<   2017年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

ちまちま乗ってます

6月に入ってから、週末は雨続きの釧路でありましたが、ようやく天気のいい週末になりましたので、ちまちまとロードでお出かけします。

6/17(土)

まずは釧路湿原展望台へと。

a0156548_21075357.jpg

下り坂から見える湿原の風景がよかったです。

a0156548_21084440.jpg

サイクリングロードに入って、馬を眺めながら

a0156548_21094063.jpg

山花へと

a0156548_21102149.jpg

ふきはすっかり巨大化しています。

a0156548_21110641.jpg

自販機でリアルゴールドを買ってエネルギー補給しようとしたら

a0156548_21120450.jpg

なぜか出てきたのはお茶。

これはきっと「エナジードリンクみたいな体に悪いもの飲まんで、お茶にせえや」と、自販機が私の体のことを気遣っているのだろう。
とりあえず私が言いたいことは、「マルシェ山花にあるコカコーラの自販機の担当者、ざけんなボケ」ということである。

先月乗ったときは、「ハンドル遠い。ステム縮めんとやってられん」と思ったが、去年の乗り方を思い出したのか、特にハンドル周りに不満を感じることもなく。
あー、90mmのステム買ったんだが、無駄になってしまったぜ。

サドル位置はあーでもないこーでもないと、この日も2回いじくったが、ようやくしっくりする位置になったなあと。
あんまりいじくって、ポジション色々変わるのもよくないんで、とりあえずこれでしばらく乗り込んでみます。

この日の走行距離52km。

6/18(日)

釧路市内でも今まで一度も行ったことのない桂恋方面へ向かおうかと。

a0156548_21313219.jpg

釧路中心部は晴れていましたが、海が近づくとガスってきましたね。
これぞ夏の釧路って感じです。

a0156548_21342837.jpg

桂恋は車でも走ったことのないところでしたが、もののあはれを感じるところでしたね。

a0156548_21350423.jpg

廃校になった小学校。

a0156548_21364811.jpg

バス停のサビ具合もポイント高し。

途中、どこを走っているのかわからなくなりましたが、ひとつ言えることは、この辺りは風が強く、しかも坂ばっかりで、もう自転車では来たくないということです。
下調べなしで、テキトーに走ると得てしてこういうことになる。
でも、こういう「ああ、失敗したなあ」という感じは嫌いではない。

a0156548_21401948.jpg

ひっそりとした漁村って感じでしたね。
写真の右にある岩がくりぬかれているところが、なんとなくいい。
何がどういいのかは説明できないが。

a0156548_21424082.jpg

車通りの全くない、わけのわからない道に出た。
しかし、こんなところにもバス停はあるのだね。
見渡す限り民家はゼロなんだが、誰が使ってんだろか?

a0156548_21440898.jpg

霧で見通しは悪いし、坂の波状攻撃でスタミナはむしり取られるしで、さっさと帰りたいのだが、帰り道がわからない。

ようやく知っている道に出てほっとした。

a0156548_21461853.jpg

ほっとしたのはいいが、なんと今まで通ってきた道は、クマ出没注意の道だったのだ。
ますます「こんな道は金輪際未来永劫自転車では走らん」と固く心に決めたのであった。
桂恋~三津浦~又飯時(またいとき)方面、恐るべし。

a0156548_21503183.jpg

高山展望台から釧路市街を見下ろす。
霧で何も見えんが。

白樺台の退廃的な雰囲気が好きです。

a0156548_21520326.jpg

a0156548_21525669.jpg

a0156548_21523377.jpg

この辺りは、もう一度ブロンプトンで探検してみたいところである。
昔の炭鉱町みたいな雰囲気なんだよね。
私の中で、空知を感じるところなのである。

距離は33kmと短かったですが、ディープな釧路を探るよいサイクリングでした。

仕事上、休みの日もあんまり遠出はできないので、しばらくは近場をうろちょろしながら、私の知らない釧路を探っていきたいと思います。

ごきげんよう。

[PR]

by gossy54200 | 2017-06-18 22:00 | ロード | Comments(0)  

