カテゴリ:ランニング( 168 )

 

2016北海道マラソン参加記(その6)

その1 その2 その3 その4 その5

《ゴール後》

あまりにお約束過ぎて書くのもはばかられることですが、一応書いておきますと

「家に帰るまでが北海道マラソンです」

ということで、ゴール後の様子をだらだらと。

a0156548_21470764.jpg

完走タオル、完走メダルをもらいます。
完走メダルは毎年同じデザインで、いい加減飽きてきたのだが、今年は30回記念大会ということで、特別なデザインです。
もし、これで来年のメダルが、このデザインと同じで、数字だけ「31」に変わってるってなってたら、プレミアム感ゼロなのだがな。

ふと、ゴール地点に目をやると、あら、どこかで見たことのある方が。
なんとsiro_pugさんではありませんか!
お会いするのは何年ぶりぐらいになるのだろうか。

siro_pugさんは、ハーフマラソンのタイムは私よりも圧倒的に速いので、今回は先着できないと思いましたが、脚攣り後半失速パターンだったようです。
知らないうちに私、抜かしていたのですね。
ただ、siro_pugさんは「くまモンに抜かされたのは覚えている」とおっしゃっていましたが、そのくまモンが私だとは気づかなかったようで。

色々大変だったようですが、siro_pugさんも自己ベスト更新おめでとうございます。
気象条件が良ければサブ3.5は行けると思いますので、秋の更なる記録更新を願ってやみません。
またどこかのマラソン大会でお会いしましょう。

せっかく札幌まで来たのだから、ここで普段会えない知り合いのランナーのゴールを待つのが筋のような気もしますが、すいません、私はすっかり精も根も尽き果ててしまい、一刻も早く風呂に入ってさっぱりしたい心境だったのだ。
荷物を受け取って、着替えもせずに、札幌駅方面へとテクテク歩きます。

ゼッケンも外さずに、完走メダルぶらぶら首にかけながら歩いていると、知らないおばはんに、「あら、完走おめでとう」なんて声をかけられ、ちょっと恥ずかしかったりして。
とりあえず、メダルだけはしまって、さらにふらふらと歩きます。

風呂はニコーリフレでもよかったのだが、どうせなら自己ベスト更新を祝ってリッチに行こうと、JRタワーのスパに行きます。
2900円という強気の料金設定にも関わらず、道マラのランナーでめちゃくちゃ混んでいましたよ。
混んでるのはいいんだけど、ロッカーの割り当てはもうちょい考えてほしかったな。
道マラ組が一箇所にごちゃっと固まっているのはどうかと思った。

風呂が気持ちいいのはもちろん、サウナの後の水風呂が最高であった。
私は湯船なんかなくても、サウナと水風呂があれば幸せなのであった。
あと、水風呂入った後に休憩するプラスチックの椅子があれば完璧。

でもって、風呂上りのリクライニングチェアのある休憩所はありがたい。
スーパー銭湯や日帰り温泉の大広間で寝っころがるのもいいが、健康ランドのようにリクライニングチェアがあると、私の中でプレミアム感が高まるのであった。
ああ、極楽、極楽。

あまりの極楽加減に、そのまま寝ていたいような気もしたが、帰りのバスもあるので、1時間ぐらいで退散することにした。
さようなら、JRタワーのスパ。
ただ、私にとってはあまりに高級すぎた。
ニコーリフレのような「おっさん天国」の雰囲気が漂うところが私は好き。

食べるもの考えるのも面倒だったので、ふらふらさまよっていたらたまたま目についたアピアのよし乃でみそチャーシュー。

a0156548_22282141.jpg
胃やられていて、こんな脂っこいもの食えるかと思ったが、意外とするする食べることができた。
というか、大盛でもよかったぐらいだ。
うむ、うまかったうまかった。
ごちそうさまでした。

なぜ札幌まで来て、旭川ラーメンを食う必要があったのかという気がしないでもないが、旭川ラーメンも釧路では食えないものだから、それはそれでいいだろう。
大事なのは、普段食えないものを食うということだ。

ラーメンを食ってすっかり満足して、高速バスで釧路に帰るのであった。
フルマラソンの時間4時間弱。
バスの乗車時間は5時間強。
マラソンのようにしんどいバスの旅なのであった。

んで、無事に釧路に到着して、翌日も普通に仕事をして、火曜日までは筋肉痛に苦しんだが、水曜日には道マラの余韻は私の頭の中から消え去り、何事もない日常が始まったのであった。
道マラ完走の余韻で、一週間は幸福に満たされる時期はとっくのとうに過ぎ去ったことに、どことなく寂しさを感じるのであった。

《反省会》

まずは装備関係

・いらんかったもの
 スポーツようかん
 ひざのテーピング

持ち物は多すぎました。
ジェルは5個持って行きましたが2個余しました。
スポーツようかんは全く手をつけていません。
あと、錠剤やあめ玉は袋破ったりするのが手間なので、あらかじめジップロックのようなものに入れておいた方がいいかもしれません。

・役に立ったもの
 アンダーアーマーヒートギア

暑い夏マラソンで、Tシャツの下にインナーなんていらんだろと思われるかもしれないが、こいつがいい仕事をしてくれた。
インナーが汗を吸い取ってくれるおかげで、Tシャツが汗でべちゃべちゃすることなく、快適快適なのであった。
高校球児がくそ暑い甲子園で、長袖のコンプレッションウェアを着るのがわかるような気もする。
あと、この手のコンプレッションウェアは乳首擦れ対策にもなってよい。

・微妙なもの
 ファイテン足王

走っているうちは特に何も感じることはなかったが、気がつけば、小指の爪がお亡くなりになってしまいました。
Amazonのレビューにも書かれていましたが、足指が短く作られているようですね。
痛いとかそういうことはないんですが、次のフルマラソンで使うかと言われればビミョー。

練習内容とか、今後の計画とか

・練習内容

トレッドミルやめて、外走りに切り替えたのはよかったと思います。
キロ5分ペース走で、ペース感覚をつかめたのは大きかったかなあと。
30km走はもっと取り入れるべきだったか、それとも疲労を考えてあんまりやらんくてよかったかは、現段階では何とも言えず。
7月までサボっていた割には走れたような気がします。
何回か美幌対策でやっていた「ひとりデュアスロン」が、フルマラソンに効果があったかどうかは不明。
30km走よりは脚に対するダメージは少なく、かつフルマラソンの35km過ぎのような疲労感が味わえるという意味では、悪くないトレーニングだったかもしれない。
しかし、着地衝撃に対する着地筋を鍛えるという意味では、おとなしく30km走やっとけばよかったという気がしないでもない。

