け殻状態で喜びも何もなかったが
月日が経つにつれて、ふつふつと喜びが沸き上がる、そんな不思議な大会。
そして、辛いとしか思えなかった日々の練習も
「北海道マラソン」のことを思うと、なぜだか楽しくなってくるのである。
「北海道マラソン」には人を惹きつける何かがある。

今年は完走するだけで手一杯で、周りを見る余裕など全くなかったが
来年はかっぱちゃん(=アンパンマン)とタッグを組んで
沿道の子供たちに元気を与え、そして子供たちの笑顔から元気をもらえるような
そんな思い出に残る大会にしていきたい。

来年は洞爺か千歳でサブフォーを目指し
金銭的時間的に余裕があれば、30代最後の思い出にホノルルマラソンに行きたいなあ
などと海外進出を虎視眈々と狙いつつ、今回の日記を終わる。
[PR]

by gossy54200 | 2011-12-30 21:46 | ランニング | Comments(4)  

つどーむ30km+東区「CAROL」

今日は日曜出勤の分の代休だったのだが
二度寝してしまい午前の時間を無駄に使ってしまったぜ、チクショー。

起きて、HBCラジオの「カーナビラジオ午後一番」を聞く。
「カーナビラジオ」を聞いていると
「ああ、俺は平日の昼間から仕事もしないでぐーたらに過ごしているなあ」
と、つくづく幸せな気分になれる。

高校時代によく聴いたラジオ番組で使われていた
「♪ ウパウパティンティン ウパウパティン」って曲がかかっていて懐かしかった。
そっか、そっか、あの曲のタイトルは「へんな女」で、水原弘って人が歌っていたのか。
へぇ~。
初めてフルコーラスで聴いたけど、サビ以外のところも十分変でおもろい曲だな。

どんな曲か紹介しようと、YouTubeで動画を探そうとしたが、なかったので
「ウパウパティンティン」については、懐かしいと思う人だけ懐かしんでください。

で、行きました。つどーむ。
今日は北海道マラソンTシャツで気合を入れて走ります。
a0156548_2325388.jpg

デザインがダサダサであんまり着る気がしないのだけどね。
あくまで練習用で、周りの人に
「おお、この人は一見チンタラ走っているように見えるが、実は北海道マラソンに出たつわものなのか!」
と思わせる効果がある・・・か、どうかは知らない。

久々に30km走。
暗くなるまで走ります。
こんな長い距離を走るのは北海道マラソン以来だが
適度に寒いので、そんなに体力は消耗せず。
2:53:08。
久しぶりの割には、そんなに疲労は残らなかったな。
いい調子だ。

でもって、今日はたくさん走ったから、カレーのどーむ盛に挑戦してやるぜ!
なんて思っていたが、食堂はすでに14:00に閉まっているので、別の大盛り系の店に行きます。

東区本町「CAROL」。環状線沿いにあります。
a0156548_2310689.jpg

アメリカンな外観ですが、中身もアメリカンです。
a0156548_23105959.jpg

タイムボカンシリーズに出てくるようなドクロがいい味を出している。
a0156548_23173138.jpg

大盛りダイナマイトパワーランチ(910円)。
ランチとなっているが、夜でも食うことができる。
a0156548_23192147.jpg

ライスに和風ツナパスタにチーズのかかったチキンカツ。
これで何kcalあるのかと思ってはいけない。
多分30km走で消費したカロリーを上回ることはないだろう。

ということで、いただきます。
結構キツイかなあと思ったが、思ったよりあっさり完食。
普通の店の大盛りよりちょっと多いぐらいだね。
食えない盛りではない。
他にも大盛りダイナマイトランチとか大盛りダイナマイト定食とかがあります。
ただ、ダイナマイト掟破りコースは、大食いに自信のある人じゃねえと食えないだろうなあ。
(昔、私は半分以上残して撃沈した)

ごちそうさまでした。
運動した後ならいいけど、そうでないときはキツイだろうなあ、量も味付けも。
若者向けの店だね。
漫画が多いので、長居するにはいい感じの店です。

≪店名≫ CAROL(キャロル)

≪住所≫ 北海道札幌市東区本町2条5丁目7-13

≪電話番号≫ 011-784-5607

≪駐車場≫ 店舗前に3台

≪定休日≫ なし

≪営業時間≫ 11:00~25:00

≪地図≫ 環状通沿い。ラーメン屋「ブタキング」の斜め向かいぐらい。


最近、このブログがB級グルメブログになりつつあるなあと思いつつ、今回の日記を終わる。
[PR]

by gossy54200 | 2011-12-13 23:37 | ランニング | Comments(2)  