休足日の入れ方

今年はロクに自転車に乗らず、すっかりランニングに目覚めてしまい、我ながら頭がおかしくなったんじゃないかというぐらい走っている。

で、ランニングに目覚めた2月から4月まで、基本、悪天候や飲み会以外のときは休足日は入れないようにしていたのだが、4月の下旬に「ギャロウェイのランニングブック」に出会って、休息の大事さを知ってから、「休みを入れた方がいいのではないか」と思い、5月は原則週2回の休足日を入れることにした。

ギャロウェイのランニングブック

ジェフ ギャロウェイ/大修館書店

undefined


ただ、休足日を入れて、走行距離が減るのも嫌だったので、例えば、今まで「3日連続で10km走る」としたところを「2日連続で15km走って1日休む」なんて感じで、トータルの走行距離は変えずに、一回辺りの走行距離を伸ばして、休みを増やしたらどうなるかということを実験的にやってみた。

実験的にやってみたところ

同じ30kmでも、3日連続で10km走った方が、2日15km1日休みよりもラクに感じた。

ということだった。

ギャロウェイの本では、「最低週3日は走った方がいいが、毎日走ると故障のリスクが高まるので、週4~5日ぐらいがいい」なんてことが書かれていたが、高負荷の練習を何日かした後に、休みを入れるよりも、低負荷の練習を毎日続けた方が体はラクなのではないだろうか?

しかし、マラソンのトレーニングとして考えると、ある程度負荷をかけてから休みを入れる「超回復理論」によって、より強くなるのであろうから、それなりに負荷をかけた練習はする必要がある。
問題はどこまで負荷をかけて、どのくらい休めばいいのかということだ。

最近読んだ「土井雪広の世界で戦うためのロードバイク・トレーニング」という本に興味深いことが書かれていた。

土井雪広の世界で戦うためのロードバイク・トレーニング

土井 雪広/東京書籍

undefined


別に私は世界を戦うつもりはさらさらないが、世界を戦わない人にとってもなかなか面白い本であった。
私は自転車好きであるが、ロードレースには全く興味がなく、この本の筆者のことも全く知らない状態で読んだのだが、この本は読み物としても優れており、私のようなレース音痴の人間でも、ちょっとレースの世界に興味を持てるようになったのである。

まあ、そんなことはどうでもよくて、本題に戻ると、この本の中に「トレーニングメニューの組立て方」という項目があって、そこにトレーニングの負荷のかけ方と、休みの取り方について説明されていた。

本の中ではいろいろややこしいことが書かれていたが、かいつまんで要点だけ説明すると

「強度」×「時間」で、トレーニングの負荷を数値化し、その数値化したものがある一定の数字に達すると1日休む

というものであった。

本書では自転車の例を挙げていたが、ここではランニングで話を進めることにする。

例えば、ランニングで1km5分で1時間走ったときの負荷を100とする。
これが1km6分になったとしたら、1時間で走った距離は1km5分のときは12kmだが、1km6分になると10kmとなり、距離だけで考えると負荷は10/12≒83となり、更に1km5分よりも、1km6分の方が時間辺りの疲労も少なくなるはずだ。

この疲労を数値化するのは難しいが、まあ、感覚でいいだろう。
例えばレースペースで1km5分で走れる人が、1km6分で走るとすると、70%ぐらいの力で走れているのではないだろうか?
そうじゃないという意見もあるかもしれないが、俺が70と決めたら70なんだ。
つべこべ言わずに俺の数字を信じなさい。

となると、距離が83%になった上に、時間辺りの疲労も70%になったということは、この人にとって、1km6分で1時間走るトレーニングの負荷は、83×0.7≒58となり、1km5分で1時間走る約60%の労力である。
ずいぶん乱暴な計算であるが、話をわかりやすくするために、こういうものだとしておこう。

この人が1km5分で1時間走るトレーニングを3日続けた場合、負荷は100×3=300となる。
でもって、1km6分で1時間走るトレーニングを5日続けた場合、負荷は58×5=290となり、まあ5日でだいたい300ぐらいと、1km5分ペースで1時間3日連続で走るのと同じぐらいの負荷になる。

