<   2015年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

とりあえずTOEICテスト新公式問題集vol.6を一通りやってみた

んなわけで、まずはTOEIC研究ということで、市販されている中で最新の公式問題集の問題を一通り解いてみました。

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

Educational Testing Service / 国際ビジネスコミュニケーション協会



本来は時間を計って、きちんと通しでやるべきなのでしょうが、そんな集中力はないので、テキトーに細切れ時間を使いながら、リーディングは時間無制限で、リスニングは聞き直しこそはしませんでしたが、集中力が切れたところで中断するって感じで、1週間ぐらいかけてダラダラと取り組んでおりました。

一応、私の英語力のスペックは以下のような感じ

・高校時代はそこそこ得意科目であった。
・センター試験は170点ぐらいだった。
・大学生のころは、中学生相手に英語を教えて小遣いを稼いでいた。しかし、自らの英語力の向上に対する努力はゼロで、それこそ中3レベルの英語力に落ちたと思う。
・英検は中3のときに3級を取得。社会人になってから2級を受けようとしたが、高校生ばっかりの教室におっさんがポツンとひとりいる状況は悲しいだろうと思い、ブッチした。
・2001年か2002年に、突発的にTOEICを受験した。確か500点ちょっとぐらい。
・2012年の1月に受けたTOEICは555点。リスニングが壊滅的にわからず、リスニング試験の途中から聞くことを放棄して、リーディング問題に手をつけていた。それにも関わらず、リーディングは時間切れで、20問ぐらいテキトーにマークした。

で、一通り解いてみた感触。

《Part1 写真の描写を4つの短い説明文から選ぶ問題》
・そんなに難しくない。10問中7~8問はできた。

《Part2 1つの質問文に対する答えを、3つの応答文から選ぶ問題》
・ここだけ3択なので、テキトーに選んでも33%は当るのがよい。
・んでもって、消去法で1つ消せば、さあ、正解率はもう50%だ!
・しかし、残りの2つが選べない。
・質問文の最初の方(Whatなどの疑問詞)を聞き逃すとリカバリーは不可能、集中力が試される。
・結局、集中力が続かないんで、全部で30問あったのだが、あまり長くやると耳が拒絶反応を起こすので、10問ずつ細切れにやった。
・正解率は7割ぐらいとまあまあ。

《Part3 2人の会話文に合う内容を、4つの選択肢から選ぶ問題》
・3年前TOEICを受けたときは、ここで完全にぶち切れたが、思ったよりも聞き取れる。
・選択肢は先読みして、ある程度読まれる英文の内容を想像するのがベター。
・しかし、これも休み休みやらんと、集中力持たんわ。6問(スクリプト2つ分)やっては答え合わせをするということを繰り返した。
・正解率はこれまた7割ぐらい。試験場では手も足も出なかったのだが、落ち着いてやれば、内容自体はそんなに難しくないのだな(印刷されたスクリプトを見れば、辞書をひかなくても内容が理解できるレベル)。

《Part4 アナウンスなどの説明文に合う内容を、4つの選択肢から選ぶ問題》
・Part3に同じ、意外とできるものである。
・ここも英文を聞く前に選択肢を先読みするのが有効。
・正解率は7割ぐらい。話題さえつかめれば、英文が聞き取れなくても、ある程度内容を類推して答えることはできる。

《Part5、6 文法穴埋め問題》
・TOEICの文法はパターンが決まっているので、いかにパターンを暗記して、速く解くかが勝負なのでしょう。
・じっくり考えながらやった結果、8割ぐらいはできたが、これだと長文の時間が足りないのだろうなあ。

《Part7 長文読解問題》
・英文自体は難しくない。それこそ、時間無制限なら9割は取れる。
・ただ現実問題として、1問1分で解くスピードが必要なわけで、速読速解が求められるわけだ。
・使われている構文自体はセンター試験よりやさしいと思うが、単語が独特なので、単語力がポイントになるのだろうなあ。
・Part3やPart4にも言えるが、本文に書かれていることを別の表現で言いかえた選択肢が正解になることが多い。同義語のチェックも大事ですな。

んなわけで、全体の感想としては

量に圧倒されるが、制限時間を無視してゆっくりやれば、質はそうでもない

ということだ。


とりあえず、今後の公式問題集の使い方としては。

・リスニングのスクリプトを気が狂うほど音読しよう。100回は音読しよう。暗記するぐらい音読しよう。
・リーディングについては7回は解き直そう。長文は30回は音読しよう。