・今後について

道マラ終了後は、目標タイムに達することができなかったことが悔しく、11月の「作AC真駒内マラソン」でリベンジだ!と燃えていたのですが、日が経つにつれて、そんなことはどうでもよくなり、当初の計画通り、今年のフルは道マラ一本で終わりにします。
来年は道マラでサブ3.5、別海でサブ3.15なんて決められたらかっこいいのでしょうが、そうもうまくはいかんでしょう。
とりあえず、2013年から毎年、自己ベストを2~3分刻みで縮めていますので、来年も無理なく怪我なく3時間39分ぐらいでフルを走れれば、それでいいんじゃないかなあというような気がします。

ちょっと最近、福澤潔さんの本の影響受けているんで、しばらくは福澤さんの本に書いてあるように、「辛い練習は絶対にしない」の方針で、月150~200kmぐらい来年の春までダラダラペースで走って、基礎的な走力を落とさないような方向で行ければいいのかなあと。

「3時間切り請負人」が教える! マラソン<目標タイム必達>の極意 (SB新書)

福澤 潔 (ミズノランニングクラブ監督)/SBクリエイティブ

undefined


まあ、そんなこんなで、今年の目標レースも終わったので、今後は自転車遊びやプール通い(というか9月になってすっかりプール中毒になっている)にうつつを抜かして、テキトーに過ごしていきたいと思います。

ごきげんよう。

(このシリーズ終わり)

[PR]

by gossy54200 | 2016-09-13 23:31 | ランニング | Comments(10)  

2016北海道マラソン参加記(その5)

その1 その2 その3 その4

《35km~ゴール》

35km地点を過ぎて、琴似栄町通へと入ります。
この辺りから脚が動かなくなってきました。
体感的にキロ5分30秒ペースぐらいに落ちたような気がします。
ただ、時計を見て、実際のペースを知るのが怖いので、何事もなかったように淡々と走ります。

「くまモンお帰りなさい~」という応援を受けます。
あ、この方、往路のときも見たなあ。
こんな1万以上もランナーがいる中で、私の存在を覚えていてくれたのか。
ありがたいことです。
というか、よく俺も覚えていたなあ。

琴似栄町通を左折して、再び新川通に入ります。
明らかに後続のランナーにどんどん抜かれています。
はっきりとペースが落ちたのがわかります。
レース前の計画では、抜くランナーがいたら100~200mまではなんとか食らいつくなんてことを考えていましたが、無理でした。
3mも追いかけることができません。

それでも、アンバサダーの野尻あずささんがコース上に立って、ハイタッチで我々を元気付けてくれます。
ありがとう野尻さん。
はっきり言って、今まで野尻さんの存在を知らなかったけど、これから応援することにするよ。
ウィキで調べたら、クロカンスキーからマラソンに転向して、更には実業団に属さないで個人で活動している異色のランナーなのですな。
こういう一匹狼的な選手は応援したくなる。
女性に対して一匹狼と言う表現が適当かどうかはわからんが。

さて、ハイタッチで元気はもらえて、気持ちは折れていないが、とにかく脚が前に出ない。
あともう少しでゴールだってのがわかってるので、気分的にはそんなにキツくはないんだけどね。
残り5km、できるだけのことはやっていこう!

北大構内に入ります。
ちらちらと時計に目をやるようになったが、もう思考能力がほとんどなく、残り何分のペースで行けば、どのくらいのゴールタイムになるかということが計算できなくなったので、時計を見ても無駄だなと。
計算のために脳みそを使う余裕があったら、その分、手足を一生懸命動かさんかと。

木々に覆われた北大メインストリート。
木陰が涼しく感じます。
とにかく何も考えないで、ゴール目指して走るしかないのです。
気持ちは折れてないし、どこも痛くないんだけど、脚だけが動いてくれないもどかしさ。

40km地点通過。
タイムは3時間28分54秒(ラップタイムは27分46秒)
完走計画に比べ、プラス1分54秒(ラップタイムでプラス46秒)
30~35kmのラップタイムに比べたら1分26秒遅くなっています。
完走計画では、35~40kmは27分を目標としていたので、大きなブレーキというわけではありません。
それでも、この5kmはものすごく長く感じました。
キロ6分オーバーペースぐらいで走っていたような感覚でした。

さて、ここで計算しましょう。
目標の3時間40分以内にまとめるには、残り2.195kmを11分6秒で走らなければいけません。
さあ、行けるのか?

無理!

ここまで40km、ひたすら感情を押し殺して走ってきましたが、ついに私の心はポッキリ折れました。
どんなに体が元気でも、心が無理と判断したら、それは無理なのです。
40km地点で、記録を狙うマラソンは終わりました。
今回のレースで、ここで失敗したというポイントは特になかったですが、強いて言えば、最後になって「無理!」と判断した心の弱さが、今後の課題でしょう。
今考えれば、あきらめるぐらいに絶望的なタイムではなかったです。

40kmまでは、ほとんど周りを見ることなく、走ることだけに集中してきました。
視界は自分の半径5mぐらいしかなかったです。
ところがあきらめた瞬間に、視界がパーッと広まったような気がします。
こんなにも人がいたのかと、沿道の人だかりにあらためてビックリします。

うん、残り2kmは楽しもう。
何も私はマラソンでメシ食ってるわけじゃないんだ。
たくさんの応援を受けながら走れることに感謝しながら、マイペースで行こうではないか。

あんまり記憶ないんですが、「ポーズ取って!」と言ったカメラマンがいたような気がします。
今思えば、それが雀空さんだったかもしれません。
雀空さんのブログで、ガッツポーズを取っている私の写真を見て、私が一番ビックリしています。
とてもガッツポーズなんて取っている場合じゃなかったのですが、きっと無意識のうちに、心がエンジョイモードに突入していたのでしょう。
雀空さん、ありがとうございます。

a0156548_21445073.jpg
ついでに言えば、さりげなく北大構内には私の家族も来ていて、さりげなく姉が写真を撮ってくれました。
ありがとうございます。
ああ、ワシ、前のランナーに比べたら明らかに躍動感がないのう。
脚が前に出ないので、それをカバーしようと、後ろに蹴り上げる悪いクセが出ていたのかもしれません。

北大構内を過ぎ、41km地点になってサングラスを外します。
視界が50倍明るくなりました。
ああ、こんなに素晴らしい青空の中を走っていたのかと。
なんか、今までサングラスしてもったいなかったなあ。
実際問題として、目のこと考えたらサングラスしていた方がいいんだけどね。

レンズのない世界はまぶしく輝いていました。
(厳密に言えばコンタクトレンズつけてたのだが、まあ、そこは気にするな)
周りのランナー、応援の人たち、影で支えてくださるボランティアスタッフの皆様、みんな輝いていました。
こんな輝く空間の中で走れるありがたさをしみじみ感じました。
感謝の一言しかありません。

前半はあまり耳に入らなかった「くもモーン」の声援が本当にありがたかったです。
特に子供の声援は、力になります。
よく、プロ野球のヒーローインタビューで「ファンの皆さんの声援が打たせてくれました」なんてのを聞いて、「んなわけねーだろ。カッコつけんな」と思ったものですが、断言します。