そんな感じで、負荷を数値化していって、例えば負荷の合計が600になったところで1日休むというルールにしたら、1km5分で1時間走る人は6日走って1日の休憩、1km6分で1時間走る人は10日走って1日休憩するのがいいんじゃないかってゆーのが、この本の考え方である。


こんな感じで、自分の疲労度を見ながら、トレーニングの内容を数値化し、ある程度の数値になったところで、適切な休息を取っていくのがいいんじゃないかなあという気がする。
ただ、あまり厳格に数値化すると、計算がめんどくさくなったりするので、この辺は自分の感覚でいいでしょう。
疲労度なんて、そもそも客観的に数値化できないものだし。

ちなみに6月に入ってからの私の場合、大体、通算で80kmぐらい走ったところで、無性に体が休みを欲するので、週6日の合計が80kmぐらいになるように走って1日休むぐらいのペースがちょうどいいのかもしれません。
今は強度を変えずに、のんべんだらりと1km5分30秒ぐらいのペースで走ってますので、ほぼ距離だけで疲労度を測っていいと思いますが、そのうちインターバルとかそういう高度な練習を入れたときに、トレーニング負荷を数値化するという概念が大事になってくるのではないかという気がします。

ごきげんよう。

[PR]

by gossy54200 | 2017-06-17 00:54 | ランニング | Comments(0)  

十勝大平原サイクリングロードを走る(その3)

その1 その2

道には迷うし、カメラの電池は切れるしで、私の頭もキレそうになっていたのですが、ここは気を取り直して来た道を戻ります。
戻ってみると、行きのときには気づかなかった分岐があり、しかも間違えた道よりも細い道だったため、これは絶対に気づかんだろうと。
初見殺しの十勝大平原サイクリングロード恐るべし。

さて、ようやくサイクリングロードに戻ったと思いきや、明らかに方向がおかしい。
これはどう考えても最初に来た道の方向に戻っているような気がするが、「ここがサイクリングロードだよーん」と示す看板もあるし、まさか間違っているなんて言うことはないだろう。

看板を信じて、ズンドコ進んでいったら、なんとさっきの「十勝川サイクリングパーク」に戻ってしまったではないか!
どうなってんだ?十勝大平原サイクリングロード。

無駄に4kmぐらい走ってしまった。
ここで私がとるべき選択肢は2つである。

1.最初に来た道をひたすら戻る
2.もう一度、正しい道を探ってみる

常識的に考えると1なのだろうが、冒険心あふれる私が2を選べと、かたくなに主張している。

迷ったときは困難な方を選択せよ!

というセオリーに従って、もう一度、私は十勝大平原サイクリングロードの調査を進めることにしたのであった。
これでいいのか?

さて、もう一度走り出すと、さっきの太い道と細い道の分岐の他に、右側に橋があった。
これはひょっとしたら、橋が正解なのではないか?

で、橋を渡ろうとすると、確か橋の名前は「銀輪橋」という名前であったような気がする。
こんなネーミングはサイクリングロード以外の道ではありえない。
これだ!これが私の求めていた、真のサイクリングロードなのであった。
真っ直ぐ道が続いているところに、案内も何もなく、唐突に右の橋へ曲がるのが正解だとは予想だにしなかった。
くどいようだが、初見殺しの十勝大平原サイクリングロード恐るべし。

私が迷ったところを図でまとめると、こんな感じになります。

a0156548_23334576.jpg

つまり、私はサイクリングパークから、サイクリングロードではないただの土手道を進み、その後道なき道を行ったり、サイクリングロードを逆走したりして、元のサイクリングパークに戻ってしまったわけであったのだ。
しつこいようだが、初見殺しの十勝大平原サイクリングロード恐るべし。

ようやくサイクリングロードの端を目指すことができて、めでたしめでたしとなったわけだが、その先をずんどこ進んでいくと、いつまで行っても終点が見える気配がない。
走行距離はすでにハーフマラソンの距離を超えている。
このまま進んでいくと、終点にたどり着いたはいいが、最終的にフルマラソン以上の距離を走るハメになるのではないだろうか?

