<   2016年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

2017名古屋シティマラソンにエントリーしました

北海道マラソンが終わって、ランニングに対するモチベーションががた落ちになってしまった。
ここは来年のシーズンに向けて、どーんと春から始動して、少しでも走力を落とさないようにして行こうじゃないかと、発作的に大会にエントリーすることにした。

どうせ出るなら、北海道を飛び出して遠征ランだ!
寒い北海道を飛び出して、ぬくぬくと走りたいではないか。

ということで、私が目をつけた大会は、3月に行われる

名古屋ウィメンズマラソン

であった。

おお、名古屋ウィメンズマラソン。
テレビ中継もあり、オリンピックに出るような選手も参加する華やかな大会だ。
あの安田美沙子も出たことがある大会だ。
これは出るべし、出るしかない。
美沙子と一緒に走るのだ!

しかし、募集要項を見ると、納得の行かないことに「女子」しか出れないというではないか!
「ウィメンズ」マラソンなんだから、女子しか出れないのは当たり前だろバーカという意見もあるかもしれないが、この男女同権が訴えられている世の中にあって、たかだか棒をぶらさげているだけで、参加資格が剥奪されるのは納得行かない。
女子高の共学化が進められている昨今にあって、男だという理由だけで締め出されるなんて、なんと時代錯誤の大会なのであろうか。

しかし、ここであきらめてはいけない。
名古屋の人は、ウィメンズマラソンに出たいけど出れない男の子のために、別の大会をさりげなく用意してくれたのであった。
それは、ウィメンズマラソンと同日開催の

名古屋シティマラソン

なのである。

シティマラソンは最長でもハーフと、フルマラソンであるウィメンズマラソンに比べ、距離的に物足りないような気もするが、冬期間練習不足であろう北国ランナーにとっては、まあハーフぐらいで勘弁してやろう。
ハーフでも十分長いんじゃないかという話もあるが、出ると決めたからには、冬でも走る不退転の決意なのである。

シティマラソンも人気大会なのか、今日の0時にエントリーが始まったと思ったら、ハーフの部は10時にはすでに締め切られていましたね。
フルじゃなくても都市型マラソンは人気ありますな。

コースはナゴヤドームをスタートして、名古屋の中心部を走る感じで、面白そうですな。
ベイスターズファンにとっては、敵地ナゴヤドームで、解任された谷繁前ドラゴンズ監督の敵を取ってやるという意気込みだ!
我ながらよくわからん意気込みだが。

名古屋は修学旅行で、新幹線に乗るためにほんの一瞬立ち寄ったぐらいで、行ったことはないに等しい。
見知らぬ名古屋の地で、2年前の大阪マラソンに続く遠征ランを思う存分楽しみたいものです。
ひつまぶし、ういろう、味噌カツ、きしめん、えびふりゃー。
こんなものかね、名物は。



ナ・ゴ・ヤはええよ。
ゴー、ゴー、なごや。

ごきげんよう。


[PR]

by gossy54200 | 2016-10-12 22:22 | ランニング | Comments(0)  

今、日清の鴨だしそばが熱い!

数ヶ月前、マツコデラックスの番組で冷凍食品の特集をやってるのを見てから、密かに冷凍食品の世界にハマりつつある。

数々の冷凍食品の中で、最近の私のイチオシはこちら。

a0156548_20470061.jpg


日清の鴨だしそばである。
私の普段使っているスーパーで97円と、カップラーメンレベルのリーズナブルな価格である。

調理方法は袋に入っている麺をレンジで温めるだけである。
冷凍庫に入っているのに、なぜか付属のスープは液体の状態で保たれている。
最近の冷凍食品はハイテクなのである。

麺ができて、スープをお湯に溶かして、冷凍ネギとか、卵とか、スーパーで買った半額かき揚げをぶっこむのだ。

a0156548_20470080.jpg


麺がほぐれてなくて、イマイチの見た目であるが、男の一人飯はこのくらいワイルドなぐらいでちょうどよい。

いただきます。

う、うまい!
何と言うか麺がカップ麺をデラックスにしたような感じで、本物のそばとは違うような気がするが、どん兵衛のカップ麺が好きな人にとってはドンピシャの味であろう。

同じ価格で売っているカトキチの冷凍そばの方が本物っぽいそばの感じだが、悲しいかな、カトキチはそばの劣化版という感じである。

気分の問題なのであるが、劣化したそばよりも、デラックスな即席麺の方が高級感を味わえていいではないか。

あと、私は鴨の味はよくわからんが、いかにも肉肉した風味のスープもよい。
具材も含めて150円ぐらいで、これだけ幸福な気分が味わえるのだから、コストパフォーマンスは最高である。
最近の休日の昼は、鴨だしそばなしでは始まらないのであった。

カップ麺を食べるぐらいだったら、もう一手間かけて、鴨だしそばの世界を堪能することを強くお勧めいたします。

貧乏舌は安い食材で満足感を味わえるので、いろいろお得です。
舌が肥えたグルメな人にとって、鴨だしそばのよさがわかるかどうかについては、当局では責任を負い兼ねますので、あしからず。

