カテゴリ:ランニング( 143 )

 

釧路湿原マラソン30kmコース試走

昨日のザンタレ定食分のカロリーを消費するために、来月出場予定の釧路湿原マラソン30kmコース試走という罰ゲームを自分に課すことにした。

当初の予定では、リュックやウエストポーチやボトル持参で、ピクニック気分でおやつでも食べながら、キロ7分ぐらいでのんびり走ろうと思っていたので、まずはセイコーマートでおやつの買出し。
5個入りのミニクリームパンと豆大福とカロリーメイトとSOYJOYと88円スポーツドリンクをゲット。
このくらいあれば、30キロぐらいの距離なら持つだろう。

まずはスタート地点の運動公園内にある陸上競技場へ。

a0156548_18255031.jpg


正確なスタート地点がわからんので、多分こんなもんだろうというところから、テケテケとスタート。

運動公園を抜けて、柳橋通を南下します。

a0156548_18261046.jpg


最初のうちは市街地で、当日はそこそこ沿道の応援もいるのかなあと思いながら、5km地点ぐらいで、新釧路川の河川敷に入ります。

a0156548_18263320.jpg


まあ、どこまでも真っ直ぐな道で、しかも河川敷だから沿道の応援もほとんどないだろうし、これは心のスタミナが削られる道だなあと思いながら走っていたが、こんなものはまだ序の口であった。

8km地点ぐらいで河川敷は終わり、「釧路湿原道路」という、湿原を東西にぶったぎっている道路をひたすら進みましょう。

まずは「釧路湿原大橋」という長い橋を渡ります。

a0156548_18264575.jpg


「湿原マラソン」という名前に偽りなしというぐらいの、見事なまでの湿原っぷりですね。

a0156548_18265717.jpg


新釧路川を渡ります。

a0156548_1827148.jpg


この橋を渡ってからが地獄であった。
延々と変わらない風景、どこまでも真っ直ぐな道。

a0156548_1827412.jpg


民家も全くないし、これは河川敷どころではない地獄であった。
河川敷が心のスタミナを彫刻刀で削られる道だとしたら、湿原道路はショベルカーで急激に心のスタミナを崩す道なのである。
恐るべし、釧路湿原の力。

まあ、つまんないですね。
本番でも沿道の声援などゼロに近いんでしょうな。
反対方面からMTBで走ってきたおっさんが、「こんにちは」って挨拶してくれたのがすげえ嬉しかったよ。
そのくらい人恋しくなる、殺伐とした湿原道路なのであった。

同じような景色ばっかりで、どの辺りが折り返し地点かわからなかったので、ガーミンで15kmを指したところでUターンします。

Uターンしても、当然、単調な道は延々と続くわけであってだなあ。

a0156548_18275261.jpg


いや、これならマジで北海道マラソンの新川通の方が、まだマシだ。
平坦で走りやすい道なのだが、これだけ心のスタミナが崩されるとは夢にも思っていなかったよ。
22kmぐらいで、再び河川敷にめぐり合えたときの嬉しさと言ったら、それはもうひとしおであったよ。

おやつなんて食べるような休む場所もなく、仕方ないから食べながら走りますよ。
ポケットに入れていたはずのSOYJOYを、どこかでポロリして食べられなかったのが、かなりガッカリだった。
もし、湿原道路か河川敷にSOYJOYが落ちていたら、それは私のものなので返してください。

のんびりキロ7分LSDとか思ってたが、湿原道路のあまりの退屈さに、「早く帰りたい」と思い、途中からキロ5分30秒ペースで、写真も撮らず、おやつは信号待ちの間にとるという感じで、ガシガシ走ります。

運動公園に戻ってから、どこを走ればいいのかよくわからんかったが、とりあえずガーミンが30kmを指したところでゴールにしときましょ。

a0156548_1828524.jpg


晴れていて、かなり暑いなあと思っていたのだが、この日の最高気温は15度しかなかったのですね。
すっかり体が寒冷地仕様になっていて、もう灼熱の北海道マラソンは走れないんじゃないだろうか。