ここで私がとるべき選択肢は2つである。

1.そのままサイクリングロードの終点を目指す。
2.撤退して、ショートカットして、元の十勝が丘公園に戻る。

ここまで行ったなら1を選択すべきなのであろうが、私の脚が2を選べと、かたくなに主張している。

迷ったときは確実な方を選べ!

というセオリーに従って、私はここで勇気ある撤退をすることにした。
さっきと言ってることが違うような気がするが、こっから何キロぐらい走れば終点にたどり着くのか先がさっぱり見えなかったので、被害が少ないうちに撤退するのが吉であろう。
たどり着いたところで、証拠写真を撮ることもできないし。

そんなわけで、サイクリングロードを引き返し、ショートカットして国道38号線を進むことにして、スタート地点へ戻ることにしたのであった。
さようなら、初見殺しの十勝大平原サイクリングロード。
家に帰ってから調べてみたら、このサイクリングロードは全長27.7kmもあったことが判明したので、ここで戻って正解だったよ。
下調べもせず、テキトーに進んでいくとロクなことにならないのである。

で、全部で31km走ったところで、十勝が丘公園に帰ってまいりました。
本来ならここで終ってもいいのですが、もうちょい余力があるので、「坂道トレーニング」として「十勝が丘展望台」まで行ってしまいましょう。
クルマの中から、電池が満タンのコンデジを取り出し、再び走り出します。

a0156548_23434184.jpg

こっから急勾配の坂が1kmぐらい続きます。

a0156548_23440714.jpg

壁のような坂で、キロ8分ペースが精一杯でしたね。
でも、1kmぐらいで終るので、ちんたら歩を進めていきましょう。

展望台到着。

a0156548_23434949.jpg
a0156548_23435886.jpg

十勝川の様子がそれなりに見えます。
もうちょい天気がよければ、もっといい眺めだったのかもしれないが、まあ、今回はこんなもんでいいでしょう。

a0156548_23441421.jpg

引き返して、下りに入ります。
アバウトな斜度表示であるが、Max12%の結構な坂だったのですな。
正直、上りよりも、グングンスピードが上がり、そのままゴロゴロと前転してしまうんじゃないかと思った下りの方が怖かったです。
下りの箱根6区のランナーはテレビで見ていると、上りの5区よりも楽しているように見えるかもしれないが、実は相当の恐怖心と戦っているのだなあと思い知ったのであった。
世の中には実際に体験してみないとわからないことがゴマンとある。

再び十勝が丘公園にたどり着き、自販機で売っていたよくわからんエナジードリンクで乾杯。

a0156548_23442121.jpg

休憩を含めた所要時間4時間ちょっと、走行距離34kmの無意味な冒険なのであった。

a0156548_23421381.jpg

無意味な冒険の疲れをいやすために、十勝川温泉ホテル大平原の日帰り温泉で汗を流すことにします。

a0156548_23423530.jpg

ホテルは結構立派なのだが、日帰り温泉の通用口はかなりショボい。
宿泊客に比べて、日帰り客はそんなに歓迎されていないような気がするが、それでも入浴料は1000円と、なかなかのお値段である。

お値段が高いので、浴室はガラガラで居心地はよかったが、私の好きなサウナや水風呂は狭く、これなら私の家の近くのスーパー銭湯の方がよかったような気がする。

せっかくだから帯広で飯を食えばよかったような気もするが、なんかもうめんどくさくなったので、そのまま釧路に戻って、私の好きなスパゲッティ屋で飯を食います。

a0156548_23424743.jpg
なかなかの盛りのスパゲティにハンバーグ。
写真には写っていないが、これにライスもついている。
こんなに食えるのかと思ったが、たくさん運動した後なので、ペロッと食えた。
こんな食生活しているから、走っている割には体重は落ちないのだろうなあ。
別海に向け、もう2kgぐらい落としたいところだが、あまりにストイックにすると、それはそれでストレスが溜まるので、週に1度ぐらいは、こういうご褒美日を設けてもいいだろう。