問題集としてではなくて、「教材」として、しゃぶりつくすぐらいやりこむことが大事ですね。
大学受験でもそうでしたが、1つの教材を暗記するぐらいに、これでもかとやりこまないと、力はつかないと思います。
前回TOEICを受験したときは、いろんな教材つまみ食いして、何一つモノにならなかったので、今回は「これだけはしっかりやった」という軸を作っていきたいと思います。
フルマラソンの大会で、走りこんだ距離が自信につながるように、英語学習でも、音読した回数が自信につながると思っています。

ごきげんよう。
[PR]

by gossy54200 | 2015-09-30 23:29 | TOEIC | Comments(0)  

第205回TOEIC試験の申し込みをした

なんとなく英語ができるようになりたい。

そんなことを考え、3年前に突発的にTOEIC試験なるものを受けてみたが、機関銃のように流れてくる英文が全く聞き取れず、完全に戦意を喪失し、もうどうでもいいやと、一旦はTOEIC界からの引退を決意した。
気力と体力と高額な受験料を支払う限界を感じたのであった。

でもって、TOEICとは別に、なんとなくふわっとした英語の力をつけたいなあと、「英語上達完全マップ」なる本を買ってみた。

英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法

森沢 洋介 / ベレ出版



この本の中で、英語力を測る精度としてTOEICは優れていると紹介されており、「そっか、やっぱりTOEICは大事なんだなあ」と改心し、とりあえずTOEICの点数を上げることをモチベーションに英語の勉強をしようじゃないかと思ったわけであった。
多分、そういうモチベーションは邪道なのだろうが、特に会社で海外勤務があるとか、英米人の友達がいるとか、フィリピンパブに通うとか、そういったことのない生活を送っている以上、とりあえず「英語学習=TOEICの勉強」という形でやってもいいのではないかと。

やると決めたからには迷ってはいけない。
早速11/15に行われる試験に申し込みをして、後に引けない状態に自分を追い込むことにした。
マラソンの大会に出るようになってから、ジョギングが習慣になったように、TOEICの試験を受けることによって、英語の勉強が習慣になるという効果が出てくるのではないだろうか。
大会や試験という強制的にやってくるものをきっかけに、モチベーションを上げていくのもひとつの方法であると思う。

《前回TOEICを受験したときの反省点》
・試験の全体像を把握していなかった。
・教材をつまみ食いして、何一つこれをやったというものがなかった。

ということで、今回は11/15の試験まで2ヶ月もないということで、教材を厳選し、ネットで評判のいい以下の3冊を徹底的にやりこむ作戦でいくことにした。

・全体像をつかむために公式問題集

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

Educational Testing Service / 国際ビジネスコミュニケーション協会



・単語を覚えよう

新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ

TEX加藤 / 朝日新聞出版



・文法もやっておこう

1駅1題 新TOEIC TEST文法特急

花田 徹也 / 朝日新聞出版



a0156548_2041186.jpg


具体的な教材の使い方については、いずれまた。
3年前は500点台の私だったが、いずれ、元モーニング娘。の小川真琴のスコアは超えたいものだなあ。



ごきげんよう。
[PR]

by gossy54200 | 2015-09-27 20:52 | TOEIC | Comments(0)  

尾幌駅

昆布森からのつづき)

難読地名シリーズは、まだまだ続きます。

a0156548_22293335.jpg


入境学がどうやったら「にこまない」になるのか?
この辺まで来ると、もうツッコミを入れるのもアホらしくなってくる。

別名「北太平洋シーサイドライン」の道道142号線。
晴れていると最高の景色なのだが、コンビニはおろか自販機すらロクになく、30kmを過ぎた辺りから、景色はどうでもよくなり、「腹減った」とか「のど渇いた」とか、そんなことで頭がいっぱいであった。
早くコンビニ現れないかなあ。
って、民家すらないところにコンビニなんてあるわけないよな。

さて、この地名は何と読むでしょう。

a0156548_22365994.jpg


正解は「セキネップ」でした。

a0156548_22372725.jpg


感覚が麻痺してきたのか、確かに「セキネップ」と読んでもいいかなあという気もしたが、「夫」と「向」の順番は逆なのではないかというような気もする。
「プ」の部分に「夫」の字をあてるべきだろうと。
まあ、ここまで滅茶苦茶な読み方だと、漢字の順番などどうでもいいような些細な問題だと思うが。

