<   2016年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

教えてエライ人

久々にブロンプトンの整備をしなきゃなあと思い、清掃して、注油して、後輪に空気入れようと思ったら、全然入らずに、どんどん抜けていく。

ありゃりゃ、知らんうちにパンクしていたのか。
おととい走ったときは、なんともなかったのに。

仕方ないので修理しましょう。
これはチューブ交換コースかなあと思い、5年ぶりぐらいにブロンプトンの後輪を外します。

チューブ交換までは、なんとかなりましたが、難しいのは後輪をはめ直す作業なんだよなあ。
独自のチェーンテンショナーの扱いが難しいのだ。

さて、あとはチェーンテンショナーにチェーンをからませて、固定するだけだと思いきや、ここでテンショナーのバネが戻らないというアクシデントが発生。
バネぶっ壊れたのか?

a0156548_15122055.jpg


写真のような感じで、本来は2時方向になければならないプーリーが1時方向で止まっちゃってるのね。

何回かチェーンテンショナー分解して、調整しようとしたが、バネのテンションは弱いままで解決せず。

うーむ、釧路でブロンプトン扱ってるショップなんてないし、ショップのある札幌まで300km以上離れているし、こういうとき田舎でマイナーなものを所有すると困ったことになりますな。

チェーンテンショナーを通販でお取り寄せするしかないのか、それとも何か技があるのか、つべこべ言わずに黙って札幌まで修理に出すのが一番手っ取り早いのか、いっそのことブロンプトンを札幌近郊の人に譲った方がいいのか、頭の中がパニクってますが、どなたかよい解決策がありましたら、ご教示いただければと思います。

ごきげんよう。
[PR]

by gossy54200 | 2016-11-20 14:52 | ブロンプトン | Comments(0)  

2016ロードバイク乗り納め

あ、どうも、おひさです。

しばらくブログの更新がありませんでしたが、理由はめんどくさかったことと、ネタがないことです。

自転車ブログって、最初のうちは行ったとこすべてが新鮮なので、わぉーっと勢いで書けるのですが、大体、近辺のところを行きつくすとネタ切れになりますね。
でもって、遠出をしても、やっていることは毎回同じなので、ブログを書く行為が「単なる自己模倣」であることに気づき、だんだん同じようなことばっかり書くのに飽きてくるんですよ。

それは読んでいる立場でも言えることで、例えば、私が「おお!これはすげーおもしれーブログだ!」とお気に入りの自転車旅行ブログを発掘しても、何度か旅行記を読んでいるうちに、「この人、またこの行動パターンか」となってしまって、だんだんアクセスしなくなっていくのですね。
でもって、そういうブログは、しばらくぶりにチェックすると、ひっそりと更新が止まっていたり、全く違う方向に進んでいたりして。

そんでもって、また「自転車始めました」って人が、新しいブログを立ち上げて、最初はテンション高く書いていくのですが、徐々にネタ切れで更新頻度が落ちていく。
自転車ブログは、諸行無常で栄枯盛衰の世界であったのだ。

そんな中で、このブログは、だんだん自転車メインじゃなくなりつつありますが、どういうわけかそれなりに続いておりまして、全盛期に比べたらアクセス数はかなり落ちておりますが、それでも更新を楽しみしていらっしゃるわずかな方のために、今後とも続けていく所存でございますので、何卒よろしくお願い申し上げます。


などと固苦しい挨拶で始まりましたが、今回の本題はそんなことではなく、約2ヶ月ぶりぐらいにロードバイクに乗って、今シーズンの乗り納めをしたという、ただそれだけの話です。

本日は晩秋の北海道にしては最高気温が二桁と暖かく、ずっとやろうやろうと思っていたロードバイク乗り納めという儀式を執り行うことに至ったのであった。
いや、儀式というほど大層なものではないが。

服装はめんどくさいので、サイクルウェアは着ないで、上下運動用ジャージにヘルメットという手抜きスタイル。
ランや水泳などの準備が簡単な運動に慣れると、自転車乗るために、あれ準備してこれ準備してというのがすっかりめんどくさくなってだなあ。
自転車からランへ移行した人が、自転車に戻ってこないのもわかるような気がします。
かつての自転車名人の鶴見辰吾さんも、今やすっかりランニングの人になってるしな。

とりあえず1時間ぐらいふらふらしてればいいだろうと、西港方面へずんどこ進みます。

a0156548_21532949.jpg
実は西港に来たのは初めてだったりする。
苫小牧に住んでいたころは、港の辺りうろちょろ走るのが好きだったんだけど、嗜好が変わったのか、今回は特に何も感じることなく。

a0156548_21533606.jpg
晩秋のわびさびが効いているような気もするが、どうも私が求めていたものとは違うような。

a0156548_21533720.jpg
もう港はいいや、別のところに行こう。

そんなわけで、いつものサイクリングロードへと。

a0156548_21533082.jpg
原野を鹿がうろちょろしているサイクリングロードも、日本広しとは言え、なかなかないでしょう。

a0156548_21533927.jpg
何がいいと言われれば困るのですが、なんとなく好きな道ですね。
飲み会のときの一杯目がとりあえずビールと同じように、釧路を自転車で走るときは、とりあえずこのサイクリングロードって感じでしょうか。

a0156548_21533525.jpg
なんとなく山花まで行って、折り返しておしまいです。
なんだかんだで40kmぐらい走ってしまいましたね。
これだったら、きちんとレーパン履いておくべきだったと、私の尻が申しておりました。

自転車は走るまでがめんどくさいんだけど、実際、走ってみると面白かった。
そんなよくわからない乗り物だ。

何を目指すわけでもなく、どこを目的とするわけでもなく、「乗っていて楽しい」と感じること、これが自転車趣味を長続きさせる秘訣なのではないでしょうか。
言語化できない面白さを感じることができれば、もう一生自転車から離れることができないような気がします。

そんなわけで、秋のいい天気のときにほとんどロードに乗らなかったのはもったいなかったような気がしますが(個人的に美幌デュアスロンの中止でロードに対するモチベーションががた落ちになった)、2016年のロード活動はこれでおしまいにして、2017年も気が向いたときにダラダラとロードに乗り続けたいと思います。
道東開催の200~300のブルベに出てみてもいいかなあと思ったり思わなかったり。

ちなみに通勤用のブロンプトンは、あと1ヶ月ぐらい働いてもらう予定です。

ごきげんよう。

[PR]

by gossy54200 | 2016-11-19 22:11 | ロード | Comments(0)