30km走って、ザンギ分の脂肪を燃焼しようという作戦だったのだが、まだ体の中の30%ぐらいはザンギに侵食されているようだ。
恐るべし、南蛮酊のザンタレ定食。

ごきげんよう。
[PR]

by gossy54200 | 2015-06-21 19:05 | ランニング | Comments(0)  

ピッチ走法からストライド走法へ

今年は北海道マラソンに出ないし、これと言った目標はないのだが、何となく走っている。
できれば速く走れればいいなあと思うが、今のままでも別にいっかぐらいのモチベーション。

なんとなくタラタラ走るのもよくないかなあと、自分に刺激を与えるために岩本本をKindle版で購入。
ランに関しては、基本私は岩本信者である。

型破り マラソン攻略法 必ず自己ベストを更新できる! (朝日新書)

岩本能史 / 朝日新聞出版



内容は今までの岩本本の焼き直しという感じもしたが、「この1秒を削り出せ!」って感じで、ふつふつとモチベーションが上がってくる。
出走予定の別海ではサブ3.5を本気で狙ってもいいのではないかと、たかが1冊の本を読んだだけで大きな気分になる単純な私であった。

以下、意識していきたいこと。

・体の真下で着地する
 → 体の前で着地すると膝の故障につながる。

・肘は横にスイング
 → やまめの学校で堂城さんも言ってましたね。ストライドが大きくなり、バランスが取りやすくなるメリットがある。

・軸は2軸でなくX軸
 → 2軸走法である「なんば走り」のアンチテーゼでしょうか。X軸のイメージがようわからんが、肩の軸と骨盤の軸が「X」の形で交差するってことでしょうか?要は「ひねれ」ってことですかね?

・速く走るならストライド走法が近道
 → 無理にストライド走法にするってことじゃなくて、上記のことを心がければ今までのピッチのままでストライドが伸びて速くなりますよってことだと思う。

ということで、軸を意識しながらストライドを伸ばすことを心がけて走ってみました。
私は大体キロ5分20~30秒ぐらいのペースで走ることが多いのですが、この走法だと特にスピードを上げているつもりはなくてもキロ4分50秒~5分のペースで確かに走れますね。
10キロぐらいなら、このペースで十分行けるが、長い距離だとどうなるのかねえ?
ストライドを伸ばすと、「故障するんじゃないか」と恐怖心が出てくるが、体の真下で着地することを心がけ、膝の負担を減らすことが大事なのかな。

以下、今後の練習法で取り入れたいこと。

・峠走
 → 峠走により「心肺機能」「推進力」「素早い動き」「着地筋」が鍛えられるとのこと。弟子屈市街から摩周湖の第一展望台まで片道約9キロなので、峠走の練習にはいいかもしれない。

・15キロビルドアップ走
 → 本によれば「最初の5キロ25分→次の5キロ24分→最後の5キロ22分30秒」で15キロを走れればサブ3.5は可能とのこと。とりあえず現段階で10キロ49分以内で走れるので、そっからキロ4分30秒ペースで、更に5キロ走ればサブ3.5行けるのか!…って、これめっちゃキツイやん。キロ4分30秒なんて未知の世界だからなあ。

どうせ走るんなら、それなりの目標を持って、楽しく苦しみたいものだね。
本日、記録が出やすいと言われている「別海パイロットマラソン」の申し込みをしたので、ここで悲願のサブ3.5を達成したいものだ。
今年のフルは別海一本に絞りますので、これに全てを注ぎますよ。

別海パイロットマラソンまで、あと109日。

ごきげんよう。
[PR]

by gossy54200 | 2015-06-16 21:03 | ランニング | Comments(0)  

湿原の風アリーナ

今日は自転車でロングライドに行きたかったが、思いっきり雨が降っていた。
降っていたものはしょうがないので、自転車はやめにして、ジムでトレッドミルにでも乗ろうかと思ったが、それもつまらないような気がするので、室内ランコースのある「湿原の風アリーナ」に行ってみることにした。

「湿原の風アリーナ」は、最近のマイブームになりつつある運動公園内にあるデラックスな体育館だ。
体育館に入ると、受付のおねえさんがさわやかに挨拶してくれて、「ランニングコースを使いたいんですけど」と言ったら、「アリーナ利用の券を買ってください」と言われ、券売機で買った。
1回240円なり。