さて、そんな「セキネップ」の読み方など、どうでもよく、大事なことは、ここがパーキングエリアであるということだ。
パーキングエリアだったら、自販機だったりトイレだったりがあるんじゃないかと甘い期待をしていたが。

「パーキングエリア」の名に恥じない、正に「駐車場だけ」のスペースなのであった。

a0156548_22442341.jpg


景色はいいのだが、今の私に必要なのは、美しい景観ではなく、赤コーラなのである。

a0156548_22451057.jpg


補給を求めるには、国道44号線まで出なきゃならんのだなあ。
まだ15kmぐらい、このアップダウンの激しい道を走らなあかんのか。
憂鬱だねえ。

憂鬱の中、更なる難読地名は続く。

a0156548_22485039.jpg


ここは右に曲がって、「知方学(ちっぽまない)」やら「老者舞(おしゃまっぷ)」の正体を確かめてみたいような気もしたが、そんなものよりもコーラが飲みたかったので、厚岸方面へと向かいます。
さようなら、知方学、老者舞。

昆布森以来の民家がある集落です。

a0156548_2253592.jpg


これまた読めない名前の集落だが、もうここまで来ると調べるのもめんどくさい。
仙鳳趾の読み方を知りたい方は、勝手に検索して調べてください。

「オタクパウシ」が気になったが、右に曲がって、国道の方に向かいます。

a0156548_22562834.jpg


これだけ難読地名が続くと、カタカナで表記されている「オタクパウシ」がすがすがしく、正々堂々としているような気がする。
なんでもかんでも漢字をあてればいいってものでもないだろう。

50kmぐらい走って、待ちに待ったコンビニの登場です。
セイコーマートしかない宗谷管内と違って、田舎でもセブンイレブンのある道東はステキなところだ。

a0156548_2305379.jpg


ドーナツとか色々買って、近くの無人駅で食べることにしよう。

a0156548_2325945.jpg


最近、室蘭本線の秘境駅「小幌(こぼろ)駅」が何かと話題になっているが、この「尾幌(おぼろ)駅」は、国道のすぐ近くにあり、秘境度は薄い。

a0156548_235468.jpg


誰もいない駅は妙に落ち着く。

a0156548_2374076.jpg


私は、有名な観光地よりも、こういうわびしい駅に旅情を感じる。
誰もいない駅で、ドーナツやサンドイッチやエナジードリンクを飲むのは、なんて気持ちいいのだろうか。

a0156548_239220.jpg


どうして、走っていたときはコーラが欲しかったのに、エナジードリンクを買ってしまったかは、我ながら謎である。
謎であるのだが、こういう誰も注目しないところで、ひとり静かな時間を過ごすのは、非常に贅沢なような気がした。
自転車と無人駅があれば、私の休日は満足なのであった。
例え、世の中の大多数の人に理解されなかろうが、私は満足なのである。
本当に、ちっとも寂しいということはなく、満足だと言ったら、満足なのである。
しつこいって。

この素晴らしいたたずまいの尾幌駅に弱点があるとすれば、この手の無人駅にありがちな「駅ノート」がないということぐらいか?
もし、次回行くことがあれば、そっと駅ノートを置いていこうと思う。
思うだけで、多分、実行はしないが。

尾幌駅から出た後は、特に面白みのない国道44号線を30kmほど釧路方面に走って、この日のサイクリングはおしまい。
仕事の都合で美瑛センチュリーライドには出られなかったが、それ以上の満足を得られた今回の尾幌駅訪問なのであった。
やはり自転車は、誰も注目しないような知らない道を、自由に走らせてナンボだろ。
…と、ちょっと強がってみる。

ルートはこんな感じ。



約80kmで獲得標高は730mぐらいなのだが、数字以上にしんどいものがありましたね。
道道142号線は、結構鍛えられるよいルートです。
坂と難読地名が好きな方にはおススメ。
そんな人、いないって。

ごきげんよう。
[PR]

by gossy54200 | 2015-09-25 23:30 | ロード | Comments(0)  