最後の2kmは応援の力で走らせてもらいました。

一人なら無理です。
棄権まではしないですが、絶対に歩きます。
くまモンじゃなかったら、間違えなく、心の折れ幅がもっと大きくなったことでしょう。
目立つカッコして、応援まで受けて、みったくない走りをするわけにはいきません。

いよいよ、最後の直線に入ります。
ゴール地点がはっきり見えます。
しかし、そのゴールまでが長いこと長いこと。

ゴールの大時計は3時間39分台を表示していました。
「よし、3時間40分切りは無理でも、せめて3時間40分台でゴールしようではないか」と、一旦折れた心を真っ直ぐにします。
しかし、走っても走ってもゴールは近づいてこない。

3時間40分30秒、40秒、50秒……、51、52、53……。

時計は無常にも、3時間41分を過ぎてしまいました。
ここで本日2度目の心ポッキリタイム。

まあ、五体満足で走れて、コースベスト出せただけでいいじゃないか。
胸を張ってゴールしよう。

ガッツポーズでゴール。
TBSサンデーモーニングの張本氏が言っていたように、相手に失礼になるので、手は肩より上に上げないでのガッツポーズです。
しかし、対戦相手のいないマラソンでは、相手に失礼なこともないので、そこまで気を回すことはなかったような気もする。
全く張本氏め、余計なこと言うんじゃねーよ。
ま、目標タイムも過ぎちゃったし、控えめなガッツポーズと言うことでいいだろう。

ゴールタイム 3時間41分16秒(ラップタイム12分22秒)
完走計画に比べ、プラス2分16秒(ラップタイムでプラス22秒)

グロスで3時間40分切りはなりませんでしたが、スタートロスを引いたネットタイムでは3時間39分51秒と、ギリギリ3時間40分切りを果たしているので、まあ、今回はこれでいいということにしておきましょう。

つづく

[PR]

by gossy54200 | 2016-09-08 22:15 | ランニング | Comments(2)  

2016北海道マラソン参加記(その4)

その1 その2 その3

《20~30km》

そういや、20kmで色々補給しておかんとなあ。
ええっと、ジェルとアミノバイタルPROと、あ、そうだ痛み止めも飲んでおこう。
今はどこも痛くないけど、絶対に30km過ぎたらあちこちの痛みとの戦いになるから、今のうちから飲んでおけば30km過ぎからも涼しい顔して走れるだろう。

さて、痛み止めを2錠と…。
うまく錠剤を取り出すことができず一個落とした!うわ、もったいない。
果たして1錠だけで効き目あるのかしらんと思ったが、飲まないよりはいいだろう。
給水所を利用して、痛み止め摂取。

あ!ここで攣り防止の2RUNも投入するんだった。
でも、もう給水は通り過ぎたし、22.5km地点の給水まで我慢するしかないか。
アミノバイタルPROも水ないと飲みにくいし、これも我慢。

思うに補給はひとつの給水でひとつにのものに絞らないとダメですな。
この辺り、意味もなくあたふたしていたワタクシでありました。
ただ、あたふたしていましたが、給食のバナナはきちんとゲットしましたよ。
スイカも出ていたけど、スイカは利尿作用あるんで、マラソン大会の補給には不向きだと思うんだがな。

バナナパワーで元気が出たところで、中間地点到達。
タイムは1時間49分32秒。
完走計画では、ここで1時間50分を切っていたら自己記録狙いに走るって書いた気がしたので、ここから更に馬力上げていきますよ!
どうせ1時間50分を過ぎたところで、歩を緩めるってことはきっとしなかったと思うけどな。

手稲高校を過ぎ、前田森林公園が見えてきた。
そろそろ25km地点ですな。
えっほえっほと進んで行きましょう。

25km地点到達。
タイムは2時間09分02秒(ラップタイム25分16秒)
完走計画に比べ、プラス2分2秒(ラップタイムでプラス16秒)
若干計画より遅れてはいるが、こっからは5km辺りの目標タイムを26~27分に設定しているので、今のペースを保てば十分に取り返せる。
とにかく今のペースをキープすること。
それが一番大事。
負けないこと、投げ出さないこと、逃げ出さないこと、信じぬくことよりもずっと大事。

25km地点から折り返しまでが今までは長く感じていたが、今年は「25km地点からあと約1km」と具体的な数字が見えていたので、特に気になることもなく、いつものごとく折り返しの巨大三角錐をタッチしてターン(タッチする意味は不明)。
よし、新川通もあと半分だ!

27.2km地点の給食で、石屋製菓提供の白いバウムゲット。
一個掴み損ねてポロリしたが、二個目を無事にゲットしてパクリ。
口の中パサパサすると思ったけど、手ごろな大きさにカットされててグッドでした。
あと、塩あめがあったのも、ありがかったねえ。
袋に入ってないで、そのまま食える状態になっていたのがナイスでした。
ナトリウムも補給して、これで30km以降も戦えます。

新川通の復路はゆるい追い風だったんだけど、追い風だと前から風吹いてこないんで、余計に暑さ感じるねえ。
ちょうど気温が上がってきた時間帯でもあったし。
それでも給水をしっかり取って、2年前のように、給水所でコップ2杯も3杯も水をがぶ飲みすると言うダメダメ補給にはなりませんでした。
この辺りで、忍ばせていたもうひとつのOS-1ゼリーを摂取。
今思えば、OS-1ゼリーは2つもいらんかったな。
ポーチの中にモノがあるのが邪魔くさかったので、とりあえず摂っとくって言った感じ。

目の前のランナーについていくことに集中していたので、往路のランナーを見る余裕なし。
でも、たまたまちらっと見たところでtoneさん発見。
手を振ったり、「toneさーん!」と大声を出す余裕もないので、心の中だけでエールを送ります。

30km地点通過。
タイムは2時間34分48秒(ラップタイム25分46秒)
完走計画に比べ、プラス1分48秒(ラップタイムでマイナス14秒)

7月の30kmレースであった釧路湿原マラソンのタイムが2時間34分36秒と、今回の道マラの30km地点とほとんど変わらない。
別に狙ったわけではないが、結果的には、湿原マラソンが今回の道マラペース走の予行練習になっていたのだね。
さすが私だ。
湿原マラソンは完璧な道マラリハーサル走だった。

逆に言えば、もっと湿原マラソンで本気出さんか!という話にもなるが。

《30~35km》

32km辺りで長い新川通とはおさらばして、西野屯田通に入ります。
と、ここで「Gossy!」という声がする。
はて、私は疲れ果てて、ついに幻聴が現れたかと右手を見たら、なんとゆげ氏が応援に来ていたではないか!
全く、こうやってギンギラギンにさりげなく登場するところがゆげ氏のニクいところで、感謝の言葉もない。
しかも、彼は走行中の私の写真まで撮ってくれた。

a0156548_22424543.jpg
サングラスで表情はわからないが、多分、このときの私はキツネにつままれたような表情をしていたと思う。
思わぬゆげ氏のサプライズであった。