さて、更衣室で着替えて、コースに行こうではないか。

ランニングコースは、この手の体育館にありがちな、アリーナの外周に作られたもの。
1周240mです。

a0156548_2274127.jpg


まあ、走るべし。

a0156548_22112413.jpg


窓から広大な釧路湿原を見ながら、うんこらせっせと走ります。

a0156548_22113545.jpg


約2時間半かけて105周(25.2km)のラン。
1ヶ月半後に控えた釧路湿原マラソン(30km)に向けて、長い距離を走っておかねばのう。

もっと混んでいるかと思ったが、ほぼ貸しきり状態で走りやすかった。
アリーナで大会とか行われることが多いので、使えない時間帯が多いのがちょっと難点かな?
それでも1日中使えないという日は、そんなにないようであるが(本日は9~13時のみ利用可だった)。

まあ、それでもトレッドミルよりはましなので、今通ってるジム辞めて、こっちに通うのもありかなあと。
1回410円で利用できるトレーニングルームもあるし、更衣室にはタダで使えるシャワールームもあるし。

展望台があって、釧路湿原を見下ろすことができます。

a0156548_22115441.jpg


湿原には遊歩道もあって、散歩できるようですね。
晴れた日に、のんびり散歩するのもいいかもしれない。

a0156548_221291.jpg


こういうデラックスな施設が安価で使えるのはいいですわね。
税金の元を取るべく、ガンガン使い倒していきたいものだ。

ごきげんよう。
[PR]

by gossy54200 | 2015-06-13 22:49 | ランニング | Comments(2)  

続・運動公園でランニング

この時期は1年で一番日の長い季節。
こんなときにジムのトレッドミルを走るのはもったいない、明るい空の下を走るのだ。

というわけで勤務終了後、キコキコとMTBを漕いで、運動公園に行きます。

a0156548_2234547.jpg


この前行ったときは、野球場やテニスコートの周りを走る、1周2350mのランニングコースを利用したが、今日は1周3180mと、これまた中途半端な距離のコースを走りましょう。
運動公園は走るフィールドがたくさんあっていいですわ。
車や信号を気にしなくてもいいですし。

a0156548_2283048.jpg


一応、看板では1周3180mとなっていたコースであったが、ガーミンの測定では3300mぐらいありましたね。
3周と100mぐらい走って、ちょうど10kmとキリがそんなに悪くない。
でもって運動公園まで行くまでには、それなりに自転車を漕がねばならず、ほんのちょびっとだけ自転車の鍛錬にもなるのであった。

運動公園内にある野球場では、今度の日曜、日ハムと読売の2軍がやってきますよ。
読売は阿部とか村田とか内海とか来ないのかなあ。

a0156548_2215243.jpg


そんなわけで、同じとこばっかり走ると飽きるので、もうちょいランニングコースを開拓したいと思います。

本日の運動 ラン10km MTB15km

ごきげんよう。
[PR]

by gossy54200 | 2015-06-11 22:19 | ランニング | Comments(0)  

運動公園でランニング

釧路に来たころは、もの珍しさで、幣舞橋を含む釧路川沿いを走っていたけれど、行くのがめんどくさくてねえ。
あの辺、タダで停められる駐車場もないし。

んなわけで、信号がなくて、走りやすくて、車を停めるのに苦労しなくてすむところを探した結果、郊外にある「運動公園」がいいんじゃないだろうかということになって、ぶおーんと車を走らせた。

運動公園は、広大な敷地内に、体育館や野球場やテニスコートや陸上競技場などがある、文字通りの「総合運動施設」です。

a0156548_18434310.jpg


写真は「湿原の風アリーナ」と呼ばれている、巨大な体育館。
室内ランコースもあるので、雨の日や冬に使うことになるかもしれない。

ジョギングコースは、こんな感じ。
テニスコートや野球場の周りをぐるぐると走ります。

a0156548_1844588.jpg


一周2350mと一見中途半端な距離に思えるかもしれないが、コイツを9倍すると「2350m×9≒21.1km」となり、ほぼハーフマラソンと同じ距離になる。
果たしてこれが計算されつくした距離かどうかはわからないが、ハーフの距離を練習するにはちょうどいいコースなのである。

