カテゴリ:MTB( 92 )

 

孤独の自転車置き場

a0156548_21445066.jpg

自転車置き場で、放置自転車以外の自転車は自分だけって状況を見ると
いかに自分は世の中の常識を無視したトンデモ野郎なんだなあとつくづく思い

あ~、こんな時期に自転車に喜々として乗っている自分はアホやなあ、幸せだなあ

なんてことをしみじみ感じるのである。


北海道の冬に自転車に乗りながら、滑る足元を気にしながら歩いている歩行者を見ると

こんな悪条件で自転車に乗っている私は、自転車の神に選ばれた存在なのではないか

なんて錯覚を覚える。
ほとんどの人がやろうとしないことを喜んでやれるというのは、ある意味幸せなことである。

ただやっぱり片道2kmぐらいが、普段の冬のカッコでは限界かな。
それ以上の距離になるとスキーに行くときのような装備が求められる。
快適を感じる冬の自転車はせいぜい5~10kmぐらいなんだろうなあ。

なんて思っている私はまだまだ甘いなと思いつつ、今回の日記を終わる。
[PR]

by gossy54200 | 2011-12-06 22:03 | MTB | Comments(6)  

朝日を浴びて、今日もMTB通勤

ようやく札幌も雪がうっすらと積もりつつあるのであるが
ここで問題になるのは、降り始めのころ特有のツルツルテカテカ路面だったりするのだよね。

ここ数日の路面状況に対して、職場の同僚も
バスが動かないだの、JRが遅れただの、車の運転が苦痛だの
「gossyさん、そろそろあの書類いい加減出してください」だの
「gossyさん、いつになったらあそこの棚の整理をするんですか」だの、いろいろ不満があるようだが
そんな不満は今の私にはどこ吹く風である。

ハッキリ言おう。
今の時期の路面状況は最高だ。
今まで生きてきた中で一番最高と言ってもいい。
こんな素晴らしい路面で文句言うなんて、お前ら少し頭がおかしいんじゃないかと言いたくなる。

あー、今日も通勤が楽しい。
雪国に住んでいる人間だけが味わえるMTBの喜び。
a0156548_2240534.jpg

日の出が遅いこの時期
朝の7時ぐらいでも、すがすがしい朝焼けの空を味わうことができ
日が短いこともまんざら悪いことばかりではない。
a0156548_22432792.jpg

自分が通ってきたタイヤの跡を見ると
「あー、俺、こんなところを自転車で走っているよ。アホやなあ」としみじみと幸せを感じるのであった。
a0156548_22455854.jpg

夜の自転車もいとをかし。
場所は農試公園。
a0156548_22474347.jpg

雪の季節は夜でも雪明りがまぶしく、漆黒の闇という感じがしない。
空気は冷たいが、どことなくやわらかく暖かな空間を感じるのであった。

走行距離自体は、ほんの5km程度なんだけど
短い距離の中にも、ギュッと詰まった冒険がある。
そんな冬の自転車。
[PR]

by gossy54200 | 2011-12-02 22:50 | MTB | Comments(2)  

通勤は冒険だ

私の家から職場までは大体2km弱ぐらいで
普段自転車で通勤するときは、18%の上り坂があるとか、とんでもないダート道を進むとか
道が階段になっているとか、風速25m/sの向かい風が吹いているとか
怖い犬に追いかけられるとか、お墓からオバケが出るとか、志村、後ろ、後ろ!とか
そういうドラマチックな展開はなく
いつもの平らな道をいつものように進んで、5分ぐらいであっけなく職場に到着し
まったくもってつまらない通勤なのである。

しかし、今日の通勤は違うぜ、ベイベー。
a0156548_22262921.jpg

見てくれ、このボコボコでツルツルの道を。
ふふふ、これぐらいの障害があってこそ、自転車通勤のしがいがあると言うものよ。

ちょっと雪が降るだけで、いつもの通勤路は、オフロードに変わり
スカイダイビングやジェットコースターのようなワクワク感を感じるのであった。
そう、冬の自転車通勤は、冒険であり遊園地なのである。

このボコボコツルツル道を自由自在に進むためのパートナーはコイツしかいない。
a0156548_22304332.jpg

昨日のブログにも出てきた「シュワルベ アイススパイカー」様だ。
今日の路面はアイスバーンで、車はノロノロ運転を強いられていたが
スパイクタイヤにとっては、このアイスバーンこそ、望むところなのである!
(空気圧は2.5気圧にしています。スパイクMTBの空気圧については、店員Aさんのこちらの記事をご参照いただければと思います→http://shugakuso3.exblog.jp/12667179/