昆布森

昆布森に行こうと思う。
理由は特にない。

鉄道マニアの方で、「こんぶもり」と言えば、根室本線の秘境駅である「昆布駅」を思い浮かべるかもしれないが、今回、私が行こうと思っているのは、釧路町の「昆布」というところであって、「盛」と「森」の違いがある。
まあ、どっちも秘境という意味では、あまり変わらないような気もするが。

昆布森の位置は、こんな感じ。

a0156548_1454529.jpg


釧路市街より南東に約20kmぐらいの位置にあります。
まあ、つべこべ言わずに、とっとと行こうではないか。

約1ヶ月ぶりにロードを引っ張り出します。
ロードではいっつも鶴居・阿寒方面ばっか行ってるもので、幣舞橋をロードで渡るのは初めてだったりする。

a0156548_1515673.jpg


幣舞橋より釧路川。

a0156548_1523072.jpg


天気は恐ろしくよかった。
さあ、昆布森へどんどん進んでいこうではないか。

a0156548_1532268.jpg


道はうねうねとアップダウンを繰り返します。
釧路は駅の北側は、ほぼ真っ平らなのだが、駅の南側は坂ばっかりで、ほぼ平らなところがないのだよな。
そんなわけで、今まで自転車では避けてきたところなのだ。

標高80mぐらいのところで、高山パーキング。

a0156548_1564714.jpg


有名な夜景スポットらしいが、昼間に来るのも悪くない。

a0156548_1593248.jpg


自転車乗りとして、上ってきた道を見下ろすのは気分がいいものだ。
俺も高いところまでやってきたなあと。

しかし、高山パーキングを過ぎても、情け容赦なくアップダウンは続きます。
道道142号線、結構しんどいのう。
ひとつひとつは、せいぜい数十メートルぐらいのアップダウンなのだが、これが連続すると、スタミナが削り取られる。

でもって、382mの昆布森トンネルを抜けると、そこは昆布森の集落だった。

a0156548_15213657.jpg


昆布のシーズンは過ぎているので、干し場に昆布はほとんどなかったですね。

a0156548_1523893.jpg


昆布森の集落を過ぎると、そこは森だった。

a0156548_15234839.jpg


なるほど、昆布「盛」ではなくて、昆布「森」という名前をつけられたのはこういうことなのかというぐらいの、見事な森っぷりであった。

お嬢さん、靴が落ちていますよ。

a0156548_15261141.jpg


難読地名シリーズ。

a0156548_15263356.jpg

a0156548_1526476.jpg


跡永賀(あとえが)は、何とか許せる読み方であるが、浦雲泊(ぽんとまり)は反則的に読めない。
しかし、難読知名シリーズは、まだまだ続くのであり、このアップダウンの激しい道道142号線は体力だけではなく、知力も試される道なのである。

この知名には度肝を抜かれた。

a0156548_15333787.jpg


初めてのときは無敵だが、二回目以降は最弱なんじゃないかと、ついつい思わせてしまうナイスなネーミングだ。
いや、地名に敵も味方も強いも弱いもないような気がするが。

字面にもインパクトのある「初無敵」であるが、読み方はもっとインパクトがあり「そんてき」と読む。
こんなもん、読めるか!

森を抜けて、海がババンと見えて、いい眺めである。

a0156548_15394646.jpg

a0156548_15401385.jpg


景色はいいんだが、容赦なく上り坂が続くのであった。

a0156548_15412776.jpg


ここまで約30km。
タイトルは昆布森だったが、昆布森についての記述がほとんどなかったな。

(つづく)
[PR]

by gossy54200 | 2015-09-23 15:47 | ロード | Comments(2)  

MTBハンドルカット

さて、約3ヶ月放置しているMTB。
重いし、めんどくさいし、なかなか部屋から出そうという気にならない。

いい加減、何とかした方がいいんじゃないかと思い、まずは、メンテナンススタンドに立てるときに邪魔になるキックスタンドを取っ払うことにした。
駐輪するときにキックスタンドはあれば確かに便利なのだが、なければないで困らないだろう。

でもって、部屋から出すときの最大のネックになるのが、やたら幅の広いハンドルである。

a0156548_19181515.jpg


玄関の扉の幅が80cmに対して、70cm近くもあるハンドルは長すぎるわ。
まずはコイツをカットして、ストレスなく部屋からMTBを出せる環境にしないことには話にならない。