案内に従って、ずんどこと走ります。

a0156548_18443137.jpg


a0156548_18445786.jpg


信号や車を気にせず走れるのはいいですわね。
ただ、吹きさらしの原野に作られた公園ですので、風が強いときはかなり地獄を見ます。

それでも、ビルばっかりの中心部よりも、こういった緑の多いところを走った方が気分いいですね。
湿原マラソンまで2ヶ月を切ったので、ランの方もぼちぼち鍛えていきたいと思います。

ごきげんよう。
[PR]

by gossy54200 | 2015-06-06 18:49 | ランニング | Comments(0)  

釧路湿原マラソンに出よう

札幌に住んでいたころから、一度出てみたいと思っていた大会なのだが、いかんせん遠くてねえ。

a0156548_214514.jpg


ところがどういうわけか、私が湿原マラソンの舞台へと近づいてしまった。
これは出るべし、出るしかない。

と、気合を入れて、申し込み開始日に早々と30kmの部に申し込んだはいいのだが、肝心のやる気が全く出ない。
サロベツにいたころは、自転車に乗れないので、仕方なく走ってばっかりいたが、自転車に思う存分乗れる今となっては、走ろうというモチベーションが上がらないのである。

今年は道マラ回避というところから、すでにランへのモチベーションは下がっているのかもしれない。
当初の予定では、週末の一日はロングランで、残り一日は自転車に使おうなどと思っていたのだが、なかなか思うようには行かないのが人生なのである。

平日、ジムのトレミで走るのも飽きてきたしなあ。
どっか、外でのランコースを開拓する必要がありそうだ。
ジム辞めて、室内ランコースのある「湿原の風アリーナ」を使うのもありかなあ。

んなわけで、自転車でポタポタしながら手ごろなランコースを開拓しようと、ますます走らない日々が続くのであった。

ごきげんよう。
[PR]

by gossy54200 | 2015-05-20 21:17 | ランニング | Comments(2)  

ただ東京まで行って走って帰ろうと思う

俺チャレの失敗により、すっかり意気消沈し、ブログの更新もままならない現状であるが、これから冬に向けて生きる気力が失われつつある現在、新たな目標設定にもがき苦しみ、見事に何もしない日々が続いている。

ちなみに自転車については、もうどうでもよく、また来年までさようなら状態なのである。
どうも今年は気分が自転車の年ではなかったようだ。
来年こそは自転車熱が復活するように、我が事ながら他人事のように期待したい。

そんな中、yosiさんとしぃさんが、あの「東京マラソン」に当選したということで、私も真似をして東京進出を虎視眈々と狙うことにしてみた。
死にたいぐらいに憧れた、花の都大東京なのである。

ところが私は仕事の都合上、土曜も夕方までみっちり仕事なのであり、ゆっくり観光もしながらマラソンなどと悠長なことをしている場合ではない。
かなりタイトなスケジュールが予想されそうなので、フルは無理だろう。
せいぜいハーフぐらいでお茶をにごすことにしよう、そうしよう。

そんなわけで、必死になってネット検索をして、「新宿シティハーフマラソン」は、あの国立競技場が舞台になっていて、面白いような気がしたが、抽選だし、どうしても参加したかったら3万円の協賛金を払えと高飛車な態度に出てきたので、誰がこんなマラソン大会なんか出てやるか、おならプーだ状態になってしまった。

で、私が注目した大会はこちら。

東京・赤羽ハーフマラソン」(2014年2月9日開催)

赤羽?それはどこだ?
TBSがあるとこか?
ああ、それは赤坂か。
というぐらい、東京の地理に疎い私は赤羽のことを全く知らない。

どうも首都圏のロードレースは「箱根駅伝」や「東京マラソン」のように、街中を大声援の中走るというイメージがあるが、この赤羽のマラソンは河川敷の大会だ。
これだったらわざわざ東京まで行かなくても、豊平川の大会で十分なんじゃないかというような気がするが、東京に行くと決めたからには、もう後には引けない男の戦いなのだ。
舞台は地味でもよい。
東京まで行って、わざわざ走りに行ったというアホなことをすることが大事なのである。