冬の自転車通勤は指がもげそうになるほど凍えてしまう。
自転車用の防寒グローブも存在するようだが、高いので、作業服店「プロノ」の手袋を使う。
(確か1000円しなかったはずだ)
a0156548_2240306.jpg

ここは見てくれよりも機能重視で行くことにする。
それでもマイナス5度を下回るとキツそうなので、極寒期は手袋2枚重ね戦法が必要だと思う。

ペダルを漕ぐ。

シャリシャリシャリシャリシャリ・・・


ああ、わかる。
スパイクがめちゃくちゃ仕事をしているのが。

このシャリシャリを聞いていると、血が騒ぎ、脳天は沸騰し
ペダルを漕ぐ足に普段の84%増しで(当社比)力がみなぎってくるのであった。
アイスバーンの中、スイスイと自転車を進ませるのは何という快感なのか。

楽しいよ、楽しいぞ!通勤。
通勤が楽しいと、会社までもが楽しくなってくるような気がする。
(あくまでも気がするだけだが)
a0156548_22593872.jpg

帰り道。
a0156548_2321025.jpg

芸術は爆発であり、通勤は冒険である。
a0156548_233016.jpg

いろいろ寄り道しながら、10kmぐらいの雪上サイクリングは終わった。
お疲れさま、AnchorFR900号よ。
a0156548_2342163.jpg

楽しい雪道MTBであるが
雪道での車道走行は無理があるので(除雪の関係で車道に自転車が通る幅はほとんどない)
どうしても歩道走行が中心となってくる。
狭い歩道で歩行者を威嚇せずに、マナーを守って楽しみたいものだ。
夏と同じ感覚では走れないということを肝に銘じて、不自由な部分も含め楽しんでいきたい。

スパイクMTBがピストバイクのような社会的問題にならないことを願いつつ、今回の日記を終わる。
[PR]

by gossy54200 | 2011-11-22 23:16 | MTB | Comments(2)  

AnchorFR900、スパイク化

このブログにはめったに出てきませんが、私は地味~にMTBにも乗っています。

AnchorのFR900という、街乗り以上レース未満レベルのスペックで
自分で言うのもなんだが中途半端なMTBである。
a0156548_2239876.jpg

MTBを買おうかなあと思ったきっかけは
単に冬道を自転車で走りたいというただそれだけの理由であって
別に山を走りたいとか、オフロードを攻めたいとか、そんな気持ちはサラサラない。

でもって、冬道をMTBで走らせるならディスクブレーキは必須だろう。
そんでもって、変速もできれば9速ぐらいあった方がいいだろうということで
「ディスクブレーキ+Deore以上」という条件で探したところ
9月という中途半端な時期に購入したのも手伝って、メーカー在庫品がほとんどなく
Anchor以外の選択肢がなかったというのが実情であった。

そんなAnchor号も、夏場は通勤とか通勤とかあるいは通勤とかに大活躍であって
要は通勤以外ではほとんど日の目を見ることがなかったのであったが
いよいよ冬将軍がやってくる季節となり、本来の目的である雪道ライド用に生まれ変わるのであった。

ということでタイヤ交換をします。
タイヤは冬MTB乗りにとっては定番の「シュワルベ アイススパイカー」
300ものピンがガッチリと凍った路面をグリップするのだ。
a0156548_2372370.jpg

交換自体は30分ぐらいで終わったが
しばらく掃除をサボっていたために、チャリ掃除にめちゃくちゃ時間がかかった。
a0156548_23103738.jpg

いいよ、この路面、いいよ。
a0156548_231321.jpg

圧雪アイスバーンと、スパイクMTBにとってはこれ以上にない最高の路面状況であった。

山までわざわざ行かなくても、近所でオフロード気分を味わえる
そんなところが北海道の冬自転車の魅力なんじゃないかなあと思いつつ、今回の日記を終わる。
あー、明日の通勤が楽しみじゃ。
[PR]

by gossy54200 | 2011-11-21 23:18 | MTB | Comments(10)  

ポスター貼り任務

今回の任務。

ポスターを貼りに地下鉄学園前、福住、真駒内駅に行くこと

あれなんです。
私の所属しているゴスペルクワイアのライブの日が近づいてまいりまして
市内各所にライブのお知らせポスターを貼って鋭意宣伝活動中なのですよ。

でもって、ポスター貼り隊長のACG39さんより
上記のように、中心部から遠いところのポスター貼りを命じられたわけです。
今日は昼間空いているんで、MTBで趣味と実益を兼ねたポスター貼り行脚の旅に出たわけなんですわ。