ということで、ホームセンターでパイプカッターを買いました(1200円ぐらい)。

a0156548_192511100.jpg


絶対にこんなもの買ったところで、今回のハンドルカット以外で使わねえだろうとは思っていたが、何となくショップ任せにせずに自分でカットしたい心境だったので、勢いで買ってみた。
私のようなズボラな人間にとって、自転車のメンテに一番必要なのは、「そのときの勢い」なのである。

ハンドルカットにあたり、邪魔になるブレーキや変速シフトレバーを動かし、グリップを外して、カットする位置に印をつけます。

a0156548_1932873.jpg


左右5cmずつカットしておこうか。
もし、それでも長すぎるようだったら、またカットすればよい。

でもって、パイプカッターを説明書通りにいんぐりもんぐりいじっているうちに、ポロリとハンドルはカットされたのであった。

a0156548_19352848.jpg


カットしたときに、「パリン」と派手な音をたてるのではないかと、ちょっとビビッていたが、特に音もなく、あっけなくポロッとハンドルの端の部分が落っこちていき、諸行無常の響きを感じたのであった。

a0156548_1939244.jpg


もうちょい短くてもいいような気もするが、とりあえず60cm以下なら、まあいいだろう。

んなわけで、外に出してみます。
おお、ハンドルが引っかからずに、スムーズに外に出すことができるではないか!
やはりハンドルカットは正しかった。
去勢手術が終わったネコのように、我がMTBは従順な奴になったのである。
パイプカットは偉大なり。

うれしくなったので、テキトーにMTBを走らせます。

a0156548_19445956.jpg


家から20kmほど離れた釧路空港へ。

a0156548_19471541.jpg


空港には動かない鶴がいます。

a0156548_19501039.jpg


このまま飛行機に乗って、どこか遠くへ行ってしまいたい心境だったが、おとなしく帰ることにしましょう。
さようなら、釧路空港。
空港前は適度な坂があって、坂道トレーニングにはちょうどいい感じだったよ。

帰り道には本物の鶴がいました。

a0156548_1953975.jpg


観光地でも何でもない原っぱに、当たり前のように野生の鶴がいるんだなあ。
もうちょっといいカメラ使って、もっとちゃんとした鶴の写真を撮ってみたいものだ。

40kmぐらいをダラダラと。
ハンドルカットは、これ以上短いとポジションに影響が出そうなので、こんなものでいいかなあ。
途中、変速の調子がイマイチだったので、MTBを買ったショップで調整してもらい帰宅。

ロードやブロンプトンもいいけど、これらは「よそいき」の自転車なんだよな。
特にロードだと、スーツを着て会社に行くような、キチッとしたものが求められるような気がする。
自転車はリラックスして乗ってナンボのものではないかと。

やはり、普段着のユニクロ感覚で乗れるMTBがあると便利だなあ。
特に目的がないときに、なんとなく乗りたくなる自転車の存在はありがたいものである。

もうちょい、普段着街乗りMTBとうまく付き合っていこうじゃないか。
乗り終わった後、4階に運ぶ作業は相変わらず苦痛であるが。

ごきげんよう。
[PR]

by gossy54200 | 2015-09-20 20:05 | MTB | Comments(2)  

湿原の風アリーナでインドアランナー

すっかり日が短くなりましたね。
心なしか、今まで住んでいたとこに比べて、この時期にしてはやけに日が沈むのが早いなあと思って調べてみたら、札幌に比べると15分ぐらい日没の時間が早いのですな。
冬の訪れすら感じてしまう、ここ道東の地なのであった。

私は朝に弱い夜行性ランナーなのですが、やっぱり暗いと危ないなあということで、これからの時期、釧路を誇る巨大体育施設「湿原の風アリーナ」で、引きこもり箱入りランナーとして、細々と走ることにします。

a0156548_23285364.jpg


ランニングコースを使うために、アリーナの利用券を買いましょう。
(1回240円、10枚回数券2160円)

a0156548_2332018.jpg


ちなみにランニングコースは、トレーニングルームの利用券(1回410円、10枚回数券3690円)でも使うことができます。

さて、走りましょう。

a0156548_23351248.jpg


冬になると混むのかもしれませんが、今の時期は、すいていていいですね。
わたしゃ貧乏性なので、金払ったんならたくさん走らんともったいないということで、1周240mのコースを週の始めにもかかわらず100周も走ってしまい、すっかり謎の背部痛に襲われてしまったのであった。
金を払うと、中途半端なところではやめられないと、自分に厳しくなってよいのかもしれない。
まあ、土日、ちょっと来客があって、トレーニングをサボってしまったので、こっから別海に向けて、エンジン全開でやっていこう。
シルバーウィークも、待機でどこにも出かけられないので、細々と走って過ごすことにいたします。

