<   2016年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

コンデジ買いました

ガラケー生活に戻り、スマホを持ち歩かずに外出することが多くなってきた。
そうなると、ふとしたときに写真が撮れないということに気づき、ポケットに入れても邪魔にならないデジカメが一個あれば便利なんじゃないだろうかと。
(一応、ガラケーにもカメラ機能があるが、とても使えたレベルじゃない)

いや、冷静に考えれば、デジカメを持ち歩くんなら、スマホを持ち歩いても変わんないんじゃないかという意見もあろうが、とにかく突発的最大瞬間風速25m/sぐらいの勢いでデジカメが欲しくなったのだ。

どうせスマホカメラの代わりだ。
あんまり高いものはいらんだろと、予算1万で以下の2つが候補にあがった。

Canon デジタルカメラ IXY160 シルバー 光学8倍ズーム IXY160(SL)

キヤノン



Nikon デジタルカメラ COOLPIX S3700 ピンク 光学8倍ズーム 2005万画素 S3700PK

ニコン



電器屋に行ってみたら、2つともあって、事前に価格comで調べた値段と大して変わらんかったので、「よし、ここで買おう」と決心。
問題はどちらにするかということだ。

値段自体はCanonの方が安いのだが、どうも私はモノを選ぶときに「2番目に安いもの」を選択する傾向がある。
なぜかはわからないが、恐らく「あまりに安いものは不安」と、どこか心の底で思っているのだろう。
それに私はカメラのことはあまりわからないが、プリンタが本業でカメラはおまけという気がするCanonよりも、カメラ専門というイメージの強いNikonを選択したのであった。
これは明らかに私の偏見である。

とにもかくにも、5年ぶりぐらいにコンデジをゲットしました。

a0156548_21313193.jpg


1万以下でも2000万画素なんだねえ。
時代は進歩したものよ。


とりあえずどんなものか試し撮りしてみました。

まずはiPhoneで撮影したGIOS号。

a0156548_21333699.jpg


おニューのデジカメで撮ったGIOS号。

a0156548_2134841.jpg


あんまり写真について専門的なことはわからんが、GIOSブルーが鮮やかに出ているのはiPhoneの方だと思う。
ニューデジカメは全体的に明るすぎるのではないかと。

というか、久々にGIOS号をスタンドから下ろしたが、こんなにサドル前下がりになっていたのかということに、むしろビックリした。
ちなみに、GIOS号はこの後、某ショップにオーバーホールに出しました。

もう1枚iPhoneで撮影したもの。

a0156548_21381915.jpg


Nikonで撮影したもの。

a0156548_21384750.jpg


これは逆にiPhoneの方が暗すぎるのではないかと。
なんだかんだで、光量の少ないところでは、いくら1万円レベルのものとは言え、スマホはデジカメに勝てませんな。
iPhone買ったときは、「おお、スマホでこんなにキレイに撮れるのか。もうコンデジいらんじゃん」と思ったものだが。

あと、スマホだとシャッターが押しずらくてイマイチですな。
iPhone買って1年ぐらいしてから、「音量+」ボタンでもシャッターが切れるということを知ったが、それを考慮しても、やはりスマホ撮影はシャッターが切りにくい。
そういう意味ではデジカメの方が安心感がある。
危険なのであまりやらんが、自転車で走りながら写真撮るときは、圧倒的にコンデジの方がよい。

まあ、そういうことで、今後ブログ用の写真はNikon機で撮ることが多くなると思います。
ただ、GIOS号だけはiPhoneで撮りたいところだな。
これだけGIOSブルーを鮮やかに出せるのは、今まで使ってきたカメラの中でiPhoneカメラだけである。

ごきげんよう。
[PR]

by gossy54200 | 2016-01-31 21:52 | 日記 | Comments(2)  

ああ、パワーマックス

一応、このブログは自転車ブログのつもりなのだが、どうしても北海道の自転車乗りは冬の間はネタがなくてだね。
住宅事情でローラー台は使えないし、寒いし危ないしということでスパイクMTBやファットも全く乗りたいと思わんし。