さて、参加は決まった。
スケジュールを考えましょう。

飛行機は旅費を安くするためにジェットスターを使いましょう。
片道5290円とナイスな価格設定だ。
下手にスーパー北斗で函館に行くよりも、余程安いではないか。
LCCバンザイ。

とりあえず、仕事は夕方に終わるので、20:05千歳発、21:45成田着の便にしましょう。
一応、成田空港は深夜も滞在することができるようだが、マラソン前にそんな疲れることはしたくないので、楽天ポイントも貯まっているし、成田のホテルで泊まりましょう(ポイント使って一泊2500円)。

で、翌日、空港から東京まで直通バスが走っているので、それを使いましょう(900円 or 1000円)。
東京から赤羽まではJRでいいか(210円)。
地下鉄のアクセスもあるようだが、田舎者の私は東京で正しい地下鉄に乗る自信がない。

そんでもって、大会は札幌マラソン同様、ゼッケンとかがあらかじめ送られてきて受付の必要がないのね。
これは楽チン。

スタート時間は10時40分 or 11時10分のどちらかになるのですな。
予想タイム1時間45分で申し込んだのだが、どっちの組になるのかね。
帰りの飛行機もあるんで、さっさと走りたいんだが、性格的にズルして速いタイムで申告するということができないもので、こればっかりは時の運に任せるしかないですな。

まあ、どっちの組になるにしても13時までにはゴールできるでしょう。
どっかでひとっ風呂浴びたいのだが、風呂なんてあるのかねえ。
まあ、なければ、新千歳の「万葉の湯」まで我慢するか。

帰りの飛行機は17:30成田発なので、15:30には東京を出たいところですね。
せっかく東京に来たんだから、ゆっくり観光するとか、知人に会うとかいろいろしたい気持ちもやまやまだが、そんな暇はないのですわ。
別にスカイツリーとか見たいわけでもないし、正直、走ること以外はどうでもいいわ。
食や観光に興味のない人間だから、どこに行くにも味気ない旅になりますね。

ま、そんなこんなで、冬場のモチベーションを保つために、ベルトコンベアや体育館で引きこもりランナーとして、これからは生きていくことにします。

さようなら。
[PR]

by gossy54200 | 2013-10-31 20:12 | ランニング | Comments(4)  

2013とまこまいマラソン参加記

「俺チャレ」はひとまず置いといて、本日行われた「とまこまいマラソン」のリポートをお送りいたします。

一応、ハーフでエントリーしたのですが、公式サイトによると本来のハーフよりも距離が129m短く、21.0975-0.126=20.9715kmと中途半端きわまりない距離になっているのですね。
こんな中途半端なのもたまには面白いかと、勢いでエントリーしてみました。

エントリーしてみたはいいのですが、どうも気分が乗らず、面倒なのでDNSしてしまえと前日まで思っていたのですが、幸か不幸か当日朝早く目覚めてしまい、これは行くしかないかと。

岩見沢出発時点では雨が降っていましたが、栗山ぐらいでやんで、苫小牧はいい天気でした。
駐車場の混雑が嫌だったので、受付10分前に到着します。
で、受付を済ませ、車の中で寝ます。
おやすみなさい。

おはようございます。

この大会は、スタート地点とゴール地点が異なっており、スタート地点である苫小牧駒澤大学までシャトルバスで送られます。
10kmも同様にバスでスタート地点まで送られるのですが、ハーフと10kmのバスのグレードがあからさまに異なっており、10km参加者がすげー格下に見られているような感じでしたね。

で、30分ぐらいバスに揺られて到着します。
大学の体育館が控え室となっているのですが、トイレが長蛇の列でねえ。
大体500人以上参加者がいて、トイレが一ヶ所しかないってどういうこと?
しかも個室は2つだけ。
ええ、40分以上並びましたよ。
この時点で、「こんなクソ大会二度と参加するか」と思いましたね。
仮設トイレぐらい設置しろと。