しかし、こうやって写真を見ると、私は足裏全体で体の真下に着地することを心がけているのに、実際はかかとから体の前で着地しているのね。
私の前のランナーと比べると、違いは一目瞭然。
オールスポーツの写真は正面からの写真なので、自分のランニングフォームがよくわからないのだが、こうして横からの写真があると非常に勉強になりますな。

30km過ぎても、今回はそんなにペースが落ちた感じはない。
しかし、相変わらず時計はほとんど見なかった。

30kmまではタイムに振り回されて、自分のペースが乱されるのがイヤだったという理由で時計を見なかったが、30kmからは、正直時間を見るのが怖かった。
目標の3時間40分以内から、大きく遅れたペースだったらどうしようと考えると、怖くて怖くて時計を見る勇気がなかったのです。

西野屯田通を過ぎ、私の嫌いな新琴似2条通へ。
しかし、新琴似2条通に入っても、そこそこ脚は動いている。
痛み止めが効いてきて、本来出てくるであろう痛みを感じなくなったのかね?
2年前のようなふくらはぎ攣り警報が出ることもなく、心を無にして歩を進めます。

私設エイドがコーラを提供してくれています。
糖分とカフェインのあるコーラは補給に最強と思っているので、思わず手を出してしまいましたよ。
しかし、コップをつかみ損ねてポロリ。
ああ、申し訳ない私設エイドの方。
今思えば、コップを満足につかむことができないぐらいに疲れていたのだろうね。

沿道の吹奏楽がYMCAで応援してくれている。
2年前は、ここで併走していたふなっしーコスプレランナーに、YMCAを踊られながらぶっちぎられたのであったが、今年は粘り強く走れている。
さすがにYMCAを踊りながら走る元気はなかったが。

35km地点通過。
タイムは3時間01分08秒(ラップタイム26分20秒)
完走計画に比べ、プラス1分8秒(ラップタイムでマイナス40秒)

残り7.195km。
3時間40分まで残り39分だから、このペースを保てば目標達成は間違いない!
私の嫌いな新琴似2条通ももうすぐ終わるし、このまま今回の道マラは行けるそ!

そんな風に考えていた時期が、俺にもありました……。

つづく

[PR]

by gossy54200 | 2016-09-06 23:10 | ランニング | Comments(0)  

2016北海道マラソン参加記(その3)

その1 その2

《スタート~10km》

Cブロックはビル影のおかげで、直射日光に当ることもなく、待っている間は快適でしたね。
気温は、正面に見える明治安田生命札幌大通ビルの温度計で18度と、申し分ないです。
今まで私が参加した北海道マラソンの中で、最高の気象条件ではないでしょうか。

いつも通り、高橋はるみ知事の挨拶とかがあった後、テレビ塔の時計でカウントダウンが始まりスタート!
まあ、今回も含め、今までテレビ塔の時計のカウントダウンが見れる位置でスタートしたことなんかないですがな。

Cブロックの後ろの方に並んだ割には、スタートロスは1分25秒とまずまずの感じ。
まずは駅前通を南へと進みます。
初っぱなから、札幌の中心部を走る非日常感が心地よいです。

走り出して、日の光がじりじりと感じられますね。
足取りもいまいち重いのかも。
まあ、5kmまでは上りだし、ここを我慢すれば、そのうち足取りも軽くなっていくでしょう。

ただ、2kmぐらいで早くものどの渇きを感じる。
早めに忍ばせていたゼリータイプのOS-1を摂る。
2年前みたいに脱水状態にならんきゃいいがなあ。

完走計画にも書いたように、走るときは「ひたすら無心」を心がけていたので、気がつけば5km地点が見えていたって感じでしょうか?
今までは周りの風景や、沿道の様子などをちょろちょろ見ながら走っていましたが、今回はひたすら私のペースに近いランナーに食らいつくだけって感じで、よく言えば大会の雰囲気に飲まれなかった、悪く言えば、風景も何も見ないで走っていて本当に楽しいの?状態でした。

5km通過タイム27分54秒(ラップタイム26分28秒)
完走計画に比べ、プラス54秒。
スタートロスを考えれば、まあ、こんなものなのでしょう。
20kmぐらいまでは時計を見ないで、ひたすら気持ちいいペースで走ることに専念します。

平岸街道に入って、下りになり、ペースが上がってきたような気がします。
5.5kmの給水は混雑のため、摂ろうかどうか、ほんのちょっと迷いましたが、しっかり摂ることにします。
にしても、スポーツドリンクがセイコーマートオリジナルブランドってのはチープだなあ。

8kmでジェルを摂ろうなどという計画だったが、ジェルを補給したところで、ゴミ箱がないなあと思いパス。
補給関係はグダグダで、結局、思い出したときに摂りたいものを摂るって感じでしたね。
ただ、結局それでエネルギー切れを起こすこともなかったので、ジェルやアミノバイタルの類は必要最低限の量でよかったような気がします。

相変わらずサウナのように、もわあっと来る創成トンネルをくぐります。
創成トンネルで、今回の大会のアンバサダーである尾崎好美さんを抜かします。
アンバサダーの意味はわかりませんが、ここで大事なことは

ロンドンオリンピック代表の世界の尾崎好美を私が抜いた

という事実である。

mugenさんがブルベで「世界の三船さんの前を走った」ことを誇らしげに思われているようですが、私も世界レベルの方の前を走ることができ感無量でございます。
2年前の大阪マラソンで谷川真理さんを抜かしたことに続き、また私は世界レベルのランナーに近づいたと、大いに勘違いするのであった。

サウナ状態の創成トンネルを抜けると、夏の日差しが降り注いでいましたが、それ以上にさわやかな風がありがたく感じましたね。
今回の往路は向かい風でしたが、逆に言えば、その分前から涼しい風が吹いてくるので、そんなに苦痛ではなかったです。
これだけランナーがうじゃうじゃいれば、向かい風の空気抵抗など、あってないようなものですし。

10km地点到達。
タイムは53分00秒(ラップタイム25分06秒)
完走計画に比べ、プラス1分(ラップタイムでプラス6秒)

5~10kmまでは緩い下り基調ということもあり、ここで最速ラップをたたき出します。
ここまでは計画通りで、あとはこのスピードをどこまで維持できるかってことですね。

《10~20km》

何も考えずに、オートマチックに勝手に脚が動くという感じです。
毎回そうなのですが、フルマラソンでは10~20kmぐらいが一番快適に感じますね。
15km地点手前で、見知らぬ方に「くまモン暑くないですか?」と声をかけられましたが、この程度で暑さを感じるようでしたらくまモン失格です。

ガーミンは創成トンネルの影響か、途中からずれたところでラップ取るようになってきたので、ほとんど見ることなく。
大体自分のペースは体感でわかるので、時計見る必要もないだろうと。
瀬古さんの本にも「時計など見なくていい、ペースは体感で覚えろ」なんてこと書いてあったような気がするし。
とにかく、周りにペースを合わせて集団に連れてってもらいます。