身体を動かし、風呂に入って、うまいものを食って、がっつり眠る。
単純であるが、人間の喜びというものは、こういう頭を使わない原始的な本能的なものにあるのではないかという気がしないでもない。

ごきげんよう。

(このシリーズ終わり)

[PR]

by gossy54200 | 2017-06-11 08:41 | ランニング | Comments(0)  

十勝大平原サイクリングロードを走る(その2)

その1

ここまで順調に進んでいたサイクリングロードであったが、突如アスファルトが消えて、道なき道になってしまった。

a0156548_21102496.jpg

十勝一帯は2016年8月の台風でかなりの被害を受けたが、その影響でサイクリングロードも流されてしまったのだろうか?

a0156548_21131174.jpg

なかなかの崩壊具合で、これではランニングどころではない。
これで今回の我が冒険は終幕を迎えるのだろうか?

a0156548_21160833.jpg

完全にアスファルトはめくれているが、道は橋の下をくぐって続いているようだ。
よし!どんどん進んでいこう。

しかし、道はあらぬ方向へと進んでいくではないか?
おかしい?こんな一本道で道間違えるか?

不安になって調べてみると、サイクリングロードっぽい道はダミーの道で、途中で道を外れて、写真の橋をくぐらずに、左に渡るのが正解だったのだ。
なんという初見殺しの道よ。
案内も何もないんで、これはわからんわ。
これで1kmはロスしてしまったのであった。

さて、橋を渡ったはいいが、ここからサイクリングロードはどこへ続くのか?
たまたまロードレーサー乗りがいて、彼はわき道に入って行ったので、「ひょっとしてこれがサイクリングロードの続きか?」と思ったら、正にぴったんこカンカンで、ああ、ありがたい。
見知らぬロード乗りには感謝の言葉しかない。
と言うかこのサイクリングロード、舗装状態が最悪の部分もあったが、一応ロード乗りも使う道なのね。

a0156548_21253677.jpg

「ここがサイクリングロードだよ」ということを示す、自転車マークの青い標識を見ると、勇気100倍だ。
この標識を見ると、「悪いなのび太、この道はクルマは通れないんだ」と、スネ夫くんの気分になってくる。
この道を進めば、自動車の恐怖におびえず、どこまでも安心して走っていけるのだ。

a0156548_21292563.jpg

橋のところでサイクリングロードが途切れたが、こんなことでは私はあわてない。
さっき学習したのである。
こういうときは、橋を渡るのが正解なのだ。

橋を渡ると、そこは帯広市であった。

a0156548_21332287.jpg

さようなら、音更町。
これから私は帯広市を走ります。

さて、帯広市に入ったはいいが、サイクリングロードはどこへつながっていくのか?
さすがにここまで10kmぐらい走っていると、サイクリングロードに対する嗅覚が発達していくものだ。
「これだ!」と思うわき道を進むと、それは正に私の求めていたサイクリングロードだったのだ。

a0156548_21362435.jpg

ここまでサイクリングロードの起点から11.2km。
いったいこっからどこまでサイクリングロードが伸びているのか知らないが、まあ行けるとこまで行っとこう。

さて、ここまで道に迷ったこと以外は特に問題なく走ってきたような記述であるが、実は私はスタートから「大」問題を抱えていたのだ。
スタート地点の十勝が丘公園にトイレはあったのだが、なんとそこには紙がなかったのであった。

まあ、適当に走っていれば、そのうちトイレが出てくるだろうと思ったが、分け入っても分け入ってもトイレは見つからず。
うーむ、いい加減限界が近づいてきた。
私はこんなところで、人間としての尊厳を失う行動に出なければならないのだろうか?

a0156548_21450977.jpg

しかし、ここで正義の味方が現れたのだ!
サイクリストの味方「十勝川サイクリングパーク」には、トイレが備わっていて、私の尻もすっかり安心したのであった。

「ああ、トイレがあってよかった。よかった」と個室に入って、リラックスした時間を過ごした。
ついでなので、ベンチに座ってスポーツドリンクや持参していた大福餅を食べて、おやつタイムとした。
あとどのくらい距離があるか知らないが、ここでしっかり英気を養うのだ。

ちなみに、この公園、名前こそ「十勝川サイクリングパーク」なのだが、実態はただのパークゴルフ場で、まったくサイクリングとは関係のないところなのであった。
いっそのこと「十勝川パークゴルフ場」に名前変えたらどうなんだ?