まずは北大構内を走ります。
この日もイチョウ並木は鮮やかだったのう。
a0156548_141768.jpg

平日だったので、先日行ったときのような「観光地」という感じではなく
だだっ広くて静かな「学校」って感じでしたね。
同じ場所なのに、平日か休日かで全然雰囲気が変わるものなんだなあ。
銀杏の臭いが強烈でちょっとマイッタが。

落ち葉の絨毯を踏みしめながら、のっそりと走ります。
a0156548_14181648.jpg


豊平川。
サイクリングロードは工事中。春までは走れそうになさそうだな。
a0156548_14201594.jpg

まずは最初の目的地、学園前駅に到着。
a0156548_14215240.jpg

ポスターを貼って、次の目的地に行こうと思ったら雨。
あれ、おかしいなあ。Yahoo天気予報では一日曇りの予報だったんだが。

くそー、これなら輪行でワープできるブロンプトンで行けばよかったなあと思いながら
36号線を千歳方面に進み、福住駅到着。
a0156548_14245398.jpg

札幌ドームに行くときには、おなじみの場所なのであるが
今年は一度も野球見に行かなかったので、ずいぶん久しぶりに来たような感じがする。

んでもって、今度は西岡を通って真駒内へ。
雨はやんだと思ったら、勢いよくドバっと降ったりして、大気の状態は不安定でしたね。

真駒内駅到着。ここまで20kmちょっと。
a0156548_14303498.jpg

で、ポスターを貼って任務完了!
a0156548_14325192.jpg

ライブの日は11/26。「いい風呂」の日です。
チケットは残り少なくなっていますので、興味のある方がいらっしゃいましたらお早めに。
チケットぴあで取り扱っております。
詳しいことはこちらから。

さて、任務も終わったし、帰るか。

真駒内公園。
a0156548_144121.jpg

こっからサイクリングロードを通っていけば、近いし早いし快適だってことは知っているんですよ。
a0156548_14421845.jpg

しかし、どういうわけか峠を走りたくなるのが、自転車乗りの本能。
a0156548_14443753.jpg

今年2回目のこばやし峠。
a0156548_1446133.jpg

北ノ沢側から上ったのって初めてなんだけど、盤渓側から上るよりもキツイな。
30%増量でキツイって感じ。
こばやし峠ぐらいならアウター縛りでグイグイ行けると思ったが、甘かった。
ミドル使わんとダメだな。
MTBってこともあるが、5%超えるような坂だと、スピードがひと桁台に落ちてしまう。

この前の日曜に行われた「グランフォンド in 洞爺」で18%のえげつない坂があったそうだが
今の俺に果たして上れるんだろうか?
今シーズン残り少ないが、もうちょい登坂性能を鍛えたいものだ。
多分、もうしばらくチャリで峠に行くことはないと思うが。

盤渓、福井と通って、琴似・発寒川サイクリングロードに入ります。
a0156548_155333.jpg

北大のような鮮やかなイチョウもいいが
葉っぱが半分以上落ちて、冬が近いなあと感じさせる風景もまた良い。
こういうのを見ると、「残り少ない自転車シーズンを大事にしなきゃ」と思ってしまう。
・・・なんてことを言いながら、冬もスパイクMTBでガシガシ走る私なのであったが。

今回の走行距離は峠も含め43km。
こういう散歩以上ツーリング未満のサイクリングには
MTBが一番しっくり来るかなあと思いつつ、今回の日記を終わる。
[PR]

by gossy54200 | 2011-11-08 15:11 | MTB | Comments(10)  

サクラチル

あれですね、体調も75%ぐらい戻ってきたし
今日は定時で帰ることができたしということで、MTBでふらっと散歩することにしました。
a0156548_21564419.jpg

まずは秀岳荘白石店で、自転車関係のものを物色。
a0156548_21594933.jpg

ちょうどMTBのリアライトがいかれてしまったので
Knog(ノグ)のリアライトを買いました。
a0156548_222617.jpg

写真で見ると、上の赤いのがライトのように見えるかもしれませんが
赤いのはただの反射板であり、下の白いのがライトなのであった。

これだと、ライトの力がさっぱりわからないので、暗いところで撮影します。
a0156548_2244483.jpg

おーおー、明るい明るい。
これなら車からの視認性も、なかなかよいのではないだろうか。

このライトの優れているところは、USBで充電ができるという点です。
電池代がかからず、経済的だ。
a0156548_2262683.jpg

ちなみにライトの下に敷いているのは、10年ぐらい前に競馬好きの先輩からもらったマウスパッド。
歴代のダービー馬が一覧で書かれている。

えー、当時、私を競馬によく連れて行ってくれたUさん。
今となっては、私は全く競馬をやらなくなりましたが
このマウスパッドは今でも大切に使わせていただいています。
ありがとうございました。