んなわけで、週2~3回ぐらい湿原の風アリーナで動かない自転車をガシガシ回すわけなのである。
でもって、ここにある動かない自転車には3種類あってだな。

1.いわゆる普通のエアロバイク
2.リカンベントタイプ(背もたれがついていて、ペダルが前にある)のエアロバイク
3.ドロップハンドルがついた素人お断りっぽいマシン

1と2については、TVもついていて、「This is 有酸素運動」という感じで、仲間内としゃべりながらマシンを使っている光景もよく見られるが、問題は3である。
まずこれを使っている人を見たことがない。
たまに、間違えて使おうとする人がいるが、使い方が分からずにスイッチ類と格闘した挙句、ほとんどペダルを回さずに、3分ぐらいで辞めてしまう人ばっかりだ。
こういう迷える人を見ると、私は機械の使い方を教えるべきかどうか迷うのであるが、そういうのは私の仕事ではなくインストラクターの仕事なので、ほっとくことにしている。


さて、そんな誰も近寄らない、最強の3番のマシン。
人はこれをパワーマックスと呼ぶ。

パワーマックス VⅢ (USBモデル)

コナミスポーツ&ライフ



インターバルトレーニングというものがある。
高負荷と低負荷の運動を繰り返して、心肺機能を高める効果があるそうだ。
自転車で言えば、「重いギアでシャカリキに回す→軽いギアでくるくる回す」ってのをひたすら繰り返すのですな。

でもって、泣く子も黙るパワーマックスでは、あらかじめ負荷と運動時間と休息時間とセット数を入力したが最後、プログラムが終わるまで、強制的にトレーニングを続けざるを得ないのである。
恐るべし強制インターバルトレーニングマシン「パワーマックス」。


さて、ここで私流のパワーマックスの使い方を紹介しよう。

・まずは筋トレ+エアロバイク15km+トレッドミル5kmで体をいじめます。
・これだけで十分疲れるという話もありますが、これはパワーマックスを行うための準備運動に過ぎません。
・トレッドミルが終わった段階で帰りたくなりますが、そこをぐっとこらえて、「最後の仕上げ」であるパワーマックスに向き合います。
・負荷は300W以上のとんでもない負荷で回す方もいらっしゃるようですが、貧脚の私は180Wぐらいに設定します(1.8kp×100rpm)。
・運動時間はアマチュアボクシングと同じで3分間3ラウンドとします。
・ラウンド間の休憩時間は2分とします。

設定したら、後は機械のプログラムに従って回すのみです。
3、2、1、どりゃぁぁぁぁぁ!

漕ぎ出して30秒ぐらいの段階で激しく後悔します。
今日は無理、これ以上無理。

しかし、30秒を過ぎた辺りから、惰性で回せるようになってきます。
フォームとかそんなのはどうでもいいですね。
とにかく鬼の形相で、ペダルと格闘するのみです。

残り時間を見ると、「まだ、こんなにあるのか!」と、気が遠くなりますので、モニタ部分はタオルで隠します。
でもって、「まあ、もう2分以上過ぎたかな」というところで、覆っていたタオルを取って残り時間を確認します。

残り時間が30秒ぐらいになっているといいのですが、これで残り時間がまだ1分30秒以上あるときは、絶望的な気分になります。

どうにかこうにか3分が経ち、1ラウンドが終わりました。
パワーマックスにはボトルケージがありませんので、一旦、サドルから下りて、給水モードに入ります。
胃の内容物がこみ上げてくることがありますが、そこをグッとこらえて、2ラウンド目の準備に入ります。

再び、サドルにまたがり、ペダルをくるくる回します。
休憩時間中はペダルに負荷はかかっていないので、安心してくるくる回します。

休憩時間の残りが1分を切ったあたりから、憂鬱な気分になります。
「また、この後3分間地獄が続くのか……」

休憩時間が10秒を切ったら、もう開き直るしかありません。
運命のときを待ちましょう。
死刑執行寸前の死刑囚の気持ちが0.5%だけわかるような気がします。

2ラウンド目開始!