用を済ませたと思ったら、スタート地点はかなり並んでおりました。
「予想到達タイム2時間30分」のところに並ぶしかありませんでしたよ。
かなりやる気なくしましたね。
ま、2時間ぐらいでゆっくり走ろうかなあと。

スタートします。
結構スタートロスあるかなあと思いつつ、蓋を開けてみたらロスタイムは23秒しかなく、これならまあいいかと。
さすがローカル大会だと、スタートがスムーズだね。

で、最初は西の方に進み、そっから「オートリゾートアルテン」へと向かいます。
若干向かい風でしたが、最初の方はそんなに人もバラけてなかったので、気になりませんでしたね。

2km通過。ラップタイムは9分34秒。
とりあえず、今回も行けるとこまでキロ5分アンダーペースで行ってみるか。

5km地点で最初の給水。
タイムは24分19秒と、悪い感じじゃないですね。

6km地点ぐらいから、双葉三条通(地元民は「バイパス」と呼ぶ)に入ります。
こっからはひたすら平らな道を東にまっすぐ行くだけ。
5m/sぐらいの強烈な追い風を背に受け、ペースが上がりますわよ。

双葉三条通は国道36号線に並ぶ苫小牧市内の幹線道路であって、さすがに沿道の人も多く、たくさん元気をもらえましたね。
やはり河川敷とかよりも、街中の大会の方がテンションが上がりますね。

結構、距離表示がアバウトなのですが、大体キロ4分40秒ペースで行きます。
10キロ通過タイムが47分38秒。
中間点通過が50分20秒。
これは1時間40分切り行けるかなあと、本気モードでガシガシ行きます。

今回、フォームで気をつけたのは「脱力」と「ストライドを広げる」こと。
どうも無駄に力が入ったピッチ走法になっているんじゃないかと思い、ダラーンと歩幅を伸ばしたほうが疲れないんじゃないかと試したところ、思ったより効果があったようですな。
追い風参考とは言え、キロ4分台のペースでも、そんなにしんどいとは感じなかったです。

ガチャピンの着ぐるみを着た人がいて、結構、派手に声援を送られていましたな。
私はかっぱちゃんからいただいたファイターズユニでの参加で、「ファイターズ頑張れ」などとたまーに声をかけられ力が湧いてきましたね。
やはり、ただ「頑張れ」と言われるよりも、自分向けに送られる声援の方が力になりますな。
マラソン大会はちょっと変わった格好で出た方が楽しめますね。

そんなこんなでレースも後半戦。
私の昔の職場の近くを通り過ぎ(私は2003~2004年苫小牧に住んでおりました)、残り5キロを切りました。
ちなみに15キロ通過タイムが1時間10分34秒と、残りもキロ4分台で走れれば1時間40分切りは可能な感じですな。

18キロ地点あたりで、8キロ地点ぐらいからずーっと一緒に走っていた黒シャツ赤パンの人にスパートをかけられました。
さようなら、赤パンの人( ´ ▽ ` )ノ
あなたのおかげで、ここまでいいペースで走ることができました。

とは言え、赤パンの人に逃げられてもそんなにペースは落ちていない。
さあ、スパートをかけるのよ!

19km地点を過ぎ、双葉三条通を離れ、ゴール地点である野球場への道を進みます。
まっすぐ行けば1kmぐらいしかないのに、あっちこっち曲がらせやがってチクショーと思いながら、球場へと向かいます。
右の靴紐がほどけていましたが、ここまで来るともう気にしない(気にしろ!)。

で、ゴール。
知り合いもいないので、とっとと完走賞をもらって完走証をもらいます。

タイムは1時間38分39秒。
実際は129m短いとは言え、1時間40分切りを果たして満足。
まあ、129m伸びたところで、1時間40分を超えることはなかっただろうが。

a0156548_20163032.jpg


ホッキおにぎりがうまかったですね。

a0156548_2017260.jpg


さようなら、とまこまいマラソン。
トイレの設置がなってなかったり、距離表示がテキトーだったり、運営面に全く問題がなかったとは言えないが、沿道の応援も多くて楽しめたよ。
ありがとうございました。