ちょっと話がずれてしまったが、Knogのライトは取り付けも簡単だし、外見も少しおしゃれな感じだし
今まで使ってきたCATEYEのよりも、いいんじゃないかなあと思ったのであった。
ただ、ブロンプトンのようにシートポストが太い自転車には、取り付けるのがキツイような気がする。
あと、フロントライトにもUSB充電タイプのものがあります。

 
▲ Knog BOOMER USB LED REAR  ▲ Knog BOOMER USB LED FRONT

ライトを買おうと会計しているときに、皮サドル「セラアナトミカ」がどどんと目に入ったので
店員Nさんに、使い心地を聞いてみると
全然、お尻が痛くならない。これに慣れると、もう他のサドルは使えない
と、絶賛のお言葉。
しかも、生産者が死んでしまったため、もう製造されていないサドルとのことで
この機会を逃すと、もう一生手に入らないかもしれない。
うう、欲しい・・・。

でも、色は黄色しかないのか・・・。

GIOSブルーのフレームに黄色のサドルってどうなんだ?
うーむ。

考えれば考えるほど、「意外といけるんじゃない」と思えてしまうので
これはもう買うしかないんじゃないだろうか。
ということで、このブログを読んでいる皆様。
私が買う前に買い占めないように、ひとつよろしくお願いします。

せっかく白石方面に来たので、白石サイクリングロードをちょこっと走ってみました。
a0156548_22343732.jpg

誰が何と言おうと、私は白サイの桜が、札幌市内で一番好き。
a0156548_22374826.jpg

とは言え、ほとんど散ってしまっているのだよなあ・・・。あと一週間早く来たかった。
満開のころは、桜のトンネルが鮮やかなのになあ。
a0156548_22402438.jpg

桜は散ってしまったが、久しぶりに思うように体が動くようになって
ちょっと満足感を覚えた、平日の夕方であった。
週末には、心身とも本調子に戻れそうだな。

(走行距離 28km)
[PR]

by gossy54200 | 2011-05-19 22:42 | MTB | Comments(8)  

定山渓に行きました

そんなわけで、男だらけの定山渓1泊2日ツアーに行ってきました。

定山渓まで約30kmっつーことで、ロード引っ張り出すには短すぎるし
輪行予定ないのにブロンじゃあなんだし
ママチャリでは長すぎるしっつーことで、今回の相棒はMTBを選択。

MTBにはロードの快適性も、ブロンの携帯性も、ママチャリのお気楽さもないんだが
輪行なし、市街地走行ありの50km程度の走行にはベストなんだよね。

万が一、私に鬼嫁が現れて
「あんた、こんな4台も自転車あってもしょーがないでしょ!どれか1つにしなさい!」
と、キレられた日には、多分、一番オールマイティーなMTBを選択すると思う。

気温は9度、寒い。左に曲がって、定山渓へと進みます。
a0156548_17555139.jpg

豊平川河川敷の雪捨て場には、まだしつこく大量の雪が残っている。
もっとも写真では、ただの泥のようにしか見えんが。
a0156548_1812317.jpg

国道230号線(石山通)をひたすら進めば定山渓に着くのであるが
それもあまり面白くないので、石山から国道を抜けて、白川方面に進んで行くことにしよう。
a0156548_183574.jpg

おお、この道は車が少なくてよいではないか。
果樹園なんかもあって、とても札幌市内とは思えない田舎具合がグーだ。
これは定山渓方面に行くときに使える道だな。
アップダウンが多いのが、ちょい難点だが。
ひー、しんど。

てんとう虫の家と桜。
a0156548_18495878.jpg

小金湯から再び国道230号線に復活し、5kmぐらいで定山渓到着。
今は、やっていない秘宝館。当然レストランもやっていない。
a0156548_18531226.jpg

足湯。
a0156548_18551370.jpg

この写真をとるときに、50人ぐらいの仮装大会みたいなカッコをした行列に出くわした。
けっこー、コワそうなにーちゃんもいたので、目も合わせずに通り過ぎるのを待った。
一体、何の集団だったのかは不明。