15km地点到達。
タイムは1時間18分30秒(ラップタイム25分30秒)
完走計画に比べ、プラス1分30秒(ラップタイムでプラス30秒)

完走計画比で遅れが目立ち始めてきましたが、こんなところであせっても仕方がありません。
とにかく30km過ぎてからが勝負と、たんたんと歩を進めることに専念します。

新川通に入る手前の坂がしんどく感じたなあ。
ひょっとして今日調子がよくないのかなあ。
いやいやいや、こんなネガティブな考えは追放。
やばいと思ったら、ひたすら自分の呼吸に耳を傾け精神を集中します。
この「呼吸に集中」戦法は効果ありましたね。
35kmぐらいまでは、ものすごくフラットな精神状態で走ることができました。

新川通に入ってトップ選手がやってきますが、対向車線を見ることもなく、ひたすら自分の目の前のランナーにペースを合わせることに集中します。
新川通の直線は確かに苦痛に感じるかもしれませんが、釧路湿原マラソンや別海に比べたら大したことないですよ。ホントに。
(ただし、日陰がなく、直射日光を容赦なく浴びることは除く)
特に目印もなく、殺風景の直線が延々と続くことに比べたら、新川通は天国です。
コーチャンフォー→スーパーアークス→手稲高校→前田森林公園と目印を決めて、そこを一区切りに考えながら走ると、大分精神的には楽になるんじゃないかなあと思います。

そんなこんなで20km地点通過。
タイムは1時間43分46秒(ラップタイム25分16秒)
完走計画に比べ、プラス1分46秒(ラップタイムでプラス16秒)

先ほども書いたように、時計はほとんど見てないんですが、びっくりするぐらい完走計画にほぼ忠実なペースで走れていますね。
自画自賛するようであれですが、計画の段階で、自分の実力を客観的に判断して、無理のない計画が立てられていたのだと思います。
「30kmまではオートマティックに自分の体が欲求する気持ちいいペースで」ということを守り、残り22.195km、ど~んと行ってみよう!

ここまで補給、給水ともに、しっかり取れています。
とにかく勝負は後半です。

つづく

[PR]

by gossy54200 | 2016-09-04 23:01 | ランニング | Comments(2)  

2016北海道マラソン参加記(その2)

その1

《大会当日〜スタートまで》

5:00 起床
5:30 シャワーとか浴びたり身支度
6:00 朝食(ごく普通の日本の家庭の朝食。詳しい内容は覚えていない)
6:45 姉のクルマで、高速バスのバス停へと送ってもらう
7:00 バスに乗る
7:45 会場到着。地下街のトイレへ
8:00 大通公園をうろうろ。給食のトマトとバナナを食べ、コップ1杯の水を飲む。水を飲むついでに攣り防止の2RUNを1錠摂取。アンパンマン姿のかっぱちゃんに挨拶しようと思ったが、ここで猛烈な尿意&便意
8:30 仮設トイレは怒涛の30分待ちであったが、どうにかこうにかさっぱりする。念のため胃腸薬を飲む
8:35 スタート地点Cブロックのほぼ最後尾に陣取る。ビル影で日が当らなく、涼しくて快適
8:40 アミノバイタルパーフェクトエネルギー&アミノバイタルPROを摂取。これでスタート前のエネルギー補給は終了

前日から「ウォーターローディング」と称して水を飲みすぎて、トイレが近くなる。
あんまりそういうの意識しない方がいいかもね。
マラソン大会だからと言って、特別なことをすることなく、普段通りが一番なのかね。
緊張なのか何なのかわからんが、マラソン大会直前の私は便が緩くなる仕様なので、そこは気にしない。
初めて北海道マラソンに出たときは、整列からスタートまでの時間がすげー長く感じたが、なんか今回は整列からの25分があっという間に過ぎたような気がするな。

《装備》

まずは服装
・Tシャツ
・アンダーアーマーヒートギア(半袖)
・ポケット付きランパン(ウエスト部分にポケットがたくさんあって、ジェルを入れるのに便利)
・ふくらはぎのカフガード
・ファイテン足王5本指ソックス
・SEVのネックレス
・コンタクトレンズにZOFFのスポーツサングラス
・揺れないタイプのウエストポーチ
・ニトリートテーピング ひざかんたんスポーツ
・首を冷やすスカーフ(いっつも忘れて直前にドラックストアで買うので、うちにはこの手のスカーフが無駄に3枚ぐらいある)
・くまもん被り物(重要)

初めて使うもの
・アンダーアーマーヒートギア

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー) USAモデル ヒートギア アーマー 半袖 コンプレッション メンズ シャツ 1257468

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)

null


当初はTシャツ一枚で行こうかと思ったが、朝の気温が低いのでスタート待ちのうちは寒いかなあと、あんまりよく考えないでTシャツの下にコンプレッションウェアを着てみました。
コンプレッションウェアは乳首擦れ対策にもなるしな。

・ファイテン足王5本指ソックス

ファイテン(phiten) 足王(ソッキング) 5本指 ブラック/レッド 25-27cm 1413AL906673

ファイテン(phiten)

undefined


今回は足首のテーピングはやめることにしたので、その代わりにテーピング効果があるとうたわれているファイテンの足王を試してみる。
私は長距離走ると、指と指が擦れるので、履くのがめんどくさくても5本指ソックスをチョイスします。

・ニトリートテーピング ひざかんたんスポーツ

ニトリート(NITREAT) テーピング ひざかんたんスポーツ HK-75435

ニトリート(NITREAT)

undefined


いつもテーピングは「ニューハレ」シリーズを使っていたのだが、こっちの方が簡単に貼れるので、めんどくさくない方をチョイス。
正直、故障もしてないのに膝のテーピングなんているか?という思いもあるが、おまじないみたいなもんだね。

やめたもの
・足首のテーピング
今まではフルのときは、「ニューハレテープ3枚重ね」でギチギチに足首を固めていたが、みやすのんきの本で「足首は柔らかく緩めるべし」という記述に影響され、テーピングなどいらんと。
その割には、テーピング効果のあるソックス使っているところが、私の中途半端なとこなのだが。

そんでもって、補給物
・パワージェル5つ
・塩タブレット5つ(完走計画には塩あめと書いたが、買い忘れた)
・スポーツようかん3本
・OS-1ゼリータイプパウチ2個
・アミノバイタルプロ5本
・アミノバイタルパーフェクトエネルギー
・痛み止め2錠
・胃腸薬
・攣り防止の2RUN3錠

去年の別海のときに使ったアミノバイタルパーフェクトエネルギーが効いたような気がしたので、ゲンかつぎに飲んでみた。
「後半まで途切れない全力のパフォーマンスを期待できます」という宣伝文句にウソ偽りはないはずだ。