…………………。

終了。

ハーハー、ゼーゼー。
辛いには辛いが、残り1回と思うと、ゴールが見えてきてちょっとほっとします。

しかし、休憩の残りが1分を切ったあたりで、憂鬱な気分になるのは変わらず。
げ、もう、休憩10秒しか残ってないのか。
夏休みが終わる寸前の子供の気持ちの短縮バージョンが味わえます。

3ラウンド目開始!

最後なので、全てを出し切ろうではありませんか。
視線はひたすら下。
汗をだらだら流しながら、必死にペダルを回している私のことを、周りの人はどう思ってるのだろうかと思ったところで負け。
とにかく、「この世の中には自分とパワーマックスしかないのだ!」という心意気で、自分の世界に浸ります。

5、4、3、2、1、終了!

こうしてパワーマックスとの戦いは終わった。
マシンから降りたとき、足はふらふらで生まれたての小鹿のようになる。
どういうわけか、私の周り半径3mには誰もよって来ず、周りの視線も痛いような気がするが、そんなことを気にしているようではパワーマックスには乗れない。
ただ、自分の世界に浸って、一心不乱にペダルを回すことこそ、パワーマックスの真髄なのだ。
そして、回しきった向こうに栄光があるのだ。
その栄光が具体的に何なのかは、私も知らない。


パワーマックス終了後の菓子パンは最高です。
皆様も、パワーマックスで菓子パンをおいしく食べましょう。

あと、パワーマックスは固定ギアのところもいいね。
実走と違ってこける心配がないので、そういう意味でもパワーマックスはおすすめ。

ごきげんよう。
[PR]

by gossy54200 | 2016-01-30 00:12 | 自転車 | Comments(0)  

寒い

マイナス16.8度の朝。

a0156548_2223281.jpg


寒い以外の言葉はありませんな。
片道2kmの徒歩通勤は、身が引き締まりすぎて、職場に着くころはすっかり雪山登山を終えたような疲労感である。
晴れてるんだから、寒さぐらい我慢しろと豪雪地帯の方からは言われそうだがな。

特に指先がやばいねえ。
そう言えば、私は「指が冷たいのヤダ」と、冬自転車を引退したのであったが、徒歩にしても根本的な解決になっていないのであった。

ネットを物色すると、普段は5本指手袋だが、甲についているミットをかぶせるとミトン手袋にもなるってのがよさげかな?
いや、ミトン手袋は手袋の中で指と指をくっつけ合って温まることに意義があるから、それだったら最初からミトン手袋買った方がいいのではないか?

ノースフェイス ノースフェイス THE NORTH FACE コンバーチブル グローブ Convertible Glove NN61572 K ブラック 【Mens】

ノースフェイス



まあ、それでも雪がなくて、いつも晴れている釧路の冬はいいね。
我が家は西日が当り、家に帰っても日のぬくもりが残っているのか、そんなに寒くないところがよい。

ごきげんよう。
[PR]

by gossy54200 | 2016-01-26 22:51 | 日記 | Comments(0)  

SONYのSRS-X33を買った

私の家にはコンポがない。

2年前の引越のときに、えいやっと処分して、その後はiPhoneドックのついたスピーカーに、iPhoneを接続させて使っていた。
確かAmazonで6000円ぐらいで買った記憶がある。
CDは全てレンタルで済ませてるし、ラジオはradikoで聞いてるので、コンポの必要性を感じないのだね。

【国内正規品】JBL ONBEAT AWAKE Dockスピーカー iPad用 Bluetooth対応 ブラック ONBEATAWAKEBLKJ

JBL



当時の私はBluetoothという便利なものを知らなく、直接ドックに差し込んで使っていた。
しかし、Bluetooth対応のイヤホンで、「おお、長いコードがないとは何て最高なんだ!Bluetoothめっちゃ便利やん!好き好きBluetooth。Bluetoothよ永遠なれ」と、すっかりBluetoothのとりこになってしまった。
恐るべしBluetooth。
で、この機械はBluetoothにも対応しているということがわかり、PCの音もBluetoothで飛ばしちゃえと思ったのだが、これがびっくりするほどよく切れる。
使い物にならんほどよく切れる。