夜ジョグ

日曜出勤の今日

仕事終了後、久々に北区体育館でベルトコンベアーの上でも走ろうかなあと思って
財布の中身を見ると92円しかなく、入館料390円が払えないということに気づいた罠。

しょーがないので、久々に外で走ります。
「スノーターサー」を検索ワードに、このブログにたどり着く方が結構いらっしゃるようですが
スイマセン、私、寒さに弱いもので、基本、冬はつどーむかトレッドミルを走ることがほとんどです。
せっかく買ったシューズなのですが、月に1~2回しか出番がないんですね。
「スノーターサー」について見聞を深めたいと思っている方々には
まるで役に立たないブログで申し訳ありません。

路面はこんな感じ。
a0156548_22301257.jpg

歩道はしっかり圧雪されていていいのだが、ボコボコ路面で、捻挫がコワい。
でもって車道はスケートリンク状態で、今度は転倒がコワい。
スノーターサー自体は、しっかりと路面をグリップしてくれるいいシューズだと思うのだが
MTBの300ピンスパイクタイヤに比べると心もとないな(比較の対象が間違っているだろう)。

例のごとく、北海道マラソンコースである新川通を走ります。
(走りながら撮影しているので、写真はブレブレ)
a0156548_22354443.jpg

今は氷点下の世界で、こんなところを走るのが馬鹿らしく思うのであるが
ここはイメージトレーニングで
来年の北海道マラソンで、アンパンマンのかぶり物をしたかっぱちゃんと
沿道の声援を受けながら楽しく走っているところを想像します。
いや、そうでも思わなきゃ、こんなときに、こんな路面状況のところを走ってられないって。

ただ自転車と違って、血行の巡りがよいのか
指先や足先が凍えるなどということはなく、1kmぐらいを過ぎてからは全身ポカポカ。
速乾性の長袖シャツとユニクロのスポーツタイツに上下ウインドブレーカー
ネックウォーマーにフリースの帽子、100均手袋という軽装で走っているのだが
これで特に問題となることはなく、自転車よりも服装に気を使わんくていいのがラクだな。

冬の外ランは正直あまりテンションが上がらないのだが
一度ぐらいは小樽ランぐらいの無理なことをやってみようかなと思いつつ、今回の日記を終わる。
[PR]

by gossy54200 | 2011-12-11 22:48 | ランニング | Comments(8)  

つどーむでカツカレー

今日の札幌は、雨&びちゃびちゃぐしょぐしょ路面だったので
自転車はあきらめ、ランニングモードに入ります。

約2ヶ月ぶりにつどーむ。
やっぱ雪が降ると、外で走れない人がみんなつどーむによってたかってやってくるなあ。
a0156548_21554887.jpg

アリーナでは中古車市が開催されていたが、特に興味なし。
a0156548_2157327.jpg

先日買ったウォークマンを装着して走ります。
今日の目標は20km。

キロ6分30秒ぐらいでゆっくり行こうと思っていたのだが
つどーむで走る人はレベルの高い人が多く
引っ張られるようにキロ5分ペースで突っ走ってしまう。
こうなったら面倒なので、スピードを追求することにして
キロ5分ペースでどこまで粘れるか、頑張ってみることにしよう。

今回のBGMはWinkベスト。
最初の方の「愛が止まらない」とか「涙を見せないで」とかがかかっているうちは
非常に懐かしい気分になって、テンション高く走ることができたのだが
売れなくなってからの曲は知らない曲ばっかりで
大いにテンションが下がり、ペースダウンを余儀なくされた(単なるスタミナ不足という話もあるが)。
ちなみに私はWinkは断然さっちん派である。
なぜ世の中は翔子ちゃん派が多いのか、さっぱり理解できん。

15km通過タイムが、1時間15分34秒。
キロ5分ペースである20km1時間40分を切れるかどうか微妙。

しかし、今の私は、北海道ロードレースで中盤から失速した私ではない。
苦しくなってからペースアップして、何とか1時間39分13秒と、キロ5分未満ペースで走れて満足。
何事もそうだが、苦しいと思ってからが、人間真の頑張りどころだと思うのであった。
このペースで走り抜ければ、夢のサブフォーも見えてくるなあ。
スピードは大分ついてきたようなので、これからはLSDでスタミナをつけていくことを課題にしよう。

それにしても1周400mのコースを50周もぐるぐる回っていると
同じような人を抜いたり抜かされたりで、延々と光景が変わらなく、だんだん飽きてくるのであった。
ずーっと見ているような人も10数人いたような気がするが、彼らは一体何キロ走っているんだ?