さて、再び進みましょう。
途中、太い道と細い道にわかれるところがあったが、細い道のほうに「道道3977号線」を示すサイクリングロードの看板があったので、ああ、こっちだなあと、細い道をずんずん進んでいくと。

a0156548_22041624.jpg

わけのわからん道なき道にたどり着いてしまったのであった。
しかもここで、カメラ代わりのiPhoneの電池切れるし、いったいどーなるんだ、ワシ?
恐るべし、十勝大平原サイクリングロード。
ここまでの走行距離、約14km。

つづく

[PR]

by gossy54200 | 2017-06-07 22:10 | ランニング | Comments(0)  

十勝大平原サイクリングロードを走る(その1)

当初の予定では、ロード輪行で金曜日に帯広入りして前泊して、土曜の早朝に出発して、200kmほど離れた某所へと向かい、そっからまたJR輪行をしてやろうと目論んでいたのだが、いかんせん天気が悪くてだねえ。
とは言え、すでに予約していたホテルキャンセルするのも面倒だし。

しょーがないので、ランニングシューズ持参で帯広までドライブして、特に意味もなく一泊する。
泊まる必然性は全くなかったのであるが、たまには違うところに身をおいて、違う枕で眠るのもいいものだ。
いや、でも待てよ、そう言えば私はデリケートで神経質なので、枕が変わると眠れない体質なのだ。
あーちきしょー、眠れねえ、眠れねえよと思いながらも、なんだかんだで気がつけば朝の6時半。
この時点では雨は降っていないが、天気予報では昼から雨が降るみたいなので、とっとと行動するか。

今回の目的は、十勝にあるサイクリングロード「十勝大平原サイクリングロード」をランニングで走破することである。
しかし、この目的は前日の夜に急遽思いついた目的なので、下調べはほとんどしていない。
とりあえず、サイクリングロードの起点だけ調べておいたので、起点である十勝川温泉方面へと進むのだ。

サイクリングロードの起点は、花時計がある「十勝が丘公園」。

a0156548_21531455.jpg

公園は閑散としていて、花時計も寂しそうであった。
ソフトクリーム売ってる店もあったが、こんなクソ寒いのにソフトなんていらんわ!
気温10度ぐらいの帯広の朝なのであった。
いや、厳密に言えば、帯広の隣町の音更町なのだが。

リュックを背負ったマラニックスタイルでスタートします。

a0156548_21584781.jpg

最初のうちは、歩道に白線が引いてあるだけの「なんちゃってサイクリングロード」であった。

a0156548_21595286.jpg

案内図があります。
左上の自転車の図が妙に不自然なのが気になる。
この人は前輪を持って、後輪に足を挟んで器用に自転車を操っているように見えなくもない。
あと、「十勝太平原」となっているが「太」じゃなくて「大」の間違いではないのか?

しばらくすると、道道73号線にぶつかり、そこの歩道をテクテク走ります。

a0156548_22032539.jpg

小学校で運動会をやってましたね。

a0156548_22041522.jpg

私は子供のころ、徒競走はずば抜けて誰よりも遅かったし、集団行動が嫌いで、みんなで踊るダンスとかそういうのも嫌いだったので、運動会には苦痛な思い出しかない。
運動会の中で唯一好きな種目だったのは綱引きだったなあ。
あれはリレーと違って「お前のせいで負けたんだ」と責められることなく、責任の所在がうやむやな競技なので、運動会嫌いな子には好ましい。
運動会の競技が綱引きと玉入れだけになったら、どれだけ運動会嫌いの子供が救われることか。