当然、iPhoneからBluetoothで飛ばすときも、しょっちゅう音が切れてやってられん。
仕方がないので、Bluetoothスピーカーとして使うのは諦め、ドック専用機としてずっと使ってきたのであった。

ところが、最近、ドックに差しても、iPhoneを認識してくれず、ちっとも音が鳴らなくなり、iPhoneとiPadの充電にか使えない情けない奴に成り下がってしまったのであった。
私はスピーカーを買ったのであって、充電器を買ったわけではないのである。

まあ、6000円で2年持ったんだから上出来だろうと、JBLのスピーカーにはお引取りいただき、新しいBluetooth対応のスピーカーを買うことを決意した。
別にiPhoneやiPadの充電は、アダプタからで十分なので、ドック機能などいらんのである。

候補は以下の2つであった。

Bose SoundLink Mini II Bluetoothスピーカー ポータブル/ワイヤレス対応 カーボン SLink Mini II CBN【国内正規品】

BOSE



SONY ワイヤレスポータブルスピーカー Bluetooth対応 ブラック SRS-X33/B

ソニー



オーディオのことをあまりよくわからん私は、先入観から、「やっぱオーディオはBOSEだろう、落ち目のSONYなんてゴミだゴミ」と勝手なことを思っていたが、「百価格comのレビューは一聞にしかず」ということで、近所の電器屋に行って、両者を聞き比べることにした。

電器屋には、BOSEのスピーカーもSONYのスピーカーもあり、両方とも「スマホとベアリングして試聴してください」と太っ腹のサービスをしていたので、スマホに入っていた家入レオの歌を聴き比べた。

《結果》
・両方ともJBLのスピーカーより低音が効いている。
・BOSEとSONYはあんまり変わらんのじゃないか。
・強いて言えば、BOSEの方が低音が出ているが、うちのような狭い集合住宅暮らしでは、ズンドコ低音を響かせると隣近所に大迷惑なので、むしろ低音はいらん。
・SONYはBOSEの半分ぐらいの価格だ。

そんなわけで、スパッと即断即決で、SONYのSRS-X33をお持ち帰りしたのであった。
ミニコンポに比べて10分の1以下のスペースで、これだけ音が出れば十分だろう。
これだけがどれだけなのかをお伝えできないのは甚だ残念であるが。

a0156548_21391884.jpg


そんなわけで、最近、AppleMusicの3ヶ月無料を利用して、Winkとか昔のアイドルの曲を聴くのがマイブームの私なのであった。
多分、3ヶ月経ったらdヒッツに乗り換えると思います。

ごきげんよう。
[PR]

by gossy54200 | 2016-01-24 21:47 | 日記 | Comments(0)  

こんにちはガラケー

いきなりであるが、通信費が高いと思いませんか?
そうなのです、高いのです。

時代の三歩後ろを常に進む私は、かなり長い間ガラケーで粘っていたのだが、どうしてもガマンできなくなり4年前よりスマホデビューを果たしたのであった。
機種料金は実質タダみたいなもんだったし、MNPで75000円のキャッシュバックもあったし、いたれりつくせりで、こんなに得なのにスマホに変えない奴はバカなんじゃないかと思ったぐらいであった。
いやあ、スマホに変えただけで大金持ちだよと、最初の1ヶ月ぐらいは左うちわで過ごしたのであった。

しかし世の中うまい話はない。
ガラケー時代に比べて倍以上する通信費が、だんだん肩にのしかかってくる。
確かにスマホは便利で、待ち時間の暇つぶしにもなっていいのだけど、果たして通信費に見合う価値はあるのだろうかと。

んでもって、携帯会社の2年縛り契約制度が気に食わない。
キャッシュバックなど甘い餌で一般市民をだまし、一旦契約したが最後、もう逃がさないぞぉという姿勢が気に食わない。
圧倒的に気に食わない。