着替えて帰ろうかなあと思ったら、こんなポスターを発見。
a0156548_22183081.jpg

へぇー、つどーむにレストランなんてあったのか、知らんかったわ。
値段も手頃なので、どんなものか試してみることにした。

レストランつどーむ。営業時間は11:00~14:00と短い。
a0156548_22213371.jpg

カツカレー大盛(550円)を注文。
a0156548_2226481.jpg

男なら1000g超のドーム盛りに挑戦せんかい!という声もあるかもしれないが
さすがに食い切れる自信はないので、まずは大盛で様子を見ることにした。
というか、大盛でもごはんの量結構あるぞ、これ。

いただきます。

さすがに20km走った後に食べただけのことはある。
特に苦労することもなく完食。
っつーか、もうちょっと食えそうな感じだ。
ルーはもうちょい辛くてもいいかな。

ちなみにこのつどーむの食堂
「カツラーメン」なるものも存在していて、しかも500円とリーズナブルな値段だ。
カツラーメン研究家の私としては、札幌圏広しと言えども
カツラーメンが存在するのは、石狩花川南の「じんべ」だけだと思っていたのだが
思わね伏兵の存在にビックリしたのであった。
これは一度試してみなくては。

そんなわけで、つどーむの食堂。
穴場的存在であるが、安いし、すいているしで、なかなかいいところであった。

今度つどーむに行くときは30km走って、どーむ盛に挑戦しようと思いつつ、今回の日記を終わる。
どーむ盛が食えた暁には、滝川「マリン」に挑戦してみようと思う。
[PR]

by gossy54200 | 2011-12-04 22:35 | ランニング | Comments(4)  

ジョギング用ウォークマンを買った

かねてからの懸案事項であった、ジョギング用ウォークマンをゲットした。
a0156548_0154795.jpg

SONYのNWD-W253で、現行機種の一個前のモデルである。
職場の近くの電気屋で、在庫処分価格6480円で売っていたので、発作的に購入した。
今、冷静になって調べたら、現行モデルのNWD-W263もAmazonで7622円で売っていて
あー、こっちにすりゃあよかったかなあとも思ったが、買ってしまったものはしょうがない。
これで元取ろうぜ。

SONY ウォークマン Wシリーズ ヘッドホン一体型 W253 ブラック NWD-W253/B

ソニー


装着してみる。
a0156548_0235150.jpg

おお、コードがまとわりつかないのは最強だぜ。
これこそ正義であり、真実であり、愛なのである。

最近はコードが邪魔くさくてしょうがないので、音楽なしで走っていたのだが
どうも走るのが面白くなくて、11月の走行距離はわずか62kmとサボリまくりなのであった。
しかし、これさえあれば、走るのが楽しくてしょうがなくなり、今月は300kmを突破するに違いない。
(希望的妄想)

操作は耳元で行うのであるが、イマイチ使いにくい。
慣れの問題だとは思うが。
a0156548_0291152.jpg

とりあえずサビの部分だけを連続して再生するZAPPIN再生はいらない。
勝手にZAPPIN再生になって、元に戻すのに苦労したのであった。
こんな機能使う人いるのかね?

収納するときはこんな感じ。ハート型になっているところがオシャレだね。
a0156548_0303174.jpg

ちらっと音楽を聴いてみた感じでは、私の節穴のようなレベルの耳では音質に全く問題なし。
あとは走ったときの装着感がどうなのかが気になるところだな。

なにはともあれ、明日からはこいつを武器にまたどんどん走りまくろうと思うのだが
飽きて3日坊主にならないことを願いつつ、今回の日記を終わる。
[PR]

by gossy54200 | 2011-12-02 00:35 | ランニング | Comments(4)  