今回はぼっち参加で、ぼっち行動だったので、ゴールの余韻を楽しむこともなく速攻で撤収し、風呂に入ってラーメンを食って、電光石火の早業で岩見沢に戻ってまいりました。
久々の苫小牧、懐かしい感じがして、行ってよかったですね。
土地勘があると、どこに何があるかわかるので、走っていて精神衛生上よい。

さようなら、苫小牧。

a0156548_2021124.jpg


これで今シーズンの私のスポーツイベントは全て終了しました。
こっから長いオフシーズンになり、何を目標にしていいのかわからない日々が続きますが、うつ病にならない程度にボチボチやっていきたいと思います。

さようなら。

(おわり)
[PR]

by gossy54200 | 2013-10-13 20:25 | ランニング | Comments(4)  

2013たきかわコスモスマラソン参加記(その2)

スタートします。

北海道マラソンとは違って、スタートの合図から1分もかからずにスタートラインをまたがることができたが、それでも人ごみは気になるわね。
しかも、雨で水たまりがすごくて、そこを避ける高等技術も必要とされ。
更に、最初は道路の二車線を使って広々とスタートしたのだが、スタート後500mぐらいで、いきなり折り返しがあり、折り返すランナーのために、いきなり一車線に減少されて、走りにくいったらありゃしない。
誰がこんなコース考えたんだ?

走りにくさもさることながら、かっぱが異常に暑くてだな。
周りのランナーを見ていると、コンビニかっぱのような分厚いかっぱを着ているバカは俺ひとりぐらいのもので、ほとんどの方は雨具なしか、90リットルのゴミ袋を加工したような薄いペラペラなビニールを身につけているぐらいでして。
脱ぎたくて仕方がなかったが、捨てるところもないので我慢して走りましょう。

あー、あぢいあぢい。
北海道マラソンが終わったのに、何でこんなところで暑さ対策をしなくちゃいけないんだ。
これも全ては来年の北海道マラソンのためか。

最初の2kmの入りが10分30秒ぐらい。
あんまり練習もしてなかったので、特に目標タイムは設定していなかったが、1時間50分は切れるんじゃないかね。

いい感じでバラけてきて、走りやすくなってからは、キロ4分50秒ぐらいのペース。
とりあえず、行けるとこまではこのペースで行きましょう。

4km地点で給水。
水もさることながら、ゴミ箱があるのがうれしい。
ここで、今まで苦しめられてきたかっぱをポイしよう。
チーム「かっぱちゃん」として、かっぱを粗末にするようでアレだが、今日は雨も降ってるし、ラクに走らせてくれ。

雨の中でも沿道の応援は多くてうれしかったですね。
5km地点で相方の応援を受け、石狩川の河川敷へと進んでいきます。

さすがに河川敷コースになると、沿道の応援はなくなるわけだが、それでも給水スタッフの方が笑顔で応援して下さり、爽やかな体育会系男子を演じたくなりますね。
例え、実際は爽やかとはほど遠い存在であろうとも。

で、折り返し。
10km地点で50分切っていたんで、これは1時間45分切り行けるかなと。
とにかく心が折れないように、21.0975km全力で行くだけよ。

13km過ぎたところで、足元にパタパタするものが。
あ、シューズのひも、ほどけてるし。
結び直す時間もったいなあと思いつつ、まだ1/3以上あるのに放置するわけにはいかんかと、ひもを結び直します。

15km過ぎ。
あれ、ここでも相方に応援を頼んでいたのにいない。
確かに予想より速いペースでここまで来ているんで、間に合わなかったかな。
まー、しゃーないか、ここは気を取り直して、ガンバローと思いながらも、相方ショックは深刻であって、こっからちょっとペースダウン。
キロ5分超えるようにもなってきたりして。
冷静に考えると、相方ショックなどということは全くなく、単に前半のハイペースでバテただけなのだが。