ということで、ようやく2年縛りが解ける今月、どうにかして通信費を安くしてやろうと、足りない頭を振り絞って考えることにした。

ちなみに今月までの通信費は
・スマホ代 毎月8000~8500円ぐらい
・Wimax2+とプロバイダ料金 毎月4800円ぐらい
※ 固定回線は引いていない

まず、考えられる選択肢としては、スマホ+格安SIMでスマホ代を下げようという作戦だ。
ところが、私の利用しているauのiPhoneでは、格安SIMの選択肢がほとんどなく、そうか格安SIMを使うならdocomoだったのかと、がっくり肩を落としたのであった。

えーい、こうなったらヤケだ。
今のiPhoneはWi-Fiで運用することにして、ガラケーとの2台持ちでもいいんじゃないかと。
ガラケーとiPhoneとポケットWi-Fiを持ち歩くのは面倒なのだが、よーく胸に手を当てて考えよう。

外出先でそんなにネット使うか?

うん、使わないんじゃないかな。
多分、使わないと思う。
思えば、今まで便利な生活に慣れすぎて、感覚がおかしくなっていたのである。
ネットなんて家でできれば十分じゃないかと。
旅行とかで、どうしても必要なときにiPhoneとポケットWi-Fiを持ち歩けばいいんじゃないかと。
そうだ、これを機にネット依存症からの卒業なのだ。
この支配からの卒業。
戦いからの卒業。


ということで、ガラケーにしましょう。
しかし、昔と違って、本体0円などというサービスはなく、えらく機種代金が高いのですな。
そんなスマホに比べて機能の少ない機械に何万も払いたくない。

MNPで携帯会社代えれば、実質本体タダみたいなサービスはあるみたいだが、おバカな私はサービスが適用になるための複雑な体系を理解することができず、もう調べるのもめんどくさいので、ネットで白ロムゲットして、auショップに持ち込めばいいかと。

で、ゲットした白ロムが京セラのE10K(6480円)。

E10K ブラック 携帯電話 白ロム au

京セラ



カメラもワンセグもおさいふケータイも何もいらん。
通話とメールさえできればいいので、ビジネス用のこれで十分だ。

ということで、auショップにE10Kを持ち込み、手続きしました。
新しい料金体系は、プランSSシンプル(誰でも割で934円)+キャリアメール使うのでEZ WINコース(300円)と計1234円(+税)。
心なしか、iPhoneを購入したときに比べて、店員の態度がかなりそっけなかったような気がします。
「iPhoneの電話帳データはガラケーに移せません」と、ピシャリと言われました。
まあどうせ、普段使う連絡先なんて2~3件ぐらいしかないから、移さなくても十分だ。
こういうとき、友達が少ないのはすげー便利だ。
iPhoneでLINEも使えるし、さほど支障はないだろう。
LINE使うのも、数ヶ月に一回ぐらいしかないがな。

a0156548_21372162.jpg


とりあえず、Wimaxの2年契約が切れる来年の4月までは、ガラケー+iPhoneの2台体制で行くことにして、もしそれで支障が出るようだったら、そのとき改めて考えます。

ごきげんよう。
[PR]

by gossy54200 | 2016-01-18 21:50 | 日記 | Comments(1)  

Slow and steady

さて、水泳教室も1ヶ月が過ぎました。

最初は完全にマンツーマンレッスンだったのですが、今月からはおばはん1号、2号、3号さんが登場し、そこそこにぎにぎしく、そんでもって、少人数ゆえ、手取り足取りいたれりつくせりのご指導をいただいております。

破滅的に進まなかったバタ足は、昨日、ちょっと開眼したのか、軽く脚をぶらぶらさせているだけなのに進むようになり、と言うか、力が入らずに軽くぶらぶらさせているから進むようになったのでしょうね、きっと。

ただ、手や呼吸が入ると完全に脚の動きがおろそかになりますね。
「色々なことに手を出さずに、ひとつのことに集中しなさい」と育てられた私は、2つ3つの動きが合わさるとアップアップになるのであった。

あと、私の弱点としては
・指先に力が入りすぎて、手が水かき全開の形になり、掻きが弱くなる。
・体の下ではなく、外側を掻く癖がある。
・右のリカバリーで腕を高く上げすぎる。

