<   2010年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

 

さようならロードレーサー(その1)

いきなりであるが、ロードレーサーを処分することにした。

最初はローラー台とマットだけの処分にしようと思っていたが、
考えていくうちに、ロードレーサーがあるために
ローラー台のような使用頻度の低い高価な買い物が増えたのではないか?
ならば、いっそのことロードごと処分してもいいのではないかとの結論に至ったのである。

そもそも自転車たるものは、もっと日常生活に即したものでなきゃならんと思うわけで、
いちいち自転車に乗るために、
ピチッとした服を着たり、窮屈なシューズを履いたり、キノコヘルメットをかぶったり、
そんなことはやってられないのである。
(まあ、ヘルメットはしゃーないかと思うが)

そんでもって、出先でもそのへんてこりんな格好ゆえに、飲食店に入るのも恥ずかしく、
しかも派手な格好でチンタラ自転車を漕ぐのもマヌケなので、
自然とオーバーペースになり、ただ一生懸命走るだけで終わりと、
風情も何もないツーリングとなってしまうのである。

ロードは確かに速いし、長距離走るのには一番理にかなった自転車である。
この自転車に出会ってよかったと心から思っている。

でも、私のようなへたれ足で小心な人間にとっては、
ついつい、自分を自転車に合わせようと無理をしてしまう。

それはどういうことかと言うと、
例えばスピードを気にして、サイコンばっかり見て、
「ちっ、Ave25km/hはキツいなあ」と景色も何も見ないで思ったり、
ロードで峠道を押して歩くのはかっこ悪いよなあと
無理にしゃかりきに登ってみたりとか。
「俺はロードに乗っている」ということが、何か心の重荷になっているような気がするのである。

確かにAve25km/hを保ったり、峠を越えた達成感と言うものはある。
あるのであるが、何か頑張りすぎて、
私にとっての自転車の最大の喜びである
「自力でこんなに遠くに行った」
という感激
を素直に味わうことができなくなっているのではないだろうか?

実際、去年は遠出の主役はロードではなく、
折りたたみ自転車ブロンプトンであった。
時速15kmぐらいでのんびり進み(実際、速度計はつけていないので何キロで走ってるかわからんが)、
ちょっとした坂でも無理しないで押す。
でも、100kmぐらいの長い距離を走る満足感は十分に味わえるし、
輪行の楽チンさはピカ一で、なんと言うかスローで豊かな旅情を楽しむことができるのである。

ブロンプトンでの旅を繰り返すうちに、
「ああ、俺のチャリ旅はゴリゴリ体育会系ではなくて、ゆったり文化系のチャリなんだな」
と、思うわけであった。
(とは言え、我ながら16インチの3段変速のチャリで100km超は尋常ではないような気がするが)

実際問題、ロードを買って3年経つわけであるが、
1シーズン目、2シーズン目は年3000kmは乗っていたのだが、
去年はガクンと落ちて、1000kmも乗らなくなった。

もうロードは十分に堪能したのかなあと。
別に私はレース志向ではないし、ブルベも何かちょっと違うんじゃないかなあと思ったりする。
これからロードに乗ってやりたいことが見えなくなってしまったのである。
(もちろん、レースやブルベで頑張っている人は素直にリスペクトしています。)

今年は「頑張らないチャリ乗り」を目指していくのもありかなあと、
心を鬼にして、サイクルハンターという業者にロード売却査定の見積もりメールを送ったのであった。

(つづく)
[PR]

by gossy54200 | 2010-02-28 20:11 | 自転車 | Comments(4)  

貧乏入門

非常にみじめったらしいタイトルであるが、コーチャンフォー新川店でタイトル買い。

別に年収28万円の貧乏生活にあこがれているというわけではなく、
副題の「あるいは幸せになるお金の使い方」に魅かれたのである。

著者は小池龍之介さんという、東大を出て住職をやっている人ですが、
別に小池さんが年収28万円というわけではありません。
(なぜ28万という数字にこだわる?)