ミズノ(MIZUNO) アミノバイタル パーフェクトエネルギー130g 16AM6200

ミズノ(MIZUNO)

null


こうして見ると、持ち物持ちすぎですね。
レース中も、ポケットをまさぐって「あれでもないこれでもない」とテンぱったときのドラえもん状態になっていました。
厳選して、どこに何が入っているかということをきちんと把握しないといけませんな。

次回からようやく実際のレースを振り返ることにします。

つづく

[PR]

by gossy54200 | 2016-09-01 22:08 | ランニング | Comments(0)  

2016北海道マラソン参加記(その1)

《心構え》

真夏の暑い中に行われる北海道マラソン。
厳しい気候条件のため、記録狙いには不向きの大会であると言われています。
んでもって、その言葉にすっかり甘えきってしまって

「道マラは完走できればOK、タイムは二の次」

などと、甘ったれたしみったれたことを考えて、過去4回は臨んできたような気がします。

しかし、今年の北海道マラソンは私にとって特別なものなのです。
安易にファンランでいいやなどと考えず、記録狙いで行こうと覚悟を決めました。
以下、その理由。

・先月の釧路湿原マラソンの結果がショボすぎて、これはリベンジしなくてはと思った。
・みやすのんきのマラソン本に影響された。
・通算10回目のフルマラソン&5回目の北海道マラソンの集大成にしたかった。
・美幌のデュアスロンが中止になって、ここに全情熱をぶつけるしかないと思った。

《8月の練習》

釧路湿原マラソンで「このままではダメだ」と思った。

ジム通いをしているので、ついつい使わないともったいないと思い、外を走らずに、トレッドミルに逃げてきた。
しかし、トレミでは走力はつかない。
やはり、実際に地面の上を走ってナンボだろと。
8月になって、心を入れ替えて、外を走るようにした。
雨が降っても、ランニングコースのある湿原の風アリーナを使い、トレッドミルは使わないように心がけた。

んで、みやすのんき本の影響で、フォームを変えたところ、今までよりも少ない労力でキロ5分を切って走れるようになってきた。
初めて岩本能史さんの本を読んだとき、今までキロ6分以上かかっていたのが、いきなり5分台で楽に走れるようになったのと同じぐらいの感覚で、私の中で、パラダイムシフトが起きた。

トランプの大富豪をやっていて、3を4枚出されたときのような衝撃である。
これは奥さん、革命ですよ。革命。

ただ、美幌対策もあったために、8月になっても実走は150km程度で、ロング走もハーフの距離2回やった程度なんだよね。
うち1回は30kmの予定を途中でやめているし。
大会6日前のハーフ走で、すっかり大腿四頭筋が筋肉痛になり、あ、これは長距離走る衝撃に耐えうる着地筋ができてないなあと。

ラン10km+バイク80km+ラン10kmのひとりデュアスロンも、かなりしんどい練習だが、これではフルマラソンに耐えられるような着地筋は鍛えられないというのが、私の体感的な感想。
やはり、バイクではランニングに使う筋肉は鍛えられないのである。

《大会前日》

朝の釧路発の高速バスで札幌へ。
12時過ぎに到着し、大通公園で受付を済ませます。

a0156548_22091672.jpg


去年の別海でそこそこ走れたのが効いて、今年もCブロックスタートを死守です。

a0156548_22091600.jpg


やっぱ、都市型マラソンは華やかでいいなあ。
明日はこんなところを走るのかと思うと
自然とテンションが上がる。

んで、もう一回バスに乗って、岩見沢の実家に戻ります。

a0156548_22091700.jpg


当日の天気をチェック。
気温はスタート時21度で、ゴールが予想される13時でも25度と、申し分ない。
しかも、湿度は低く、風向きは復路で追い風と、完璧である。
真夏日の北海道マラソンも経験した身としては、これ以上にないぐらいの予報である。
これで自己ベスト出なければ、マラソンは引退、いや、死んでお詫びしなければならないレベルの最高のコンディションである。
これで失敗レースになっても、言い訳は一切出来ない。

ブログ上の親切な方のアドバイスにより、前日に2RUNを1錠投与し、攣り対策に備える。
カーボローディングは意識せずに、実家でちょっと豪華目の食事を摂ります。
OS-1でウォーターローディングするけど、小便が近くなって、私には合わないのかなと?

24時間テレビで、不覚にもたい平さんにグッと来るものがあったが、だからと言って100km走る必然性はあるんだろうかね。
どうしても100km走りたいんなら、あんなTV局のスタッフとかに頼らずに、サロマとかのウルトラマラソンに出ればいいじゃんと。
作られた美談があまり好きではない私。

あまり薬に頼るのは好きでないが、眠剤に頼って、グッスリ眠ることを優先しました。
22時には就寝。
おやすみなさい。

つづく
[PR]

by gossy54200 | 2016-08-30 21:12 | ランニング | Comments(0)  

2016北海道マラソン参加記(速報編)

2016年の北海道マラソンも終わり、ワタクシは現在、高速バスに揺られて、釧路に戻る途中です。

にしても、最近のバスは便利だね。
車内にWi-fiついてるんで、自由にネットができて、あんまり退屈しない。

そんなわけでございまして、車内より今回の北海道マラソンの結果をご報告いたします。

a0156548_21085490.jpg

Cブロックスタートなので、ロスタイムは1分25秒と少なめ。
途中のラップは、特に狙ったわけでもないのに、びっくりするぐらい完走計画に近いものがありましたね。
ただ、計画よりも微妙に20〜30秒ぐらい遅れているペースが積み重なり、大目標である3時間40分切りはなりませんでした。

特にここで失敗したというポイントはありません。
脱水も脚の攣りも痛みもなかったです。
それでも、37km辺りからペースが落ち始め、北大構内では、ほとんど歯止めの効かない状態でした。

レースマネジメント的には満足しているのですが、それでも結果が出なかったのは、走力不足&練習不足によるものでしょう。
月間200km未満の距離で、ロング走もポイント練習もやらないで、簡単に記録が伸びるほどフルマラソンは甘くありません。

それでも通算10回目のフルマラソンを自己ベストで終えたことには満足しています。
また、来シーズンのサブ3.5も本格的に視野に入ってきたのではないかと思います。

詳細は後日書いていきますが、まずは応援してくださった皆様へご報告するとともに、お礼を申し上げます。

ありがとうございました。
[PR]

by gossy54200 | 2016-08-28 20:50 | ランニング | Comments(2)  

2016北海道マラソン完走計画

私以外の人にとってはどうでもいいことですが、今回の北海道マラソンは、私にとって通算10回目のフルマラソン&5回目の北海道マラソンと記念すべき大会になります。
そんな記念すべき大会なので、ここは自己ベストを更新する3時間40分切りで走るのが筋だろうと、強気に完走計画を立てることにしましょう。

《装備》

当日の天気予報はこんな感じ。
a0156548_21124120.jpg










「晴後雨って、何時から雨やねん!」と思ってしまうが、ここは恵みの雨は降らないものとして、直射日光の中を走る覚悟をしておいた方がいいだろう。
最高気温は25度と控えめであるが、何があるかわからない北海道マラソンだ。
油断することなく、暑さ対策は万全にしていきたい。