思うに原因とその解決策としては
・入水するときに伸びよう伸びようという意識が強すぎて、指先に力が入る。指先ではなく脇の下を伸ばす感じで。
・体の下を掻いているつもりでも、ローリングで体がひねられるため、外側を掻く形になるのだろう。へその方に手を向ける感じでちょうどいいのかな?
・息継ぎで顔が上がりすぎているために、腕もそれに合わせて不自然な軌道を描いているのであろう。これはブレスとセットで矯正する必要があるかも。

ひとりで泳いでいると絶対に気づかんことを指摘してくれるのはありがたい。
レッスン終了後に、感覚を忘れないようにするために200~300mぐらい泳ぐのだが、明らかにレッスンを受ける前に比べて楽になったなあ。
ひと掻きで進む距離が違うような気がする。
タイムを計ったり、ストローク数を数えているわけではないが(タイムやストロークを意識すると、力みになって苦しくなるので、しばらくは、そういうことは考えないようにする)、連続で泳ぐのが苦痛にならなくなった。
ターンはまだ教えてもらってないので自己流だが、以前のように、プールのへりをつかんでゼーゼーハーハーと息を整えてから方向転換するのではなく、ちょっと顔を出して息継ぎして、すぐにターンしても呼吸が続くようになった。
25mを20ストローク以下でコンスタントに泳げるようになれば、かなりいい感じになるのではないでしょうか。
面かぶりクロールだと、8ストロークでプールの真ん中まで来るようになったので(以前は11~12ストローク)、もう2~3ヶ月ぐらい練習すれば、ブレスを入れても25m20ストロークで到達できるのではないかと、希望的観測。

あと、この前のブログで紹介した浮く水着「ゼロポジション」。
レッスンの日は、インチキ水着を使わずにノーマルな競泳水着で泳いでいるわけだが、それでも「ゼロポジション」で姿勢が矯正されつつあるのか、下半身の沈みはかなり気にならなくなりましたね。
恐るべしは「ゼロポジション」であり、泳ぎに悩む人必須の水着なのであった。

ゼロポジション マスターズ 5mm厚

山本化学工業



2016年は、トライアスロンとか意識することなく、ゆっくりかつ着実に水泳の上達を目指していきたいと思います。
私の場合、変に目標を持つと、あせりやら現状と理想のギャップに苦しんだりして、かえってよろしくない結果になりますので。
一気に1から10に進歩するよりも、何年かかけて1から0.01づつ進歩して、最終的に10になれば、それでいいのではないでしょうか。

才能がないということは、逆に言えば、進歩をゆっくり味わえるということで、それはそれでいいことなのだと思います。

ごきげんよう。
[PR]

by gossy54200 | 2016-01-16 23:09 | 水泳 | Comments(0)  

沈まない水着ゼロポジション

2016年になっても水泳の修行は続きます。

はっきり言って、だんだん飽きつつあるのだが、少人数レッスンゆえ、サボるとめちゃくちゃ目立ってしまうので、自らプールに行かざるを得ない状況に自分を追い込んでいるのである。
月間パスポートも買ってしまったし(2260円)、元を取るぐらいは通わないとあかんよな。

12月中はほぼマンツーマンレッスン状態であったが、昨日より突如として2人の女性が現れた。
めんどくさいので、おばはん1号とおばはん2号と名づけておくことにする。
体調不良だったり仕事だったりで、12月のレッスンは休んでいたとのことだ。

1号さんも2号さんも、非常に話好きな方で、先月はただの「修行」だったレッスンが、「楽しい習い事」に変わりつつある。
何はともあれ、25mごとに2~3分程度の雑談タイムが入るので、体力的には圧倒的にラクになった。

相変わらずバタ足で苦しむ私を前に、お二方はスイスイと泳がれる。
2号さんより、「腕の動きはいいので、すぐに泳げるようになるよ」と励ましのお言葉を受けた。
1号さんは1年前は全く泳げなかったそうだが、1年間でタッチターンもマスターし、50mノンストップで泳げるようになったとのことだ。
まあ、気長にゆるく楽しくやっていきましょう。