しかし、運動会嫌いの子供が、どうして休みの日にわざわざ苦労して走るような大人になってしまったのかね。
きっと、私は運動自体はそんなに嫌いではなく、できないとみんなの前で恥をかく鉄棒や跳び箱とか、ミスすると運動神経のいい奴に怒られる球技とか、そういう体育の「授業」が嫌いだっただけかもしれない。

坂があります。

a0156548_22144296.jpg

がんばれ!!

a0156548_22151179.jpg

うるへー、お前に言われんでもがんばるわ!
……いや、そういうひねくれたものの見方はよそう。
心温まる看板を作ってくれてありがとう。

a0156548_22163927.jpg

だから、お前に言われんでもがんばるわ!
これぐらいの短い坂でわざわざ二個も看板作らんでええわ!

……いかんいかん、こんなことでなぜ私はキレているんだ。
励ましの看板を作ってくれたお役人様、ありがとう。
おかげで私は歩かずに坂を上ることができました。

a0156548_22220539.jpg

一見、ただの歩道のように見える道ですが、この道は北海道が管理している「道道3977号 十勝川温泉帯広自転車道線」という名前の立派なサイクリングロードです。
「3977号」って、道道は全部でいくつあるのかね。
3776mの富士山を超える道道を持つ北海道、恐るべし。

a0156548_22302317.jpg

ここでサイクリングロードは左に曲がって、道道73号線とはお別れです。
さようなら、道道73号線。

a0156548_22322554.jpg

ここから、歩道に白線状態のサイクリングロードから卒業して、真の自転車道へと入ります。

a0156548_22341456.jpg

舗装状態は最悪です。
とてもロードバイクで走る道ではありません。
言うまでもありませんが、この辺りですれ違った自転車はゼロでした。

a0156548_22360128.jpg

この辺りは、林の中の下り坂で、走っていて快適でしたね。
ちょっとした森林浴気分を味わえます。
そういえば、以前参加した千歳JALマラソンはこんな感じの道だったなあ。
そんなわけで、本日千歳JALマラソンに参加された皆様、お疲れさまでした。

a0156548_22383748.jpg

ものすごく目立たなく「スタートから8km」ということをアピールしています。
そういえば、このサイクリングロードの全長は何キロあるんだろうか?
こういう基本的なことを下調べしていない私であったが、このときは「なーに、適当に疲れたところで引き返せばいいさ」と、このサイクリングロードを甘く見ていたのであった。

つづく

[PR]

by gossy54200 | 2017-06-04 22:46 | ランニング | Comments(0)  

なぜ別海でベストタイム採用割合が低いのか?

久々にランニング雑誌「ランナーズ」を買いました。
お目当ては本誌ではなくて、別冊の付録なのでありました。

a0156548_21210331.jpg


「全日本マラソンランキング」
これは単に個人のランキングが載っているだけではなく、ランキング対象大会の「中間タイム」や「ベストタイム採用人数」などのデータが載っていて、記録の狙いやすい大会を検討するのに役立ちます。

ちなみに北海道で開かれるランキング対象大会のデータは以下のようになっています。

洞爺湖マラソン(5月) 全体中間タイム 4:13:59 完走人数 4261 ベストタイム採用人数 2677(採用割合62.8%)
函館マラソン(6月) 全体中間タイム 4:14:30 完走人数 3322 ベストタイム採用人数 1849(採用割合55.7%)
北海道マラソン(8月) 全体中間タイム 4:17:22 完走人数 12591 ベストタイム採用人数 6328(採用割合50.3%)
別海町パイロットマラソン(10月) 全体中間タイム 4:14:21 完走人数 1132 ベストタイム採用人数 550(採用割合50.3%)

真夏に行われる北海道マラソンで、ベストタイム採用割合が低いのはわかります。
しかし、コースが割合平坦で、涼しい気候で行われる10月の別海でも、ベストタイム採用割合が北海道マラソンとほぼ同じというのは一体どういうことでしょうか?
コース的にはアップダウンのある洞爺湖マラソンの方が、記録を狙うにはキツいはずなのですが、ベストタイム採用割合は別海より10%以上多いですし、中間タイムも別海よりもいいのです。
「記録が出やすい」と言われている別海で、これだけベストタイム採用割合が少ない理由はどこにあるのでしょうか?