8/14の練習で暑さ対策として、長袖+ロングタイツで走ってみたが、さすがにこれは無謀だった。
15kmぐらいで早くもバテてしまい、すっかり消耗してしまったのであった(予定の30kmをこなせず、21.1kmで撃沈)。
やはり本番は涼しげに、半袖Tシャツ+短パンで行きましょう。
ロングタイツの下半身サポート力は捨てがたいものがあるが、膝にテーピング、ふくらはぎにカフガードで、だましだまし脚をガードしながら走って行こう。
a0156548_21244275.jpg















頭は熊本県民への応援の意味もこめて「くまモン」で。
沿道からの応援を大きくするためには、こういう小道具が欠かせない。

ジェル類は美幌で使う予定だったものが余ってるので、そのまま使う。
あと、スポーツようかんとか、塩あめとか。
ドリンクは持っていかないが、代わりにOS-1のゼリータイプを2個忍ばせようかと。

大塚製薬工場 オーエスワンゼリー 200gx6

大塚製薬工場

undefined

胃腸薬と痛み止めも持っていきましょう。
というか、胃腸薬はあらかじめ飲んどいた方がいいな。
去年の別海の悲劇を忘れてはいけない。
参加者の少ない別海だったからよかったものの、あれ道マラでやったら、間違いなくトイレ待ち中に漏らしていたに違いない。

2年前は30km過ぎから、攣りそうなふくらはぎと戦っていたので、今回は「2RUN」で対策。
初めて使うことになるので、効き目はわからんが、一部のブルベ愛好家が絶賛しているぐらいだから、きっとすごいものがあるのだろう。

梅丹本舗 2RUN 2粒×15袋

梅丹本舗

undefined


《作戦》

希望的観測の目標ラップ。

5km 27:00
10km 52:00(ラップ25:00)
15km 1:17:00(ラップ25:00)
20km 1:42:00(ラップ25:00)
25km 2:07:00(ラップ25:00)
30km 2:33:00(ラップ26:00)
35km 3:00:00(ラップ27:00)
40km 3:27:00(ラップ27:00)
42.195km 3:39:00(ラップ12:00)

「ネガティブスプリット」などクソ食らえの精神で行きます。
今まで前半抑え気味に行ったときも、何だかんだで後半の方がタイム悪いし、前半突っ込んだと思っても、意外と後半タイムが落ちていない傾向にあるので、前半に貯金を作るスタイルの方がいいかと。

マラソンは等速直線運動だと思うんで、ある程度最初に勢いつけて、それをできるだけ保つスタイルの方が、途中から上げていくよりはラクなんじゃないのかなと思ったりする。
練習でも、最初の3kmでキロ5分ぐらいで走っているときは、意外と20kmぐらいまでそのペースはずっと続くし、逆に最初ゆったりキロ5分30秒ぐらいで入って、後から上げていこうと思っても、思うように上がっていかないものなのである。
マラソンにもある程度「慣性の法則」は成り立つんじゃないのかなあと、物理赤点男の戯言。
5kmぐらいでトップスピードに持っていって、それをできるだけ保つ作戦で行きましょう。

一応、目標ラップタイムは設定していますが、20kmまではあんまり時計見ないで、「自分の気持ちいいペースで、他人に引っ張ってもらう」戦法で行こうと思います。
別海もその戦法で、15kmまではサブ3.5ペース保てたしな。

で、中間地点で、1時間50分切れれば、自己ベスト狙いで。
1時間50分過ぎたら、安全策でサブフォーでまとめることを考えましょう。
サブフォーでまとめること考えたら、残り半分はキロ6分オーバーペースにさえずれ込まなければ、十分行けるはず。

自己ベストを狙うものの失敗レースにはしたくない。
悪くてもサブフォーにまとめられると、今後の自信になるでしょう。

補給は2年前失敗した感があるので、今回は余裕を持って。
ジェルは5個持っていって、8km毎に補給。
アミノバイタルPROは10km毎に補給。
Na不足に陥らないために、常に塩あめを口にふくませているぐらいでちょうどいいんじゃないだろうか。
(と、最近読んだマラソン本に書いてあった)
スポーツようかんは、そのときの気分で食べたくなったら食べる。
今まで心肺機能で30km以降バテたと思ったことはない、全て脚が持たなかったことによる。

そんでもって攣り防止の「2RUN」はスタート前と20km過ぎぐらいで2錠ずつ。
痛み止めは痛くなくても20km過ぎぐらいで飲みます。
どうせ30km過ぎぐらいで、あちこち痛くなるのはわかってるから。
胃腸薬はお守り代わり。

給水は基本全部取りますが、最初の5km10kmの混雑しているところではパスして、OS-1でしのぐのもありかと。
人がバラけてから、ゆっくり給水しましょう。

あと、メンタル的なものですが、多くの人は「新川通が苦痛」という意見のようです。
しかし、私はそこまで新川通は嫌いではありません。

ただ、往路の森林公園から折り返し地点までがめっちゃ長く感じるんだよね。
a0156548_22250339.jpg







折り返し地点に目印となるようなものがないので、イマイチ距離感がつかめない。
森林公園から折り返しまで1kmぐらいしか離れていないんだけど、毎回、5kmぐらいに感じちゃうんだよね。
「森林公園が見えたら、あとたった1kmで折り返し」と考え、ガーミンの数字見ながら、気持ちを保っていきましょう。

でもって、新川通の復路はまだいいのです。
手稲高校見えた辺りで、「ああ、もう復路も半分ぐらいか」と気が楽になるんでね。
(実際は、半分以上あるけど、そこは脳みそをだますのです)

しかし、新川通が終わって、「コの字」型にコースを取るところが、毎回苦痛だ。
特に35km地点のある「新琴似2条通」。
a0156548_22332023.jpg









新川通の影に隠れているけど、意外とここの直線も長いんだよね。
往路はそう感じないけど、復路になって身にしみる長さ。
逆に言えば、ここを乗り切って、再び新川通に入ると、「あとはゴールだ!」と気が楽になるので、いかに「魔の32~37km」を乗り切るかがカギですね。
ここで毎年どっかこっか痛くなるってのもあるんだけど、一番大きいのはメンタルの問題でしょう。
だって、39km過ぎの北大構内からは、割合楽に走れるんだから。

メンタルを鍛えるために、今回心がけたいことは

何も考えずに走る

ということです。

これは動く瞑想なんだってぐらいの心構えで、自分の呼吸に全神経を集中して、機械的に脚を動かしていくことですね。
あまり、景色や沿道に気をとらわれずに、前の人の背中をずっと見るぐらいの感じで。
殺風景で直線が続く、釧路湿原マラソンや別海のときも、その戦法で乗り切ってきたので、北海道マラソンでもお祭り騒ぎに浮かれずに、淡々と距離を積み重ねていくことに専念していきたいものである。
みやすのんきの本にも「脳みそを使いすぎると、脳にばっかり血流が行って、筋肉に血が回らなくなり疲れる」みたいなこと書いてあったしね。

あと、瞑想本に書かれていたが、辛い時は形容詞ではなく名詞で物事を考えた方がいいとのこと。
例えば、痛かったり暑かったりするときは「痛い!」「暑い!」と形容詞で考えるのではなく、「私の中に『痛み』がある」「この空間には『暑さ』がある」と「痛み」や「暑さ」という名詞で考えなさないと。
形容詞で物事考えると、その感情に脳みそが支配されるようです。
冷静に行きましょう!