こっから苦しかったけど、1時間45分という数字を意識して、心折らずに頑張ったよ。
やはり、数字の目標があると、心の折れ具合が違うわな。

最後のアンダーパスの上りがキツかったが、ここまで来るともう大丈夫。
スパートかける足は残ってまっせ。

ということで、ラスト1kmで、少しでも多くの人を抜いたれとゴール。
ゴールの写真はスタート前に撮ったものなので、臨場感ゼロであれだが。

a0156548_21303395.jpg


記録は1時間44分14秒と、微妙に自己ベストを達成しました。
意外とキロ5分underペースで最後までもつものなのね。

ゴール後の導線がよくわからなく、ドリンクだけもらって、完走証もお汁粉ももらわずに撤収撤収。
完走証なんて、どうせ帰ってもゴミになるだけだ。

で、相方の待つ駐車場へと、一目散に駆けつけたところ。

相方、車の中で爆睡。

結局、雨の中、開けろ開けろ!とドアをドンドン叩くこと3分、ようやく相方が濡れねずみ状態の私に気づき、実は15km地点の応援も寝坊で放棄していたということがわかったのであった。
ま、所詮、俺はその程度の存在だ。

(このシリーズおわり)
[PR]

by gossy54200 | 2013-09-20 21:31 | ランニング | Comments(2)  

2013たきかわコスモスマラソン参加記(その1)

また、こちらのブログを復活させて、コソコソと書いていきます。

あ、このブログの復活を発見してしまった諸君!
くれぐれもこのブログの存在は内緒にしてね。
これは、ボクとキミとのヒ・ミ・ツ。
当分、目立たんようにひっそりとやっていきますので、そこんとこよろしく。

とまあ、いきなりキモイ書き出しでアレですが、復帰第一弾ネタは、去る9/15に行われた「たきかわコスモスマラソン」です。
近場で、距離もハーフで手頃だし、まあ、秋のマラソンシーズンのスタートにはちょうどいいんじゃないかと。

天気は見事に雨。
ザンザン降りでしたね。
滝川に向かう途中はひどいもんでしたよ。
写真ではあんまり伝わらんけど。

a0156548_2152212.jpg


こりゃあDNSかなあと思っていたが、ひと足先に現地入りしていたでかつさんが、Twitterで「滝川は小降りになった」とつぶやいていたので、とりあえず受付だけしてそっから考えるかと。
参加賞はもらわんともったいないし。

会場着。

a0156548_21561426.jpg


ゲストランナーは千葉真子さんなのね。
アニメ声という印象がやたら強いのだが、どんな顔かは知らん。

開会式に千葉真子さんの挨拶があるだろうから、そのときに顔を見ればいいやとも思ったが、俺がそんな開会式にきちんと出るような律儀な人間のわけでもなく。
ちょっと離れたとこにある駐車場で、相方と二人でウダウダしておりました。

雨は弱くなったと思ったら強くなったりで、イマイチ天気が読めん。
しかし、ここまで来たからには、すでにDNSの文字は頭になく、まあ、行きたくないけど行ってやるかと、スタート30分前に相方と別れ、私はスタート地点へと向かうことにします。

雨はそこそこ強かったですね。
チームかっぱちゃんにふさわしく、かっぱを着て、スタート地点までテクテク歩きます。

コースはこんな感じ。
こんな感じと言われても、地図が小さくてさっぱりわからんと思うが。

a0156548_2242426.jpg


ちょうど小便がしたくなったが、トイレに並ぶのが面倒だったので、ま、別にいいかと。
2時間弱なら我慢できるだろ。

スタート10分前、スタート地点に並びます。
既にたくさんの人がいて、私はかなり後方に陣取ることに。

ここで10kmの部に参加されるでかつさんを発見。
ハーフと10kmが同時スタートなんですね。
「頑張ってまっか」「ボチボチでんな」などとたわいのない話をして、でかつさんは後方へと下がっていきます。
さようなら、でかつさん。
旭川ハーフでのご健闘をお祈りします。

スタート直前、耳がキンキンするようなアニメ声が聞こえてきた。
これはゲストランナーの千葉真子さんに違いないが、結局、声だけしか聞くことができず、お顔を拝見することはできませんでした。

でもってスタート。
雨は降り続けているので、ちょっと重いけどかっぱあった方がいいかなあと、かっぱを着ながらトボトボと人混みの中を進んでいきます。

(つづく)
[PR]

by gossy54200 | 2013-09-18 22:23 | ランニング | Comments(8)