ここで、道外のマラソン大会に目を向けてみましょう。
コースが平坦で記録狙いに向いているつくばと、高速コースに生まれ変わった東京マラソンを比較してみましょう。

つくばマラソン(11月) 全体中間タイム 3:59:28 完走人数 12055 ベストタイム採用人数 7262(採用割合60.2%)
東京マラソン(2月) 全体中間タイム 4:43:36 完走人数 33947 ベストタイム採用人数 23019(採用割合67.8%)

つくばの中間タイムは4時間を切っています。
制限時間が6時間で、この中間タイムはかなり速いです。
制限時間が6時間以上の大会で、中間タイムが4時間を切っているのは、つくばと古河はなももマラソンの2つだけです。
(古河はなももマラソンも平坦コースで記録が出やすいと言われている)

しかし、驚くべきことにつくばのベストタイム採用割合は60.2%と低いです。
洞爺湖マラソンよりも低い数字になっているのです。
東京マラソンは、普段全く走らないけど、抽選で当ってしまった「記念出走」的なランナーも多いと思いますので、「東京マラソンしか走らない」=「東京マラソンがベストタイム」となり、ベストタイム採用割合が高いというのもあるかもしれません。

では、他の大会を見てみましょう。

静岡マラソン(3月) 全体中間タイム 4:07:01 完走人数 9637 ベストタイム採用人数 7167(採用割合74.4%)
古河はなももマラソン(3月) 全体中間タイム 3:57:57 完走人数 9203 ベストタイム採用人数 6308(採用割合68.5%)

先にも出した古河はなももマラソンは、つくばと同じような中間タイムにも関わらず、つくばよりもベストタイム採用割合が8%強多く、更に静岡にいたっては、ほぼ4人に3人がベストタイムを採用しています。
これらの大会の開催時期は、本州のマラソンシーズンの終盤である3月です。

このことから考えられることは

本州のマラソンシーズンは11月から始まるので、つくばのようなシーズンインの大会では、記録の伸びが低く、シーズン終わりの2月3月に記録が出やすい

と、言えるのではないだろうか?

なるほど、シーズン終盤の方が記録は伸びやすいということはわかった。
でも、ちょっと待ってくれ。

北海道では4月~10月がマラソンシーズンだから、この理屈だと、シーズン序盤の洞爺湖マラソンよりも、終盤の別海の方がベストタイムは出しやすいんじゃないか?

さて、ここで別海をめぐる特殊事情があるのである。
別海は北海道の中でも東の果てにあり、札幌からのアクセスが非常に悪い。
しかも重要なこととして

別海町パイロットマラソンは、札幌マラソン(ハーフ、10kmなど)と同日開催なのである。

つまり、北海道のランナーの大多数を占める札幌圏のランナーは、別海などには見向きもせず、札幌マラソンの方に参加するのである。
(別海は1500人ぐらいの参加であるが、札幌マラソンは約13000人の参加者である)
一方、別海は空港のある中標津に近く、意外と東京からのアクセスは悪くない。
そんなことから

別海町パイロットマラソンはシーズン終盤の北海道のランナーよりも、シーズンオフで脚が出来上がっていない道外のランナーの比率が高いので、記録が出にくい。

と、推察されるのではないだろうか。
いや、そうに決まっている。
そうじゃないと、記録狙いの道民ランナーの私としてはやってられないではないか。
ちゃんちゃらおかしいぜ。
え、そうだろう?

《結論》

記録狙いの北海道のランナーは、ランナーズのデータなんか気にしないで、自信を持って別海に臨もう!

ごきげんよう。

[PR]

by gossy54200 | 2017-06-03 22:44 | ランニング | Comments(0)