んなわけで、ゴタゴタと書いてきましたが、去年の別海のように35kmを過ぎても、余裕を持って沿道の声援に応えられるような、楽しい42.195kmになるといいですね。
楽しんで走ることができれば、記録はおのずからついてくるものと信じています。

そして、くれぐれも突発性の下痢だけには気をつけます。

ごきげんよう。

※ 8/26追記

また天気予報変わりやがった。
a0156548_23062333.jpg









雨が降らんのはいいとして、最高気温が地味に1度上がりやがっている。
やっぱ道マラは基本晴れる運命にあるのね。


[PR]

by gossy54200 | 2016-08-25 23:01 | ランニング | Comments(2)  

みやすのんきのマラソン本がすごい!(その2)

その1

みやすのんきのマラソン本がすごいです。

走れ! マンガ家ひぃこらサブスリー 運動オンチで85kg 52歳フルマラソン挑戦記!

みやす のんき /実業之日本社

null


この本は3部構成になっていまして

第1章 ランニングフォーム
第2章 筆者のサブ3までの道のり
第3章 練習メニュー

について、それぞれ書かれています。

ランニングのモチベーションを上げるためには、第2章、第3章が優れていますが、なんと言ってもこの本で一番優れているのは第1章です。
ランをやっている人で「シザース」という言葉を知らない人は、迷わず買いです。

YouTubeで「シザース」を検索ワードにするとこんな動画が出てきます。



もちろん、こんなケッタイなフォームで実際に走るわけではないのですが、意識としてはこんな感じです。

「足を後ろに蹴って進むのではない!前に出して進むのだ!」

今までは、下の図のような意識で走っていました。
a0156548_21082083.jpg











しかしこれだと、どうも上下にぴょこぴょこするような動きになって、かつ、ふくらはぎに負担がかかる。

そうではなくて、蹴り上げるのではなく、着地したらすぐ脚を前に出すのだ。
a0156548_21192050.jpg










するとどうなるか?

まずはピッチが早くなる。
膝を伸ばして蹴り上げるという動作が省かれるので、当然脚の回転は早くなる。

そして、脚への負担が少ない。
蹴り上げないので、ふくらはぎへのダメージがほとんどない。
脚の裏の筋肉だけで走っているような感じだ。

ただ、今のところ、脚を前に出すことを意識しすぎて、着地点が体の前になってしまう傾向がある。
あくまでランニングの基本は、体の真下に脚を下ろすことであり、これだと着地時の反力をうまく伝えられない。

なんとなくであるが、着地点を体の真下にするコツとして

・膝を伸ばさない
・腰を低くする


ということが大事なのではないかと思う。
a0156548_21371048.jpg










なんか、わかりにくい図であれだが、脚の動かし方について、本に書かれている表現をそのまま使うと

ママチャリのペダリング動作に似ています

この表現で優れているのは、みやすさんが意識しているかどうかはわからんが、あえて「自転車」ではなくて「ママチャリ」としているところである。

ロードバイクのようなスポーツ自転車だと、地面につま先がつくかどうかのところまで、サドルを上げます。
すなわち「腰高」のフォームです。
しかし、ママチャリでは、地面に足がべったりつくぐらいサドルを下げます。
すなわち「腰低」のフォームです。

ここからは私見であるが、ランニングではロードバイクのような前傾姿勢は必要ではありません。
というか、あんな前傾姿勢で、まともに走れるわけがありません。
ロードバイクはハンドルという支えがあるから、あのポジションが成り立つわけです。

ハンドルの支えがないランニングでは、ママチャリのように上半身が突っ立ったポジションになります。
そうすると、脚の運びもママチャリっぽくするのが理にかなっているのではないかと。
この辺の理論的裏づけは全くありませんが……。

さて、ここまで私のつたない文章と、わかりにくい図で、なんとなく感覚的なものを伝えてきましたが、実際のところは、みやすさんの本を読んでもらうのが一番いいです(そんなことを言うと、ここまで書いてきた意味がほとんどないですが)。
さすがに漫画家だけあって、絵が最高にわかりやすく、読むたびに目からウロコがこぼれまくります。

・フルマラソンでタイムが伸び悩んでいる。
・岩○能○さんの本の内容にちょっと疑問を持っている。

(私がサブフォーレベルまでに上達したのは岩○さんの本の影響が大きいので、あまり悪く書きたくないのだが)

そんな方にみやす本を激しくおすすめします。

ごきげんよう。

[PR]

by gossy54200 | 2016-08-16 22:06 | ランニング | Comments(0)  

春採湖周回ラン

本日は会社はお盆休み。
昨日の疲れもあるしということで、午前中は高校野球見ながらウダウダしていたが、これではいかんだろということで、午後より活動開始。

めったに行かない春採湖へ回復ランに出かけます。
春採湖一周で4.5kmぐらいでしょうか。

a0156548_21355817.jpg

a0156548_21355993.jpg

a0156548_21360072.jpg


日頃、家の周辺の住宅地ばっかり走る味気ないランニングが続いてるんで、気分転換にこういうとこ走るのもいいだろう。

a0156548_21360028.jpg


大半が未舗装路で、膝にやさしい感じ。

a0156548_21360107.jpg


ラストは上り坂で追い込みます。
美幌のラストも上りなので、対策しておかなければな。
というか、もっと早く対策せいやという話もあるが。

a0156548_21360166.jpg


春採湖二周+坂道で締めくくり。
ま、こんなもんでしょう。

a0156548_21360201.jpg


春採湖近くには、スーパー銭湯の大喜湯があり、ランスパにはもってこいの場所なんだよな。
どうしてもっと早くこんな素晴らしいことに気づかなかったんだろうか。
うぃー、ランニング後のサウナと水風呂はたまらんぜ。

a0156548_21360223.jpg


締めはラーメン。
私は釧路系のあっさり細麺があまり好みではないのだが、ここは札幌の純連系の濃厚な味噌ラーメンがウリの店で、たまーに無性に食べたくなる。

やはり、休日はちょっとしんどいことをした後の、風呂、メシに限るなあ。
同じとこばっかり走るんじゃなくて、色々なランニングコースを発掘したいものだ。
できれば、風呂の近いところで。

ごきげんよう。
[PR]

by gossy54200 | 2016-08-12 21:12 | ランニング | Comments(0)