ごきげんよう。
[PR]

by gossy54200 | 2015-09-14 23:44 | ランニング | Comments(0)  

単身用物件にMTB

さて、5月に買ったMTB。
最初のうちは通勤用自転車として大活躍していた。

ただ、私の住んでいる単身用のマンションは自転車置き場なるものがなく、15kgぐらいあるMTBをかついで4階まで運ばなければならないのだ。
んでもって、デカくて、取り回しがよろしくなく、MTBを部屋に運ぶまでに、壁やらドアやらに車体をゴッツンゴッツンさせてしまい、どうもあずましくない(北海道弁)。

でもって、部屋の中に入れようとしてもスペースがなく、しばらくは玄関にブルーシート敷いて、玄関先に放置しておいた。
玄関のスペースの80%を占領していたMTBのおかげで、外に出るにも大いに難儀していたのであった。

これはいかんなあと思い、6月下旬に、我が家にあるミノウラバイクスタンドDS-2100用の支柱延長バーを購入し、650BサイズのMTBもすっきりと室内保管できるようになったのであった。

【minoura】DS−2100用 29”支柱延長バー

ミノウラ



やっと玄関先の邪魔者が片付いてめでたしめでたし。

a0156548_2014657.jpg


しかし、MTBにとっての悲劇はここから始まったのである。
バイクスタンドに置いて、いやー、すっきりしたと思ったが最後、そっからMTBを外に出すという行為がめんどくさくなって、ここ2ヶ月1mmもMTBに乗っていないのである。
正に部屋の飾り状態のMTBなのであった。

まあ、ちょっと考えよう。
コンパクトなブロンプトンと、やたらデカいMTBを比較して、どっちを部屋から運ぼうと思うか?
朝のクソ忙しいときに、自転車を部屋から出すということを大事業にしたくない私は、当然ブロンプトンを選択するのである。
コンパクトに折りたためることは、私のようなウサギ小屋賃貸生活者にとっては、愛であり正義であり真実なのである。

にしても、どうしたらMTBを使う気になるのだろうか?

考えられる解決策としては

・壁などあちこちにぶつける諸悪の根源であるハンドルをカットする

オフロード用に使うには680mmの長いハンドルは安定感があっていいが、こんなにハンドルが長いと、単身用賃貸生活者としては部屋に入れにくくて仕方がない。
玄関からの出し入れが、大事業となっている現状なのである。
最低でも10cmはカットしないと、とても室内保管には耐えられない。

・ホイールを26インチにする

何だかんだで27.5インチはデカい。
29インチよりはマシだが、それでもデカすぎる。
玄関から出したところで、階段の曲がり角でゴッツンゴッツンするのは、やはりいただけない。
単身賃貸生活者にとって、デカい自転車は悪なのである。

・軽量化

できればブロンプトンと同じ12kgぐらいだったら、もうちょっと外に出す気になるのだが。
しかし、軽量化は金がかかりすぎるので、ここでは考えないことにする。

・パラトルーパーのような折りたためるMTBにする

アメリカ軍折り畳みマウンテンバイクPARATROOPER

MONTAGUE



正直、コイツにすればよかったと思わなくもない。
狭い家にとって、コンパクトになるということは、本当に重要ですよ。

・そもそもMTB必要か?

ここを突かれると、「はて?必要だろうか?」と思ったりもする。
オフロード乗らんしなあ。
冬はスパイクタイヤで自転車通勤と、当初は思っていたが、実際、雨が降ったときに徒歩通勤してみると、「30分ぐらいなら、別に徒歩でもいいんじゃね?」と思ったりして。
そういえば、札幌に住んでいたときも、冬は片道2kmを徒歩通勤していたんだったな。


そんなわけで、単身賃貸生活者がMTBを所有することは、非常にハードルが高いのであった。
同じような住宅事情でMTBを使っている方がいらっしゃいましたら、保管や外に出すとき、どうしたらめんどくさくなくなるのか、教えてください。

ごきげんよう。
[PR]

by gossy54200 | 2015-09-07 20:45 | MTB | Comments(0)