本日は、コソ練。
年末に買った、秘密兵器をデビューさせるのだ。

ゼロポジション マスターズ 5mm厚

山本化学工業



「ものすごく浮く」という評判の水着「ゼロポジション」。
水着の厚みは1mm、3mm、5mmとあるが、初心者で脚が沈む私は迷わず5mmを選択。
現物が届いて、5mmのあまりの厚みにびっくりしてしまいましたな。
こんなにごっついものなのかと。
これだけ分厚いと、キョーレツに浮くのだろうなあと、見た目からして、ものすごく効果がありそうだ。

さすがにレッスンにこの水着を使うと、コーチにインチキしていることがバレてしまうだろうから、小心な私はコソ練用にこの水着を使うのであった。

まずはけのび、グイーン。

おお!5mラインを超えても、全然腰が沈まない。
これは絶大なる効果だ。
さすがにプルブイほどの浮力はないが、下半身が沈まない程度に水着が腰を持ち上げてくれる。

では、実際に泳いでみよう。
うーむ、年末年始でサボっていたのか、イマイチ進まない。
浮くのだが進まない。
ただ、脚が沈まないという安心感は大きいですな。

1時間ぐらい経って、ようやく感覚を思い出した。
そうだそうだ、入水は手前ではなく遠くに伸ばすんだった。
おお、いいぞいいぞ、伸びでグイーンと進む感覚。
下半身が浮いているため、水の抵抗を受けずに、2割増しでひと掻きの距離が伸びているような気がする(当社比)。

調子が上がってきたと思ったら、ゴーグルに水が入りまくる状態になってしまい、泳ぎどころではなくなってしまった。
まあ、コイツも2年使ったんだからそろそろ寿命だろう。
そんなわけで、スポーツDEPOに行ったが、どのゴーグルがよいかわからないので、なんとか選手も推薦と書かれている2000円ぐらいのゴーグルをえいやと買った。
私は有名人が推薦しているものに弱い。
昔、うっかり片山右京監修のMTBを買いそうになったぐらいに弱い。
右京監修の「UGO」自転車は今どうなっているのだろうか?
確か14インチの小径車もあったような気がする。

そんなわけで、新しい道具と共に、自転車やランシーズンが始まるまでは、コソコソと泳ぐことにします。
誰がなんと言おうが、私にとって水泳はウインタースポーツなのである。

ごきげんよう、
[PR]

by gossy54200 | 2016-01-09 22:37 | 水泳 | Comments(0)  

こんにちは2016年

気がつけば、2016年が明けてから、早5日が経ちました。
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

正月休みは、元旦の朝に、釧路からバスを乗り継いで岩見沢に帰省しておりました。
バスの車窓からの初日の出。

a0156548_22405578.jpg


何が大売出しなのかは不明。

道東の太平洋側の冬は、アホみたいに晴れていて、非常に毎日がすがすがしいのだが、岩見沢は白一面の世界でして。

a0156548_22435113.jpg


まあ、これでも例年に比べると、すげー雪は少ないんだがな。
太平洋側の冬を過ごすと、もう豪雪地帯には戻りたくない。
老後は伊達か白老に住みたいね。

3日に釧路に戻り、4日から仕事は始まり、本日は年末年始の運動不足解消のために、久々に湿原の風アリーナへ。

a0156548_22475350.jpg


動かない自転車を漕いだり、ベルトコンベアの上を走るのは味気ないものだが、実走よりもキツイので何となく鍛えられている感じがしてよい。
エアロバイクではTVが見られるようになっているのだが、年末時、競輪ダイジェストが流れているときは激しく燃えたな。



ローラー台のお供には、ロードレースのDVDって人が多いと思うが、ワシは競輪などのトラック競技の方がローラーには向いているような気がする。
日本人ならヨーロッパのロードレースよりも競輪だろと。

家で競輪中継見ながら、ローラーって生活が、今ところの私の夢。
ちなみに私は競輪は全くやらんので、選手のことは全く知らん。

そんなショボイ夢ではありますが、本年もひとつよろしくお願いいたします。

ごきげんよう。
[PR]

by gossy54200 | 2016-01-05 23:06 | 日記 | Comments(1)