冬ジョグ

久々に冬用ジョギングシューズ、「スノーターサー」を引っ張り出しました。
a0156548_9494825.jpg

MTBも冬仕様にしたことだし、ジョギングも冬モードにしていこうかなと。
自転車と違って靴を変えるだけでいいので、準備は楽チンだ。

冬のジョギングは、つどーむやランニングマシンがメインになるんだけど
天気がいい日はできるだけ外を走りたいものである。

路面はこんな感じ、歩道はボコボコツルツルですな。
a0156548_9522158.jpg

さすがにピンつきタイヤほどの安定感はないのであるが
そろそろと走る分には滑ることもなくいい感じ。
キロ6分ペースでまったりと。
ただ、ソールが固いので、アスファルトが出ている路面ではちょっとキツいなあ。

北海道マラソンコースを走ります。
写真は16kmをちょっと過ぎたあたりのとこ。
a0156548_9533382.jpg

新川通。ここで32kmぐらいのとこ。
a0156548_956010.jpg

来年の北海道マラソンもこのコースになるかどうかはわからんが
ここを走ると、3ヶ月前の激闘を思い出し、テンションが上がるのであった。
この時期、ランに対するモチベーションは失われつつあるが
できるだけこのコースを走り、沿道の観衆をイメージしながら、モチベーションを高めていこう。
今のところに引っ越してきたときは、北海道マラソンのことなどまるで意識していなかったのだが
道マラコースの近くに家があるのはいいものだ。

ちょっと走り方を変えてみました。

私は走っていると、自然に足が外側に向いちゃう傾向があるのですが
a0156548_10105376.jpg

先日読んだマラソン本を参考に、つま先を真っ直ぐ前に向けることを意識してみます。
a0156548_10123545.jpg

確かに足が真っ直ぐ前にすっと出るようになって、無駄な動きがなくなったような気がするが
今までとは違い太ももの内側が張るような気がして、これでロングも行けるのかどうかはわからん。
とりあえず、しばらくはこれで行ってみようか。

2011北海道マラソンまで、あと277日。
かっぱちゃん(=アンパンマン)に対抗できるような仮装も考えなきゃなあと思いつつ、今回の日記を終わる。
[PR]

by gossy54200 | 2011-11-23 10:27 | ランニング | Comments(4)  

不自由な休日は室内を走る

北海道は11月になっても最高気温が2桁と、この時期にしては温暖な気候でして
んでもって、割合天候にも恵まれていて、自転車で走るにはよい条件なのですが
仕事の関係で、職場から半径10kmぐらいのところまでしか行動できないのですよね。

他の人のブログで「自転車で走ってきたぜ!」なんてのを読むと
「あー、いいなー、俺も行きたかったなあ」などと思うわけですが
自転車で走れない分は、ジョギングで補おうと。
元々、自転車に乗れないときの体力維持ということで始めた側面もありますし。

んなわけで、いつ職場からの呼び出しを受けてもいいように、職場近くの某施設で走ります。
最近サボリ気味なので、10kmぐらい軽く走ろう。

この前読んだ本、「毎日長い距離を走らなくてもマラソンは速くなる!」を意識して
・着地時間を短くする
・足の母子球と小指球を結ぶラインから着地する
ということに注意しながら走りましょう。

「うむ、これは速い」

冷静に考えたらすげー当たり前のことなんだが
足をペタペタさせて着地時間が長い走り方よりも
足をすっすすっすと前に出した方が、そりゃあ速く走れるよな。

で、気になるスタミナの方だが、最近サボリ気味で疲れがたまってなかったことと
TVで大学駅伝をやっているのをチラチラ見ながら走っていたため
アドレナリンがアップしていたことも手伝い、どこまでも行けそうな感じで絶好調だ。

当初は前半5km・・・28分、後半5km・・・27分のなんちゃってビルドアップ走で行こうと思っていたが
出だしの1kmが5分を切っていたため
「えーい、ままよ」と勢いにまかせて走ることにした。

結局、終始キロ4分台で突き進み
調子もよかったので、当初の予定より5km増やして、15kmで今日のトレーニング完了。
タイムは1時間11分59秒 (04'47 /km)。
ストップウォッチを押すタイミングが怪しいように思えたが、1時間12分を切ることができたのであった。
5kmごとのラップは、24'09-23'38-24'22と全然ビルドアップにはなっていないが。
(さすがに後半3kmはバテた)
「このペースで練習し続けることができればサブフォーも夢じゃないかも」
と、希望が見えた一日なのであった。

普段、室内練習用に使っているシューズは、adizeroのBoston。
a0156548_2118747.jpg

ちょっと重いような気もするが、クッションがしっかり効いていて、長距離でも耐えられそうな感じ。
かかとのフィット感がピッタリでいいんだよな。
重いと言っても片足280gだから、サブフォー目指すならこれでも十分なのかなあと。
(千歳でフル走ったときに使ったシューズは、片足400gぐらいだったような気がする)
本で推奨されていたように、練習用とレース用のシューズ、取り替えてみようかなあ。