タイトルから節約本っぽいような印象を受けるが、
別に節約のススメとか、そんなことを書いているわけではなく、
仏教的観点から、豊かさとは何か、幸せになるにはどうすればよいかとか、そんな話が書いてある。

お金とは何か?物欲とはどうして生じるか?
これが欲しいとあなたは言うが、本当にどうしても必要なのか?
いらないものは捨てて、必要なものだけに惜しげもなく金を使うのがいいんじゃないの?
(この人も「他人のためにお金を使うのが大事」と主張してた)

モノを安く買うにはどうすればいいかというのではなく、
根本的な物欲を押さえて、金銭的、そして精神的に豊かになりましょうよ
というのがおおよその主張。
人によって好き嫌いの分かれる主張であると思うが、
あまりモノに固執しない私にとっては、すんなり受け入れられた。

最近、部屋の整理をしているうちに、
「うーん、これいらないなあ」と思うことが多くなってきているので、
本当に必要なものは何かを見つめ直すには、いい機会になったかも知れない。

そして、これがきっかけというわけではないが、
最近、あるものを思い切って処分することに決めたのである。
これについては後日。

ただ、この本、草食系男子についてやたら厳しいんだよね。
アラフォー独身の草食系にとっては、耳が痛い。

モノには固執しないが、人には固執する私。
そういうところも捨てないと、仏の道には行けないわけですな。
別に仏の道に行く気はないが。

このブログを書く前に、もう一回読み返そうと思ったけど、
出張先に忘れてしまった・・・orz。
捨てることが大事だって本に書いてたけど、その本まで捨ててしまったよ。


[PR]

by gossy54200 | 2010-02-27 20:55 | 読書 | Comments(2)  

すっかりおっさんになったなあと思うとき

キム・ヨナとユン・ソナの区別がつかなくなったとき。
[PR]

by gossy54200 | 2010-02-26 23:55 | 日記 | Comments(2)  

きたひやま温泉ホテル

a0156548_20112883.jpg

ここせたな町は2005年に、瀬棚町、北檜山町、大成町の三町が合併して作られたわけで、
その中の旧北檜山町に、今私はいるわけですね。

そんで、この立派なきたひやま温泉ホテルに私は宿泊しているのかというと、
そんなことはなく、単に日帰り入浴で来ているだけです。
入浴料金は500円也。

私は温泉マニアではないので、ここの温泉にどのような効能があるかはさっぱりわからんが、
そこそこキレイで、のんびりできて、いいところだと思う。
札幌から片道4時間かかり、日帰りで行きにくいのが難点であるが。

別に映画を見に行ったりとか、酒を飲んだりとか、そういう娯楽をしない私にとっては、
ここ北檜山地区は、温泉があって、図書館があって、コンビニがあって、自然があって、
必要最低限の暮らしをするには、さほど不自由ではないのではないか。
買い物するにはAmazonとか楽天とかあるし。

むしろ、物や人があふれすぎている都会の華やかさはまやかしであって、
こういうところでこそ、地に足の着いた、人間らしい生活が送れるのではないか。

そんなことを感じながら、出張2日目にして、なんとなく無の境地に達してきたと錯覚しつつ、今回の日記を終わる。
[PR]

by gossy54200 | 2010-02-25 20:40 | 日記 | Comments(0)  

またせたな

「待たせたな」
「ううん、全然待ってないよ。今来たところ」

・・・と、テレビドラマにありがちな男女の待ち合わせシーンをやっている場合ではない。
a0156548_19273918.jpg

今回は
「また、せたな」
ということで、先週に引き続きせたな町に来ているわけである。

写真の情報センターは早い話が図書館で、
仕事が終わった後、ここでゆっくりと新聞を読んだり、本を読んだりするわけである。
札幌の図書館と違って、人がいなくてのんびりできるところがよい。
出張時の唯一の娯楽である。

ここではすべての時間が止まっているような気がする。
こういうところでこそ、雑念が振り払われ、無の境地に立って、悟りを開けるのではないだろうか?

そんなわけで悟りを開くべく、
現在宿舎で、この前のゴスペルの練習を録音したものを聞きながら
さっきローソンで買ったブッダの教えの本を読んでいるのであった。
もう宗教観めちゃくちゃだがな。


[PR]

by gossy54200 | 2010-02-24 20:16 | 日記 | Comments(0)  

体を鍛えた 2日目

一週間前の筋肉痛がやっと治ったので、久々に札幌市西健康づくりセンターに行った。

前回はランニングマシーンで1kmしか走れず、大いに運動不足を痛感したわけだが、
今回は最初は時速8kmとゆっくり目のスピードで入り、
徐々に速度を上げていきながら、30分間走り続けようという作戦に出た。
この作戦が功を奏し、見事に4kmを走りきった。
何事も継続は力なりである。
たった2回でエラそうなこと言うなと言われようが、とにかく継続は大事なのだ。
このペースで行くと、あと10回ぐらい行けばフルマラソンの完走ぐらいはちょろいのではないか。
サロマ湖100kmマラソン完走も夢ではないぞと、妄想を膨らませるのであった。