着きました、定山渓ビューホテル。
a0156548_18565495.jpg

自転車置き場はないので、テキトーに駐車場の端の芝生に停めておこう。
a0156548_1858571.jpg

さあ、チェックインして、部屋に行こう。
おー、おー、もうみんな来てたのか、ワッハッハ、久しぶりじゃのう。
まずは缶ビール一杯。
プハー、うめえ。

(このブログにも何度か書いているが、私は酒が基本的にダメな人で、ビールを飲んで「うめえ」と思うことは5年に1回ぐらいしかないのだが、どういうわけかこの日は「うまい」と感じた。自転車後のビールは相性がいいのだろうか?)

缶ビール一杯ですっかりできあがった。
私はつくづく経済的な人間だ。

よーし、今度は風呂じゃ、風呂。
プハー、広いぜ。
プハー、気持ちいいぜ。
やっぱり日本人の休みは温泉に限るなあ。

よーし、飯だ。

・・・・・・。

うむ、これはなんつーか、あれだが
所詮、食事込みで6900円なんだから、ぜーたくは言うまい。
ホテルのバイキングメシなんて、こんなもんだ。
まあ、腹いっぱいにはなったよ。
ごちそうさま。

再び、酒。

カンパーイ。

やはり、缶ビール1杯で出来上がってしまう。
うーい。
男だらけの飲み会は気楽でよい。
話の内容は、札幌歓楽街の経済的快楽的考察が中心で
非常に高尚で、女子供はすっこんでろという内容なので、ここでは触れないことにする。
この場で「チクニー」という重要な単語を覚えたが
この言葉に関しても、その場でグーグルで検索をかけて意味を調べるなどいう野暮なマネはしないでほしい。
男には知られて欲しくない部分がたくさんあるのだ。

こうして、秘密の話をたくさんしながら、夜は更けていったのであった。

よし、気持ちよくなったし寝るか。
クカー。

はー、朝だ。もうちょい寝ていたいけど、起きるか。
げー、頭重い。でも、起きて風呂入るか。
かー、だりい。
軽くのどが痛くなり、どうやら風邪を引いてしまったようだ。

さー、帰るか。
みんなお疲れさま~。
とっても楽しかったよ。ありがとう。
また、誘ってくれ。
今度はコンパニオン付きコースで。

天気はいいけど、とにかく寒かったね。
最高気温9度か・・・。地球温暖化なんてウソだろう。
a0156548_19172946.jpg

家帰ったら、ロード乗ろうかなあとかちょっと思ったけど
やっぱり、そんな気力はなかったですね。
これで、今日の自転車はおしまい。
(走行距離 67km)

たまには、こーゆーぬるくてダラダラした週末もいいなと思いつつ、今回の日記を終わる。
[PR]

by gossy54200 | 2011-05-15 19:19 | MTB | Comments(2)  

遠回りして通勤したくなる季節

ものすごく天気がよく、さわやかな目覚めの朝。

いつものママチャリではなくて、MTBで通勤してみました。
a0156548_22464491.jpg

ママチャリに比べると、走りがかろやかで、ウキウキ気分になり
ついつい長く自転車に乗っていようと、余分な遠回りをしたくなるわけなんだな。
いい自転車は、朝のせわしい時間帯であろうと、人の心に余裕を持たせるものなのである。

農試公園に寄ってみました(写真はサイクルサーキット)。
a0156548_2248568.jpg

琴似発寒川の河川敷をふらふら。
a0156548_22525257.jpg

まだ雪が残っていて、自転車にはちょっとキビしい。
a0156548_22534921.jpg

今は雪が残り、木にも枝しかないのであるが
あと一ヶ月も経つと、ここも花が咲き、鳥が唄い、人は肉を焼き、酒を飲むわけなのである。

そんなわけで、ACG38さんを始めとする
「琴似発寒川河川敷お花見プロジェクト」の面々には、大いに期待をしているわけであるが
私はその日は、花見以上に大切な「北海道サイクルポーツフェスティバル」があるので
花見参戦は夕方以降になります。あしからず。
早朝の場所取りぐらいなら手伝えますので、よろしく。

以上、私信おわり。

夜は、昨日からの最大の悩みごとであった、「リアキャリア、ネジポッキリ事件」を解決するために
ロードバイクやMTBでお世話になっている、サイクルファクトリーさんに助けを求めました。
私のブログでは秀岳荘白石店さんばっかり宣伝していますが
ここも店員さんが非常に親切で、スポーツバイクの王道を行く、いいショップです。