コーチャンフォーで立ち読みしたマラソン本。

正しい姿勢で走れば、マラソンはもっと楽しく、速くなる (じっぴコンパクト新書)

飯田 潔 / 実業之日本社


この本も「骨盤前傾」「足裏着地」を推奨していて、どうやらこれが今の走り方のトレンドのようだ。
「かかと着地」を勧めている金さんや小出さんの本は全部ブックオフに売った。
今のところは、特に足首も膝も腰も痛くなく、故障のないランニング生活を送っているが
どうやったら故障なく、更に楽に走れるのか、もうちょっと検討していきたい。

ついついたくさん走ると、たらふく食ってもいいと思ってしまい
ラーメンと一緒にチャーシュー丼を食ってしまったことを反省しつつ、今回の日記を終わる。
[PR]

by gossy54200 | 2011-11-06 21:43 | ランニング | Comments(0)  

毎日長い距離を走らなくてもマラソンは速くなる!

ソフトバンク新書のタイトルって、何でこんなに長ったらしいんだろうねえ。
正式なタイトルは↓です。

毎日長い距離を走らなくてもマラソンは速くなる!月間たった80kmで2時間46分!超効率的トレーニング法

北海道マラソンが行われた8月をピークに、ランの走行距離がガタ落ちなもので
「走行距離が短くても大丈夫なんだよ」と自分を正当化させるために購入。

本の趣旨は
長い距離をたらたら走るよりも、短い距離でも負荷をかけてトレーニングすることが大事
走るだけじゃなくて、自転車もトレーニングに取り入れよう
てな感じです。

まあ、ランのトレーニングの補助として自転車を使うという内容ですので
自転車に関する記述は、あまり参考になるところはなかったですね。
「自転車のケイデンスを上げると、ランのピッチも速くなる」
というのが、ちょっとなるほどなあと思いましたが
よーく考えたら、そりゃあ当たり前だよなと。

インターバルトレーニングの重要性を説いていたが
住宅事情でローラー台は使えないので
冬の間はエアロバイクを使いながら
5分100回転/分でシャカリキに、5分流すというトレーニングを取り入れてみようかなあ。

ランについては「非常識マラソンメソッド」の岩本さんに近い内容でしたね。
岩本さんと違うとこは
「練習でレース用の薄底シューズを使い、レースで練習用のクッション性のあるシューズを使え」

ここは、ほほうと思いましたね。
要は練習では追い込むのが目的なので、レース用を使い
レースでは、後半のダメージを軽減させるために、練習用を使えということだ。
確かに北海道マラソンのときは35km過ぎてから、足が痛くてたまらんかったからなあ。

この本、いろんな論文を入れて科学的に説明されているのであるが
肝心の実証例が3つしか挙げられていなく
「ほんとかいな?」
と疑問に思うのですよね。
しかも、筆者の推奨するトレーニング法のおかげかどうかわからないし。

でもって、練習メニューが
「え、これだけでいいの?」
って内容で、ホントにこんなんでサブフォーできるのかなあとか思ってしまう。

例を挙げると
「LSD走は不要」ということだが
本当に20km、30kmの走りこみは不要なのかなあ?
私としては、北海道マラソンの練習で
暑い中、20km、30km走ったのが効いたと思っているもんで。
(フィジカル的よりもメンタル的な効果なのかもしれませんが)

とは言え、時間は限りあるものだから
同じ効果があるなら、短い時間で効率的にやりたいものだ。

本書の内容を参考に、冬期間の練習メニューを考えよう。

月・・・休み
火・・・流して10km走
水・・・予備日
木・・・エアロバイク60分、インターバルトレーニング
金・・・予備日
土・・・15kmビルドアップ走
日・・・流して8km+エアロバイク or 雪上MTB30km or 歩くスキー10km

なんて感じで行こうかなと
日曜は楽しみながらやりたいということで
天気がよければ、外でできるものをメインにやっていきたい。

まあ、あまりメニューにがんじがらめにしばられず
ぼちぼち楽しくオフシーズンを過ごしたいなあと思いつつ、今回の日記を終わる。


[PR]

by gossy54200 | 2011-10-30 21:47 | ランニング | Comments(6)