ごきげんよう。
[PR]

by gossy54200 | 2016-10-09 20:21 | 日記 | Comments(0)  

プール中毒

北海道マラソンが終わってから、すっかりプール中毒である。
とりあえず、週2~3回ぐらい通おうかなあと思っていたら、気がつけば休館日の月曜以外はほとんどプールに行っている状態であり、我ながら、一体どうしてこうなってしまったのかと、頭を抱えているのである。

9月より、今通っているプールで水泳教室が始まったのだが、間違いなくビート板キックでイヤになることは目に見えているので、受講はせずに、我流でどこまでできるのか日々挑戦するのであった。
ふん、ビート板キックで10mも進むことができなくたって、クロールは泳げるんだってことを示してやるもんね。

今は、DVD「もっとカンタンクロール」に出ていたドリル練習を中心にやっている。
このドリルでありがたいことは、私の大嫌いなキック練習が一切ないことである。

んなわけで、自学自習で水泳道に励んでいるわけだが、イマイチ効果が薄い。
なんとなく、2本のレールに乗っかってうまく左右の体重移動ができているなあと思ったら、次の日にはグダグダになっていて、どうもどこをどう改善すればいいのかわからない。

にっちもさっちにも行かなくなり、プールの中でアジャラカピーと気が狂いそうになったところで、私に光を与えてくれる存在があった。

そう、それは去年、私に何度が的確なアドバイスを下さった「元校長」の存在なのである。
あまりにひどい泳ぎをしていたのであろう。
ついつい見かねたのであろうか、1年ぶりに元校長のレクチャーが始まったのであった。

まず、ブレス時に頭が上がりすぎることを指摘された。
腕の位置が高いから、頭が上がる。頭が上がるから脚も沈む。もっと腕の位置を下に下げれば、それにつられて頭の位置も下がる。頭頂部は水没させたままでいい。とにかく口さえ水面に出せればOKだ」と。
図示するとこんな感じ。

a0156548_21585472.jpg
んでもって、「入水はもっと近くでよい。もっと水中深くに腕を差し込む感じでよい」とTIっぽいアドバイスをしてくれた。
私が冬の間通っていた水泳教室で否定された泳ぎ方である。

とりあえず6ストロークぐらい教えられた方法で泳いでみた。
ちょっと苦しいような気もするが、脚が沈む感覚はなくなったような気がする。
「まだ力が入っているけど、形はよくなってきた」と。
なるほど、腕を下げれば頭は上がらないのかと、新たな発見があった。

今度はダラーンと肘から先の力を抜いて、ダラダラと泳いでみた。
お、これは楽じゃねえか。すげー楽だ!
スピードはないけど、ものすごくリラックスできて、散歩するような感じで泳いでいる。

50m泳いでも、全く息が切れることはなかった。
これで1ストローク辺りの距離が伸びるようになれば、十分いけるんじゃないかという手ごたえをつかんだ。

次の日になっても、腕を下げたダラダラ泳ぎは絶好調であった。
再び元校長氏に見てもらったところ
「うん、すぐに500~1000mは泳げるようになるよ。あとは脚を開かないようにすればもっとよくなるね」とのこと。
で、プルブイを挟むがごとく、脚を閉じてみたところ、脚があっちこっち行かないで、真っ直ぐ保たれているのがいいのか、蛇行して進むことがなくなったような気がする。
更に、脚を閉じるとキックを大きく打つことができないので、ますます脚は疲れなくなり、悪くない感じかなあと。

どうも、早く泳ぎたい、沈みたくないという気持ちが強くなり、余計に力だけが入って、ただ苦しい思いをしただけであったような気がする。
力を抜いた方が、体は沈まなく安定するのである。
安定すると、スイーッと軽く腕を動かすだけで、スイーッと進むのである。
キックは沈まない程度に、テキトーに打てばいいのである。
バタ足がほとんどできない私に対して「キックを直せ」と言わないところがうれしいではないか。

選手じゃないんだから、楽しく楽に泳げばいいんだよ」という元校長の声に、今後の水泳の楽しみ方の方向が見えてきたかなあと。
速さよりも楽にを追い求めて行こうではないか。

競泳をベースにした水泳教室のやり方が正しいのかもしれないか、別にマスターズの大会に出るわけじゃあない。
斉藤一人さんも「正しいことより楽しいこと」と言っていたし、やはり私は元校長を師とあおぎ、ダラダラ泳ぎにこれからも精進して行こうと決意したのであった。

ちなみに元校長の泳ぎを拝見すると、体が縮こまっている感じで、おせじにもうまいとは言えないのであるが、「名選手名コーチにあらず」の逆で「名コーチ名選手にあらず」ってのが成り立つ場合があるのだなと思えるのであった。

何はともあれ、今月のプール通いも楽しめそうである。
課題は1ストローク辺りの距離を伸ばすことですね。

ごきげんよう。

[PR]

by gossy54200 | 2016-10-03 22:44 | 水泳 | Comments(2)