それにしても、私の隣にいたおばはん。
トレーナーのにーちゃんに
「どのくらいの速度で歩けばいいの?どのくらい歩いたら痩せるの?」
といろいろ質問しまくって、
「そうですね、ちょっと早歩きのペースで30分ですね」
と返答を受け、
「えー、つらーい」
などといろいろと、にーちゃんにからんだ結果、
にーちゃんがいなくなった瞬間に、ランニングマシーンからギンギラギンにさりげなく消えて行った。
多分5分も歩いてないのではないか?
恐るべしは、おばはんパワーであった。

さて、一方エアロバイクでは、ケイデンス90回転を維持しながら、快調に飛ばしていたが、
20分を過ぎた辺りで、ふくらはぎがつってリタイア。
ママチャリレースに向け不安が残る内容である。

千歳JAL国際マラソンまであと103日(出るのか?)
モエレ沼ママチャリレースまであと117日
[PR]

by gossy54200 | 2010-02-23 22:08 | 日記 | Comments(0)  

落日燃ゆ

城山三郎の小説です。
第二次世界大戦A級戦犯、元総理、外相広田弘毅の物語。

誰よりも平和的な解決を願いながら、
軍の横槍によって、自分の願いをかなえることができなかった。

結果的には南京事件の虐殺を止めなかったと不作為の責任を問われ、
皮肉にも、在任時代対立していた軍人達とと同じように、絞首刑に処せられた。
(文民で絞首刑になったのは広田一人のみ)

ものすごく理不尽な仕打ちである。
理不尽なのではあるが、その理不尽を受け止め、
自己弁護に走ることなく、ただ自分の運命を受け入れる。

広田の生き方を、小説では「自ら計らず」と一言で述べられている。

それは決して、自分を引っ込めて状況にすべてをまかせるということではない。
あくまで自分の考えを主張した上で、生じる結果についてはそれをそのまま受け止める。
(裁判では広田は黙秘を貫いたが、その黙秘こそが広田の主張である)

こういうことを小説の中ではさらりと書かれているが、これがものすごく難しい。
そして、男として美しいような気がする。

美しいような気がするが、私ならやはり、
「ボク知りません、ボクやってません。悪いのはみんな軍です。」
とわめきちらし、ひたすら自己弁護を計り、ずぶとく生き残っていきたい。
こういう死を美徳とする考えは、昭和の初期で終わりにしたいものだ。

男の生き様、死生観、いろいろ考えさせられたわけであるが、
私としては、結局のところ「かっこ悪くても、ずぶとく生きていく人間でありたい」と思うわけであった。


[PR]

by gossy54200 | 2010-02-22 23:12 | 読書 | Comments(0)  

今年もモエレ沼が熱い!

出張から帰ってきたら、一枚の葉書が届いていた。
a0156548_13224872.jpg

ふふ、ふふふ。
実はこのときをずっと待っていたのである。

今年もママチャリレースの季節がやってくるのだ!

心当たりのあるママチャリダー達よ、今年もモエレ沼で集おう!(業務連絡)

なお、ママチャリ耐久リレー大会とは・・・
          ↓
http://www.mmcyari.com/
[PR]

by gossy54200 | 2010-02-21 13:28 | 日記 | Comments(2)  

思いっきり早寝してしまい毎日更新が途切れた話

2010年の私のひとつの目標として、
このブログの毎日更新ということを密かにかかげていた。

密かにかかげていたのであるが、
せたな生活2日目にして、宿舎のソファーで19時ごろうたた寝していたら、
そのまま朝まで返らぬ人となってしまった。

毎日更新が途切れてしまい、非常に遺憾なのであるが、
私の特徴としては、一旦緊張の糸が切れてしまうと、
ここから一気にバタバタと崩れ、ほとんど更新しないという事態になるということである。

なんとか、また今日から一歩一歩積み重ねていこうと
朝っぱらから自分に渇を入れたところで、今回の日記を終わる。
[PR]

by gossy54200 | 2010-02-20 07:26 | 日記 | Comments(3)  

いきなり出張に行かなければならなくなった話

朝、職場に行ってみたら
いきなり、せたな出張を命令された。
これからJRとタクシーで旅立つのである。

世の中いつ何が起こるかわからないということで、今回の日記を終わる。
[PR]

by gossy54200 | 2010-02-18 09:20 | 日記 | Comments(2)