K店長によると
「このポッキリはあきらめて、シートクランプでうんたらかんたらの方がよい」
とのことなので、ここはシロートの私が口を出す場面ではないと思い
なすがままにK店長に身も心もまかせることにした。

そうして、匠の手によって、わずか3分で
新しく取り替えたシートクランプのところにキャリアが装着され、MTBは生まれ変わったのであった。
a0156548_2392255.jpg

正直、数千円コースをちょっと覚悟していたので、わずか997円で直ってホッとしたのであった。
K店長、ありがとうございました。
今年はショップのロングライドイベントにも参加してみたいと思っていますので
そちらの方でも、よろしくお願いします。

今回、新しくしたシートクランプはこちら。ダボ穴にネジを入れるよりも、こっちの方が楽チンです。

▲ BBB (ビービービー) ザレバー BSP-81 シートクランプBBB

そうしてキャリアを装着したMTBで、夜の道をものすごーく遠回りして帰ったとさ、めでたしめでたし。

走行距離 30km
(ちなみに寄り道しなければ、往復4km弱の通勤路です。どんだけ寄り道してるねん)
[PR]

by gossy54200 | 2011-04-06 23:24 | MTB | Comments(2)  

MTBにリアキャリア

つけました。
a0156548_2110496.jpg

説明書は、一見、英語で書かれているように見えたが、さりげなく日本語訳がついていた。ホッ。
a0156548_21121163.jpg

なんとか苦労しながらも、うまく取り付けられたんじゃないかな。
a0156548_21134072.jpg

反対側を見ると・・・・・・、あれっ?
a0156548_21171194.jpg



ネジがボキッと折れたがな・・・orz


a0156548_21184469.jpg


この後、どのようにしてリカバリーすればよいのか
店員Aさんのご意見を求めつつ、今回の日記を終わる。

(追記)
とりあえず、針金で応急処置しました。
a0156548_21461673.jpg

[PR]

by gossy54200 | 2011-04-05 21:23 | MTB | Comments(8)  

MTBを夏タイヤに

雪が降っていて、あまり外に出る気にならなかったので
ここ数週間の懸案事項であった、MTBのタイヤ交換作業を行った。

どうもタイヤ交換作業というと、初めてやったときのひたすら苦労した思い出しかなく
(4時間かかった上に、チューブとタイヤをはさめた状態で空気を入れて、豪快にチューブを破裂させた)
あまり積極的にやりたい作業ではないのだが
さすがにもうスパイクタイヤを使う場面もないので、思い切って一気にやることにした。
何事も思い立ったが吉日だ。

苦手意識のあったタイヤ交換であったが
年末に秀岳荘さんのメンテ講習を受けてパワーアップした私は
30分ぐらいであっさりと交換できるぐらいに、自転車レベルが上がっていたのであった。
(店員Aさん、ありがとうございます)
なんだ、こんなに簡単な作業だったら、もっと早くやっておけばよかった。

タイヤはシュワルベ「マラソン・プラス」
耐パンク性最強!重さも最強(涙)。
a0156548_2332195.jpg

ついでなので、スプロケ(歯車)も掃除することにした。
a0156548_23355953.jpg

スプロケを1枚1枚バラバラにして、灯油につけると、新品同様にピッカピカになるのらしいが
そんなことをするのはめんどくさかったので、パーツクリーナーと使わなくなった靴下で掃除した。
まあ、でも、それなりにキレイになったよ。

タイヤを交換したら、あとはホイールをはめるだけ。
a0156548_23401870.jpg

この後輪の脱着作業も、慣れるまでは30分ぐらいかかっていたものであるが
今となっては、サクッと1分ぐらいではめられるようになり感無量である。

そう、実際にやってみると、こうした作業は思ったよりも大変じゃないのだが
どうしても、昔苦労した思い出しかないもんで、ついついおっくうになってしまうんだよな。
今年はこういった作業もめんどくさがらないで、しっかりやることにしよう。

夏のMTB。
今年はリアキャリアとサイドバッグをつけて、「ツーリング&お買い物仕様」にしようかなあとたくらんでいる。
テントを持ってツーリングってーのに、ちょっとあこがれてるんだな。
(テント張ることもできないくせに)

明日、久々に秀岳荘に行って
キャリアとサイドバッグを物色しようかなあと思いつつ、今回の日記を終わる。
[PR]

by gossy54200 | 2011-04-02 23:52 | MTB | Comments(2)